Ami

月別アーカイブ / 2018年05月

あまりにも鼻炎が酷く
鼻炎薬を飲んだら寝てばかりの1日です😭
副作用‥恐るべし。


犬派シンガーソングライターAmiです🐶







実家に帰って早くも6日。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0768.JPG
可愛いおばあちゃん愛犬達に
癒されてます♬






_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0728.HEIC
さすが寝相のシンクロ率www






白いトイプードルは『プリン』です。
今年14歳になる老犬です🐶
もう目も白内障で真っ白でお耳も
遠くいつも部屋をくるくる回って一人で
散歩して1日を過ごしてます。





いつの間にかみんな歳をとりました。





茶色のトイプードルは『いちご』🍓
1番のやんちゃくれですが誰からも
愛されるムードメーカー犬🐩






黒色の小さなティーカッププードルは
『チロル』です🐶お母さんの事が大好きで
いつも後ろをついて回る甘えん坊さんです。







本当に可愛い愛犬さんたち🐶🌸





そうと、話が変わりまして。
実家にてゆっくりする期間が伸びました😇





その期間に映画を観たり、
観ていた海外ドラマのファイナルシーズンを
やっと観ることができました👍
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0769.JPEG
えぇーーん 泣







海外ドラマって本当に人気な
シリーズは10年に渡ってドラマは続くから
降板したり、戻ったり、ファーストシーズンから
ずっといるオリジナルキャストさんがいたり。







その人たちの年を重ねるのもわかるし
その人達のなんか人生までも(キャラクターの)
寄り添ってる感じがして終わる度に
考え深いです。







ブレナンに逢えなくなるのは
寂しいけどまた見返してみるのも
いいと思える面白い海外ドラマでした🤣







つぎは何を観よう‥
映画好きの私は海外ドラマも好きです。
クリマナルマインド、スーツはまだ
途中で続いてるのでその最新作を
今度は観ようかな🧐








まだまだ私の休暇は続き
歌うのも今お休みしてますが
ゆっくりしてパワーアップしてまた
活動開始しようと思います(予定)







そして!あの伝説の
エルレガーデンが復活しましたね㊗️








いつまでも変化し続ける細美さんに
本当に拍手喝采です👏







改めてエルレを聞いてみよう
そう思える出来事でした♬








でわ🐶


※まとまりのない近況でした

Ami

少し遅めのGW。
みんなの予定から少しずらし
ゆっくり実家へ帰ってきました✳︎



犬派シンガーソングライターAmiです🐶







夜10時ごろに眠くなって寝たら
こんな時間に起きてしまいました⤵︎
えーーーショートスリーパー😇







今日は初めて新しい実家にて
泊まっております❗️
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0696.JPG
私の出身は鹿児島なのですが
今年父の定年そして第2の人生スタートに
伴い熊本へ両親が引っ越しました。








鹿児島にも家はあるのですが
(弟が今1人で住んでます)
もう荷物や家具などはこちらに
引き上げてきて母も住民票を移動
した事から必然的にこちらが
『実家』になっていくんでしょうね。








テレビをつければ📺
いつも見てた鹿児島のローカルTV。
川商ハウスのCM。
『公務員🙋‍♀️』のCM。
から、全てが熊本へチェンジ。







もちろん家もチェンジ。








あの庭もない、あのトイレの
弟が小さい頃剥がした壁もない。
自分の部屋だった部屋もない。







正直とっても寂しいです。








いや、帰ろうと思えば帰れるんですよ笑
それでも福岡から軽く4〜5時間かかるのに
比べて、熊本は2時間ほどで着くので
きっとこちらに帰る率が高くなるんだろうなぁ








私の育った鹿児島。
住んでた時は早くこの町から出たくて
大嫌いだったけど、遠くなるとやはり
寂しいですね。本当に。









前に描いた私の故郷や家族を
テーマに描いた曲があります。
『家族時間』という曲です🐶








よかったら聞いてください✳︎








Ami

昨日は朝早起きをして
よし。サンダル買いに行こう❗️
思い立ったが吉日。
GWの初日、ごった返してあるだろう
街に繰り出した私。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0615.JPG
午前中からいけばそんな人はいないだろ。
そう思った私が間違いです。
福岡のGWは博多どんたくというお祭りが‥
もうすでにごった返していました⤵︎



いつも詰めの甘さを感じてます。
犬派シンガーソングライターAmiです🐶







私のHello say good bye.を発売し
はやくもあと少しで3ヶ月を迎えようとしてます。
累計で250枚ほどが私の手元からみなさんの
手元に届きました。その間のライブの回数は
たった一度で、配信のみの活動で
一枚一枚手売りしていきました。







時には買う気もないのに購入して
キャンセルされたり、なんだか後味の悪い
リスナーさんもいたりしてその度にちょっと
心がざわめく私ですが何とかやっと
ここまでやって来た。そんな気がしてます。







300枚目前にして少し『無理かもだけど‥
このくらい強気で行かなきゃな』そんな
ある思いも浮かんでます。
今年中に800枚売り切る。そんなほぼ不可能に
近い私の思いはちょっとそのくらい自分を
追い込まなきゃ次のフルアルバムは
太刀打ちできないんじゃないか?
そんなことも考えています。





miniアルバムを手に取ってくれたから
『じゃあ次のフルアルバムも買います』
そんな人は1人もいないと思ってます。







だからこそ配信でどれだけ引き込み
CDでどれだけ心を持っていけるか。
そこは自分次第なのでしょうね😪







最近はとても嬉しいことに
固定のリスナーさんも増えて名前覚えて
来ましたよ❗️(本当にありがとうございます)





そのリスナーさんの1人から
[何故CDを作ったのか?]
という疑問を頂きました。






何だか思ってもみない疑問だったなで
自分自身が拍子抜けしてしまいました笑






私がCDを作った理由。







今の世の中、発達してて
全てネットで買える時代。
アルバム曲なんて一曲一曲が手に入る
そんな便利な時代です。
YouTubeになんていけばフルで聴ける楽曲も
ざらにあるししかもMV付きだし。





iTunesに行けばもうCDショップに
行かなくても音楽を買える時代に。
CDコンポすら家にない家庭があるこんな
時代に私は何故CDを作ったんだろ。






その疑問を投げかけた方はきっと
理解に苦しむかもしれませんね。





オンラインだとたくさんの人、
世界の人に届けられる。
そんな便利な時代なのに‥







それでも私がCDを作った理由は
自分の作品を手で触れる物として
残したかったからです。







手にとって、ジャケットを見て
歌詞を見て、曲を聴いて欲しいです。
そして1トラック目から最後まで聴いて欲しい。
どうしてこの曲の並びなのか、
歌詞カードにはどんな言葉が並んでるのか
アーティストとして裏表紙の
『スペシャルサンクス』に
『このCDを手にとってくれたあなたに』
と書くことがどれだけ夢だったか。







単にそんな簡単な理由で
大きなリスクだと思ってもやはり私は
欲しいと言ってくれた人、そして
私のCDを待ってくれる人の期待を食べて
頑張って作ってみました。








私も未だに大好きなアーティストたちの
新譜は本当に待ち遠しいです。
(今はヨルシカさんの新譜が楽しみ)






どんなジャケットに仕上がってるかな?
CDの棚に並べる好きなアーティストさんの
CDを眺めるのは少し
幸せな気分にしてくれます。








オンラインでスマホやその他の
端末に入れた音楽はたしかに手軽ですが
飽きたら聴かなくなってしまったり
容量の関係で消しちゃう時もあるでしょ?







だけどCDは何年経ってもあるんですよ。








もしかしたら何年か経ってさ
晴れた日とか、風が気持ちがいい日だったり
雨が降ってる日でもいい、泣きたい時でもいい。
そんな時にCDを手にとってふと
聴いて欲しいです。







そんな言ってる私も今絶賛
CDプレイヤー変え時なのでCDは
ろくに聴けてないけどw www





それでも私はCDが好きです。
本だってオンラインとかのものよりも
手に触る紙の感覚が好きです。







それと同じ❗️








だから私は借金して作りました。
800枚も作りました。やっちまいました笑







それでもCDを手にしてくれた人が
癒されました。毎日聴いてます。
歌えるようになりました。その言葉だけで
私は作った甲斐があったと本当に思える。







むしろ手にとってくれてありがとうと
心から伝えたい。









何が言いたいかってとりあえず
CDあります❗️ぜひ聴いてください。
https://youtu.be/cysv0HPjHLs










https://ami37.thebase.in







よろしくお願いします🤲





Ami

↑このページのトップへ