いまやっているNHKの朝のドラマ「まんぷく」ですが、主人公の夫がカップラーメンを発明する話です(日清食品の創業者の安藤百福がモデルです)。その夫役の長谷川博己氏がなかなか良い味を出しているように思いますが、皆さんはどのくらいカップラーメンを食べるのでしょうか。私は月に一個も食べませんが、あの味が嫌いかと言われたら嫌いではありません。食べる習慣が無いと言いましょうか。やはり私の母がきちんと料理をする人間でしたから、カップラーメンを子どもの頃に食べた記憶があまりなく…大分の父の実家に帰る際に乗るフェリーの中でカップラーメンの自販機があり、そのときプラスチックの透明なフォークで食べたことを覚えています。美味しいなあと思いましたよ。
さて、生活習慣病の原因であるとして槍玉に挙げられがちなカップラーメンですが、確かに塩分は多いでしょうから、高血圧の方はNGですね。他にも身体にとってよろしくないとされる要因はありそうですが、要はカップラーメンばかり食べなきゃ良いのは間違いないと思います。偏食はいけませんよね。
ここで、ラーメンを食べたいとアナタが思ったとします。台所の棚に備蓄してるカップラーメンで済ませるという方。その場合の身体の動きは、台所でお湯を沸かすだけです。消費カロリー、限りなくゼロです。一方、手づくりしようと思った方。まずスーパーに行き、ネギやモヤシ、チャーシューやメンマ、海苔ものせようかな、ああコショウがなくなってたな、スープは醤油か味噌か塩か、あるいは豚骨か、自分で煮干しで出汁とってもいいかな…麺は太いの細いの真っ直ぐかちぢれてるか…なんてことをあれやこれや考えつつ、家に帰ってきたら野菜を炒めたり麺を茹でたり、そして出来上がったラーメンはときに味が濃かったり薄かったり、ああゴマ油を垂らすと美味しかったかなあなんて思いつつ、食べ終えたら丼を片付けて洗う…ラーメンを手づくりすると何せやること、考えることが色々とありますね。
私はこのラーメン作りでの頭と身体の働かせ方の差、これが健康と不健康の分かれ目ではないかと思います。カップラーメンなどお手軽なものばかり食べていては心身の運動不足、それが身体に良くないのではないでしょうか。食事の内容を考えたり準備が面倒だという方、アナタは人生楽しいですか?おそらく安藤百福もカップラーメンが主食になるような世の中が良いとは考えてなかったと思いますが。