先週は九州北部は雨が降り続け、佐賀県では浸水被害も出たとの報道を目にされた方も多いと思いますが、私のいる北九州市小倉あたりは雨が降ったりやんだりでした。この悪天候のあおりを受け、家に遊びに来ていた姪(高校1年女子)が予定通りには帰れなくなりました。帰れなくなった日の晩のこと、姪が唐突に話したことなのですが、いま彼女の脳みその大部分を占めている防弾少年団、略称BTSという韓国のアイドルグループが、日本のアイドルのセクシーゾーン、略してセクゾに曲を歌う際のダンスの振り付けや髪型、衣装を真似されているらしいんですね。で、それについて両者のファンがネット上で罵り合いをしたりして、ここでも日韓の対立があるようです。私がその画像などを見る限り、確かにこれはいわゆるパクリですね。
正直なところ私にはどうでもいい話ですが、私の少ない知識ではBTSは世界的にも人気がある韓国のアイドル、セクゾは日本のジャニーズ事務所の、まずまず人気のアイドルといった印象でした。ジャニーズ事務所のアイドルというもの、私の個人的な体験では姉が昔、田原俊彦、通称トシちゃんが好きで、そのせいで私もトシちゃんの歌ったり踊ったりしてるところはよく見ました。…後に、マイケルジャクソンを見る機会が日本ではよくありましたが、トシちゃんの歌ったり踊ったりはほぼマイケルジャクソンからのものだと気づかされました。他にも、沢田研二はロッドスチュワートの真似っぽかったり、つまりは日本のアイドルは海外のスターを真似ることが多かったということです。ただ、その海外のスター達からしたら田舎モンが自分達を真似したところでいちいち目くじら立てなかった、まあ君達は我々の偽物で喜んでなさい、くらいに見下していたことでしょう。そしてそのことは、まだインターネットのイの字もなかった時代、海外のスターのこともよく伝わらない世界だから許されたことですよね。歌手をプロデュースできる日本人なんていなかったでしょうし。
さて、そのセクゾがBTSを真似ている件ですが、もう一つ付け加えるべきことは、両者の振り付けを担当する振り付け師が、なんと同一人物だということです。この騒動?は要するに大人たちの怠慢なわけです。ジャニーズ事務所は相変わらず海外のスターを真似ておけばいいだろうという安易で時代錯誤なスタンス、振り付け師は日韓両アイドルに同じ仕事でいいだろうというなげやりなスタンス、かつてBTSはメンバーの一人が原爆投下後のキノコ雲がプリントされたTシャツを着ている写真をネット上で披露して非難されましたが、アイドルで飯を食べようとしている周りの大人たちがいいかげん過ぎですね。BTS、セクゾ共にバックアップすべき大人たちが彼らの才能を潰しかねません。まあ、興味はさほどありませんが。…まだまだ子供な姪は純粋にBTSに首ったけですが、日韓双方、大人がダメなことが結局のところケンカじみた外交しか出来ない理由、大人の仕事とは無用なトラブルを生まないことではないかと私は思います。
※記事投稿日9月3日ですが、画面上8月29日となっています。PCってのはよくわかりませんね