2017.07.01.
SHE IS SUMMER
1st ONE MAN LIVE

Swimming in the Live

梅雨明けしていない東京・渋谷WWW

私がライブをする意味ってなんだろう?
私が歌うべきことってなんだろう?
私が産むべき空間ってなんだろう?
沢山考えて挑んだSIS初のワンマンライブ。

SISを始動した頃はとにかく空っぽで、自分には何もなくなってしまったように思えていた私は、流れに身を任せて、運命というものの言いなりになってみることに必死で、自分から無理やり色んな激流の中に身を投げ入れて、流れに流されてここまでやってきました。
始動から1年、たくさんの人に出会い、運命に流される中で私は本当の私探しをする旅に何度も出ました。
その中で自分が知らず知らずのうちに選んで集めてきたものは、一番のオリジナリティなのではないのかしらと思い、それを大切に大切に磨いてみました。

そうしてたどり着いたのは、ファンタジーではなく現実の中で起こりうる限りなくファンタジーに近いものを探して目の前に広げたい!というコンセプトでした。

普段はお湯しか入れないお風呂場に水をはればプールになるし、普段は寝てる時間に起きてドライブに出かければいつもの街がちがく見えるし、久しぶりにブランコにのればまるでジェットコースターみたいだし(無料なのにすごいっ)・・・

こういう考え方はたぶん私の母から受け継がれたもので、私が母の一番好きだなと思っているところです。奇抜な考え方に困らされる日もあったけど・・・(笑)母のユニークな発想はお金がなくっても、平凡な街でも、なんだかたまに魔法がかかったみたくすっごくトクベツな気分にさせてくれました。

私がライブハウスという箱のなかいっぱいに広げたい景色・・・それはただの箱の中をなんだかトクベツみたいな気分にさせるユニークな発想だと思いました。

それに加え、今回リリースした「Swimming in the Love E.P.」の”忘れたくない瞬間”と”忘れてはいけない気持ち”を忘れないように歌うというテーマも意識して、一瞬で過ぎ去っていってしまう空間たちと、だからこそそれを忘れないようにしたいという想いをぎゅうっと詰め込みました。

次から次へと”まさか”しか起こってこなかった私の人生みたいに、次の展開が読めない1時間半を私はまるで走馬灯を見ているかのように泳ぎきりました。

いつものライブはライブが終わった後、歌った~!!と満足するのですが、今回のワンマンライブは気持ちに集中しすぎていて、まるでみんなに話しをしているような感覚で、全く歌いたい欲が満たされなかったのが可笑しかったです。。笑
おうちに帰ってからカラオケいきたくなっちゃった。笑

でもきっとそれは正解で、歌うより表現したかったから・・・最近私にとってライブは作品で、ちっちゃい頃NHKでわくわくさんをかじりついて見ては何かを作っていたように、何もない空間にSIS BANDのみんなの演奏とSISチームのアイデアと私の歌と動きと照明で何かを作ろうと挑んでいます。

今回のライブを経験して、もっともっと作りたいものがあるなと感じました。
自分の体まるまるひとつぶん精一杯がんばったのに、まだまだ出来ないことだらけで悔しかったです。
でも今の自分にしかできないライブがひとつ残せたと思います。
見守ってくれた全ての皆様!本当にありがとうございました。
同じ時間をこれからも共有して積み重ねないと得られない思い出という最高の作品をみんなとこれから作っていけたら嬉しいです。

みこ

P.S.
お花を贈ってくれたみんなありがとう。
ライブ後ちゃっかり飲み会を開いたりしている仲良しなみんながなんだか可愛くって大好き!

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8875.JPG