月別アーカイブ / 2020年09月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314380604582.jpg

私達のご先祖さんね。

一生懸命狩りをしてさ、

命懸けでとった獲物をね、

いつも集落のみんなで分けたのね。

  

それで、みんな思ってたの。

  

命がけでとったのに

分けるとたったこれだけかぁ……。

  

少ないなぁ……。

もっと食べたいなぁ……。

  

独り占めできたらなぁ……。

  

皆がそう思ってた時に、

誰かがこう言ったの。

  

皆で食べると

美味しいなぁ。

 

分け分けすると

美味しいなぁ。

  

このときにね、

目に見えるものは分けると減るけど、

目に見えないものは分けると増える。

って気付いたの。

  

それに気付いた豊かな人は

知恵を分け合い

感動を分け合い

楽しみを分け合い

体験を分け合い

命を分け合い

生きるようになったの。

 

 

見えないものは分けたら増える。

そのことに気付いた人は

知恵を分け合い、力を分け合い

食べ物や資産や建物、

そんな目に見えるものも増えることに気付いたの。

 

 

でも、『目に見えるもの』しか信じない人だったり

『目に見えるもの』しか価値を知らない人は

奪い合ったり、隠れて独り占めしたりして

どんどん貧しくなっていっちゃったの。

  

分けたら減るに決まってる!

って信じこんでそれしか見えなくなったの。

土地を奪い合い、市場を奪い合い、主張を奪い合い

そして、命まで奪い合ってしまうの。

だから、貧しくなっていって、醜くなっていったの。

 

 

でもさ、この世界の

ほとんどのことは見えないことなの。

スピリチュアルじゃないよ。

心も言葉も経験も経歴も知恵も愛も感動も

基本的には見えるものではない。

  

つまり、分け合えることばかりなの。

増えることの方が多いように作られてるの。

  

そのことに気付いたら

人は豊かになるの。

  

心が豊かになり

顔が豊かになり

考え方が豊かになり

生き方が豊かになるの。

  

だから見えるものばかり追わずさ

分けあるものを、たくさん生み出したら

すごくいい世界になる。

  

目に見えるものは分けると減るけど、

目に見えないものは分けると増える。

  

知恵を分け合ってこ。

感動を分け合ってこ。

愛も素敵な考えも、分け合ってこ。

そう思うよ。

 

※「運」や「流れ」を味方にするセミナー
「東京公演」10月4日開催します。

詳細は↓の画像をクリックしてね♪
o0850030014811650368.jpg

 
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1079『分け分けしよう』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314380057083.jpg
貧乏は財布に宿るのではなく
心に宿るものである。
  
「お金がない」
 と
「貧乏」
って全然違うの。
  
「破産した」
 と
「貧乏」
も全然違うの。
  
貧乏って言うのは
状態の名前じゃなく、心に宿るもの。
 
 
私が主催している
KOTOBAスクールの3期で(冬に8期、開催予定)
「いま資金がゼロになったらどうしますか?」
という質問に対して主人がこう答えてました。
 
『ぼくね、たとえお金がゼロになっても
貧乏にはならないんですよ。絶対に
だって思考がお金持ちだから』
  
貧乏は財布に宿るのではなく、心に宿るからです。
 
 
足りない、足りない、足りない。
  
足りないものばかり探している
思考癖のことです。
思考が貧乏ということです。
  
資金が足りない。
時間が足りない。
人材が足りない。
才能が足りない。
情報が足りない。
・・・と。
  
これだけ何もかもある時代に
「足りない、足りない、足りない!」って。
だから色んなものを奪っちゃうの。
  
どれだけ与えられてても、
与えられてることにも気付かずに
まるでザルのように抜けて行っちゃう。
そして、また足りないものを探す。
それが貧乏っていう思考癖です。
  
だから、「ある」ことに気付くってとても大切なの。

両手がある。目がある。大切な人がいる。
時間がある。できることがある。命がある。
  
そうだ。
「お金持ち」というのも
状態の名前ではなく、心に宿るものだ。
  
与える存在で
満ち溢れた存在で
「ある」ことに沢山気付ける存在。
  
そんな存在になっていこ。
「お金持ち」も「貧乏」も
状態ではなく、在り方の名前なのだから。
 

※「運」や「お金の流れ」を味方にするセミナー
「東京公演」10月4日開催します。

詳細は↓の画像をクリックしてね♪

o0850030014811650368.jpg

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1078『お金持ちとは、在り方の名前』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314379466137.jpg

小学校の時ね

『灯台下暗し』って言葉を知ったとき

これは完全にすごいことを知ったなと思ったの。

 

 

隣の席の藤崎君が

「どうだい、モトクロス」って言って

盛大にスベってたんだけど、

藤崎君は、自分の自転車が大好きだったの。

それで「なるほどな」と思ったのを覚えています。

  

灯台下暗し。

この小さい頃からよく聞いた言葉に

幸せって集約されてるなと。

  

私達ってね、「可愛い!」って思った服を買うの。

「うわ、これダッサ!」って思った服を買う人はいないの。

だから持ってる服は絶対に『可愛い!』って思った服なの。

  

もちろん、服だけじゃなく

鞄も帽子も靴も、ノートもペンもお財布も

『これ可愛い!』とか『これ格好いい!』って思ったものを

私達は持っているの。

  

『これ嫌や!』と思うものを買う人はいないんだって。

  

キミの周りを囲んでいるもの。

それは君の『好き』の集合体。

それに気付けば、幸せなんだって。

  

灯台下暗しなんだって。

  

そんでね、

人って「ここに住むといいだろうなぁ」という所に住むの。

自分が今選べる範囲で一番好きな所に住むんだって。

『ここは最悪』と言う所にわざわざ住みに行く人は

なかなかいないんだって。

  

好きな所に住んで、好きな物に囲まれている。

それに気付けば、幸せなんだって。

  

灯台下暗しなんだって。

  

飲食店に食べに行ってね

嫌いなものをわざわざ頼む人って少ないの。

殆どの人が好きな物を食べて、好きな物を飲むの。

  

さらにね、

地元の近くにある観光名所や

地元の美味しい名物は

地元に住んでる人は食べなかったりするの。

  

遠くからわざわざ見に来る人がいるのに

遠くからわざわざ食べに来る人がいるのに

地元に住んでるとそれが見えないんだって。

私達はそれぞれ、素晴らしい所に住んでるの。

  

全部全部

それに気付けば、幸せになれるんだって。

  

灯台下暗しなんだって。

 

 

幸せはいつも、

足元にあるんだって。

 

大切な人はいつも、

足元にいるんだって。

  

灯台下暗しなんだって。

 

※自分の運の流れを、味方にするセミナー
大阪と東京で開催。
詳細は↓の画像をクリックしてね♪ 

o0850030014811650368.jpg
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1077『灯台下暗し』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314378883966.jpg

アーティストは生計を立てるのが難しい。

と、言われている。

  

確かに、バンドマンでも、イラストレーターでも、

小説家でも、彫刻家でも、画家でも、

“作品”というものを生業にしていると

それ一本でやっていける人はほんの一握りだ。

 

 

ところでさ、

これは『意見』ではなく

『結果』として聞いてほしいんだけどさ

  

アーティストが好きに作った作品と

依頼されて作った作品。

どっちが歴史に残ると思う?

 
  

どちらかというと、依頼されて作った方が

明らかに認知される作品が多いんだ。

  

アーティストって気質的に

自由に作った作品の方がもちろん好きだし

絵を描くのは好きだけど、頼まれて描くのは好きじゃない。

って言う人が多いんだね。

 

 

「そりゃ好きに自由に作った方がいいよ」ってことなんだけど

『売れる』『歴史に残る』『沢山の人が見たり聞いたりする』

という視点だけで言うと、依頼された方がいい作品が多いの。

 

 

何が言いたいかというとね。

  

『お願いされる力』って凄いの。

『頼まれる』って凄いの。

お願いされたり、頼まれたりすると

次のレベルに行けることが多いの。

 

 

アーティストに関わらず

『お願い』を喜べたら凄い力になるの。

新しい自分は『人』が運んでくるの。

新しいレベルは『人』が運んでくるの。

 

 

なんで依頼された方が、歴史に残りやすいかというと

作品の向こうに『人』がすでにいるからなの。

  

『お願い』は喜んで受けたほうが

長い目で見ると、必ず自分のためになる。

 

 

「あなたに頼みたいことがあるの」

頼まれごとは、喜ぼう。

嫌な顔せず、喜ぼう。


人が運んできたものを

喜ぶ心で受け止めると「いいこと」に

嫌な心で受け止めると「嫌なこと」に

なるものを「現実」と呼ぶのだから。


 今の自分に必要な「運」や「流れ」を掴むセミナー開催します。
※詳細は↓の画像をクリックしてね♪
o0850030014811650368.jpg
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1076『頼まれごとは、誉れごと』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314378281179.jpg

『今どんな気持ち?』

 

これは、私のおばあちゃんの口癖でした。

  

私が小さい頃、

絵本を読んでても、

積み木をしていても、

お絵描きをしていても、

  

おばあちゃんは私に

「何してるの?」とは聞かず。

「今どんな気持ち?」と聞くのです。

  

だから私は

「嬉しい気持ちだよ」とか

「わくわくしてる気持ちなんやで」とか

「2人でしたらもっと楽しい気持ちやで」とか

その時の気持ちを答えていました。

  

子供が何かに集中していたら

だいたいの大人たちは、「何してるのー?」

って聞くことが多いのですが

おばあちゃんは、かならず

「どんな気持ち?」って聞くのでした。

  

うちのおばあちゃんは字書き屋さんだったので

提灯や看板なんかに字を書くことが多かったのですが

よく「何を書くかよりも、どんな心で書くかなんだよ」

私に教えてくれました。ケラケラ笑いながら。

 

 

この言葉は今でも私を支えてくれていて

私達の幸せな生き方をデザインしているのは

 

なんの仕事をしているかよりも

どんな心で仕事をしているか? 

 

どれだけ稼いでいるかよりも

どんな心で稼いでいるか? 

 

なにを書いているかよりも

どんな心で書いているか? 

  

それが、私達の生き方をデザインしている。

それを忘れてはならないんだなぁと

思わせてくれる言葉です。

  

よく成功者たちに

「何をしたから成功したのですか?」とか

「何をしたらいいですか?」と聞く人がいるけれど

そこだけ聞くのは見当違い。

  

どんな心でやったのか?

どんな気持ちでやったのか?

それが、成功者を成功に導いてるんだよ。

目に見えないところに、真理はある。

  

ねぇ、どんな気持ちでこれを読んでる?

どんな気持ちで目の前のことに取り組んでる?

どんな気持ちで今日を生きてる?

  

ねえ、今どんな気持ち?

  

その気持ちが、君の人生をデザインしてるんだよ。

 

※「運」や「時代の流れ」を味方にしていく
セミナーを開催します。

※詳細は↓の画像をクリックしてね♪
o0850030014811650368.jpg
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1075『ねぇ、今どんな気持ち?』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314377617983.jpg

「ねえ、呼吸で吸うのと吐くの、どっちが大切?」と聞かれたら

どっちもや!両方で一対や!

となるし、

 

「ねえ、夜と朝、どっちが大切?」と聞かれたら

どっちもや!両方で一対や!

となるし、

 

「ねえ、男と女、どっちが大切?」と聞かれたら

どっちもや!両方で一対や!

となる。

  

ここまでは大丈夫だろう。

大丈夫なはずだ。

 

 

でも、世の中は「白」か「黒」かつけたがる。

なぜか?

  

その方が圧倒的にメディアにアクセスが集まるからだ。

  

「女性の方が圧倒的に優れている」という理由を

超振り切って書いた方が賛否両論がぶつかり

圧倒的に注目が集まるから、メディアというのは

TVであっても、SNSであっても、ブログであっても

振り切って書かれることが多い。

  

書いてる本人は、男女ともに役割があり

適材適所があり、助け合ったり補い合ったりで

2つで1つの存在ってわかりながらも

 

「両方とも大切だよ」と当たり前のことを書くよりも

「こっちの方が圧倒的に大切! なぜなら……」と

どちらか片方に振り切って書かれているのだ。

それに群がる虫みたいな知能になってはいけない。

  

そのことを頭に入れておかないと

すぐに「白」か「黒」か

はっきりさせたがる思考回路になってしまうわけだ。

  

光と影も

男と女も

心と体も

頑張るも頑張らないも

安定と挑戦も

生産と非生産も

インプットとアウトプットも

全部2つで1つだ。

   

頑張ることと同じくらい

頑張らないことも大切だし

 

行動することと同じくらい

休めることも大切だし

 

変わることと同じくらい

変わらないことも大切だ。

  

2つで1つだ。

  

なんで「メディアはわざとかたよって発信するよ」と

メディアの見方を書いているかというと

白か黒かハッキリさせたいタイプの思考回路は

メンタルが安定しないとわかっているから。

  

これが癖づくとまぁまぁよろしくない。

思考は癖でできているからね。

  

車でも、右輪しか動かさなかったら

わけがわからないことになるのと同じように

メディアがどれだけ『右だ!』と言っても

尊敬してる人がどれだけ『左だ!』と言っても

バランスの取れた思考をするといいよ。

   

パパとママの間に生まれた

2つで1つの存在がキミなんだ。

右足と左足を動かして一歩一歩前に進んでいこう。

  

※今うまくいってないのは、流れに逆らっているから。
「流れ」を味方にするセミナーを開催します

詳細は↓の画像をクリックしてね♪

o0850030014811650368.jpg
 
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1074『いい怒り方は“短く”がキーワードだ』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133414377065352.jpg

怒っちゃったり

落ち込んじゃったりして

自分の心に対して悩んじゃうことってあるよね。

  

怒ったときってどうしても気分が良くないし

落ち込んだときも、どうしても奪うオーラがでるし

どちらにしてもあんましいい状態じゃないように感じるよね。

 

 

そりゃ心は安定しているに越したことないけれど

でも人間だから、感情が上下することは

当然のようにあるんだよね。

  

だから、怒ることが悪いことだったり

落ち込むことが悪いことだったりするわけじゃないんだよ。

 

 

こういった感情に対して

何がよろしくないかと言うと、

長いのがよろしくない。

  

怒りって人間には必要な感情だし

ときに怒ることも必要だったりするけれど

大切なのは“時間”だ。

  

長く怒るのは、自分にも相手にも空気にもよろしくない。

どれだけ正しいことを言っていても

いつまでたってもブクブク怒ることは害でしかないわけだ。

ドン! と怒ってすぐに次だ。これがいい怒り方。

  

落ち込むことも同じ。

一度落ち込んでも、すぐに立ち上がれば

なにくそパワーで反動になるけれど

長く落ち込むことは、

周りからエネルギーを奪う思考にしかならない。

 

 

怒りや落ち込みだけじゃなく

負に見える感情は

短いと、プラスに変えられて

長いと、マイナスになっちゃうんだ。

 

 

だから「怒る自分が嫌になる」とか

「落ち込む自分にさらに落ち込む」とかで

負のスパイラル突入しちゃうときがあるかも知れないけど

そう言った負の感情もOK! 

ただ、短くな!

  

と、負の感情にOKを出してあげると、

心の状態も変わってくるから

そうやって付き合っていくといいね♡

   

※今うまくいってないのは、流れに逆らっているから。
「流れ」を味方にするセミナーを開催します

詳細は↓の画像をクリックしてね♪
o0850030014811650368.jpg

 
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1074『いい怒り方は“短く”がキーワードだ』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314375892809.jpg

神は細部に宿る。

  

ビジネスをしていると、そう思うことがとても多いし

美容をしていても、そう思うことがとても多い。

  

人気がある店は、やっぱり神が細部に宿っていて、

人気がある人も、やっぱり神が細部に宿っている。

  

ちょっとした、心配りとか

飲食店だとテーブルやパウダールームが綺麗だとか

ホテルなら、名前を憶えているとか

ほんの小さなことが感動をうみ、人の心をとらえるものです。

  

そんな「神」というのはテクニックではなく

「心」のことだと思っています。

心配りや思いやりは確実に細部に出るからです。

 

 

さて、それを前提に話は変わりますが

「なるべく」やったほうがいいこと。

って言うと、たくさん思い浮かぶことがあるんじゃないでしょうか?

  

なるべく丁寧にスキンケアはしたいし

なるべく靴の手入れはしたほうがいいし

なるべく水回りは綺麗にしていたいし

なるべく笑顔を絶やさずいたほうがいいし

なるべく学んだ方がいいし

なるべく学んだことは早く実践した方がいいし

なるべく、なるべく、なるべく……。

  

仕事のこととか、家族のこととか、

美容やダイエットのこととか、夢のこととか…

おそらく、ずーっと出てくるのではないでしょうか?

  

そうです。

私達は、「なるべくやったほうがいいこと」というのは

すでに知っているのです。

 

 

でね。 

成功者ってどんな人がなるんですか?

っていうと

  

なるべくして

なる人なんですよ。

※参照 ダイエットもビジネスも成功する8文字の魔法の言葉

  

そりゃなるでしょ。っていうくらい

「なるべくやったほうがいいこと」をやった人が

なるべくしてなるんですよ。

  

なるべく綺麗な方がいい
なるべく練習した方がいい
なるべく明るい方がいい
  
自分が思いつく『なるべく』

それを、やり続けると

なるべくして、なりたい姿になるんです。

   

一日で成功した人なんていないんだよ。

なるべくして成功した人しかいないんだよ。

なりたい姿には、なるべくしてなるんだよ。

 

※「運」と「流れ」を味方にして
なりたい自分に向かうセミナーを開催します。

詳細は↓の画像をクリックしてね♪
o0850030014811650368.jpg
 
書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1073『なるべくしたほうがいいことは絶対しよう』 

↑このページのトップへ