お久しぶりです。うぅすみませんサボっていました。完全に。

毎日頭の片隅にライナーノーツかこうって考えはあったの。あったのよ!ほんとよ!・・・、、さて収録が二回目になるナイトブルーについては色んなインタビューや過去のブログでも書いているので割愛させていただき今日はこの曲についてかこうと思います。


"WATERライナーノーツ 07-LAST DANCE"

突然ですが私は努力ができません。書きます!と宣言したライナーノーツもこのようにさぼってしまうくらいの、いわゆる三日坊主です。最近では何かを始めるときに、それをやりきっている自分が想像すらできず、でもほんの一筋差し込む奇跡のような光を信じて、自分で自分に一世一代の賭けをするような気持ちになるほどです。だけど、そんな私でも人生の中で何かを成し遂げないといけない瞬間は何度もあり、それを果たせたことももちろんあります。


納得いかない現状をどうにかしたいと思ったとき、努力ができない自分を奮い立たせて正攻法で努力を積もうとするのはちょっと無理があるよね。いつからか私は、努力ができない自分のための得策を考えるようになりました。一番大切なのは努力をすることではなく、努力の仕方について考えること。私の場合、大抵は生活習慣ごと変えなければならない環境に身を起き、努力の対象に自然に関わる環境を作るようにするという方法を用いてきました。


まずはよりよくしたいという気持ちを持つことは大前提として、真っ向からアタックして改善することってすごく才能のある人じゃないとなかなか出来ないことだと思うの。だけれど、まだ誰も気づいてない突破口をみつけたり、実際には関係なさそうなことを続けていたらいつのまにか繋がっていて改善されたりすることの方が成功する可能性が高いなと感じています。そして、私はその感覚が大好き。正攻法の努力で勝ち取ったときより、得した気分になるから。


LAST DANCEの主人公の女の子には自分の欲しいものを手に入れるために旅をしてもらいました。いつもとは違う環境で過ごすことで変わることは自分が気づける数よりも多くて、そのひとつひとつがかがやきになると思っています。弱ったときの底力。心を強くするこの感覚、いつから身についたのかなあ。