月別アーカイブ / 2022年06月

私は仕事上、日本の保険医療機関の所在地と名称などの基本情報のデータを持っています。ざっと病院が8千、診療所が10万あり、その中から弊社の顧客になりうるところを抽出するのですが、それを出来るのは私含め日本には数人しかいません、なんてカッコイイことをたまには言ってみたいですよね。実際は根気と多少の知識とEXCEL操作が人より少し達者であれば出来ることです。正確に言えばこんなことをやる必要がある人が私含め日本には数人だけ、ニッチな業種に生きる私でございます。ちなみに日本の病院・診療所のデータは厚生局という官庁が公表しています。もちろん日々病院・診療所は新しくできたりなくなったり移転したりしますから、私の持っているデータも日々古くなります。でもデータが最新であることが仕事上絶対条件ではありませんから、新しい情報が得られたらコツコツ自力で更新しています。私は新幹線やレンタカーなどに乗っていて新しそうな病院を目にしたら必ずスマホで自分の会社PCにメモをメールするんですよ、エライでしょう。
尼崎市役所が、全住民46万人分のデータが入ったUSBメモリを業務委託先が紛失したと青ざめながら発表、結局は見つかってヤレヤレという最近の世の中らしいニュースがありました。約11万件分のデータを扱った経験がある私が思うに、46万人のデータからたとえば未成年者や後期高齢者だけを抽出しなさいと言われて、それが出来る人はあまりいないでしょう。悪事を働く人はそれなりにスキルフルですが、そんな人間がこのデータをたまたま拾う可能性は高くない、そしてこのデータを誰かに売って儲けようと考えたとしても、こうやってマスメディアで広く報道されたことでそれは世界的名画が盗まれたとしても誰も売買できないのと同じ、データを紛失したらさっさと公に発表した尼崎市の対応は正しかった(尼崎市に限らず業務委託は普通)、委託業者の酔っ払い君は馬鹿ですがよくぞ正直に言った、君たちは案外エライぞと私は思います(東証プライム企業の仕事としてはカッコ悪すぎですが)。大体、個人情報は電子データにされた時点で漏れると考えるべきです。おそらく日本中で今回の件のようなことは起きているけれど実害は無く事なきを得ていると思います。
…最近のテレビ、特に衛星放送の民放を見ていると顕著なのは健康食品関連のCMです。皆さん身体があちこち痛かったりお肌の曲がり角を気にしたり、大変なんですねえと思いますが、サンプル無料とか初回半額とか言って気を引こうとしています。私が思うにこれは膨大な数の日本人から、他人の甘い言葉に乗りやすい人間を抽出してるんですよ、多分。そうやって甘い人間リストが日々作られそしてどこかで販売されていますから(←私の想像です)、今さら全尼崎市民のデータなんて欲しがる悪人は個人情報悪用業界にはあまりいないかもしれません…。それはともかく、考えてみれば私たちは宅配便や郵便局、金融機関、携帯電話の販売店、amazonにかなりの個人情報を差し出していますが、日々日本で情報の悪用による事件なんて聞きません。あまり情報がどうしたこうしたと騒ぐ必要はない、騒いだって情報を漏らさない手段もない、私たちはときに自ら進んで自分の情報を漏らしさえする、要は気分の話であり現代人は自意識過剰なのかもなあと思ったりします。ただ、お金持ちでお人好しのアナタは重々お気を付けください、それだけのことですよね。

参議院議員選挙が近づいてきました。これまで各種選挙にはほぼ行きましたが、今回は行かなくてもいいかな、と思うくらい私はいま政治に対してとくに何も期待していません。マスコミは選挙前は特定候補に不利(あるいは有利)な状況を生むのを避ける、公平にとの名目で全党の党首を一堂に集めた形以外ではテレビで選挙の立候補者について報じることはありません。NHKこそもっとざっくばらんに立候補者を出演させるような番組を生放送すれば良いですよね。…テレビで言われるのは投票に行きましょうのただ一点、私はむしろ今の政治家に高い投票率を与えることが良いとは思わない、誰にも投票しない、選挙に行かないという意思の表し方があっても良いと思います。当選したけど票数はたったのこれだけ、という状況がふさわしい政治家がいるんじゃないでしょうか。
選挙の際には争点というものが挙げられ、今回の参議院選挙では物価高対策が争点の一つなんだそうですが、私は今回の選挙の争点にするべきは、この夏は節電を国民に求めることが妥当か、コロナの扱いを今後どうするか、ウクライナ侵攻をふまえ防衛費を増強するか…などではないかと思うところです。動かせる原子力発電所は稼働させ、コロナは普通の疾病の一つとし、防衛費は増やさない、私が立候補者ならそう訴えます。物価高なんてものはなかなか政治家がどうにかできるものではありませんよ。この状況で元おニャン子クラブの人間を立候補させる自民党、気は確かでしょうか。
岸田首相は物価高対策には賃上げと言いますが、私はまずは庶民的給与所得者の社会保険料と所得税を下げること、パートやアルバイトの年間収入の非課税額103万を200万くらいまで引き上げること、NHKの受信料を半分くらいに下げること、この3つが手っ取り早いと思います。そうすれば結局出費を増やせる人は増やしますから、国としては消費税で取り返せます。私は消費税はあえてもう今のままでよしとします。税率変更が世にもたらす面倒ごとはこれ以上ない方が良いと思います。
と、あれこれ書きましたが、結局は今の政治家、それが何党であれ世の中の状況を変えるのは難しいと思われます。そして大体そもそもの前提として、今の日本は本当にそんなにマズい状況なのか、そこを考えてみるのもよいと思います。きちんとしている大人がきちんと働いて、日常の生活をきちんとしているのに、苦しくてたまらないという状況が果たしてあるのか、私は無いと思っています。現代の個人個人の不満は政治とは関係がないところで生じているものでしょう。テレビや新聞などのメディアは昔からいつもいつも日本はこのままではおかしくなる、ダメになると言っていますが、私は日本という国は考え一つで楽観的に毎日を過ごせる国だと考えています。選挙の際に立候補者たちがトンチンカンな争点についてああだこうだと言っているのは気にはなりますが、日本はきちんと日々働いてきちんと生きていさえすれば大きく道を踏み外すことはない、安泰に楽しく暮らせるところです。私は大人として選挙には行くとは思いますが、そこに本気の願いをかけるわけではない、つまり一言で言えば幸せなんだろうなと思っていますし、皆さんもそうでしょう?結論、日本に政治家つまり代議士は不要、行政への要望は随時個人がすれば良いと私は考えています。

競馬で6400万円当てたお笑い芸人が、かなりの額の税金を支払うよう税務署から求められ、大いに不満だという話が先週ネットニュースでありました。競馬をする人間からすれば腹が立つのは当然、これまで幾らお金を失ってきたのやら、夢を叶えた瞬間なのに税金が少なからずかかるなんておかしな話です。税制がそうなっていると言われたらそうなんですが、でもこの高額馬券を当てたら課税というのはケースバイケースであり、たとえばインターネットではなく現金で馬券を買って、6400回1万円当て続けた場合、黙っていたら誰にもわからないので税金は取られないというか取りようがありません。一度に6400万当てたその芸人氏はそれを申告したら思いのほか多額の課税となってしまったわけです。税務署が知ったから課税ってのはルールとして変です。私はギャンブルの的中金は無税で良いと思います。そもそも公営ギャンブルは愚者の税金と呼ばれ、ほとんどのギャンブラーは負けている、すなわち納税者です。…的中したとしてもそのお金で何かを買えば消費税など諸税を払うわけで、結局は税金を払う機会が増えるんです。ギャンブル的中者に重税を課すのはなんかつまらない世の中ですよね。カジノを作ろうとしている日本です、的中金は無税で行きましょう。
この競馬の当たり馬券に課税というのはある意味税務署の頑張りというものですが、一方でコロナ持続化給付金の不正受給者を逮捕したというニュースもよく見かけました。税務署が頑張って集めた税金を、政府がいいかげんにバラまいた結果です。いやいや、コロナに苦しむ国民をいちはやく助けるためには手続きを簡単にすることが必要だったとか言う人もいるでしょうけど、最低限仕事の体裁は取るべきでしたよね。未成年や学生の個人事業主なんてそうそういる訳がないのに、そんな奴らにまでノーチェックで原資が税金のお金をどんどん支給することを仕事とは呼べません。役人の仕事のいい加減さを見るにつけ日本は大丈夫かと心配になります。あの山口県の阿武町の4630万円の誤入金もしかり、ですよね。悪人が悪事をはたらくより善人が仕事しない方がマズい状況だと私は思います。税務署の職員が苦労して皆から嫌われるのを厭わず税金を集めたって、使う役人がユルユルのガバガバなのが今の日本です。
さて、弊社も7月で期末を迎えますので決算も近いのですが、会社は黒字なら法人税を納めなくてはなりません。ただ、そんないいかげんな役人に税金払うくらいなら合法的に会社や世の中のために先にお金を遣ってしまう方が合理的です。必要な文具や資材(←たかが知れてはいます)はこの時期にまとめて買ってこうとか、色々と考えを巡らしています。…家の近所の公園にホームレスの男性が二人ベンチに座っています。その一人が先日、これまた近所の教会(バプテストとありますが意味は知りません)から出てくるところを見ました。教会にめぐみのたな(恵の棚)という一角がありまして、困窮者が自由に持って行ってよい食料品などが置いてあります。ホームレスの男性を根本的に助けられることにはならないでしょうし、人によっては近所の公園に居着かれるのは嫌だと思うでしょうけど、私はここに会社のお金を寄付しようと思います。全額が控除されることはありませんが、今の日本の役人に払う税金は1円でも減らしたいところです。ホームレスの男性がその生活を抜け出すために必要なのは間違いなくお金、決算で黒字であろうと無かろうと教会への寄付はしたいところです。

↑このページのトップへ