今月、引っ越しすることにしました。それに伴いあれこれ忙しいわけですが、私の両親が気持ちばかりとお金をくれました。親をアテにする歳でなし、この臨時収入はせいぜい親孝行に使おうと思いますが、まあ親というものはそういうものでしょうか。
さて、お金と言えば厚生労働省の勤労統計をきちんとやってなかったという例の件、私が気になるのは世間の関心の薄さです。統計を偽っていた、ルールと異なる手法を取っていたことによる実害は実はそんなにないのかも知れませんが、人や企業を指導したり監督したりするお役人が、自分の仕事をきちんと遂行しないという点も非常に気になります(私たちは日々どれだけ役所のルールを守らされていることか)。私の購読している朝日新聞はよく取り上げている方だと思いますが、テレビやネットのニュースの扱いが少ないと思います。皆さま、自分や家族の次に大事なものは何でしょうか?私はお金としか思い浮かびません。だからこそ皆仕事をきちんとするのに、あろうことか私たちの税金から給料を得る人たちが仕事をしていない。ここは一発安倍首相は公に怒ってみせた方がいい、役人を叱咤するのが政治家の仕事だと思うんですが。
そして一方で最近の世間で耳目を集めたらしきニュースを取り挙げてみます。
【嵐が活動休止】
心の底から残念とか寂しいとか感じる一般の人間って何割いますか?
【韓国籍の男性俳優の逮捕】
深夜に独身男性の自宅に妙齢の女性が来てくれることが何を意味するのか、大人ならわかるはずでしょう。ここで改めて韓国籍と明らかにすることの意図は?
【女子大生がネットで知り合った男性に殺害される】
あまり深掘りするべき事件ではないでしょう。ネット社会の男女とお金、そこにあるものは知りたくない現実です。
【10歳の女の子が虐待死】
可哀想ですが、児童虐待は家庭内の問題、他者の介入には限界があり社会的なものではないと私は思います。
【東京都心で雪が降るかもしれない】
それがテレビの全国ニュースでトップでしたが、そんなのローカルニュースですし、結果的に降らなかったですし…。
…一言で言えば、私たち大多数の一般人には深く知る必要がないことばかりです。報道する側のニュースを取捨選択する力が衰えているのでは、ニュースと銘打つのなら野次馬根性を刺激するような面白い話だけでなく、もっと私たちのお金にかかわることを取り挙げてほしいと私は思います。政治家や官僚の皆さんがきちんと働かないのに、私たちは無関心でそして消費税は上がる、というのがなんか私は納得できないんですよ。