こんばんは

Twitterは常時いることを避けるために声優をフォローするだけのアカウントに変えました、

ラブライブ!はニコ生など見ることはやめてません

自分ってなんだろう

そう考えた時、「オタク」だけじゃ困る

俺は自分で言い張れる自分が欲しい

この数ヶ月の努力が実るか分からないけど

頑張るという事実

Twitterを離れた事実

ただそれだけが欲しいのかも知れませんが

自分を見つめ直して

自分が主人公であって欲しいから

お勉強頑張ります

自分を愛したいので

こんにちはマイクです

今回は僕の三月について

三月は受験期にやりたかった事を消化する月でしたね...!

まずゲームセンターですね
ラブライブサンシャイングッズ、フィギュアや寝そべりをバババって取りまくりました。
これは正直沼だった笑ちょっと浪漫遊行くと3000円飛んで行きますwたいへんだ汗💦

あと同窓会ですね〜w
僕部活は文芸部とバレー部と....とか5つ高校で入っていましたが、やっぱり馬が合ったのは一番一緒にいた文芸部ですかね。予定も合わせられました(適当
彼らで焼肉行ったのですが、楽しいですね^^仲間ってのは普通、苦を共にした奴らなんて言われましたが、文化部ならではの面白さってありますよ。笑

バレー部で焼肉は後期前日だったので行きませんでした。彼らは後期受けないのかなあ!?その後に焼肉行ってない少数精鋭で行くかって話になりましたが、チョットオジャンに...(えー 今度行きますよ、多分。

それと新境地開拓ドラジェネ
ハマると癖になってしまいますよね
実際癖になってしまいました
僕はギルド3位ですが、僕の良きライバル?のNew toon君は手持ちが優秀ですからね、いつ抜かれるか分かりません><

最初はファイボワイパー騎士団は3人しかいなくてどうなることやらって感じでした笑

なんとかして人を集めようとしましたが僕自身はラブライブ関係FFってのがそれ程開拓できていなくて。 これもやっぱりNewtoon君の人脈やはなちゃんの動画ありきで集まった騎士団なのでしょうか。そういう面で力になれなくて申し訳なかった笑笑

僕一応恋アクから界隈に居たつもりでしたが、「ファイボワイパー騎士団の方ですよね?笑」って挨拶多くて世界の広さを知りましたね

ファイボワイパー騎士団、名前かっこいいじゃないですか!!!!これからも頑張りましょう!!!


----------------------------------------

あとララランドとかね5回見たら泣けました。なんか卒業シーズンになると涙もろくなっちゃうんですよね。オイオイとおじさんに近付いちゃったな〜昔はそんなこと無かったから。


あとラストに引っ越しシマシタ(雑

三月は本当に充実してた気がしますっ

これから先、やりたい事も出来なくなる事もあるし、大人になるって、ちょっと苦痛かな...

でも、自分を疑わずに生きていきたいですね。ストイックに!楽しく!これ、めっちゃ最高。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0166.JPG
きゃんりか。


ではではまたっ



こんばんはマイクです
今回はララランドについて

僕はまずララランドの存在を知ったのはアワード受賞式の時に監督賞が間違ってララランドに渡ったというニュースを見た事です

基本見た人向けの記事にします



僕のララランドに惹かれるわけ

ララランド計5回見にいきましたが、何故そこ迄見に行ったか。僕はララランドに触れたのは車の中で親にサントラを聞かされてから映画を観たので、映像と音楽で感動してしまったのが一つ  それとやっぱり自分の中でララランドの音楽は映像と組み合わせることで120%の魅力になると感じていたから

好きなシーントップ3・・・順番は決めてません


僕4時間寝た朝や、徹夜等で行ってましたが、この3つのシーンだけは外さずに起きていました(本当は全部起きてるべきですが笑



①風呂上がりのミュージカル 

女性4人がパーティに向けてミアを誘うシーンです。4人の仲良さが見えるシーン。まず、風呂上がりの服着たエマ・ストーンが可愛い。劇中No. 1可愛いのでは。本当に綺麗。

それと序章によくある盛り上がる曲って奴でしょうか、この曲の題名は「Someone In The Crowd」個人解釈で誰か見つけて、の意味が込められていると思います。それとこの曲はパーティの最後まで繋がっているんですよねもちろん皆がスロー状態の場面含むので激しい波のある曲となっております。いや〜好きだ。
あと4人で車に乗る前、踊るシーン。4.5人で踊るのはミュージカルだけ!って感じで、ワクワクさせられます。

②丘で2人で踊るシーン
僕の中で映画見る時の山場の一つでした

2人で夜景が気に入らないと思っているシーン
靴を履き替えるシーンがちゃんとミアが履けるように上手く構成されているんですよね
映画監督とか、ミュージカル面からは当然だろと思うかもだけど


この時間稼ぎは大体セブの身勝手な行動で作られているんですよね。靴に砂をかける、唾を舐めて女性の唇に当てる、エマに急に近づく、など要求を重ねていくスタイルでね、面白いと。その前にミアも好きそうな素振り(恋かどうかは私が決める、、、のような)事は言っていましたが。この曲「A Lovely Night」ですが、やっぱり盛り上がるのが2人で踊り出した所ですよね。せっかくの夜景が台無しだ、、、からのシーンは圧倒的でした。先ほどのセブの身勝手な場所から足を揃えたり、靴でカスタネットの様な陽気な音を出したり、2人で好きに踊る🕺。この場所には足音が欠かせませんよね。2分ほど館に鳴り響くのはこの映画で外せない。それぐらい僕の好きな音でした。兎に角何回見ても楽しめます


あと小話なんですけど、ここでの撮影は日の出の影響により本当に限られた時間で、かつ一発撮りで済ませたみたいです。映画内容と関係ないって思うかもだけど、一発撮りというのは自分の素直さと楽しさが一番出てる瞬間を出せるらしいです


③脳内でセブがミアとの生活を描くシーン

セブズでのシーン。映画館で縦の列で家族で席を取ったので、5回目にしてセブがよく弾く、「Mia&Sebastian's Theme」というテレ↑レ↓レ↑レ↓レ↑〜から始まるピアノの後らへんでボロボロ泣いてしまった。


自分と境地が同じって言うと言い過ぎかもだけど、夢に向かって走ると同時に、セバと同じ様に何かを失うんじゃないかとか、とかこっちの道は正しかったのかとか考えてしまいます愛と夢、二極化する訳ではないけど、早々上手くいかない感じが凄く悲しい


これ含めて「Epilogue」この曲は歌詞が一切ないんですよね。回想なので歌う人もいないですし。最初とのシーンを被せてきてから唐突にキスする、1回目見たときはビックリするだけでしたがこれは無茶な話という事を暗示してるのだと思います その後の指パッチンには本当にウキウキしました。こういうのが好きなのかも セブを首にしたおじさんもウキウキで好きでした 


半ばでは理想的な生活が描かれていましたね 未来の事は映画として2人で見に行ったり あとセブが白い衣装着て、街灯がローラーで動くシーン、僕的には車に引かれないとか事故がこの先無いんだよって言いたいのかな?って妄想して見ました


宇宙で踊ったりして。これ楽しいって事ですよね。パリ行きの飛行機の地図もありましたね 僕は多分セブはミアとパリに行ってパリでミアは女優を勤めて、パリでジャズをやる店を出したかったのだと想う。男はロマンチストだから待っていたのかもしれない


最後に


この映画は感動させられました。撮り方も大体一発らしいので、そこも面白いんじゃないでしょうか。あとイヤリング落としても続行したの気づきました?机に2人で勢いよく座るシーンで。他にも裏話、調べれば見つかるんじゃないかな

あと、名古屋で見た時、帰りがけに20超えてる大学生がら「映画の意味分かった〜?」とか、うちの姉も初見で「こういう事だね〜」とか言ってたけど、この映画は謎解きじゃないんだよな  感動する映画なんだ  だから一回見て気になってる人にはやっぱり見て欲しい「これはいつ終わるんだ?」とか初見で考えること全部捨ててもう一度彼らの人生を見に行って欲しいです


それではまたっ







↑このページのトップへ