発売日から一夜明け、感想が届き始めて嬉しいです。やっと全てを共有できるなぁ。


今回はフルアルバムなので、歌詞カードもブックレットになっていて、デザイナーのゆいゆいが色んな"WATER"を表現してくれています。

個人的なこだわりポイントはCDの盤面で、文字をランダムに円形に並べていて、これは水滴が水面に落ちたときの水の波紋をイメージしています。盤面そのものが持つ七色の光とあいまってとっても綺麗です。水ってどうしてこんなに綺麗なのでしょうか。


さて、今日のライナーノーツは過去にも書いてはいるのですが、改めてこの曲について書きたいと思います。


"WATERライナーノーツ 02-とびきりのおしゃれして別れ話を"


この曲はSISにとって欠かせない曲に成長してくれました。サイン会でも、この曲をきっかけで知りましたという人と、この曲を聴いてとびきりのおしゃれして別れ話をしてきました!という人が多いこと・・・変な影響与えてしまってよかったのかしら?と思うこともあるけれど、決まってみんな前向きに話してくれるので、それならよかったなぁと思うのでした。

今回2曲目に配置したのは、フルアルバムで初めてSISに触れる人に改めてしっかり聴いてほしかったし、物語を始めるときには別れや失うものが伴うと思っているので、思い切って2曲目に配置しました。(mirage)があることによってとても新鮮な気持ちで聴けて面白い曲順になったと思っています。


このままじゃぁなんだかとりたて面白いことも起こらなさそうだし、そんなのじゃ私の人生勿体無いし、だけどなんとなく生ぬるく居心地が良い場所から、変わりたい決心するけれど、別れってやっぱり悲しいし、不安だし、だけど未来へ期待している自分も居る。

もやもやしている時間から悪い芽が毒を出してしまう前に、最高の形でお別れができたなら、これまでの思いでもきっと素敵に封印できるはず。


私は嫌なことがある日には決まってテンションを上げるためにおしゃれをします。(楽しみにしている日にもおしゃれするんだけれど。)毎日の服選びも"おしゃれ"というより、意思表示だなと思います。着る服で色んな印象に変わりますよね。それを考えながら選ぶのが楽しい。


別れの季節の花、桜の淡いピンクを思わせるような弧を描いていったりきたりしているギターに、エレクトロなベース音が下の方からうきうきしている隠せない気持ちを掻き立ててくれます。

アウトロのアナログシンセの音は私の大好きな中華音階をなぞらえています。いろんな国に古くから伝わる音は本能的になぜか祝福をされている気持ちになります。お祭りに使われているイメージだからかなぁ。どうか涙を流してしまっている人もこのアウトロにたどり着く頃には晴れやかな気持ちになれていますように。



来春には"WATER TOUR"の開催が決定しました。初の東名阪ワンマンツアーということで、歌いにいきますので、是非直接聴きにきてもらえたらと思います。アルバムの中にCD購入者先行予約受付のフライヤーが封入されています。11日の20:30までなのでチェックしてみてね。