出版不況と言われて久しいですが、いわゆる出版物には大きく分けて書籍と雑誌があります。そしてそれらはかつて書店など店のみで売られてきましたが、現代ではインターネット上のアマゾンなど通販でも買えます。皮肉にも読者にとって便利なアマゾンで買えるようになってから出版不況が始まったように思われます。なぜでしょうか?
答えはアマゾンだと読者が買うものに無駄がないからです。書店に行くと本や雑誌が好きな人なら、その場でパッとみてあるいは少し立ち読みして、ああこれも面白そうだな、といわば衝動買いが発生するのですが、アマゾンだとそれがあまりない、私はそんな風に思います。もちろん原因はこればっかりではない出版不況ですがね。
さて、私がやっている弊社も出版社を名乗っていますが、上記の出版物は作っていません。では何をしているかというと、知る人ぞ知るあるものを作っています。それはここでは書きませんし、HPにもさほど案内をしていません。なぜなら知ってほしい人にだけ知ってほしいものを作っている、イコール知らないでほしい人には知ってほしくないからです。情報を限定することでメリットがある場合もありまして…。一方書店で売られている出版物を見ると、それら出版物を作っている出版社は難しい状況だと感じます。
皆さんも是非書店に足を運んでみてほしいのですが、いま書店に行くと私が感じるのは、出版社同士真似のし過ぎだなということです。先発者が素晴らしいアイデアを出し出版してもすぐに陳腐化してしまうのは、売れたという情報が走り過ぎるんですよね。何かヒットした企画があると、それを他社が追随することは昔からあるのですか、出版不況のいま、それがひどくなっているように見えます。出版物が売れないから、売れたものを真似したいのはわかりますが、読者からみてそれはただのパクリ、あれもこれも買うということはないでしょうし、そして書店に対しては安易な陳列をやってるという印象を持ちます。私だったら先発商品に敬意を表し、並べるのは二番手までにして三番手以降のヤツは返品します。そうやっていわば出版社に抗議の返品を書店がすることで出版物が洗練され書店も小売店としてのレベルアップにつながるはずです。
…出版物のヒット商品というものの難しい面は、流行りもので終わるという現象です。出版社は日々何か売れる企画はないかと頭を捻り悩ませているものですが、たとえば、以前うんこ漢字ドリルという商品が爆発的に売れましたが、いまどうでしょうか?もはや書店からの注文はほとんどないと思います。そんな花のような商品は一時的に会社を潤すかもしれませんが、やはり花は花、枯れてしぼんでしまうものです。出版社に限らず会社というものは一発当てるところよりも、春が来れば毎年しぶとく生えてくる名もなき雑草のような商品を持っているところが強いもの、弊社もそうありたいと思っています。なので弊社のイメージカラーは緑なのです、というのは後付けですけどね。皆さんが働く会社の経営者さんがもしも一発当てたがり始めたら気をつけましょう。