いつからでしょうか…
私は三、四年前から歌詞さんのことが好きです。
友達がきっかけでボカロをよく聞くようになって「素敵な音楽だな」と思っていました。
だけどボカロはVOCALOIDなので声は機械です。
人の温もりはあまり感じることはできません。
ですがボカロPが作る歌はどれも素敵でした。
歌詞も曲も全部胸にぐっとくるものがありました。
そんな素敵な曲を人が歌ってるのはないかと思い探し「歌ってみた」というものにたどり着きました。
初めて聞いた時は全身鳥肌が立ちました。
「なんだ。これは。自分が知っているボカロと全然違う」と思いました。
優しい歌声の中にものすごい感情が込められている…
と小学生だった頃の私は思いました。
今思うと小学生でなんかそこまで思うのはすごい気もします笑笑
そして!その1番最初に聞いた「歌ってみた」は歌詞さんのものでした。
その時私は初めて歌詞さんに出会いました。
歌詞さんに出会いたくさんの歌い手さんが大好きになりました。

小さい頃から好きなアーティストはころころ変わる私でしたが「歌い手」というものが好きという気持ちはいつまで経っても変わりません。


ネットだけの活動だった歌い手さんがメジャーデビューをし、活動する幅を広げる。
世界を広げる。
そしてファンが増える。
これはとても喜ばしいことです。
私からしてもすごく嬉しいです。
大好きな人がたくさんの人から愛される。
こんなに嬉しいことはありません。
ですが今で以上に距離ができてしまった感じがどうしてもしてしまいます。
ですが、中にはメジャーデビューしても距離感が変わらない人だっています。
歌詞さんはそのうちの一人です。
イトヲカシとして活動していますがちゃんとファンのことを考えてくれています。
デビューして活動する場所が変わりました。
なのに前と一緒な気がするんです。
CDだってしっかりお店に並び「デビューしたんだな」と実感はあるのに何故でしょうか。
よくわかりませんが私にとって歌詞さんは大切な存在です。
「歌い手」というものを知るきっかけになりました。
歌詞さんに直接的に関係があるわけではありませんが私に「歌い手」を教えてくださりありがとうございました!!

これからのご活躍を期待してます!
くれぐれも体調には気をつけてください!

日本語がおかしい長文を最後までお読みいただき本当にありがとうございました!!!!

#伊東歌詞太郎
#コメしにいくよ
#キャンペーン
#ホワイトデー