月別アーカイブ / 2020年04月

前回ここで私は、人と同じことをやるのが嫌いだなどと書きましたが、そんな私たち夫婦は15階建ての賃貸マンション住まいです。全56世帯で唯一、郵便受けに夫婦の名前をフルネームで書いています。他の55世帯は名前を書いておらず真っ白なままです(すれ違えば皆挨拶はします)。私は19歳から親元を離れ28年間賃貸物件暮らしで、引越を6回していますが常に郵便受けには名前を書いています。皆が恐れている?個人情報流出による被害は一度もありません。私は有名人や芸能人ではありませんし、普通に生きていれば名前を隠す必要はないと思いますし、郵便物や宅配の荷物を間違いなく受け取りたいなら、名前は出しといた方がいいに決まっています。暴力を振るう夫やストーカーから逃げているので名前を出せないというならまあそれはそうでしょうけど、私には関係ない話です。でもみんなが名前を伏せるのは、周りがそうするからとりあえず自分もそうする、それを日本語では「風潮」と言いますね。
私がしたくないのはその風潮になびくということなんだろうなと思います(協調性は大事だと思います)。たとえば以前の職場で忘年会の出欠確認の紙が回ってきた、でもなぜか私に1番に回ってきたわけではないのに真っ白、つまり皆が様子をうかがっている、そんなとき私は躊躇なく出席にハンコを押しました。ここで私が考えるのはその日行けるかどうか、行きたいかどうかのみ、他人がどうするかは関係ない話ですからね。競馬だってみんなが買う1番人気馬はまず私は疑います。ギャンブルに勝つには逆張りは基本だぜ、ってそんな勝負師でもありませんが。
さて、国からの10万円ですよ。私はその前回ブログになんとか受け取らずにすまないかと思う、と書きましたが、先行き不透明なので個人へ支給されるものは受け取ります(会社としては借りる形のお金を得たい)。その遣いみちは…最後に書きます。そしていま、その10万円をお金持ちは寄付せよとか、公務員は受け取るなとか、最終的にはとにかく黙ってもらっとけという風潮、なんだかケンカのタネになってしまいました。まあ私含めて素直に二つ返事でもらいますって言わない人間は何事もカッコつけるタイプなんですよ。なんでも動く前に考えてみたい、欲しくとも我れ先にと慌てたりしない、行動する際に客観的に自分を見てみる、そんな感じですがあと一つ付け加えるなら、時の政府、政権に対して懐疑的、批判的な姿勢を失いたくないということでしょうか。…非常事態なんだから批判せずに政府に協力しようよ、という意見もあるでしょうが、それは考えるのが面倒くさい、あるいは自分が批判されるのが怖いという姿勢に私は感じます。私もGWの帰省は控えますが、政府の勧めるオンライン帰省なんて馬鹿らしいと私は思います。なにはともあれ、大事なのは自分の意志や意見を持つことであり、そしてそれらが独善的でないこと、ですよね。
で、私の10万円の遣いみちですが、半分は生活費にします。体に良さそうな食材を買いましょうかね。特に新しい出費をしようとか、寄付とかはしません。残りの半分ですが…いま日本で数少ない娯楽、競馬に突っ込みます。馬券が外れても実質的には国に寄付する行為です。有名人や芸能人が決して口にはしない遣い方を私はする、なぜなら私は有名人や芸能人ではありません、強いて言えばギャンブラーなのかもしれません。

コロナについて人それぞれに意見、考えがありますよね。こんなに国民が一つのテーマについてあれやこれや考えたことってこれまでにあったでしょうか?多分ないと思います。こういうときにどんなことを話すか、書くか、それはある意味個人個人のこれまでの生き方を反映するものでしょう。
…誰かの指示を受けて物事に取り組みたくないという信条めいたものが私にはあります。これまでの人生を振り返ってそれが端的に表れていると思うのは、大学進学の際、1年浪人したのですが予備校には通わず自分の勉強方法を通した、すなわち正答は教えてもらうのではなく自分で調べる、釣りをする際は自分で探した釣り場で釣る、すなわち船長の指図に従わなくてはならない船釣りはしない、そして給料をもらえるサラリーマンはやめて自分で会社を作る、すなわちお金は自分で得る、この3つです。要するに人と一緒のことをやる・やらされるのが嫌なんです。でも人と一緒にお酒飲んだり話すのは好きですから、コロナ収束・終息後に機会があれば、ぜひ一杯行きましょう。
こんな私がいま考えることは、お金は政府や役所からもらわずになんとかならないか、ということです(10万円支給が決まりそうですが、それより医療体制の維持・整備を優先すべき、消費税を下げるか無くすべきと私は思う)。弊社にもコロナ悪影響はありますので、この際融資は受ける予定ですが、あくまでも借りるだけで返します、お金は。要請に沿って自粛するんだからお金ちょうだい、ってのは道理は通っているようですがいかんせん難しいと思います。10万円で事態が打開できますか?今後の人生が10万円で安泰ですか?そして今後、お金がこれまで通りの価値や意味を維持できるでしょうか。妙な話、本当に厳しくなってきたら税金を私は滞納する、だって払えないしそんなのアテにならないと思うんです(NHK受信料は今こそ半分にすべき)。言い換えればお金があれば安泰だとは言えない世の中になりますよ。これからは自分で出来る人、作る人、考える人の時代が来そうです。なぜなら他人の面倒を見る余裕は当面なくなる、また他人は頼りにならなくなるからです。国家や政府だって他人の集まりに過ぎませんしね。いまの政治家が無能なのではなく、そもそも現代国家は国民を救えないシステムだと私は感じています。まず維持すべきはこれまで通りの役所ではなくこれまで通りの医療機関です。
つまり政府の指示やメディアからの情報がどうあれ、最終的には自分で判断するしかないように思うんです。政府やメディアがなんと言おうと、たとえばあなたの商売が営業可とされたとして、いまお客さんが来ますか?採算に合いますか?世間から白い眼で見られないか?感染者が出たらどうする?などなど、判断は自分でするしかないと思いませんか。事業や商売がコロナで頓挫して、政府にお金もらい続けるにしてもどうせ限界はあるんですし(そもそも政府のお金って私たちの税金)、こうなったらスパっと切り替えて出来ることはなにか考える人間だけが生き残る…というと大袈裟でしょうが、嘆いたり諦めたり、誰かを恨んでも物事は前には進みません。苦しくても強くなりましょう。とりあえずは体に良い美味しいものを自分で作って食べて健康体でウイルス感染に備えましょう。ネガティブな気分でレトルト食品やカップ麺ばかり食べてたらダメな気がします。
以上はコロナウイルスの蔓延が止まらなければ、という前提で私がいま考えることであり、そしてそれをここで表明したところで、タイトルの通り大海に小石を落とすが如し、世の中に何の影響もないんですけどね。

大学進学のため19歳で親元を離れて以降、借家住まいの私です。赤の他人世帯と共同住宅に住むことは図らずも迷惑をかけられたり、あるいは迷惑をかけてしまうこともあったかもしれません。そうすると他者には極力迷惑にならないようにしようとするのが普通の大人ですよね。ただ、ここ最近の共同住宅、いわゆるマンションにはやたら貼紙がしてあります。夜は静かに、ベランダでタバコ吸うな、共用部分に自転車や物を置くな(最近の自転車は高いのもありますしね、駐輪場が不安なのもわかります)、宅配ボックスをロッカーがわりに使うな、指定日以外にゴミを出すなetc…。なかなかみなさんダメですねぇ(その貼紙の文章があまり上手でないのがまた、なんだか情けなさを増幅します)。20年くらい前に住んでいた京都のマンションには貼紙なんてほとんど無かったと思いますがね。
そんな注意書きの貼紙を見てはじめて自らの行動をただすなんて、大人としてあるまじきことですが、これがまた案外ダメな大人の方々は素直だったりするんですよね。共用部分に物を置くの禁止、とお触れが出たらみなさんすぐに引っ込めました。…貼紙されてやめるくらいなら最初からきちんとするか、そのダメダメ行為を貫く信念はないのか!なんて妙な憤りを感じます。私は決してしませんが、共用部分に自転車置くくらいは各階通路一番奥の部屋の世帯には許しても良いでしょうし、その妥協は人間や大人の、コンピュータや動物や子供とは違う優れた部分のように私は思うんです。ちなみに私の住んでいる部屋は一番奥ですが、決して傘1本玄関の外には置きません。それは私の美学…やせ我慢とも言えるかもしれません。やりたい、したいがままには動かない、それが大人でしょうから…。注意されないことはやってもいい、注意されるまではやっていい、みんなやってるし、バレなきゃいい、そんな子供じみた考え方の人間が増えると貼紙が増えるのかもしれませんね。
さて。緊急事態宣言ですよ。私の住む福岡県北九州市も対象地域ですが、そんなの全国を対象にしないと意味はないですよね。愛知県や京都府が対象外なんてのもおかし過ぎます。…北九州市は関門トンネルや関門大橋を渡れはすぐに山口県下関市です。どれだけの人が北九州市に通勤しているのか、下関市が地元の安倍首相がご存知ないはずはないでしょうけど。
私自身、仕事と生活必需品の買い物以外は出かけないようにするつもりですが、正直なところ実感という意味でどこか懐疑的だったりもします。だって福岡県(人口510万)で感染者220人死亡者1人(90代の女性)ですしね。感染者数を人口で割ると0.00004ですから、確率的に考えれば0.004%です…なんてことはつい言いたくなりますが、感染拡大を防がなくてはいけません、まあ現代人に外出を自粛をさせたかったら、とりあえずその旨貼紙にして町のあちこちに貼れば、いまの世の中案外効果があると思います。

↑このページのトップへ