2017.11.11.
ROOMSHARE the FINAL
at 渋谷クアトロ

きてくれたみんな、素敵な空間を、ありがとう。

もらった手紙や、みんなの感想を読んでからブログを書きたいと思って遅くなっちゃいました。

初の自主企画だったROOM SHAREのファイナルということで、本当にどういうライブをしようか沢山考えて挑んだライブだったんです。私はこれまでのSISを支えてくれた楽曲たちに感謝の気持ちを込めたライブがしたかった。(それは同時に一緒に制作してくれた全ての方への尊敬と感謝の気持ちを込めることにもなると思ってます。)そして、そんなふうに私が大切にしているものを親や大切な友人達に見せるために歌いたかった。たとえば自分の友人が恋人へ思いを伝えるために歌っているのを聴いて、なんて素敵なんだと感動をしたり、その歌の歌詞を自分の現状に当てはめて共感したりするように、純度の高い気持ちを詰め込んであふれ出す空間をみんなに見てもらいたいなって思いました。

盟友Shiggy Jr.とのツーマンということもあり、バンド時代によくお世話になっていた人や高校の同級生や母親など、古くから私を知ってくれている人たちもライブに誘い見届けてもらって、私が私として続いていっていることをとても実感した夜でした。みんながバトンを渡しながらどこかへと向かっている中で、どこに向かっているかは分からないけれど、足を踏みしめて前に進む瞬間をなぜか幸せだと思える気持ちをみんなで見つめられたような気がしました。あの夜の音楽はきっとそんな素敵な時間を祝うためにありました。

冒頭のひっちーのドラムからはじまり、ひとつずつ音が重なっていく演出は、シンプルに音の楽しさで溢れるスタートになればいいなと思ってみんなにお願いしました。ホーン隊が加わり華やかなオープニングに私自身もドキドキしました。

とにかく”歌う”ことをとことん考えた今回の自主企画でしたが、来春まわる東名阪ワンマンツアー”WATER TOUR”ではより音楽を伝えられるツアーにできるように、精進したいと思ってます。
せっかくSISを好きになってくれたみんなに私は何をしてあげられるんだろうかって最近はずっと考えています。少なくても良いから、何か渡したいです。