みなさまこんにちは!

犬派シンガーソングライターAmiです🐶

少々長いですが良かったら最後まで読んでください。

 

 

みなさま熱い夏も終盤で

今年もあと数か月となりました。

夏はお盆に家族に会ったり

何だかバタバタと過ごす日々でした。

そんなそんな熱い毎日の中。

とあるオーディションを受けました!

もちのろん。自信のない私はダメもとで。

しかしなんとお電話を頂き「二次面接」まで

進むことができました!

 

 

少しの期待と少しの不安を胸に

二次面接を受けに行きました。

 

 

しかし話は全く違うものでした。

「女優」になるために勉強しないか?

っというお話でした。

シンガーソングライター志望の私が

何故、女優に???そう思った方たくさん

たくさんいると思うけど 笑

 

 

審査員のいい分はこうです。

 

 

今の世の中売れる歌手なんてほんの一握り。

オリコンに名を連ねているのはアイドルばかりだ。

それなら歌一本で勝負するよりも

ほかの視点から攻めそれをある程度確立してから

歌手に転身した方がいいのではないだろうか?

そっちのほうがより現実的でリアル。だと。

 

 

まさに理にかなったいい分だった。

 

 

もうかれこれ10年程音楽を勉強し、

オーディションを受け続け、5年程音楽活動している中

何一つ結果を出せていない私は何なんだろう。

 

結局「自分の生活を音楽でいっぱいにしたい」

「音楽でご飯を食べたい」という夢を叶えるためには

結果を出さなければならない。現実問題。

きっと自分が確立することなく

まだ芽すらも出てないのならば

きっと何かがダメなんだろう。それはよくわかってる。

 

 

「今の時代音楽で成功するなんて頭に

彗星が落ちてくるほどの確率でほぼ0に等しい」

とまで言われた。

 

 

まさにそうだな。そう思いました。

私が夢見てるその場所に立つのはきっともうそんな

歳でもないしそんな体力も持ってない、ましてや

もう多分自分の才能の限界なんて知っていて

きっと「もう駄目なんだ」そう思っているから

未来が怖いのではないんじゃないか。

 

 

自分のことを受け入れてもらえないことは

本当に辛い。自信もなくすし、やる気すら薄れる。

万人受けするどころかまだ全然受け入れられてないのに。

 

今の歌手のオーディション必須条件に

SNSのフォロワーが何人いるかも

審査対象になるという事も言われた。

 

 

それを聞いたときこのままでいいのか?

このままでいいのか?日本音楽マーケット。

そんな感情すら湧き上がってきた。

 

 

矛盾していることを言うけど

結局売れる確信がないアーティストとは

契約しない。売れるアーティストとはする。

支持される、されないですべてが決まる。

 

 

Facebookのいいねの数、ツイッターのフォロワー数

インスタグラムのフォロワー数まで・・・・・・

 

 

 

歌手になるために今まで頑張ってきた。

今更恥じらいもくそもない。

歌の為なら、夢の為ならなんのその。

女優にだってなりたい。夢が叶うなら。

 

 

 

そう頭をよぎった。

しかしその場では答えを出せず

一度持ち帰ることにした。


その帰り道悔しさが溢れました。

自分はもう駄目なんだと思いました。


 

それでも迷った。夢を叶えたい気持ちが強かった。

 

 

でも大好きな歌を聴いているとおのずと

答えが出てきた。

 


本当の自分を曲げてまで万人受けする

音楽をして生きていくよりも本当に

自分の歌に共感してくれてその人の

人生のBGMになれるシンガーソングライターに。

根っからの歌い手になりたいと思いました。

 

 

 

地道にまだまだ自分の音楽を貫いて

少しずつ好きだって言っていれる人を

増やしていきたい。そしていつの日か

音楽だけして生活していきたい。

 

 

自分の頭の上に彗星が落ちてくる確率を

信じてみよう。そう思いました。

 

 

 

その答えこそが自分の胸にすっと

落ちてきてしっくりきました。

 

 

 

この秋にCDもリリースします。

実話ジャケットも撮影してきました!

 

 

 

人生で私が初めて作るCD。

それが私の再スタート。

 

 

 

 

これを読んでる方に言いたい。

こんな私ですが好きになってもらえないだろうか?

難しいことじゃない。私を引っ張っていってもらいたい。

 

 

私はあなたの味方になるよ。

 

そう強く思います。

辛い時も悲しい時も。私は歌しか歌えないけど

励みになるならいくらでも歌いたい。

そう思います。

 

 


気づかせてくれた人に。

バカにしてくれてる人に。

いつも応援してくれてる人に。

私を愛してくれる人に。

 

 


いつもありがとう。

 

 


これからまた精一杯頑張ります。

 


Ami