ついに今日はWATER店着日です。リリース近辺はなんだかお誕生日みたいなムードで、みんなに祝福され、みんなに感謝をする特別な時間が過ごせるのです。そんな、まるで花道を歩くみたいな気分になれる日がリリースをするたびに増えるなんてアーティストという職業は本当に幸せな職業です。

さて昨日のブログで話したように今日からはライナーノーツを一曲ずつ展開していこうと思います。こういうのは初めてかもしれないなぁ。12曲分いつ書き終えられるのか分かりませんが、今しか覚えてない気持ちも沢山ある気がするので、未来の自分のためにも地道に頑張ってみます。


”WATERライナーノーツ 01-(mirage)について”

INTROになっているこの曲はmirage(蜃気楼)のように他の曲たちを不思議な見え方に変えてくれる存在です。SISの”日常の中にある限りなくファンタジーに近いものを大切にしたい!”というテーマを大きく担ってくれたと思っています。この後につづく”とびきりのおしゃれして別れ話を”は1st E.P.に収録されているSISの代表曲で、一番知られている曲ですが、このINTROがつくことによってまた違った見え方をすると思います。見方を変えることで同じものでも新しい気持ちになるということは、私が人生のなかでかなり優先順位高く大切にしている忘れたくない気持ちなので、曲順にその想いを詰め込んでみました。(mirage)は海底から、ただ光にだけ向かって昇っていき、水しぶきをあげて外の世界に挨拶をして、水面を飛行して沢山の刺激に出合っていくようなそんなわくわくするINTROです。あらゆるはじまりのシーンにみんなの胸をどきどきさせられる音に成長していってくれたらと思っています。


みんなは(mirage)を聴いてどんな気持ちになるのでしょうか。またどこかで教えてね。
明日は渋谷タワーレコードで21:00~歌います。誰でも無料で見られるので是非遊びにきてね。
デートに組み込んでもらってもいいし、気になるあの人を誘うきっかけにしちゃってもいいし。
素敵な歌を歌えるように準備して待ってます!

ついに明日がわたしのはじめてのフルアルバム”WATER”のフラゲ日らしいのです。
当の本人の私はなんだかちょっと嘘みたいな気持ちになっています。
WATERの音源が出来上がったのは少しまえのお話で、私は今日までも何度も何度も聴いてきました。
それがついに明日全国で聴いてくれる人が何倍にも増えるんだなぁ。
今また1から新しい気持ちで音源を聴きながらこのブログを書いています。

”WATER”というタイトルはフルアルバムを作ろっかと話を始めたその瞬間から、収録曲も何も決まってないのに、初めから決めていたタイトルで、本当になにかに導かれるように決まったタイトルでした。

理由はきっと沢山あって、本当に沢山ありすぎてインタビューでも毎回違うことを話してしまうほど混乱しています。だから上手くブログにも書けないんだけど・・・

生活 植物 ミスト 育つ プール 海
水滴 水の反射 お風呂 雨 涙
アクリル 虹 うるおい 時間

なんとなくこういうイメージがこのアルバムには詰まってるんです。
これらは私にとって、とても気持ちのいいものたちなんです。
水の反射ってうるうるしてて本当に綺麗で色んなタイミングで見つめてる瞬間があるんです。
植物を育てたいと思う心を持つようになった自分が嬉しかったり、
雨が降った東京の街は本当に綺麗だったり、
文章にすると本当にとりとめが無いんだけどそんなことを思ってこのタイトルをつけました。

このアルバムには私が一人の女子として、2016年から2017年を前を見てとにかく足を進めた記録が詰まっているかもしれません。

私が昔、安野モヨコさんの漫画を読んで背中を押されたように、しょこれみかんぬに夢中になったように、私もリリースをするという立場に立った今、自分が好きだったガールズカルチャーに恩返しがしたいと思いました。

うーん。なんだか今、色んな気持ちが溢れてどこを抽出すればいいのかが分からなくて上手く文章がかけないなぁ・・・今日のブログはここまでにしておきます。

明日からはみんなの手元に”WATER”があるはずなので、一曲ずつライナーノーツのようなものを書いていければと思っています。

良いお知らせもあるはずだよ。また明日~。

2017.10.23.
(20:00)

SIS NEW VIDEO ” WATER SLIDER ”
ついに公開しました。

今年3本目のミュージック・ビデオです。

ビデオは撮るたびにどんどんできることが増えていきます。
それはこれまでのビデオがあるお陰です。

25才になったばかりの私ですが、
24才の一年を振り返って思ったことは
干支をふた周りしてある程度のことは
これは知ってるぞ~とワープできることが増えて
更にその先の新しくて楽しい部分を沢山見れたのと同時に
これは知ってるぞ~と経験や固定概念にとらわれて
それを疑いもかからずに通り越してしまったことがあったかもしれないということで、
もしかするともっと違う選択肢があったかもしれないのに
知らない間に経験が邪魔をしてそれが見えなくなっていたり、
はたまた臆病になって倦厭したりしてしまったことがあったかもしれなくて、
それはとても勿体無いことだなぁと思いました。

特に何が起こったわけでもなく、
あれも知ってる、これも知ってる・・・と
何も起こらないからこそモヤモヤするダウナーな夜も
自分を奮い立たせて無理やり新しい世界に身を投げ入れようとする意思と行動だけが
いつも私を新しい刺激的な世界へ連れて行ってくれます。

私が変化していくのと同時に絶えず誰もが変化をしていて
同じ人と接していると思っていてもまた新しい状況に日々変わっていく中で
”経験した”なんてことはもしかしたらひとつもないのかもしれません。

変化することは気持ち良い!

変わりたいと願う時、変化に飛び込んでいく快感に身を委ねる勇気を
優しく促すことができる映像になっていればと思います。


ここからもっと怖がったり取り繕ったりしない私に飛び込みたい!

↑このページのトップへ