何が腑に落ちないかって、コロナのせいで不便きわまりないこの日常に、買い物の際に袋をもらうのに数円とはいえお金を払わなくてはならないようになったこと、これに尽きます。こないだなんて桃を両手に持って歩く女性がいました。なぜこんな不便な世の中になったのか、なぜこんな無駄なことを頑張るのか、私たちは本当にバカなのかもしれません。今後ぜひ、どのくらい地球環境が良くなったかの検証を環境省にはお願いしたいところです。これだけあまねく国民に負担を強いる以上、なんらかの答えがほしく有りませんか?決まったことだから仕方がないではダメですし、そうすると政治家や役人がなんでもやり放題の世の中になりますよ。そしてこれで、益々アマゾンを筆頭に通販会社が勢力を増しますよね。買い物が面倒くさくなったことで反対にスーパーやコンビニは衰退すると思います。まあ皆さん運動不足には気をつけましょう。
さて、私の会社では今月書籍を初めて発刊します。弊社にて直接販売しますが、そしてはじめてアマゾンでも買えるようにします。アマゾンとの取引をはじめるにあたっての手続きは社長(妻)が行いましたが、それは合理的なものでさすがに世の中に広まるだけのことはあります。どうやってもアマゾンがちょっと有利なところが少し鼻につきますが、仕事上納得はいきます。書籍の内容は一般の人が読むようなものではないので、いまの世の中を鑑み、書店では販売しません。出版業界を渡り歩いてきた自分が初めて本を作ったら、書店では売らないことになるとは皮肉なもんです。
アマゾンなど通販については色々と思うところがある人も多いと思いますが、なぜこんなに通販が普及し皆が通販を利用するようになったのかというと、1.一般消費者に現金以外の支払い手段(クレジットカード他)が普及した。2.交通網が整備され宅配便業界が発達した。3.インターネットが普及した。4.買い物するとポイントがたまる。5.店に行くのが面倒、特に夏の暑さが近年明らかに酷い。6.小売店に行かなくても3により商品の情報を得られる。7.販売店にとっては店舗がいらず店員を雇う必要がない通販の方が何かと好都合。8.書籍については書店が身近にない、書店があっても欲しい本は置いてないし取り寄せるならアマゾンで買うのと同じ。9.飲料水を買う人が増えた。
以上、アマゾンなどが世に広まった理由を思いつくままに書いてみましたが、そして10.コロナ感染拡大防止のため。11.だってレジ袋有料になったから…。これでアマゾン帝国が完成しそうに私は思うんです。繰り返しになりますが、まあ皆さん運動不足に気をつけましょう。