月別アーカイブ / 2021年02月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314464821254.jpg

今日のお話は

あんまり語ったことのない

私のはじめてのセミナーを開いたときのお話。

  

私は元々……というか今でも

人前に出たいタイプではなく

人前で話すのなんてむしろ嫌い。

という生物でした。

  

そんな私がセミナーを開いたのは8年前。

“アメブロブログ削除”という事件があったからでした。

  

当時、アメブロの規約に違反をしているブログが

連続で削除されている時代で

なぜか、流れ弾に当たるように私のブログも削除されたんです。

あ、誤解のないように言っておくと

私は規約違反はしてないですからね。

  

4年間、愛して愛して我が子のように育てたブログが

突如として消えて、絶望感に溢れている時

助けてくれたのは、読者さんでした。

  

何百件もコメントが付き

何百件もメールが届き

「力になるよ!」

「なんでもするよ!」

と沢山の声が集まりました。

  

そして、私は、本当に好きな人を集めた

入り口のないメルマガを始めました。

 

入り口がないというのは、

ブログのようなオープンなメディアにはメルマガ登録リンクがなく

通常のメルマガの下のほうに

入り口がそっと添えてあるような感じでした。

  

入り口がないのに、そのメルマガはどんどん大きくなり

紹介だけで読者さんは凄い勢いで増えて行きました。

 

 

はじめてセミナーをしたのはその頃です。

支えてくれた人たちに、

どうしてもお礼を言いたくて。

  

だから募集も、そのコアなメルマガのみでおこないました。

すぐに満席になり、私は、絶対にやりたくなかった

「人前で話す」ということをすることになります。

  

今でもよくその会場に来てくれた人に突っ込まれるのですが

その時の私は、冷凍マグロみたいにガチガチになり

自分でも何を言ってるかわかんないくらい緊張していました。

(今でも緊張はするんだけど)

  

その理由は、自分を大きく見せようとしていたのです。

  

「ちゃんとしなきゃ」

「すごいこといわなきゃ」

「立派でいなきゃ」

そんな縛り付けを自分でしているかのようでした。

  

だから、誰の顔も見れないし

自分がどんな顔で話しているかもわからない。

まぁ、色んな意味で面白いセミナーだったと思います。笑

 

 

でも、セミナーの最後の最後に、

顔をあげて一人一人の顔を見たんです。

  

みんな、こっちを見て、微笑んでくれてたんです。

  

みんな、こっちを見て、うなずいてくれていたんです。

  

みんな、こっちを見て、泣いてくれてたんです。

  

全然ちゃんとしてない私を見て

全然すごくない私を見て

喜んでくれてたんです。

私に必要だったのは、

会いに来てくれた人を信頼することだったんです。

 

 

その時、気付いたんです。

自分が本当にやんなきゃいけないことは、

ちゃんとすることでも、凄い話をすることでもなく

大きく見せようとするのでもなく、立派に見せることでもなく

私自身として、ただそこに、存在することだったんだなって。

  

眠たくもなるし

お腹もすくし

蚊に刺されたらかゆいし

偉くもなんともない、ちっぽけな人間。

だけど、ただ一生懸命自分を生きてる。

  

それでいいんだなって思ったんです。

それが、会いに来てくれる人を信頼するということだなって。

  

それから、大きく見せようとすることもなくなり(ヒールははくけど)

自分を取り繕うこともなくなり、

誰よりも、私自身で「私を生きてるぞ!」って

会いに来てくれる人を迎えるようになったと思います。

  
だからね、「ちゃんとしなきゃ」の縛りを解いてね、
これからも自分を一生懸命生きようと思うよ♪

 

※コンプレックスを解消したい人へ
コンプレックスを味方にしていく話を収録↓

ブレイクスルーDVD


bre.jpg
  
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


 人生が変わる言葉1145『大きく見せるより、自分で在ること』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314463485241.jpg
「あの人は笑顔が開いている」

  

この言葉は、我が家でよく使われる言葉です。

「開く」という言葉がピッタリだからです。

  

開運とか、

開眼とか、

才能が開花するとか、

可能性が開くとか、

やってきたことが実を結び、花が開くとか……。

 

「開く」という言葉は色んなことによく使われます。

  

この「開いている」という感覚が

実はキーポイントで

魅力的な人は必ず、開いているのです。

  

開いてる言葉ってどんな言葉だろう?

開いてる笑顔ってどんな笑顔だろう?

開いてる行動ってどんな行動だろう?

ってイメージしてみてください。

  

そうイメージすると、

周りにプレゼントするような明るい言葉になるし

周りにプレゼントするような笑顔になっていくのです。

そして、一つ一つの行動も、

周りにプレゼントするような行動になっていくのです。

  

もっと具体的に言うと

開いている言葉というのは、未来に向けた言葉や

現在を明るくするような言葉です。

 

閉じてる言葉は、後悔や不平不満、

妬みや否定や消極的な言葉。

ひたすら過去に向けての言葉である傾向があります。

  

なんとなくイメージでわかるとおもうのですが

開いてる言葉を使うと、顔も行動も開いていきます。

そして、周りの人に対して、心も開いていきます。

  

歩行でも、

後ろ向きより前向きの方が歩きやすいですから。

言葉でも、

後ろ向きより前向きの方が生きやすいんですよ。

  

こんな開いている言葉を使っていると、

可能性が開いていき、

道が開いてき、

未来が開いていくのです。

  

少し、自分を振り返ってみてください。

今日の私、開いていたかな?って

今日使ってた言葉は開いていたかな?って

じゃあ明日はこうしていこう。

って開いた言葉で締めくくってみてください。

  

かならず、魅力の花も開いていきますから。

  

※お客さんや家族から
喜ばれる存在になる方法を収録↓

ブレイクスルーDVD

bre.jpg
  

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

人生が変わる言葉1144『道を開こう。開いた言葉で』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314461840729.jpg

スタイルを良くしたかったら、

心のスタイルをよくすること。

  

スタイルが崩れてくるということは、

心がでぶっちょになっていることが多い。

  

心がでぶっちょというのはどういう事かと言うと、

一番簡単に言うと「心が動かない」という状態です。

  

これは経験を積めば積むほど起こる現象です。

なぜ心が動かなくなるかと言うと、

「見当がついてしまう」からです。

  

子供のころ、私達が今から考えると

とてつもないスピードで色んなことを学んでいったのは

「すごいすごいすごいっ!何それ!」と

心が動きまくっていたからです。感動していたからです。

  

でも、経験を積めば積むほど

「あぁ、それ知ってます」と先に言ってしまったり

子供が「ねぇ!聞いて聞いてー!」と話しても

想像ができてしまうから「はいはい」と聞き流してしまったり

人の話を聞くときも、先を予想してジャッジしてしまったり。

 

 

色んな経験を積んだ結果

心が動かなくなってしまうことがあります。

  

小さい頃はあんなに毎日感動してたのに

いつしか冷めた目で世界を観てしまうのです。

 

 

それがスタイルにどう影響があるの?

って思うじゃないですか。

  

心がでぶっちょになると

心が動くのを嫌がるから

やらない理由とできない理由が上手くなるのです。

そして、心には沢山の“否定”という成分が増えていきます。

心に“否定”が増えると、何もできなくなってしまうのです。

 

 

だから、心が動かないと体が動かない。

体が動かないと、現実が動かない。

そして、現実が動かないと心が動かない。

ただ、体重だけが上に向かって動いていく。(オイ)

  
 

だから私達がやんなきゃいけないことは

世界を冷めた目で見るんじゃなく、

目を覚まして世界を観るのです。

  

この世界には面白いことが沢山ある。

子供のころのようにそれを思い出すのです。

現実より先に、心を動かすのです。

  

小さな不思議なことでも驚き、

うまくいかなかったら笑い、

心のストレッチをするように、

興味を膨らませていくのです。

 

 

驚いたり、爆笑したり、感動したり、

「やってみる!」と言ったり

「試してみる!」と言ったり

「実験してみる!」と言ったり

全部、心のストレッチだと思って

さきに心を動かすのです。

  

心が動けば、体が動くのです。

体が動けば、現実が動くのです。

現実が動けば、心が動くのです。

ココロカラなのです。

  

さ♡

動かしてみよう♡

『スゲェェェ!!』って心が動く言葉からはじめてみよう。

  

スタイルはよくなるし

感動しながら、生きることになるよ♪
 

※綺麗になったり、お金持ちになったり、
自分のなりたい姿に辿り着きたい人へ
「なりたい姿に早く辿り着く方法」を収録↓

ブレイクスルーDVD

bre.jpg

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉1143『スタイルを良くしたいなら、心を軽く』 

 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314460022319.jpg

人はできるかぎり、「人」で見ること。

  

世の中が進めば進むほど、

カテゴリーと言うものが増えていく。

それがyoutuberやブロガーなどの職業から

ファッションの系統や、行動の系統。

いろんなものがカテゴライズされていく。

  

便宜上、カテゴライズすることはとても便利だ。

ギャルだの、ジャニーズ系だの、言っておけば

すぐに相手に伝わるからね。

  

便利なんだけど、大きな注意点がある。

  

カテゴリーに偏見をかけると

だいたい爆発するようになっている。

という注意点だ。

  

それはそれは、まるで

化学反応を起こした時のように

カテゴリー × 偏見

を多用しすぎると人間関係にあんまりいい結果をうまない。

  

なぜなら、カテゴリーに偏見を加えることで

区別から差別に切り替わるからだ。

  

たとえば

関西人と関東人をわけた番組とかで

「関西人ってこうよね」「関東人ってこうよね」

というのを言い合う番組とかあるけど

偏見が注入された途端、なんか争いよるの。

出会いがしらの犬みたいな反応で。

  

その論争の時は仲良くしてたのに

今度は、大阪人と京都人で分けると

また同じ現象が起きるの。

  

日本人と、外国人

男性と、女性

A型と、B型

夏生まれと、冬生まれ

理系と、文系

団塊世代と、ゆとり世代

  

カテゴリーやジャンル分けは

とても便利なんだけど

そこにはやっぱり「人」というのがいて

だいたい、そこに持ってる偏見なんてものは

なんのアテにもならなかったりすんだよ。

  

だってその偏見は

TVやメディアの「すりこみ」だからね。

  

だから、「カテゴリー分け」という

とても便利な区別ができる思考に

勝手な偏見を持ち込んで人に言うと

だいたいヤバイ化学反応が起こって

人間関係うまくいかないぜ♪って覚えておこう。

  

私達が生きてる世界は、どこまでいっても

「人」と「人」の関わり合いでできてるんだ。

  

恋愛も、仕事も、お金も、運も、キッカケも、結婚も

何もかも、人と人との関わり合いでできている。

だから、人は1人の「人」で見る。

  

そんな癖を持つといいさ♪
 

※人間関係の悩みを解消したい人へ
「心の矢印」を意識するだけで、
人間関係の悩みは減少していきます。秘訣を収録↓

ブレイクスルーDVD

bre.jpg

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉1143『目の前にいる人は、カテゴリーじゃない』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314455409541.jpg

十代の時、働いていた料理屋さんの女将さんの口癖で

「あなたがいてくれてよかった」

という口癖がありました。

  

この言葉は、いつもいつも

女将さんの口からでてくるのですが

女将さんがこの言葉を言うと、

とても心が嬉しくなるのでした。

  

私が働き始めたころ

女将さんは入院されてて

女将さんがいなかったんです。

  

だから、職人の大将と調理補助のお兄さんを中心に

アルバイトたちがいたのですが

その中には遅刻癖がある子も

仕事が適当な子もいました。

  

でも、女将さんが退院して、お店に戻ってくると

料理屋さんは一気に活気が出てきました。

  

遅刻してきた子にも、仕事後には

「あなたがいてくれてよかった」

と伝えるのです。

  

仕事が適当な子にも

「洗い物、頑張ってくれたんやね!

あなたがいてくれてよかった」

と伝えるのです。

 

 

人とは不思議なものです。

必要とされてると、

「誰かがやるだろう」から

「自分がやりたい」に変わっていくようです。

  

遅刻癖があった子は、

早めにくる子になりました。

仕事が粗く適当だった子は

誰よりも早く丁寧な子になりました。

  

私には何を言ったかと言うと

女将さんは、私の両頬をギュっと両手で包み

「あんたはウチの看板娘。

あんたが笑ってたら、お店のみんな安心するんやから」と

言ってくれました。

 

 

女将さんの「あなたがいてくれてよかった」は

スタッフだけでなく、お客さんにも広がっていきます。

  

「あなたがいてくれてよかったわ!

誰よりも味がわかる人やもの!」

 

そう言われたお客さんは、

季節の料理が出るたび嬉しそうにまた来るのです。

  

「あなたがいてくれてよかったわ!

あなたが来たら不思議と満席になるもの!

福の神みたいな存在よ」

 

そう言われたお客さんは、

自分が来たらお店が流行るんであれば

喜んでくるよ!と頻繁に来てくれるのです。

  

「あなたがいてくれてよかった」

  

一日に一回でいいから、

誰かに伝えてみると

とてもいい空気が流れると思います。

  

今日も読んでくれてありがとう。

あなたが見てくれなかったら

この記事はなかったものと同じになる。

だから読んでもらえてとても嬉しいです。

  

あなたがいてくれてよかった。

ありがとう。

※お客さんや家族から
喜ばれる存在になる方法を収録↓

ブレイクスルーDVD

bre.jpg
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉1142『あなたがいてくれてよかった』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314448854841.jpg

『将来が見えない』ということを言ったり

『将来が不安』ということを言ったりする。

そんな声はいつの時代もたくさん聞こえてくる。

  

最近で言ったら、年金問題や

AIの進化による激動の時代。

色んな変化があるわけだから

さらにその声は大きくなっていく。

  

さて、ここで質問だ。

  

『この扉を開けてみ。面白いから』と言われるのと

『この扉を開けるとクラッカーがなって驚くと思います』と言われるの

どっちの扉を開けたくなる?

 

 

もう一個質問だ。

  

『この角を曲がると、笑っちゃうくらい変な奴いるよ!見てみて!』

と言われるのと

『この角を曲がると、着ぐるみを着たマジシャンがいます』

と言われるの

どっちが見に行きたくなる?

  

そうだ。

未来というのは、わからないから面白いんだ。

『将来が見えない』

そう、だから面白いんだ。

  

そして『未来』が一番喜ぶのは、

それを「面白がること」なんだ。

  

「この扉を開けるとヤバイよ!」とか

「この向こうに変な奴いるよ!」とか

決してプラスとは言えない言い方であっても

未知を面白がるとワクワクしたり、ドキドキしたりするんだ。

そして、その結果、面白い未来になるんだ。

  
 

私達は未来を知ることはできないけれど

未来を明るくすることはできるんだ。

面白がることによってね。

  

だから、未来なんてものは

向こうに何があるんだろう♪

って未知の扉を開ける感覚で

面白がると良いんだよ。

  

どうせ知ることはできないんだから

面白がればいいんだよ。

※心の状態が、不安定な人へ

自分に芯を持って、

周りに振り回されない方法を収録↓
ブレイクスルーDVD

bre.jpg
  

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉1141『未知は可能性に満ち溢れている』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314445304974.jpg

どれだけへこんでも、

生きてると明日は来る。

 

どれだけつらくても、

生きてると明日は来る。

 

どれだけ泣いても、

生きてると明日は来る。

  

良くも悪くも、生きていたら

必ず明日は来る。

  

だから私達がやることはシンプルだ。

  

毎日毎日やってくる、今日と言う日を

「生ききったぞ」と生きることしかできない。

  

へこまないように生きることでもない。

つらくならないように生きることでもない。

泣かないように生きることでもない。

過去を悔んだり嘆いたりしながら生きることでもない。

  

私達は、過去を生きることができない。

1秒たりとも戻ることもできない。

もちろん、未来も生きることができない。

  

だから私達は

未来を見ながら、今を生きることしかできない。

  

今日と言う日、私は笑えたぞと

今日と言う日、私は綺麗でいたぞと

今日と言う日、私はたくさん学んだぞと。

  

今日を生ききったぞと、生きることしかできない。

  

一日一日が昨日までの自分と勝負だ。

  

いちにち、いちにち。

※心の状態が、いつも不安定な人へ

自分に芯を持って、周りに振り回されない方法を収録↓

ブレイクスルーDVD

bre.jpg
 
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉1140『そして、今日を生きる』 

こんにちは♪めしょんです

o2000128314438549830.jpg
『結果を出し続ける人がこっそりやっていること』

というお話です。

  

私ね、サッカーが大好きなんです。

ちなみに一番好きなゴールは

アーセナルVSニューカッスルの

ピレスのパスからベルカンプの神ターンシュートです。

(誰が興味あんねん)

  

それでね、点を取り続けるストライカーって

みんな同じことを言うことに気付いたんです。


しかもそれが、サッカーだけじゃなく

色んなことに繋がると気付いたんです。

  

どんな言葉かと言うと

『監督がスパイク変えてみろって言うから変えたら決まった』とか

『○○君が見ててくれたから決まった』とか

『動き出したらパスが来るって信じてたから決まった』とか

『試合前のベンチの選手の助言のおかげで決まった』とか

……etc

  

この言葉をまとめると

『結果の分配』です。

  

自分が結果を出した時やお手柄をした時

みんなにその手柄を分配するの。

  

そうすると、監督は使いたくなるの。

「監督の一言のおかげで決まりました!」とか言うから。

 

他の選手も、一番にパスを出したくなるの。

『絶対見ててくれると思ったから!』とか言うから。

 

ベンチの選手も認めたくなるの。

『あの一言のおかげで決まった!』とか言うから。

  

すると、結果を出し続けることになるの。

  

『おかげさま』と言っちゃうとそうなんだけど

さらに具体的に言うと『結果の分配』なんだよ。

  

「俺だ俺だ俺だー!!」ってなると

単発で活躍しても、何年かすると消えちゃうの。

「あいつにパスするの嫌だなぁ」ってなっちゃうから。

  

これってすべてスポーツだけじゃなく

何もかもに言えることなの。

  

2019年にね、ZfesっていうカプセルZさんの

チャリティーイベントに行ったのね。

その主催者の福田和輝さんはね、

本当皆から愛される人なんだけど

 

Zfesが終わってから、関わったみんなにお礼を言って回るの。

わざわざ、応援してくれた人がいる場所まで行って。

関西であろうと、関東であろうと、どこであろうと

「本当助けてくれたおかげでできた!ありがとう!」って。

「あの言葉が無かったらできなかった!ありがとう!」って。

  

そうやって、『功績やお手柄や結果』

それを、みんなのものにするの。

  

そう言う人はね、ずっとずっと

結果を出し続けるの。

みんなが喜ぶ結果を出し続けるの。

だって自分だけの力じゃないって知ってるから。

  

苦労して導き出した結果ほど

みんなに分配するの。分け合うの。

そうしたら、結果がいっぱい増えるの。

みんなの結果になるの。

  

結果は分配するほど増えるんだよ♪

笑顔も増えるんだよ♪

ポッケのビスケットみたく増えるんだよ♪

  

結果を分け合おう。

功績を分け合おう。

結果が出続けるからさ。


※「心の矢印」を知れば、
人間関係の悩みは解消されます。
「心の矢印」の活かし方を収録↓

ブレイクスルーDVD

 bre.jpg

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数


 人生が変わる言葉1139『結果は分配すると増える』 

↑このページのトップへ