月別アーカイブ / 2021年01月

弊社が北九州市に移転してからそろそろ2年になりますが、昨年末くらいからトイレや給湯室がとてもクサいことがあり、何でだろうと思っていたら…どうやら掃除する人が使っている雑巾かモップが原因のようです。1時間も経てば臭いはなくなるんですが、たまに掃除直後に大きな用事を足そうものなら、なかなかたまらないわけですよ。掃除をしてくれる業者さんの女性にそれを言うのも何ですし、テナントの管理会社に掃除用具を買い替えるなりしてほしい旨を伝えました。弊社だってお客さんやアルバイトさんが来ることもありますし、弊社と同じフロアには貸し試験場もあります(資格試験などをやっている様子)。トイレを使うのは入居している会社の人間にとどまりませんし、トイレ環境は良くしておいて損はないでしょうから良いクレームだと思うんですが、まあ雑巾なんて3枚100円ですよ。私はいつも部屋の掃除用にそれを買ってますが、臭いがするまで使うものでもないですよね。…かくも庶民の生活は世知辛くしみったれてるものです。
弊社に最近、立て続けに2人若いアルバイトさんに来てもらいました。それもあってトイレ環境は気になったのですが、弊社のバイトは1日単発です。時給は結構良いと思います。昼食も出してあげます。求人広告を出したりはせず、基本的に人伝てを頼っています。正直なところどこの誰か知らない人間にお金あげるのはなんか勿体ないし、ここから人間関係が広がることがあればなんか楽しいですよね。ちなみに先日バイトにきた彼も取引先の知人息子だったんですが、父上は看板屋を営んでいるとのこと、北九州に来てから作ろうと思って2年経ってしまった弊社看板(事務所入口に掲示用です)をお願いすることにしました。…私の予想ではこれからの世の中は縁故採用が増える、個人情報だコンプライアンスだコロナだ諸々と突き詰めると、コネが手っ取り早いという結論になるんではないかなと思います。
最近接した若いバイトさん2人だけを見て世の若者を語ることは出来ませんが、2人とも学校で目指していた進路は挫折してしまったので今は派遣会社からの仕事やバイトの日々とのことです。当面は贅沢とは縁遠い、つましい生活を送るんでしょうけど、未来ある若者がこれで大丈夫かなぁ日本は、と思わされます。個人が頑張らなかったからそれは自己責任だ、ということかもしれませんが、社会は本当にこれで良いのでしょうか?
さて話は変わりますが、プロ野球では田中将大投手、通称マー君がアメリカから日本のプロ野球に帰って来ることが決まって湧いています。年俸はこの不透明なコロナ時代に9億円で、しかもそれが安いという雰囲気ですから、スポーツやショービジネスの世界には正直なところついていけませんね。たかが野球が上手いだけの人間に9億円、本当にこれで良いのでしょうか?マー君には是非良いお金の遣い方をしてほしいです。余計なお世話ですが。トイレ掃除の雑巾のことや、若いアルバイトさんのことを考えると、プロ野球観戦は好きですが素直にマー君を応援する気持ちにはなれないんですよね、私は。

広島県ではなく私の実家のある広島市だけになぜか緊急事態宣言を出すか出さないかという話がありました。広島県全体では緊急事態宣言を出す基準値を満たしていないという理由らしいのですが、だったら例えば千葉県の房総半島の南の方とか埼玉県の秩父あたりとか、京都府や兵庫県の日本海側あたりや、福岡県の大分県や熊本県に隣接するあたりなどは緊急事態宣言外としてはどうかと思いますが、誰もそんなの本気で考えていないでしょうから、まあいいんですけどね。元広島市民としては唐突で疑問に思いました。
その広島県に、広島市に360度ぐるっと囲まれた府中町という町があります(県東部には家具で有名な府中市もあります)。広島市に緊急事態宣言を出すなら地理的にこの町も緊急事態宣言下に置かないとおかしな話ですが、菅首相や西村大臣は府中町の形をおそらくご存知ないと思われます。クルマのメーカー、マツダの本社があり、日本一人口が多い(5万人)町です。また広島市民が大挙して訪れる巨大なイオンモールもあります。広島市に囲まれていながら頑として合併を拒んできた、なぜならマツダがあり税収が豊かだから、という歴史もある府中町です。私が小学生の頃広島市は政令指定都市に昇格、移行したのですが、当時広島市は人口が100万人に満たず、その府中町を吸収合併したいのは当然ながらやはり話はまとまらず、ならばと標的にしたのは広島市西隣の五日市町、面白いものでこの町が当時日本一人口が多い町で、10万人近くの町民が住む広島市のベッドタウンでした。そして当時の五日市町議会は合併賛成派と反対派で激しく対立、議会でなぜか発煙筒が焚かれたりして、滅茶苦茶な様相を経つつ結局は広島市と合併しました(現在広島市佐伯区です)。めでたく100万人都市に悲願の仲間入りを果たした広島市、その市民だった私たち家族ですが、生活は当然何も変わりませんでした。市民が毎日普通に働いて給料を得て、高い税金や社会保険料を払っているのに、議員の方々は発煙筒を焚いていれば報酬が得られるなんて馬鹿げた話です。
…私たち国民は数字ではありませんし、町の良さは人口によるものではありません。自然災害や事故、今ならコロナで何人が亡くなったということが報じられますが、その際に1000人なら大変だ!1人ならああ良かった、とは言えません。一度に1000人亡くなることは衝撃的ではありますが、1人亡くなることより1000倍重大なわけではなく、誰だって亡くなったら悲しい、寂しいのは間違いありません。大事なことは数字の大小ではないということは忘れずにいたいと私は思いますが、政治家や役人の皆さん、大きくて切りの良い数字、例えば東京でコロナ感染者が1日1000人を超えたとかどうかとか、そんな数字にこだわりとらわれ過ぎです。
ましてや、感染症対策において日本のちまちました行政区分を基準にするのはあまりにも無意味です(海外から見られる数字は日本全体の数字だけです)。日本の知事や役人の皆さんの意向、興味関心は自分の属する都道府県に税金が取れる人間を増やしたい、でもコロナ感染者は排除したいという、その程度なのがみえみえ、広島市長に府中町でコロナ患者が増えたら広島市の病院で引き受けるかどうか尋ねてみたいところです。

営業部長日誌と名付けて、私は弊社HP内にこのブログを書いていますが、書く頻度は月に3、4回なので実際は日誌ではなく、看板に偽りあり…だからって特に不都合不具合があるわけでなし、そのまま今回も書いています。
このタイトル・看板といったものは世の中でどのくらい忠実なものなのかと考えると、まず今なら各地の緊急事態宣言というタイトルですが、実際は各スポーツの決勝戦が無観客とはいえ実施されたり、大相撲が始まったり、あんまり緊急事態っぽくありません。そろそろ入試も実施されますし…交通機関や物流、ゴミの収集を止めるくらいの状態が緊急事態だと私は思います。もしも1日のコロナ感染症数が10万人、あるいは新規重症者が1万人を超えたらもう病院も受け入れ不能でしょうから、私も警戒しようと思います。その新規重症者1万人というペースでも、日本人全員が重症者になるには1万2千日、つまり32年かかります。重症化しないのならそれは風邪の一種、無症状なら風邪ですらない、私はあくまでも重症化と確率を重視しますが、そう考えると案外気楽に思えませんか?実際の今の1日の新規感染者数は5千から7千人、新規重症者数は多い日で1日30人程度ですから、このペースなら日本人全員が重症者になるには32年の330倍、10560年かかりますが、さて本当にいま緊急事態なのでしょうか?
まあ、それでも私は現代社会の中で生きていかなければなりませんから、外出時にマスクは必ずしますし、旅行も会食も控える、自分は無症状の感染者であり、他人に移してしまうかもという危機感を持ち、コロナ罹患を避けねばというごく常識的なマトモな日本人の振る舞いをします。でも内心はコロナが怖いなんて思ってませんから、これこそが私という人間のタイトルを偽っている真っ最中ですね。悔しいけど仕方ないです。
しかしながら、食事に無頓着で太っているしタバコも吸うし高血圧、脂質異常、高血糖etcの状態…という40代以上の方はコロナに感染した際の危険度は高いかもしれません。私は外食をしてはいけないとされる今こそ(みなさんヒマですよね)、きちんとした食事をし体調を整えるべきではないか、人間が生活を見直すチャンスではないかと思います。医療を崩壊させてはいけないと本気で思うなら、コロナ以外の病気やケガもしないようにしなくてはいけませんよね。コロナで日本中の医療機関が頼れないのなら、私は健康体であることを心がけます。自分が健康なら医療機関が崩壊しcloseの看板を出していても生きていけます。
先日の8日、夜10時からの報道ステーションに菅首相が出演するというので見ていたら、生放送のニュース番組なのに収録による出演でした。生放送ではない報道番組とは看板を偽ること甚だしいですよね。生放送でなければ、あ、この発言はまずいか、いまの無しでやり直し、なんてことができますから、聞く側の国民の緊張感もなくなるんですよ。コロナ対応については私は菅首相一人に多くを求めるのは気の毒とも思いますが、せめて生放送で素直に率直に自分の言葉で物を言わないと、一国の首相の看板が泣いている、あなたは本当に首相なのかと国民は本気度を疑っています。…菅首相は本音では私と同様にコロナを怖いと感じていないのかもしれないですが、コロナは怖いものという看板を掲げたのも菅首相ですから、どうしたものでしょうね。時が過ぎるのをただ待つしかない、案外これですよ。

↑このページのトップへ