【その1】
新聞に夏の食欲が無い時期にも美味しく食べられる料理として、冷製パスタの作り方が料理研究家の女性により紹介されていました。具に使うものとして、鯖缶のサバが挙げられており、鯖缶でなくツナ缶や鮭缶でも良いでしょうとありました。
【その2】
九州大学の研究室が、遺伝子操作により共食いしないサバの稚魚を開発中だとの話をテレビで見ました。サバが養殖できないのは稚魚が共食いしてしまうかららしいのですが、それはサバにとって強い個体を残すという意味があるはずで、人間が妙なことしない方が良いと思います。
…さて、このサバに関する二つの話ですが、いまなぜか日本ではサバの缶詰を食べることがブームです。スーパーにはさまざまな鯖缶が並べられています。食生活にすら流行という概念を持ち込む、そしてサバばかり食べるという二点において人間は愚かなものだと思うわけですが、まず、その1のパスタの話、新聞にレシピを紹介するくらいの力がある人、料理研究家であるなら、食材についての問題意識があってほしい、つまりわざわざサバ食ブームを助長するのではなく、鯖缶以外の缶詰をメインで使うように勧めて良いんじゃないかなと私は思います。人間はサバが売れるとなったらサバが明らかに減るまで獲る、サバが身体に良いとか頭が良くなるとか聞いたらサバばかり毎日食べる、そんな愚かな生き物です。
そしてその2、サバの遺伝子操作をしてまで養殖するというのは、まさにサバをどんどん売りたいという人間の欲求に応えんがためのものですが、あなたたちは九州で1番賢い九州大学の人間なんだから、人間がこれまでしてきた乱獲漁業のあり方をそろそろ見直すように啓発すべき立場では?サバという生命のあり方をねじ曲げてまで、鯖缶が人間にとって必要なものなのか、今一度立ち止まってみてはどうでしょうかね。鯖缶ブームが去ったころにその技術が確立されたりしたら、その共食いしないサバはどうしますか?海に放したりすれば環境破壊の最たるものですよ。
そもそも私は大洋を泳ぎ回る青魚を狭い囲いで養殖するのは無理だと思います。養殖向きなのは海底や磯でじっとしてる性質の魚ですが、それらですら味は天然物にはかなわないですし。また、市場に出したところで大した値がつかないはずです。いや、どうせ鯖缶用だから品質は低くていいなんて言うのなら、九州大学としては志が低すぎやしませんか…。料理研究家や大学の研究者と名乗る頭の良い人たちは、流行に乗りやすい愚かな私たちに歯止めをかけ正しい方向に導くのが仕事ではないかと思いますよ。