月別アーカイブ / 2020年02月

アメリカのアカデミー賞を韓国のパラサイトが受賞しましたね。今年の年明け頃の週刊文春にて、5人の映画評論家全員が満点の星5つをつけていたので映画にさほど興味のない私でも、映画館が歩けるところにあるんだし観に行こうかなと思っていたんです。…ああ、これで映画館も満員で観に行きづらくなってしまうかな、と思いきや、ネットの購入サイトを覗いてみればいつもスカスカのガラガラです。…まあ、地方都市なのでこんなものですよ。ネット予約なんかせずとも入れるので予約なんかしないし、東京などの大都会の人ほど感度が高くないし、東京の人ほどミーハーでないとも言えますし、そして何より人の数が少ないし、これでしょう。ただひょっとしてコロナウイルスを心配して?でしょうか。映画館なんて閉鎖空間の最たるものですし。…私は観に行くつもりですがね。
映画パラサイトについて書くつもりでしたが、新型コロナウイルスが日本にもたらしているあれやこれやを見ていると、気持ちが変わります。…特に観光関連の業界で働く人たちが気の毒でなりません。昨年の韓国とのいざこざがようやく無くなりそうになったと思ったら今度は中国、そして日本自体が外国からみて感染の危険がある場所と認識され、海外からの観光客全てがいなくなるかもしれないなんて、これはもはや観光業界だけの問題ではなくなると私は思います。もう消費税なんかはもとの8%どころか5%に下げた方が良いですよね。
感染拡大を防ぐために不要不急のイベントや行事、会合は中止・延期しなさいとのことです。しかしながら絶対必要不可欠な行事があるとして、そこで感染拡大が起きたらそれはそれでまずいでしょうから、つまりは何にも出来ません。さすがに何にもしないわけにはいかないので、それならどうするかというと、経済効果のないもの、つまりお金が動かないものから中止され、次に大して皆がやる気がないものが中止されるんでしょうが、なんだかそれはけっこう残酷というか人間の本音が垣間見えてしまいます。言葉のアヤとは言え、そもそも不要なイベントや会合って何だよ、とも思いますね。民間企業なら不要なことはそもそも計画しませんから、不要不急な仕事をしているのは政治家や公務員の皆さんかもね、と皮肉を書きたくなります。
仕事を普通にしている大人なら皆、新型コロナウイルス騒動ははやく終わってほしいと願っているはずですが、もしも最悪と言えるくらいの事態になってしまったら…私は思うに、そうなってしまったら案外開き直れるのではないかと。日本中の皆が皆不安でたまらないことになればそれはもう致し方ない、人間が最も恐れるのは自分だけが不幸という状態です(だからこそ反対に自分さえ良ければとも考えやすい)。皆が当事者になればさすがに世の中はちゃんと動くはず、しんどいのはまさに今の日本みたいに五里霧中に疑心暗鬼がはびこる状況、それは人間の力では如何ともしがたいこと、せめて出来ることは人間同士で不要な喧嘩やいさかい、軋轢を避けることではないかと思うんですが、あとは体調を整えること、つまりちゃんと体に良いものを食べてきちんと寝ることが大事ですよね。

東京から小倉へ仕事と住まいを移して1年、小倉に来ても東京と変わらないと感じるのは建物のスクラップ&ビルド、そして建物の補修&修繕があちこちで行われることです。私がマンションを借りた当初目の前にあった空き地では新築工事中、そして弊社事務所のあるビルは先週まで外壁工事をしていました。
小倉が都心である北九州市は人口は減っているのに、私の住む小倉北区ではマンションがあちこちで新築工事中です。すなわち人口が北九州市郊外から都心部に集中してきており、車中心の町でありながら鉄道等の便が良い地を目指しているようです(新幹線ののぞみが停まることを皆さんご存知でしょうか)。私は今のところ車を買う予定はありません。単純にお金が無いという理由もありますが、生活上必要な店は歩ける範囲に大体ありますしね。
そんな小倉の町で暮らす私がいまとみに思うことは、工事現場で働く人たちが変わってきているなということです。10年以上前に私が京都市で借りていたマンションでも外壁工事があったのですが、まあ彼らの言葉遣いの荒くキツいことと言ったら…バカ、右やゆうとるやん、オマエどないすんねんソレ、とか聞いているとちょっとおかしくもあったんですが、でもそれが作業伝達上は早かったり間違いがなかったりするんだろうと思いました。で、今のドカチン(工事現場で働く人をこう呼んだりしますよね)の皆さんは昔とうって変わって、〇〇くん、さっき言ったけどそれ右だよ、やり直しといてネ〜…みたいな感じです。こんなところにも社会、職場のマイルド化が進んでいます。ついでに書くと、彼らの作業着がまた最近ではなんか洒落てまして、そのまま街を歩けそうです。
ところで今年に入ってから、毎週土曜晩に釣りバカ日誌という映画(2時間)と、ドラマ(1時間)の再放送をBSの7チャンネルでやっており、私は毎週見ています。映画の方は今から20年くらい前の作品ですが日本の地方が良い雰囲気を保てている時代を感じます。ドラマは3年前の制作なのでほぼ現代と変わりない雰囲気です。今週も放映ありますので、なんとなく見る番組がないねと思っている方は、ぜひ。…先週のドラマの話で、主人公ハマちゃんの部下に配属された取引先社長の息子(甘やかされてきたので社会人らしくないというキャラクター設定)が、最後に心変わりして工事現場で働く決心をするという場面があったのですが、そこでの先輩の言葉遣いは…私が京都で聞いた荒い言葉でした。現実的には3年前だとどうだったか微妙なところですが、映画やドラマというものは皆が想像しそうな「典型」を描くものです。あと5年くらいしたら工事現場の人間模様が描かれるとき、言葉遣いはどうなっているでしょうか。
今後、工事現場で働く人たちのスマートな言葉遣いは広まりそうですが、私はそろそろ違う方向性の職場環境の改善方法があるように思います。本来変わるべきは社員ではなく経営者ですし、強い言葉遣いがパワハラだなんていうのはあまりにもひ弱です。職場で言葉遣いまでも自由にしてはダメとなると結局は現場がストレスを感じて、仕事がうまくいかなくなりそうですし、言葉遣いが丁寧だと案外気持ちが通わないのも人間の一真理です。私たち現代人はなんか間違った心地良さを職場で追求しているのではないだろうかと思う小倉での日々、丁寧な言葉遣いだけで働くのは人間関係からの「逃げ」でもあるように私は思います。

2年前、プロ野球チームのソフトバンクのヘルメットと、試合中チームの監督や選手が控えるベンチの壁にHUAWEI(ファーウェイ)という赤い花びらのようなロゴがつけられていて、何だろうなと思い調べてみたら中国の通信機器会社との事、漢字で書けば華為、中「華」人民共和国の「為」の会社とはなかなか思い切った名前です。このファーウェイ(以下フ社と略)がいま、世界中の通信網整備を担っているというか、その分野の商売の最前線を走っていると言った方が良いでしょうか。私は少し興味を持ったのでフ社についての本を読んだりテレビを見たりしています。
いま、日本は4Gという通信システム環境らしいのですが今年のオリンピックあたりから5Gの世の中になるそうです。4Gにより生活が変わり、5Gによれば社会が変わるとか、私にはあまり理解できない世界です。フ社の本社がある中国の深圳(しんせん)市は、フ社の城下町なんてものじゃなく、フ社の最新最先端技術を集めた5Gの街であり、キャッシュレスや無人運転、住民の顔認証システム等々、スーパーシティというものだそうで、個人のプライバシーは無いに等しいけれど犯罪なんかも無いに等しいらしい…です。
そんなスーパーシティを広めるべく、世界各地の通信システムをフ社が整備することに難癖をつけているのがアメリカです。ちなみに日本もアメリカに追従しており、フ社のシステムが入る予定はないとか、まあアメリカや日本の国民がフェイスブックやインスタグラム、ツイッターで遊んだり、企業経営者や政治家が自分達だけが良いようになる世の中を作ったりしてる間に、中国は一党独裁の国家主導でメキメキと実力をつけ通信分野でトップに立った、というところでしょう。中国人は宗教とか人種とか、そんなしがらみ抜きで他国との経済的交渉にあたるのが得意そうですよね。これまで経済的に世界をリードしてきたアメリカや日本は悔しいでしょうが、通信分野ではもう出遅れているのが現実です。ひとつ印象的だったのは、フ社の開発した通信基地局に、小さな小屋みたいな基地局があり、それが人里離れた辺境地(=経済的に相手にされない)の通信網整備に一役買っているそうです。これまでの基地局は大掛かりでその分ある程度の町の規模がないと採算が合わなかったようですが、それからすればそれは大きな進歩ですし、こういうのが現代のアメリカや日本は苦手ですよね。
と、通信分野でフ社を先頭に抜きん出ている中国ですが、いま世界に広まりつつあるのは通信技術だけでなく新型コロナウィルスです。そのウィルスが発生した原因だとされたのが武漢市の野生動物を食用として扱う市場です。その市場は何十年も時間が止まっているような雰囲気があり、フ社のあるスーパーシティ深圳とはあまりにも対照的です。おそらくヘビやコウモリは電子マネーでは買えないでしょう。そしてそんな武漢市でも1000万人、東京並みの人口があるとか、中国はあまりにも国内がバラバラで混沌、他国の通信網整備をする前にやるべきことがあるような気がします。国民に政治に参加する自由がなく、これといった娯楽文化に乏しい中国人(彼らが楽しめるのはお上の検閲済の他国由来のものばかりでしょう)、せめてもの娯楽が野生動物を食べるなどの食事だとしたら、それがウィルス発生源なんて切ない話です。きっとその野生動物市場も無くなるんでしょうしね。

↑このページのトップへ