前回ここで私は、人と同じことをやるのが嫌いだなどと書きましたが、そんな私たち夫婦は15階建ての賃貸マンション住まいです。全56世帯で唯一、郵便受けに夫婦の名前をフルネームで書いています。他の55世帯は名前を書いておらず真っ白なままです(すれ違えば皆挨拶はします)。私は19歳から親元を離れ28年間賃貸物件暮らしで、引越を6回していますが常に郵便受けには名前を書いています。皆が恐れている?個人情報流出による被害は一度もありません。私は有名人や芸能人ではありませんし、普通に生きていれば名前を隠す必要はないと思いますし、郵便物や宅配の荷物を間違いなく受け取りたいなら、名前は出しといた方がいいに決まっています。暴力を振るう夫やストーカーから逃げているので名前を出せないというならまあそれはそうでしょうけど、私には関係ない話です。でもみんなが名前を伏せるのは、周りがそうするからとりあえず自分もそうする、それを日本語では「風潮」と言いますね。
私がしたくないのはその風潮になびくということなんだろうなと思います(協調性は大事だと思います)。たとえば以前の職場で忘年会の出欠確認の紙が回ってきた、でもなぜか私に1番に回ってきたわけではないのに真っ白、つまり皆が様子をうかがっている、そんなとき私は躊躇なく出席にハンコを押しました。ここで私が考えるのはその日行けるかどうか、行きたいかどうかのみ、他人がどうするかは関係ない話ですからね。競馬だってみんなが買う1番人気馬はまず私は疑います。ギャンブルに勝つには逆張りは基本だぜ、ってそんな勝負師でもありませんが。
さて、国からの10万円ですよ。私はその前回ブログになんとか受け取らずにすまないかと思う、と書きましたが、先行き不透明なので個人へ支給されるものは受け取ります(会社としては借りる形のお金を得たい)。その遣いみちは…最後に書きます。そしていま、その10万円をお金持ちは寄付せよとか、公務員は受け取るなとか、最終的にはとにかく黙ってもらっとけという風潮、なんだかケンカのタネになってしまいました。まあ私含めて素直に二つ返事でもらいますって言わない人間は何事もカッコつけるタイプなんですよ。なんでも動く前に考えてみたい、欲しくとも我れ先にと慌てたりしない、行動する際に客観的に自分を見てみる、そんな感じですがあと一つ付け加えるなら、時の政府、政権に対して懐疑的、批判的な姿勢を失いたくないということでしょうか。…非常事態なんだから批判せずに政府に協力しようよ、という意見もあるでしょうが、それは考えるのが面倒くさい、あるいは自分が批判されるのが怖いという姿勢に私は感じます。私もGWの帰省は控えますが、政府の勧めるオンライン帰省なんて馬鹿らしいと私は思います。なにはともあれ、大事なのは自分の意志や意見を持つことであり、そしてそれらが独善的でないこと、ですよね。
で、私の10万円の遣いみちですが、半分は生活費にします。体に良さそうな食材を買いましょうかね。特に新しい出費をしようとか、寄付とかはしません。残りの半分ですが…いま日本で数少ない娯楽、競馬に突っ込みます。馬券が外れても実質的には国に寄付する行為です。有名人や芸能人が決して口にはしない遣い方を私はする、なぜなら私は有名人や芸能人ではありません、強いて言えばギャンブラーなのかもしれません。