月別アーカイブ / 2020年05月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314337866240.jpg

多くの人が間違えてしまっている

私達の心の仕組み。

というお話です。

  

この間違いがあるから、うまくいかなかったり

この間違いがあるから、自分を嫌いになったり

してしまうわけなのですが、どんな間違いかというと

 

 

自分のことを嫌いな人は

だいたい『自分の性格』が嫌いなんですよ。

  

ひねくれてる人は、好きでひねくれてるわけじゃなく

素直になりたくてもなれない場合が多いのです。

(もちろん、全員ではありません)

  

自分を責めてしまったり

人にきつく言ってしまったり

いらんことを言ってしまったり

どうでもいいことをゆずらず、小さいことでもめたり……。

そんで、そんな性格の自分を嫌いになったりするわけで

 

さらに言うと『性格は変えられないから』とか

言っちゃうわけなんだけど

 

 

多くの人が何が間違えてるかというと

性格が行動を作っている
と思っていること。

これが間違いです。

 

 

実はまったく逆で

行動が性格を作るとわかっています。

スタンフォード監獄実験なんてまさにそれに近い。

  

「私めっちゃ性格悪いんで」と

会話の途中で謎のエクスキューズを投げる人がいますが

そんな人でも、寄付を続けてみると性格が変化していきます。

 

 

電車で席を譲ったり、

車の運転で道を譲ったり、

人助けをする。

意識的でいいので、そんな他者への

プレゼンター的な行動をとると

性格も行動に寄っていくとわかっています。

 

 

だからさ、「○○な性格なんで」って

自分を諦めてる人がいるけど

意識的な行動を重ねること

まるっきり変わったりするんだよ。

  

だから、理想的な人間になりたければ

理想的な行動をちょっとずつでいいからとってみること。

  

魅力的だと思う行動をし

魅力的だと思う言葉を放ち

魅力的だと思う考えをもつ。

 

それで、魅力的な性格になれる。

 

 

「そんな簡単に行くかよー」という

人のために、一番簡単な道順を書いておこう。

  

前述の、スタンフォード監獄実験では何が行われたかというと

刑務所を舞台にして、看守役と受刑者役に分かれて過ごしてもらった。

 

しばらくすると、看守役は看守らしく、監視の目を光らせたり

攻撃的になったり、人を見下したり、トイレ掃除を命じたりしだし

受刑者役の人は受刑者らしく、オドオドとしたり服従したりしだした。

 

実験なのにあまりにもエスカレートしすぎて中止になった。

という超有名な心理実験だ。(なにやらすねん)

 

 

なんでこれを例に出したかというと

 

彼等は、一番最初に

『服装』を与えられ

  ↓

『役割』を与えられた。

  

そうすると、服装と役割に近い『行動』をしだし

  ↓

その行動の結果、『性格』が変わった。

 

 

だからまず最初は、

自分が『魅力的だと思う服』を着ること。

そして、自分に自由に『魅力的な役割』を与えること。

  

そうすると、自分が魅力的だと思う行動をとりやすくなる。

  

結果的に、その行動にひっぱられるように

自分が魅力的だと思う性格になっていく。

 

 

服装

役割

行動

性格

  

このリズムで、伝達していくのだ。

 

 

私達は、一つ一つの行動が繋がって

“自分”という存在を作っているんだ。

理想的な自分は、

まず、いま理想的な行動をとることからなんだ。

  

今からはじめていこう

理想的な自分を。

 

※自分を卑下しがちな人へ
自分の潜在能力を生かしていく方法↓

ブレイクスルーDVD

         

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1028『理想的な自分をはじめよう』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314337330010.jpg

君の人生が最高になる方法をお話するので

いきなりですが

ちょっと一緒に思い浮かべてみてください。

  

「ドライブするのにこの道好きだなぁ」

という道を思い浮かべてみてください。

  

並木道があるとか、

自然が一杯あるとか、

曲がりくねった道がなんとなく好きとか、

色んな理由があると思うのですが、

具体的に「ドライブするのにこの道好きだなぁ」

という道を思い浮かべてみるのです。

 

 

浮かべたかな?

  

あの道なんでか好きなんだよなぁ。

雰囲気かなぁ。

と言うような直感で構いません。

  

ドライブするのに好きな道。

 

思い浮かべてくれた?

  

その道をさ、
どんどんどんどん進むと、どこに辿り着くかというと
だいたい、君の楽しい思い出がある場所なのです。

  

海までの道のりとか、

BBQまでの道のりとか、

温泉宿までの道のりとか。

  

好きな道の先には、楽しい思い出の場所があるのです。

 

 

つまりさ……。

  

楽しみがあると、

そこに辿り着く道のりまで

楽しいということです。

  

だから、

ワクワクするような

待ち遠しいような

早くその未来が来てほしいような

そんな未来をいつも用意しておくのです。

  

楽しみがあると、その道のりが好きになるのです。

 

 

未来のことなんだから

「楽しいことなんてないわ」なんてないはずです。

用意すればいいのだから。

  

絶対行きたかったところにいくとか

絶対会いたかった人に会いに行くとか

やってみたかったことをやるとか

未来は一番自由だ。

  

そんな“楽しみ”を用意すると

“道のり”が楽しくなるの。

道のりが大好きになるの。

  

ほら、

『今』という瞬間を大好きになるの。

  

人生が最高になる考え方だ。

 

 

※未来に楽しみを用意できないマインドの人へ
これからの人生の流れを、変えていく方法↓

ブレイクスルーDVD

  

 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1027『楽しみがあると、道のりも楽しくなる』

こんにちは♪めしょんです
o2000133414336800109.jpg

もし、バンジージャンプのゴムが

めちゃくちゃ硬い素材だったとしたら

どうなると思う?

  

たぶん、全身色々折れるよね。

  

じゃあ、高い所から落ちても大丈夫にするには

どうすればいいと思う?

  

下に柔らかいものがあるといいよね。

 
  

心もそれと同じで

柔らかさって大事なの。

  

インターネットを見ていると

書かれていないことまで想像を働かせて
神経質になったり、被害者意識をぶつけたりする人がいるけれど
  

神経質な人は、神経質を煩わせて無神経なことを言い、

被害者意識な人は、被害者意識を煩わせて攻撃し、加害者になる。

  

つまり、多くの場合

神経質な人は無神経であり

被害者意識が強い人は加害者になるんだよ。

 

 

そうなると、心がどこにも行けなくなるからさ

柔らかく考えてみましょうよ って思うの。

柔らかさって大切なんだよ。

張りつめた糸はすぐに切れちゃうからさ。

 

 

じゃあ、次はさ

  

もし、家の構造を支えてる骨組みが

ふにゃふにゃだったらどうなると思う?

  

すぐにでも崩壊するよね。

っていうかそもそも建たないよね。

  

じゃあさ、海賊旗のような旗を掲げる木が

ふにゃふにゃだったらどうなると思う?

  

掲げたい旗も掲げられないよね。

ちくわに、はんぺんが刺さってるみたいなもんよね。

  

だから、硬くて強いものも必要なの。

それぞれ役割があるの。

  

強い覚悟とか

固い決意とか

強固な信念とか

大切なの。

  

それを、柔軟な思考で考えるの。

柔軟なやり方で実行するの。

  

柔らかいだけじゃなく

硬いだけじゃなく

柔らかい所には、柔らかいものを。

硬い所には、硬いものを。

  

それが大切なの。

  

神経質になりすぎなさんなや

無神経に人を傷つけるから。

被害者意識を膨らましなさんなや

知らないうちに加害者になっているから。

 

 

強く、しなやかになびいた旗のもとに

人は集まってくるからさ

そんな旗を掲げよう。

  

そう思うわ♪

※自分の信念を明らかにして
「自分の能力を引き出す秘訣」↓

ブレイクスルーDVD

  

 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1026『つよくしなやかに』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314336301693.jpg

自己啓発という沼から抜け出せない人が

本当にやるべきこととは?

というお話です。

 

 

自己啓発書を読んで「なるほど~!」と感動して

そのまま、自己啓発を学ぶことが目的になってしまって

結局、何も変わらずメンタルが崩壊する。

という心理パターンがあるのですが

 

 

自己啓発自体は、本当に素晴らしい学びが沢山あるのですが

なんで年間何千冊も出てるの?

って考えてみましょうか。

 

 

大きい声では言えませんが

全然、啓発できていないからだよ。

 

 

自己啓発なんて何冊読んでも

原理原則は変わらないものが多いので

ほとんどの書が同じことを言っていたりするわけだよ。

 

 

これは学びを止めたくて書いてるのではなく、

学ぶことは素晴らしいけど

自己啓発書ばっかり読んでもなんも世界は変わらないぜ?

ということです。

 

 

実際、年間10冊以上自己啓発書を読む人は

メンタル崩壊に向かって行く人が多いというデータがあるので

原理原則を学んだあとは

学び方を変えたほうがいいよーということです。

 

 

もうね、自己啓発書に書いてある

原理原則さえ学んでしまえば

あとは何をすればいいかというと

 

運動でもしておきなさい。

 

ってことなんですよ。……いや本当に。

その方がずっと脳の効率も心のバランスもいい。

 

 

めちゃくちゃ簡単に書いてるけど

めちゃくちゃ大事なことです。

 

 

運動しておくと、心は整理されていくし

夜は眠れるし、次の日のパフォーマンスは上がるし

自己啓発本を読んでる時間、別の本を読めるし、

実践する時間も取れるし、

その為に今まで学んだんだよ。

 

 

もちろん、定期的に思い出すために読むのは構わないんだよ。

本の大切な所を切り抜いたり、ポストイットを貼ったりしてね。

そうやって思い出す習慣は大切なんだけど

次から次から新しい本を読む必要はないのだよ。

(本当のことを言うと、

元祖の良書を表現を変えて焼き増ししてるものが多いしね)

 

 

とりあえずね

不安に包まれやすい人とか心が弱い人は

軽いものでいいので運動する習慣を持つこと。

めちゃくちゃ効果があるから。

 

 

しかも、運動すると

行動が早くなるんだよ。

能動的になり、主体的になり、

自分から色んなものをはじめだすんだよ。マジだよ。

 

 

頭でっかちになるより、ずっとすげえよ。

もちろんこれは、一通り学んだからこそ

次のステップが大きくなるんだよ。

 

 

だから「自己啓発の沼から出れない!」という方は

今まで学んだことに感謝しながら

運動するんだ。

そうすると、今まで学んだことが活かされていくから。

 

 

君の世界も

めちゃくちゃよくなるから。

 

 

自分は何をしてもうまくいかないと
思い込んでないかな?
「自分の能力を引き出す秘訣」↓

ブレイクスルーDVD

  

 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1025『運動は心にいい影響を与える』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314335751912.jpg


人の本性はみなほとんど同じである。
違いが生じるのは
それぞれの習慣によってである。

- 孔子 -

 

 

私達は赤ちゃんの頃、

愚痴を言うわけでも、弱音を吐くわけでも、

ねちっこい性格でも、ひがみっぽい性格でも、

自信があるわけでも、強気なわけでもありません。

 

 

『極めてニュートラルな存在』として生まれてきます。

善でも悪でもない、プラスでもマイナスでもない

世界一ニュートラルな存在として生まれてきます。

 

 

そこから、生きる環境での習慣を通して

「性格」が作られていきます。

 

 

アドラーは性格のことをライフスタイルと呼んでいます。

性格 = ライフスタイル と呼んだのです。

ある種、これは『性格は変えられない』と言い切る人にとって

解釈の発明に近いと思います。

 

 

だってライフスタイルは変えられるもの。

今日から。

ただ、根本から変化するには、

方法以上に少し時間はかかるけれども。

 

 

その人が一日中考えていることがその人である。

by エマーソン

 

 

では、ライフスタイルとはなんなのか?

日々の習慣や、日々過ごしている環境も含めてですが

“口癖” や “思考” も、その大きな要因です。

 

 

エマーソンの言葉は、私がとても大切にしていることで

私達という存在は『いつも考えていること』で作られます。

 

 

ひねくれて考えてる人はひねくれてる人に

優しいことを考えてる人は優しい人に

批判的なことを考えてる人は批判的な人になる。

 

 

その人が一日中考えていることがその人である。

これは本当に真理でしょう。

 

 

でもそれを私達は忘れてしまうじゃない?

こんな真理である大切なことすらも忘れてしまうじゃない?

 

 

本を読んで感心したり、何かを見て感動しても

忘れてしまうものです。

 

忘れるということは、ある種の能力として

備わっているものなので仕方がない。

 

 

だからこそ“習慣”があるわけです。

“思い出す習慣”です。

思い出す習慣を持つことは誰だってできるもの。

 

 

こうしてブログを見ることもそうだし

セミナーにいくこともそうだし

尊敬する人に会いに行くこともそうです。

 

 

思い出す習慣を持つこと。

 

 

これは私達の日常にも当てはめられる。

 

 

朝起きたら必ず「朝だー!」と明るく叫ぶようにする。とか

朝日を部屋に入れるとき、一日のテーマを考える。とか

お風呂に入った時は“旅行のことを考えてわくわくする”とか

歯磨きの時は、今日言いたい言葉を考える。とか

ご飯を食べる時は、命に感謝しまくる。とか…

と習慣にすることができる。

 

 

無意識で、ずーっと素敵な思考を続けられたら

それはもう最高だけど

なかなか簡単なことではない。

 

 

だから有意識でいいから、
点を打つように素敵な思考を思い出す習慣を持ってみる。

点を打ち続けたら、必ずそれはいつか線のように繋がっていく。

そして、線は面になり、「いつも考えていること」になっていく。

 

 

そうしたら、それが君の「存在」だ。

  

いつも考えてることが、君になる。

  

君は今、何を考える?

  

※人間関係の悩みは、性格が問題ではないのです。
「人間関係の悩みを解消したい人へ」↓ 

ブレイクスルーDVD

 

  

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1024『君は今なにを考える?』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314334638012.jpg


「体験価値が上がる方法」

っていうのを書いていきたいのですが
 

記憶力が良くなり、記憶に残る人になりやすい方法

でもあるので、色んなことに活用できるんじゃないかな?

と思います。

 

 

体験価値が上がるというのは

例えば、ちょっとだけ、いつもと違うアクションってあるでしょう?

 

 

遊園地に行く。とか

海外旅行に行く。とか

映画を観る。とか

バンジーやスカイダイビングをする。とか

高額な商品を買う。とか

習い事や、スクールに通う。とか

 

 

人によって、変わってくるとは思いますが

そんな時間とお金をかけた体験って

できたら、心身共に落とし込みたいだろうし

無駄にはしたくないですよね。

 

 

だから体験価値が上がり

しかも、記憶力も上がり、

記憶に残りやすい存在になる方法のお話です。

 

 

やることは簡単。

  

3ステップです。

  

・目的をざっくり3つほど持つ。

・そこでの体験や聴いた話を要約する。

・人に話す。(教える)

 

 

終了だ。

超簡単。

 

 

例えば、映画にしてみようか。

映画の内容忘れる人多いと思うし。

 

 

その映画を観る前に、

映画を観る目的を3つあげるとしよう。

観たことがない映画だから適当でいい。

 

 

・間のとりかたを見てカット数を数えてみる。

・3回感動して泣く。

・参考のため、いいセリフを3つ覚える。

 

 

そんな感じで、目的を持って映画を観てみる。

そして、それが終わったらすぐにその映画を要約だ。

 

 

タイタニックなら

豪華客船に乗って、なんかブッワーと手とか広げてたら

氷とガッシャーンと事故って船が沈むんやけど

思てたより沈むんめっちゃ時間かかるから

そこでラブストーリーが拡がる話。

 

 

みたいな感じで(とてもいい映画です)

要約する。

できたら、紙やメモアプリに言語化する。

 

 

そして、それを誰かに話す。(教える)

(映画の場合ネタバレがあるので

話せる相手か、話せる内容で)

 

 

こんな感じで簡単な3ステップの完成だ。

この簡単な3ステップだけで

体験価値が上がり、

記憶力もあがり、

記憶に残りやすい存在になる。

 

 

まぁまぁすごい方法です。

 

 

最初の目的を持つステップは

どんなことにも当てはめることができて

目的を持って行動すると、

すべての行動にメッセージ性が生まれる。

 

 

目的を持って生きている人や

メッセージを持って生きている人は

関わる人の記憶に残りやすいわけだ。

 

 

同時に、目的を持つことで自分の記憶にも残りやすくなる。

「あの時、○○しようと思って海に行ったの」とか

思い出話をするとき、

目的があるものは思い出されやすいでしょう?

それと同じだ。

 

 

さらに2ステップ目で出来事を要約する。

出来事を要約することにより

“自分の言葉”になる。

 

 

『要約する力』は練習するとIQも上がるし

物事をシンプルにする力を持つ上に

薄っぺらい誰かからの受け売りじゃなく

自分の言葉になるからとても大切なステップだ。

 

 

そして最後に

誰かに話す。(教える/アウトプットする)

 

 

友達に勉強を教えたら、

自分がめっちゃ賢くなってしまうのと同じ原理だ。

誰かに話したり、教えたりする前提で

本を読んだり映画を観たりすると

内容が心に圧倒的に残りやすいわけだ。

 

 

この3ステップ。

たった3ステップを

いつも心掛けるだけで、将来的に圧倒的な差になる。

 

 

『1』にどれだけ『1』を掛け算しても答えが『1』のままだけど

『1.1』を掛けまくれば、将来的に大きな数字になるのと同じだ。

 

 

せっかくお金と時間をかけるんだったら

その掛け算には少しでもいい数字を掛けたほうがいい。

 

 

何も考えず体験する × お金 時間

   よりも

超簡単な3ステップ  × お金 時間

の方が将来的に大きいのは明らかなわけだ。

 

 

一つ一つの体験価値を上げよう。

そうすれば、自分史と言う1ページが一気に濃くなる。

そして、忘れられないページが増えていく。

 

 

きっと面白い自分史になる。

そんな自分史を描こう。

 

 

※自分は何をしてもうまくいかないと
思い込んでないかな?
「自分の能力を引き出す秘訣」↓

ブレイクスルーDVD

  

  

 

人生が変わる言葉1023『自分史を濃く彩ろう』 

こんにちは♪めしょんです
o0600040014333662853.jpg

グンと一段階レベルアップするような話をしよう。

これは成功につながる話かもしれないし

幸せにつながる話かもしれない。

大切なことに直結する話だ。

 

 

人が幸せを一番感じるときって

人間関係が充実している時ってわかってて、

そんで、

夢を叶えたり成功するためにこの上なく大切なのも

人間関係が充実していることです。

 

 

それくらい『人間関係』って私達の人生において

コアととらえていいくらい大切です。

 

 

人間関係が変われば人生が変わるくらい大切です。

付き合う人も大切だし、それだけじゃなく

付き合ってる人との関り方も大切です。

 

 

たまに「この仕事が面白くない」とか「この仕事向いていない」

という言葉を言う人がいますが

多くの場合、「仕事」が悪いのではなく、
単純に職場の人間関係や、関係者との人間関係が、
うまくいっていないことがほとんどと言われています。

仕事が悪いわけじゃない。

 

 

人間関係を大切にできる人は

人生全体を大切にできるということです。

 

 

その人間関係がうまくいかない原因

第1位

って何か知ってるでしょうか?

 

 

結構意外な答えが待っているのですが

  

実は、ほとんどの場合

人間関係がこじれたりする原因は

誤解

ってわかってるんです。

 

 

誤解なんですよ。誤解。

これをわかっているかどうかって

めちゃくちゃ大きいのですすめるね。

 

 

なんか、仲良く話してたのに小さなことで、もめちゃって

そんでキツめの言い方しちゃって……。

みたいなことあるじゃないですか。

そう言う時って、だいたいそこに、誤解が潜んでるんですよ。

 

 

「そういうつもりで言ったんじゃない!」とか

「そうじゃない!」とか

感じて一生懸命説明しようとすると

「しつこい!」とか

「もう聞きたくない!」とか言われて

「えええ~」って感じたまま、「もういいわ」と関係がこじれる。

みたいな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

そこに潜んでいたのは

『誤解』です。

 

 

じゃあ、なんで誤解しちゃうのか? って言うと、

『伝える力』の欠如と

『聴く力』の欠如だ。

  

言葉足らずだったり、

言い方が悪かったり、

表現が悪かったり、

受け取る側で言うと、聴く力や聴く気が無かったり。

それが誤解をうんで人間関係がこじれていく。

 

 

だってたまにあるでしょ。

いままで仲が良かったのに

何の前触れもなく

いきなりキツめの態度をとられること。

 

 

それは、第三者があなたのことをその人に伝えた場合が多い。

「Aちゃんがこんなことを言ってたよ」という奴だ。

それによって、誤解がうまれ、こじれるわけだ。

(まぁ、この場合は、変な風に伝えた第三者のザコキャラ感と

第三者の声を、鵜呑みにする所が浅はかだけどね)

 

 

他にも、『ああいう人って嫌いなんですよね~』とか

そういうのも誤解だ。

話せば意外と気が合う可能性も鬼高だ。

「喋ってみたらいい人だった!」とかめちゃくちゃある。

 

 

その場合、話や出来事を誤解しているパターンではなく

『人を誤解』してるわけだ。

  

上司を誤解していたり、

部下を誤解していたり、

ギャルを誤解していたり、

ホストを誤解していたり、

特に人をカテゴリーでくくりたがる人は

多くの場合、人を誤解しているんだよね。

  

カテゴリーと言うのは、話の都合上、表現されやすいけど

表現として便利なんだけど依存してはいけない。

 

 

カテゴリーでくくりたがる人の中には

『意識高い系の人って苦手』とか

『関西人って苦手』とか

『オタクって苦手』とか言うわけだけど

2億%で誤解している。

 

 

Twitterで炎上している人もそうだ。

140文字という制限での表現で、言葉足らずだったり、

Twitterという中には理解力に乏しい人もいるから、

燃え盛ることが多いわけだ。

 

 

実際、炎上している本人と話してみると

誤解が原因で嫌いだっただけで

分かり合うといい関係を作れたりする。

嫌いな有名人とかも同じね。

 

 

じゃあ、何が言いたいか? っていうと

わかってるか?

誤解なんだぜ?

ってことです。

 

 

『人間関係がうまくいかないのは、誤解からはじまる』

ってわかっているだけで

めちゃくちゃ大きいことに気付かないといけないのだ。

 

 

だってめちゃくちゃもったいないもの。

聴く力がないから誤解して誰かを嫌いになったり

伝える力がないから誤解されて疎遠になったり

もったいないもの。

 

 

君を「嫌い」って言った人も、

誤解からはじまっているかもしれないんだ。

君が「嫌い」って言った人も、

それは相手の話を誤解しているのかもしれない。

もしかしたら、相手自身を誤解しているのかもしれない。

 

 

だったら、『誤解』していると理解することと

『伝える力』と『聴く力』を磨くことだ。

それが人間関係の土台だからだ。

人間関係の土台ってことは、人生の土台ってことだ。

 

 

誤解なんだと知れば、相手を知ろうとできる。

「なーんだ、私の誤解だったのか、ごめんね」って

相手を理解しようとできる。

逆に、誤解だと認めなかったり、

わかっていながら理解しようとしないのは傲慢だ。

 

 

『相手を理解することだよ』とか言われてもピンとこなかったことが

「ほとんどが誤解」って知ってるだけで理解しようとする。

相手の話を聞こうとする。

自分のことも、伝わるように表現しようとする。

  

そうすれば、私達は大きな大きな力を得ることになる。

 

 

だって、最初に書いた通り、

人が幸せを感じる時は、人間関係が充実している時だからです。

「職場の人間関係最悪だけど幸せ!」とかほぼありえないもの。

「家族の人間関係最悪だけど最高!」とかもありえない。

人間関係最悪なら、それは成功とも呼ばない。

 

 

“伝える力”と“聴く力”という土台を築こう。

幸せも、成功も、なにもかも、その上に作っていくんだから。
  

※人間関係の悩みを解消したい人へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1022『伝える力と聴く力から始まる』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314332768535.jpg


心が明るくなる記事を書こうと思うよ。

 

 

この世の中は、難しく考えちゃうと

難しくなってしまうようになっています。

そんなことを踏まえて、色んなことが楽しくなる

わたしの大好きな2つの習慣のお話を書いていきたいと思います。

 

 

私達は、どれだけわかっていても

「難しいことをやらないといけない!」

「凄いことをしないといけない!」

と思ってしまいがちです。

 

 

難しいことをしたり、凄いことをしたりしないと

価値がないと思ってしまうようです。

ちょっとした承認欲求から来るものだと思います。

 

 

だから、そんな「難しいこと」や「凄いこと」ができないと
「自信がない」なんて思ってしまうのかもしれません。

 

 

でも、どれだけ凄いことができたとしても

挨拶ができなかったり、靴を揃えることができなかったり

人を大切にできなかったり、感謝できなかったりすると

まったく意味がありません。

 

 

本当に大切なことは

多くの場合“当たり前”の中にあり

“誰でもできる”事の中にあるものです。

 

 

だから、夜、寝る前の一番大切な時間に

「今日は全然できなかった」

「私はなんてだめなんだ」と

できなかったところにスポットを当てるのではなく

 

「今日も綺麗に靴を揃えられた」

「今日も元気に挨拶ができた」

「店員さんにありがとうとハッキリと伝えられた」

「今日は落ちてるゴミを拾うことができた」

 

 

と当たり前のように見える“できたこと”に

スポットを当ててみることです。

当たり前のことを、当たり前のようにできるひとが

結局素晴らしいこともやり遂げてしまうものだから。

 

 

もう1つの習慣は

一日に一回でいいから

「好きなことを語る」

という瞬間を作ることです。

 

 

人はやっぱり

“好きなこと”や“熱中してること”をやっている時はもちろん

語っている時に、本当に輝かしい顔をするんだよ。

 

 

仕事で大切にしていることとか

奥さんや旦那さんや子供さんの大好きなところの話とか

スポーツや読書や創作活動のこととか。

  

「あぁ、本当に好きなんだなぁ」っていう顔。

 

 

私だったら言葉や文章のお話ならずっとしてられるし

森沢明夫さんの小説の話ならずっとしてられる。

美容の話も好きだなぁ。

一番好きなのは、ブログを読んでくれる人の話や

会いに来てくれる人の話。一番楽しい。一番大好き。

 

 

普段、ひねくれて「自分のことが嫌い」なんて言っちゃう人も

そんな風に、好きなことを語る習慣をつけると

好きなことを、嬉しそうに熱く語ってる自分のことを

嫌いにはなれないんだよ。

 

 

だから、好きなことを語ろう。

 

 

君の言葉が

君の表情が

君の生き方が

一番輝く瞬間だと思うから。

 

 

好きなことを語ろう。

できたことをたたえよう。

君に生まれた命を咲きほころう。

  

そう思うよ♡
 

※自分の潜在能力を活かしていきたい人へ
チェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

         

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1021『好きなことを嬉しそうに語ってる自分を嫌いな人はいない』


↑このページのトップへ