月別アーカイブ / 2019年05月

5月14日の北九州市民球場でのプロ野球、ソフトバンク対西武戦を観に行くとここで書きましたが、そのときに思った話です。
私が昨年までプロ野球を観戦していたのは、東京にいたので東京ドーム(読売ジャイアンツのホームグラウンド)か神宮球場(同様にヤクルトスワローズの…)でした。さてプロ野球を観戦するということは、人間の運が試される場でもありまして、野球場の座席というものは基本的には狭いもの、つまり赤の他人との距離が近く、日常的には満員電車と雰囲気が近い公共性を帯びる空間とも言えましょう。そんな場で周囲をどのような人達と共にするかそれは行くまでわからない、まさに自分の運が試される時であり昨年の私はそれはまあハズレばかりでしてねぇ。
その1、私の後列が立ち見の人(東京ドームにて、確か1000円くらいなはず)が連なる座席。立ち見の人達が一生懸命に応援、いい歳したオッさんの歌声が試合中ずっと私の頭上で…5000円近く支払った私がストレスを感じ、1000円の人がそんなに楽しそうなんて…。
その2、私の前2列が若いお母さんと子供連れ、お母さん達はお喋りに夢中、私の2列前の人が私の前列の人に振り返って喋るので私と顔が向き合う形になるのがどうも気になりました。そしてガキどもはこの日観客に配られた旗を試合展開に関係なく振り回す(←なんかあんまり野球に興味がなさそうな。チケットは何かで当たりでもしたのかい…?)ので視界を遮り邪魔でねぇ…。
その3、神宮球場でその日はなかなか良い場所の座席(もちろん値段も高め)だったのですが、隣のオヤジ達が選手の悪口や噂話、つまらない技術論みたいな話をグダグダ喋るんですね、大声で。しょっちゅう野球を観に来ていて知識もあるのはわかるんですけど、こっちからしたらただの雑音騒音、しかも隣のオヤジの服が梅雨時だったせいか雑巾みたいな臭気を放っていて、屋外でありながらその臭いも参りました…。
と、聴覚、視覚、嗅覚をやられた昨年の私ですが、さて先日の北九州市民球場でのことです。座席はプロ野球の試合をする場所としてはどうなのかなぁと思うくらい狭かったです(この日実際、狭い階段状の通路で女性が転んで怪我をしてしまいました)。東京ドームも広くはないですが、ここは極度に狭かったです。そんな球場でスシ詰めになりながらの観戦でしたが、でもですよ、皆、プロ野球を楽しんでいました。東京の球場の人達より初々しい雰囲気が良かったです。そして何より、試合が終わって私の見た限り周りの皆さんが試合中に飲み食いして出たゴミを、きちんとゴミ捨て場に持って行っていたのがとても良い、美しい、この日の私の運は良かったと思いましたし、北九州の人には公徳心がありそうで嬉しいです。

私が人生で後悔していることは、高校を卒業するくらいの頃から近眼になったことです。これまでいくつのメガネ、コンタクトレンズを使ってきたのか、それに伴うお金と時間は目が良い人なら費やさないものですからね。また、災害に遭って何かの拍子にメガネが壊れたりコンタクトの保存液が手に入らないことになったら、本当に私は何も出来ません。災害時の視力弱者の扱いってどうなってるんでしょうか、個人的に気になります。
長い人生、目が良いままでいられるかどうかは結構大きな問題ですが、大抵目を悪くするのは良くも悪くも多感な思春期や若い頃、メガネをかけることになったらこれまでとは違う自分のようでちょっと嬉しかったり、それは大きな間違いですけどね。そして日本において人間を知的な感じに表現する際、メガネをかけたキャラクターが典型的です。知性と目が悪いことに関連はないはずですが、なぜでしょうか、我ながらちょっと面白いことに気づきました。
さて。私は先日コンタクトレンズの交換に行きました。私の場合、月額2000円くらいで1年に一度レンズの交換を行えるという契約を昨年からしています。コンタクトレンズというものは2年くらいは使えるもの(使い方によっては汚れて2年持たない)を2万円くらいで買うということもできるのですが、毎月2000円くらい払えば破損や汚損しても安く交換、コンタクトレンズの保存液も定期的に送られてくる(ドラッグストアに買いに行く手間が省ける)などの特典を受けることにしたのがちょうど一年前でした。その特典の最大のメリットと言える1年での新しいレンズとの無料交換、それをするべく店に行ったわけです。そうしたら…新しいレンズへの交換は特に異常なくとも3カ月おきとかでもOKとのこと、私が昨年もらったパンフレットには1年でと書いてありますがね。
その気前の良さ、なぜでしょうか?…コンタクトレンズの交換とは言っても医療行為ですから、交換するには眼科検査が必要です。この日私が支払った検査料は保険が使えて1000円、つまり全体で約3000円の医療費がかかっています。眼科からすれば新しいコンタクトレンズを無料で渡しても(実際は年間2万円以上支払ってますしね…)、3000円の医療費でペイできると推測されます。
かくして、日本の医療費は健康な私でも言ってしまえばコンタクトレンズの交換ごときの為に使えてしまいます。膨らみ続ける日本の医療費ですが、こんな風に経済に関連している現代ではもはや減らすことは不可能なのか、でも私が新しいコンタクトレンズにどんどん交換することが眼の重大な病気に罹ることを予防出来て結果的に医療費の節約になるのか、結論は見えませんね。

私が今年2月から住んでいる北九州市の小倉に旦過(たんが)市場というなかなか楽しい所があります。新鮮な魚や野菜などが安く、主に中高年の女性や飲食店の仕入れの人で賑わっています。私みたいな男がたまに1人で買い物に行くと飲み屋なんかの料理人と勘違いされ領収書をいるかとよく尋ねられます。
この旦過市場の地域的な特徴のある食材としては、フグです。私が釣りをしていると釣れたりするヒガンフグというフグが生きたまま泳いでいたりもします。フグといえば下関、そこから小倉は近いですから、よく流通するんですね。さてフグにはご存知のように毒があります。そしてこのことはあまり知られてないように思いますが、食用として流通するフグにも種類があり、種類によって毒のある部位が違います。詳しくは厚生労働省のHPに一覧表で示されていますが、筋肉、つまり身の部分に毒があるフグはおらず、皮、卵、精巣、肝などの部位に毒の有無の違いがあります。…フグを調理するには免許が要りますが、つまりそこで必要とされる技能はフグをさばく前に、フグの種類を見分ける能力です。どんなに包丁さばきが上手でも、例えばトラフグとヒガンフグの見分けが付かなければダメというわけです。
さてこのフグを取り巻く、食べるにあたっての過程はこれまでの経験を集約させた人類の叡智と言いますか、昔々の人々が食べてみては毒に中(あた)りの繰り返し、さすがに同じことをしていてはアホだと思い、人が死ねばそこから様々なことを分析したり記録したり、その結集が現代のフグ調理師免許であり、漁獲や流通の過程に課される規制です。かつて佐賀県では養殖フグの無毒化を成功させたとして、日本で唯一のトラフグの肝が食せるフグ特区になろうとしたけど国が許可せず頓挫、なんて話もありました。これについては佐賀県の見識を私は疑います。生命というものに敬意と畏怖が足りないでしょう。行政がやるべきことではありません。
このフグについての日本の環境や行政の仕組みはよく出来ていると思います。起こりうる事故は極力防ぐ、それこそが行政の仕事です。そして、私は交通事故とフグ毒による事故は発生要因的に似ていると思うんですよね。先日の滋賀県大津市での保育園児が犠牲になってしまった事故、私はあの場所に保育園設置を認可した行政に責任があると思います。あの事故が起きた交差点、気づいた方もいると思いますがラブホテルがあります。つまり、元々は学校などの教育施設が無かったからそこにラブホテル(←開業には風俗営業法で規制有)がある、すなわちあまり人通りがないような地域、場合によっては気もそぞろなカップルが乗った車が行き交う道路、そこに保育園設置を認可したのなら行政は保育園児が交通事故に遭わないように道路や信号に万全を期すべきではなかったか(小学校ならスクールゾーンとかありますが…)、私の勝手な推測では事故を起こした女性は物珍しい雰囲気のラブホテルに余所見、気を取られたのではないか…なんて思います。日本はフグ毒事故防止のために講じている対策に比して、交通事故防止の対策はやや甘いと感じさせられました。

↑このページのトップへ