私は私立大学の地理学科を卒業しているのですが、その地理学科がある大学自体珍しく、また私が受験生だった今から30年くらい前は地理で受験ができない大学も結構ありました。日本では日本史か世界史を選択する人が多数ですしね。…私は子供の頃から地図を眺めたり、日本各地のことなどに興味があり、小学校で県庁所在地を問う授業なんかでは誰にも負ける気がしませんでした。みなさん、白地図に都道府県名をスラスラ書けますか?…もちろん大学の地理学科はそんなクイズみたいなことばかりをやるところではありませんよ。学問としては地味ですが社会に出ると地理学科出身の人間はなかなか役に立つと思います、なんて自分で言うのも変ですが。
さて、コロナウイルスの感染拡大も収まりつつあるとされますが、今回の一連のコロナについての政府や自治体の対応をみていて、私はそこに地理学的センスの欠如を感じます。まず、都道府県を超えた移動は自粛を、という呼びかけのナンセンスさはみなさんも感じたことでしょう。まあ行政サイドの人間が他県の人間にまるで興味も関心も無いのは仕方ないのかもしれませんが、私たち国民は都道府県の境目なんて一切気にせず生活していますから、移動の自粛を呼びかけるなら、生活圏外に出るなと言うべきでしたよね。たとえば神奈川県の川崎市民が東京に通勤をするのは止む無しだけど、しばらくは川崎市民は県内でも箱根温泉など不特定多数の人が往来するところに遊びに行くのは控えてくださいと、なぜ言わなかったのでしょうか。私たち国民には生活圏があるということを知らないはずはないのに、県知事などリーダー的な立場の人間ですらそこに思いが及ばない、それは私は彼らが地理を学んでいないからだと思うんです。
地理という学問を私が好きなのは、絶対的な真実がそこにあるからです。地形や町がそこにあることには必然性があります。一方で歴史という学問は日本においては政治史に偏っていますし、歴史上の人物に興味を持ち過ぎでしょう。聖徳太子とか織田信長とかがああしたこうした、そういった事実かどうか曖昧な話が多過ぎではありませんかね。ただ、日本のリーダーの方々は学生時代に歴史を学んでいる人が多そうです。それが今回のコロナウイルスへの対応が今ひとつ科学的でなかった、論理的でなかった原因ではないでしょうか。私は国民に指示を出すべきは首相や都道府県知事ではなく、国民の生活事情を知っていてその地の地理に明るいはずの市町村長ではないかと思います。市町村長の話を伝えるメディアがもう少しあっても良くないでしょうか。ここ数日、福岡県でコロナウイルス新規感染者が複数人出ていますが、その感染者は全て私の住む北九州市です。やはりここで指揮をとるべきなのは福岡県知事より北九州市長です。地理を学んだ者として私は、感染症対策において都道府県単位で物事を考えたり決めたりすることには反対です。