最近、私は自分の幼さとよく対峙しています。
幼い頃、親にわがままを言ったりしなかった私は、よく大人の人に"達観しているね"と言われて育ったのですが、友人関係を自然に結べるようになったのも、恋愛をするようになったのも人より少し遅かった私は、二十歳以降でやっと、みんなが中高生で経験したような感情の失敗を少しずつ経験しているんだと思うのです。

羨ましく思う気持ち、悔しい気持ち、どうしても諦めがつかない気持ち…負の気持ちを外に出すことは確かに扱いが難しいみたい。だけど、これまで私が達観しているつもりで封じ込めてきたことはただの諦めだったことに気づきました。

負の気持ちとちゃんと向き合った上で、それを良いように変えようと思考を巡らせた上での"心に留める"という行為ではなく、はなから言ってもどうにもならないという、更にマイナスな気持ちから来てるものだったんですよね。

こんなにも自分の弱さと向き合おうと思っているのは人生で今が初めてかもしれません。
これまではそれ以外のことをなんとかすることで精一杯だったから、言い方を変えればやっと自分と向き合える環境が整ったのだと思います。

この1年、目を向けようとも思っていなかった世界にどんどん目が向いて、嫌いだった歌を好きになったり、嫌いだったデザインに興味を持ったり、この世界にある色んなものが自分とは無関係ではない、という意識を持てる瞬間が増えました。

今、インターネット上には過去の私の色んなインタビュー記事がUPされているけど、どこにも今の私はいません。
今日はたまたま自分の心情の変化をここに書き留めてみたけど、12月2日に公演が決まったキネマ倶楽部でのワンマンライブをする頃にはまたどんな自分になってるのか本当にわからないほど私は日々変化しています。

SHE IS SUMMERを始めた2年と半年くらい前の私はキネマ倶楽部で歌えるような状況じゃなかったけど、ついにここまで来ました。一歩ずつ歩んで行っているこの道筋が、いま現在、みんなの目の前に広げられるということ。それが、私がライブで歌う一番大きな意味なんじゃないかと思います。

12月2日SHE IS SUMMER キネマ倶楽部ワンマンライブ"hair salon tokyo"今日からチケット一般発売です!よかったらぜひ遊びに来てください!

私ごとですが、最近お引越しをしました!

お引越しをした後にどこかに書きたいなと思っていたのですが、
実はこの2年弱の間、私はSakuちゃんとルームシェアをしていました。

前回、SakuちゃんがMCを務めるFM yokohamaのトレセンに出演した時も私たちは一緒に暮らしていて、
家の中で話している延長線上のようですごく不思議で楽しかったのを思い出します。笑
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9255.JPG

初めての自主企画の名前を"ROOM SHARE"にしたのも、Sakuちゃんと実際にルームシェアをしていて、
こんなに豊かな毎日のように、自主企画も豊かなものになればいいと思って名付けたのでした。

先日公開された"She is"というメディアに寄稿したエッセイにも書きましたが、私は友人の少ない学生時代を過ごしていて、大人の意見をよく聞き、妙に大人のような考え方で、先のことばかりを気にして行動を選択するタイプでした。

でも、そんな自分が歩んだ学生時代の記憶に残ったものは後悔ばかりで、いつしか、想像できる心配や、みんなが口を揃えて言う問題に振り回されず、自分のやりたいことは自分の目で見て、自分のやり方で経験してみたい!と思うようになりました。

ルームシェアはそんな自分が憧れていたことの一つで、死ぬまでに一度は経験してみたい!と夢見ていることでした。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9252.JPG
Sakuちゃんとはバンドを解散した後、新しい自分に出会いたいと思って旅立った2週間のロンドン旅行を共にしていて、同じホテルで24時間、2週間もの間一緒にいたのに、お互い、程よく干渉し合わなくても仲良くいられる関係性で全くストレスを感じなかったので、二人で住んだらいいと思わない?と話が進んで行きました。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9256.JPG
Sakuちゃんと暮らした2年弱の時間は、今まで友人と深く関わることをどこかで避けていた私にとってすごく大切な経験の詰まった時間になりました。

友人の悩み事を自分のことのように真剣に悩めたり
友人がかけてくれる言葉に心がうるうると輝いたり
自分の、人にはなかなか話そうとは思わない価値観を嫌われても仕方ないから知ってほしいと思って話したり、、、

そんな、私の中にも本当に存在するんだ・・・!と感動するような気持ちをたくさん知ることができました。

私のたまに現れるはちゃめちゃな部分にSakuちゃんを困らせることもあったりしたかもしれないけど、、
だけれど、そんな部分をどうしたって嘘をついて穏便に終わらせたい友人ではない、Sakuちゃんには本当の私と友達になってほしい!と思わせてくれたことが不思議で、とても大切にするべき感情のように思えました。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9247.JPG
二人でたくさんのことを考えて、なるべく広い思考を持ちたいと願い、よく言う言葉だけれど、もうこれが本当に、泣いたり笑ったりして、いつまでも遊んでいるように暮らした2年弱はとてもとても楽しかったです。

なので、私個人としてはルームシェアに興味を持っている全ての人に、ルームシェアは素晴らしいものだとお勧めしたいです!

本当に経験できてよかった。

経験は何にも代えがたい尊いものだと改めて感じました。

2年間と言うのは決して短い時間ではありません。人生のうちの2年間をこのルームシェアに捧げられたことを心から幸せに思います。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9249.JPG
誰に何を言われても、興味のあることは絶対にやってみたほうがいいんだ!欲を言えば、それをもっともっと早くから実行していたかった・・・。だけど、ここからの私はぜったいに怖気付いて踏みとどまったりなんてしないと思う。この経験は、そんな自信をくれました。

こんな私と一緒に住んでくれたSakuちゃん!
そして、二人のルームシェアハウスに遊びに来てくれたみんな!

私の人生にキュートでウキウキするお花を添えてくれて本当にありがとう。
私は、そんな風に私の人生を明るくしてくれたみんなに何ができるかな。

自分の意思が大事で気の強い私は、みんなに支えられることも多いけど、この先の人生で、みんなが困ることがあったら、その時は私が支えられるといいなと思っています。

最近友達について書く機会がたまたま多いですが・・・友達というのは本当に素晴らしいものなんですね。実感させられっぱなしです。

Sakuちゃんと暮らした日々に愛を込めて。

ついに、このあと18:30〜SIS×コレサワツーマン"GIRLS AND LOVE"がオープンします!

お越しの皆様はお気をつけていらしてください!

今日の会場の転換中BGMはライブタイトルに沿って、女性ボーカル縛りでわたしの好きな曲をセレクトして見ました。

主に洋楽で、たまに最近行った韓国のおすすめ曲も混ぜています。

気に入ってもらえる曲があるとうれしいです!

では、最後まで一緒にたのしみましょう🐕

GIRLS AND LOVE
会場bgmプレイリスト💿

She Was out in the Water / One Little Plane

Panic Cord / ガブリエル・アプリン

Milk Bath / Petite Meller

I Don’t Know You / The Marias

Summer Plumage / se so neon

Pizza / OOHYO

Tailwhip / Men I Trust

Garden / HiNDS

BOYS DON’T CRY / Saku

8PM / AAAMYYY

Faen Ta / Kaja Gunnufsen

Mechanical Bull / ステラ・ドネリー

Something For Your M.I.N.D. / Superorganism

The Opener / Camp Cope

The Fire / Natalie Prass

Goodbye / OOHYO

Dodi / Yumi Zouma

Islands / The xx

จางหายไป / Jelly Rocket

Backpack / Petite meller

Strangers / Sgrid

Perhaps love / Eric Nam & Cheese

↑このページのトップへ