月別アーカイブ / 2015年10月

yuseiのお宮参りの洋服について質問を頂いたので書きます!



お宮参りの服装は、最後の最後までどうしようかなぁと迷っていてね(大人のも子供のも)

着物にしようかとか前かけ(っていうの?)の和装にしようかとか・・



セレモニードレスはやっぱ女の子の方が似合うだろうし、ちょっとなぁ・・・・とか。


でも、着物は授乳が大変そうだし、なんとなく洋装がいいなと思って、そこからはひたすら検索検索・・


「前開き 正装 ベビー ロンパース」とかで。笑

でも、なかなかいいのが出てこなくって、
前開きじゃない服ならかわいいの結構あるけどまだちょっと着せにくいし・・
とひたすらネットにかじりついてたらこれを見つけました!



か、かわいいじゃないか。

蝶ネクタイもしっかりと服にくっついてあるので外れる心配もない。

ちっちゃいバーテンダーみたいでしょ?^^

素材も今の季節にちょうどよい少し厚め。
夏は確実暑いと思います。

前開きロンパースなので、いつも通り着替えもおむつ替えも楽ちん。

家族にも大好評でした^^


蝶ネクタイ持ってるみたいなポーズ!

主人も気に入って、「何もない日もたまに着せてや!」って言われたのでww
普通の日もたまに出現するかも。w

リンク貼りますね^^
良かったら参考にしてみてください!






梅田の待ち合わせ場所と言えば、ビックマン前。

ビックマン前といえば、紀伊国屋書店梅田本店!!

そんな紀伊國屋書店梅田本店では、売り場を2箇所展開で
私の著書を販売してくださっています。




売り場は、ノンフィクションタレント本のところにあるそうですので、
ぜひお立ち寄り頂けたら嬉しいです。

私の今週末は初の大阪市内デビューwしてみようと思っているので、
行ってみます!


先日、御堂筋線の緑地公園駅の中にある田村書店を通った時、「あるかなぁ~」と思って寄ってみたら、
ありました!!感動。。

昔その近くに住んでいた事があるので、田村書店よく行ってたんです。
駅ビルの中のカレー屋(今はない)でバイトしてた事もあったり・・・・w



置いてくださってありがとうございます。とひとつひとつの本屋さんにお礼に行きたい気持ちでいっぱい。
でも、いきなり行っても困らせてしまうと思うので・・
ここでお礼を言わせてください!

ありがとうございます!!

そして、手に取ってくださった皆様も本当にありがとうございます。


★11月10日は紀伊国屋書店グランフロント店で出版記念トークショー&サイン会があります。
今日確認したら残席わずかとの事なので是非来てください^^(※予約制)→イベントページはコチラ

====
My Happiness Rule特設サイト
コチラから


10月24日に初の著書が発売しました。
My Happiness Rule~179日のいのちが教える「私の幸せ」の見つけ方
是非読んで頂けたら嬉しいです。






私の著書My Happiness Ruleの感想をブログ等に書いてくださった方を
シェアさせて頂いています。

皆様ありがとうございます!!

=====

★ママPR担当のブログ 様

【読書記録】浄化された。田中美帆さんの本。
→Blog


くしくも電車の中で読んでしまい
車内でぐしゃぐしゃに
泣いてしまった本。。

田中美帆さんのご著書。

生後半年でなくなった娘さんとの
生活を綴った内容です。

これは、、
もう読む前からうるうる来ていて、
でも早く読んでみたくて帰りの電車の中で読んだが最後。

最初涙をこらえていたのだけど、途中からどうでもよくなって、
ボロボロと泣いてしまいました。。

しかしながら。
最後まで読んだ、一番の感想は、
「普通のことをもっと大事にしよう」
という思いでした。

なくなった娘さんの本、というと、悲しい、
つらい内容なんじゃないかというイメージを持ちがちですが、
まったくその反対です。

もちろん、
胸がキューンとつままれるような箇所もあるのですが、
それを上回るあったかさみたいなのが本書全体に通じてあります。


だから、読後は、
へんな言い方かもしれませんが、、、
浄化された感じがします。


涙や感情や鼻水が出て、
すっきり。
そして、すっごい温かい穏やかな
気持ちになる。

下記、いちばん印象に残った
箇所を引用。

「いままでは、
人目を気にして生きていた気がする。
でも、そんなことはどうでもよく思える。」

本当は一番大事な人に目に見える愛情を注いで
大事にしたいのに、なかなかできないことって、
誰にでもあるような気がします。。

自分から関係遠い人には笑顔で「ありがとうございます!」
って簡単にいえるのに、いつも近くにいてくれる
家族や大事な人にはなぜかそれが言えないとか。

(でも、あのマザーテレサでさえ、近くの人を大事にするのは
すごく難しいことって言ってた気がする。違ってたらすみませんw)

すごくありきたりな感想になりますが、、普通に側にいてくれる人や
ごく近くの大事な人たち普通の毎日を、改めて、大切にしたいと思いました。


==-

★内面から磨く女子life 様

179日のいのちが教える幸せ。
→Blog


わたしの場合はみんなみたいな、そんな素晴らしい感想は
書けないけど、わたしなりの感想を書いてみようかと思う。

自分自身よくわからないけど、
このはるちゃんという子に特別な想いを持っていて、
このお話は他人事に思えなかったりする。

変な話、美帆さんのブログのはるちゃんの写真を見てたとき、
わたしの方を見てるという感じを覚えてた。
(自分自身、そんな勘違いもいいところだ。と思う。)

それからときどきわたしは空中に向かって『はるちゃん』って
語ってたりする。
(あ、でも一人でいる家の中でしかしないし。自分でも自分の事
変だと思うし。笑)


お話の中でも『それぞれの心に生きる』って美帆さんが書いてるけど、
わたしの心の中にも『はるちゃん』って子がいると思う。


昨年に一度だけ遠目から姿を見たから、わたしは気になってるのかなぁ。
なんで、気になるのだろう。
ただ、わたしは昔から子供好きだからそう思うのかなぁ。


そんなこと思いながら今日もこの本読んで声をあげて泣きました。
こうやって携帯でブログ書くぐらいならできるけど、
あとは何もできなかったりする。

ほんと泣きすぎやで。笑

でも、誰かを思って泣くことも大切だと思う。

そして、わたし自身が今追っているだろうことについて
何かヒントになることをこの子はわたしに教えてくれてるのではないかと
書きながら思っている。


「女性のチカラで関西を元気に!」

という言葉を掲げる
田中美帆さんを中心とした関西美活サークル
もまた応援したいし、わたし自身、関西・日本を応援するためにも
もっと前に進もうと思えた。


わたしも一個人だけど、こうやってブログ通して気持ちをみんなに
伝えるのは最初は勇気のいることなんだけど、でも何か伝えなきゃなぁってほんと思うの。


子供って毎日真剣に遊んで生きてると思うの。
だから、わたしももっと真剣に生きるし、この身体がある間は
この世を遊び尽くしたいと思うし、今の子供が元気に走り回れる社会を
作りたい。

また、この本を何回も読んだら母にあげたいと思う。

わたしはこんな幸せな人に出会ったんだということを同じ女性である、
そしてわたしというわがままな子供を産んだ母に伝えたいと思う。


また、周りにいる母という女性は子供がいながらも仕事や育児に
追われている人もいれば、自分らしく生きている人もいる。


わたしはこれからどんな未来を辿っていくのかはわからないけども、
どんな人も笑顔でありますよう祈ることはどんな自分であれ続けたいなぁと思う。

====
My Happiness Rule特設サイト
コチラから


10月24日に初の著書が発売しました。
My Happiness Rule~179日のいのちが教える「私の幸せ」の見つけ方
是非読んで頂けたら嬉しいです。







↑このページのトップへ