入場。
自己紹介を、リンネさんからと進めるミコトさん(2部は進行をミコトさんメインぽい感じにしていた)

☆店内の衣装展示について

これはいつ着たやつか覚えてますか、とリンネさんが聞くと、覚えてるよ~、和物でしょ~?とミコトさん。
ざっくりな解答に若干忘れてる疑惑を浮かべつつ、ミソロギーのときのやつですよね、とリンネさんが話を進める(ミコトさんも覚えてたアピール)

あの時、殺陣にはミコトさんとタツキさんはいなかったけどと聞くと、展示されてる衣装の上着を脱いだ状態で冒頭は踊っていて、皆が揃うときに上着を羽織り帯を締めて出てくるとミコトさん。あれの最後はミコトさんとリンネさんのペア振りもあって、最後まで残るし、階段を駆け上がるのが本番当日まで練習できないから結構大変だという話も出る。

とにかくその後のプラス男子のところで体力が切れているから息が大変で(ミコトさんが、皆が息を吸っちゃうから~と息が上がる動き)という話で、-en-の話になる。
あれの手の動きが、とやって見せるものの名前が浮かばなくてあわあわしつつ手振りを見せる(早くて横並びになってTATするとのろ)リンネさん。皆で揃うのが大変、6人が増えたことで揃わなくなっちゃうこともあるから頑張らないとと思ってやっていたそうな。

その-en-で泉さんがソロをやっているとき、他のメンバーは円になって待機しているけど、後ろで朴さんとかも肩が上下するくらい皆息が切れている。すごい大変、といって、あれで普通にソロをしている泉さんがすごいという話に。

ミコトさんは、「僕だったら~こうなる~」と崩れるように床にしゃがむような動作になり、「体力オバケだよね~」と言うと、一瞬同意しかけつつ「え、オバケって…言っていいの…?」てなるリンネさん。まあ、とにかく二人とも泉さんはすごいよねという話。

☆何が大変か
本当は違う質問をリンネさんがしようとしてたけど、ミコトさんが難しい(1部で出た)振付の話でミロクの話があったところから、リンネさんに難しい曲を聞く。
リンネさんは、エグマグが難しかったらしい。振りが多すぎてどこから覚えたらいいか分からなくなった。冒頭の両脇で門みたいなフォーメーションをするところは、先生から思い入れがすごいあるからと熱心に細かく指導をしてもらった。

☆振りがわからなくなる
年末のコスメンで話したけど、リンネさんはライブの前には結構集中したいのに、タケルさんがマイアイドルの振りを聞いてきて戸惑った話。ミコトさんも「いつも マイアイドルのこと聞くよね~」と言うのでみんなに聞いているようだった(笑)

踊サミの時も、何かの曲で右か左か分からなくなったタケルさんがリンネさん、ミコトさんに聞いたら二人とも分からなくなってしまい、タツキさんに聞いたけど分からなくて泉さんに聞いて教えてもらった。

「やっぱり、奏くんはすごいよね~」というミコトさんに、「いや、わからなくなふ僕らがダメですよ」冷静に突っ込むリンネさん。本番前はやっぱりどうしたいか、という話になる。

☆楽屋の話でどう過ごしているか
ミコトさんは他の人に合わせているから特にルーティンはないという。強いて言うなら、お弁当は食べちゃう人。本番前に(6人では)リンネさん、ダイチさんは食べない派。

ダイチさんは意外にも集中タイプで、鏡の前で真剣に自分と向き合っている(リンネさんがやや真似する。チョイキメ顔風)

わかる~というミコトさんは、それで、リクくんは、その横でずっと食べてるよねというとリンネさんと激しく同意する。
現場で入って食べて、練習してグミを最近食べているらしく、終わったら残ったお弁当も欲しいというくらい。「3食だね~」とミコトさん。
リクくんなりに必要だからそうしてるんだね、と納得(?)する2人。

タケルさんは一番すごいらしい。
ずっとYouTubeでお笑いの動画をイヤホンで見ていて、時折甲高い笑い声が上がるのでメンバーで覗くが、それにすら気が付かない。あれは彼なりの緊張の解し方なんだね、と二人。

ちなみに、スバルさんは本当にお母さんみたいで、そんなみんなのことを見守っている(腕を組んで頷きながら見守るスバルさんの真似をするリンネさん)

☆今までで簡単に覚えられた曲は
さっきは難しいのを聞いたのでとミコトさんに聞くけどまミコトさんはリンネさんに先に言わせる。リンネさん的には姫に届けがすっと入ってきたらしい。

ミコトさんはと聞くと、全部難しいからない~と言う。リンネさんは、そう言われると僕がなんか悪いみたいに見えちゃう…と言うと、ブラックミコトさんがしてやったりの顔。無理やり捻り出してというと、マイアイドルっていうミコトさん。(マイアイドルの指差す振りをやるがプリケツを強調してて原型がわからなくなっている)
マイアイドルはスバルさんもすごく好きって言っていたらしい。

そこから、あの無茶振りの話になる。先生のネタも面白かったと言う。2人で窓ふきの面白かった、どうやるのかなと軽く試そうとしてできないからやめる。(そのあたりでグリパで先生がコントに加わるかと思っていたからなかったので残念と2人でいう。もし加わったらダイチくんがのびのびできなさそうと予想するリンネさん)

1月にやったときの感想をミコトさんに聞く。あのころから面白さが出てきてますよねとリンネさん。いやいや、といいながら満更でもなさそうなミコトさんは、自分でも朴くんに似てきたと思うと発言。

自分は無茶振りはやりませんよ、とリンネさんが言う。誰が出すかによる、先生も意地悪しそうだし、アキラ先輩も(ゴニョゴニョいってて聞き取れず)…リクくんだったらいいのにな、ちょうどよいお題を考えてくれそう、と2人で言う。
実際にやるとは自分以外に、泉さんとスバルさんもいるのか…と想像して、なんかすごいことになりそう、と言うのでリンネさん。

☆ミコトさんからリンネさんに質問
どんなこと考えて歌っているの的な質問。
リンネさんはその曲の感情を込めるために曲に入り込むようにしているとのこと。

例えばからくりピエロだと、誰かを待っている気持ちを作って待機している。惑星ループの時に袖で誰かを待っているつもりでいる(実際にその顔をする)近くにいるスバルさんが肩を叩いてそろそろだよって言われてから出ていく。

☆家での練習方法は
ミコトさんは、部屋がそこそこ広いので家具を少しどけてダンスを練習している、ということ。
気を付けているのは、決めるポージングの角度や、振りを見せるために体の可動域を広げることかな、というカッコいい回答に会場から拍手喝采。
リンネくんはどうやって歌の練習するの~?とミコトさんが聞く。
(ダンスじゃなくて歌?)みたいな顔をしつつも、お風呂で歌うのかミコトさんに聞かれてお風呂では歌っていると言う。お風呂じゃないと、イヤホンでアーティストさんの曲を聞いてハモりを歌ったりするらしい。

ダンスは出来ないところを徹底的に繰り返すのが好きだから、気になるところを動画で切り取って永遠にリピートして一時間くらいやるというリンネさん(努力家)に、繰り返すと動きが固くなるから、流して全体の流れを掴むのも大事だよとアドバイスするミコトさん(かっこよし)

☆ピニャータについて
まだ何をやるかは決まっていないけど、楽しい舞台にするから来て欲しいとのこと。

時間なのでとミコトさんが言って終わり。1部と逆の順で挨拶。ミコトさんは「とーーーーーーっても、楽しかったです!!」と深々とお辞儀してました。

あっという間に感じたけど、文字に起こしたらかなりの内容で本当に参加出来て良かったです(涙)
アルスマグナさん、これからも応援してますの気持ちです~!!!

雑なレポですし順番もあやふやですが、行けなかった方でも内容が伝われば幸いです。ありがとうございました!!