月別アーカイブ / 2020年04月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314326684360.jpg

『すべては劇場内で起こる壮大なフリである』

  

嫌なことが起きた時の対処法を

聞かれることがあります。

 

 

こればっかりは、何をしていようとも

誰にも嫌なことは起きるし

誰にもハプニングは起きるし

誰にも辛いことが起きます。

  

グングンと、前に進んでいるときほど

その頻度は上がっていくでしょう。

 

 

でも、めちゃくちゃニュートラルにとらえると

物事にはプラスもマイナスもなく

ただ『出来事が起こった』っていうだけなのね。

 

 

そんで、それをプラスなのか、マイナスなのか決めているのは

自分の解釈なのね。

明らかなマイナスを『プラスだ!』と強がるのは別として

本当、どう見てもマイナスをプラスに変える強者はいるんだよ。

 

 

だから一番いいのは

物事の見方。つまりマインドを強くしていくことだけど

その一例をお話したいと思うよ。

 

 

例えば“お笑い”という業界があるよね。

お笑いの世界では、嫌なことや失敗や恥ずかしい体験は

フリ

なんだよ。

 

 

そのフリを、うまくボケれたり、つっこめたりすると

会場は大爆笑に包まれるわけだ。

つまり、出来事自体にプラスやマイナスがあるわけではなく

それを決めているのは“自分”というわけだ。

 

 

他にも“映画”や“小説”や“漫画”の物語ってあるよね。

物語の世界でも、嫌なことや失敗や恥ずかしい体験は

フリ

なんだよ。

 

 

大失敗をひっくり返すのが見せ場だし

恥ずかしいところはキャラクターの印象を残す見せ場だし

嫌なことが起きた時の解釈はメッセージを伝える見せ場だ。

  

そのフリをうまく使えば物語は一気に面白くなる。

  

これは何もファンタジーの世界だけじゃなく

すべてのことに当てはめられる。

  

こういった思考を『マイナスなものはマイナスでしょ』と

嫌う人はたまにいるけど

新たな見方を味わえばわかる。

  

ドラマは自分で生み出せるということを。

 

 

だから

『すべての出来事は劇場内で起こる壮大なフリである』と

とらえてみるといいんじゃないかな?

 

 

ほぼ、すべてが壮大なフリだ。

1年前の悩みなんて

頑張って思い出さないと覚えていないしね。

 

 

例え、理不尽な理由で仕事をクビになろうとも、

わけのわからない不渡りをかぶろうとも、

クリスマスの夜にふられようとも、

まぁまぁのフリだ。

  

いっとき、落ち込むことはかまわない。

わんわん泣くこともかまわない。

だけど、それは君の人生をつまらなくさせるために起きたのではない。

面白くドラマチックにさせるためのフリなことを忘れてはならない。

 

 

過去に囚われるのでも

未来におびえるでもなく

壮大なフリだと思って、今を明るくすると未来は明るくなる。

 

  

※自分を見失いそうになってる方へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

美言1015『すべての出来事は劇場内で起こる壮大なフリである』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314325391605.jpg

このブログで何度も書いている言葉

『はじめに言葉ありき』という言葉を理解した時

恐らく人生で一番どーんときた言葉で、

一旦、宇宙に放り出されたみたいな感覚を感じたのね。

  

『えっ? 完璧の璧って壁じゃなかったの?』

って知った時の500倍くらい衝撃だった話を

今からしたいと思います。

  

「はじめに言葉ありき」

この言葉は『新約聖書』(ヨハネの福音書)に書かれている言葉です。

  

↓原文で言うとこんな感じ。

 「はじめに言葉ありき。

言葉は神と共にあり、言葉は神であった。

言葉は神と共にあった。

万物は言葉によって成り、言葉によらず成ったものはひとつもなかった。

言葉の内に命があり、命は人を照らす光であった。

その光は闇の中で輝き、闇が光に打ち勝つことはなかった」

(『新約聖書』(ヨハネの福音書)より)

 

 

まぁ、原文を読んでも意味が分からないと思うので

要約しながら、真理を書いていきたいのですが

  

まず、言葉なんだよっていうことなのね。

言葉が生まれた瞬間、その世界は広がるんだよーってことで

 

 

例えば、『ひきこもり』っているじゃないですか。

あれって『ひきこもり』っていう言葉が生まれた瞬間、拡がったんだよ。

「いや! その言葉が生まれる前からいたはず!」と

いう気持ちはわかるんだけど

確かに、いたかもしれないけど、一気に増えたのは

言葉が拡がった瞬間なんだよね。

  

『あおり運転』っていうのをニュースでやると

各地であおり運転が増えるのと同じです。

その言葉は昔からあるけれど

言葉が拡がっていくと、現象も拡がっていく。

  

『○○病』とか『○○鬱(うつ)』っていう言葉をTVでやると

これも言葉が拡がるスピードと同じくして

現象も拡がっていく。

  

例えば、『いじめ』という言葉がない国だと

「殴ったりするのは?」と聞くと

「それは犯罪と言います」って答えるし

「物をとったり隠したりするのは?」と聞くと

「それは犯罪と言います」って答えます。

  

いじめというのは

絶対にやってはいけない名前にしたほうがいい。

「良くない」とかじゃなく互いにとって『悪』に極めて近いのだから。

  

少し脱線したので話を戻しましょう。

(熱くなっちゃうので)

  

つまり、言葉が拡がると、現象が拡がるわけです。

「婚活」「就活」「手伝い」「バカンス」「クールビズ」・・・etc

どんな言葉も拡がると、現象が拡がるのです。

 

 

じゃあ、どうせ拡がるならば

超プラスの言葉が拡がった方が良くない?

と思うので、こうしてブログを書き続けてるわけですが

  

これ、

自分の生き方でも

同じことが言えるのです。

  

色んな言葉に当てはめながら読んで欲しいのですが、

例えば「起業」っていう言葉が自分の世界にない人は、

1ミリたりとも、起業しようとは思わないのです。

逆に小さい頃から、商売をするのが当たり前の環境にいると

当たり前のように起業家になるのです。

  

「はじめに言葉ありき」だからです。

  

言葉が拡がると、現象が拡がるのです。

自分の中に言葉が生まれると、

自分の中に現象が生まれるのです。

  

つまり、『大丈夫』が口癖の人は

大丈夫な現象が起きるのです。

『最悪』が口癖の人は

最悪な現象が起きるのです。

  

だって言葉が拡がると、現象が拡がるからです。

  

ふっふっふ。

いままで色んな所で体験したことや学んできたことが

繋がって、わかってきたんじゃなかろうか。

 

 

お金がない人は、

ほぼ、例外なく「お金がない」という言葉を放つのです。

そして、その現象が起きる。

  

色んな自己啓発書に、

「まるで夢が叶ったように振る舞ってみろ」

「まるで成功したかのように振る舞ってみろ」と

書かれていることがあると思いますが、これも同じです。

  

夢を叶えていく言葉を使うからです。

成功していく言葉を使うからです。

成功する言葉が拡がれば、成功する現象が拡がるからです。

  

これは、色々賛否が分かれる内容の話ですが

本を読んだほうがいいか、読まなくてもいいかで言うと

私は圧倒的に、本を読みまくった方がいいと思っています。

  

読んで終わりとか、本を一杯読んでるから偉そうに振る舞うとかは

論外極まりありませんが

絶対に本は沢山読んだ方がいいと思っています。

  

なんでかっていうと、内容はもちろんですが

本の中には、著者が人生をかけて奏でる

“君の知らない言葉”がたくさん詰まっているからです。

  

知らない言葉を知った時、

知らない世界が開きます。

 

知らない世界が開く時、

まだ見ぬ可能性が開きます。

  

つまり、本を開けば、可能性が開くのです。

  

なぜなら、そこには“ことば”が存在しているからです。

  

君が奮い立つ言葉が存在しているからです。

君が前を向く言葉が存在しているからです。

君が大切にしたいものを大切にできる言葉が存在しているからです。

  

だから「はじめに言葉ありき」なのです。

  

言葉には「命」が存在するように

すべてのものは、言葉によって成り立ち

言葉がなければ、存在できないのです。

  

君が『言葉』を大切にするということは

君の『命』を大切にするということなのです。

  

※自分の人生の流れを、変えていきたい人へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

美言1014『はじめに言葉ありき』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314324774848.jpg

「いい結婚相手を見極める目」

たまに、結婚相手を見る目について相談されます。

  

これは、人によって“いい結婚相手”も変わってくるだろうし

結婚してから、いい関係を一緒に築ける人がいい相手だろうし

一言で片づけられる内容ではないと思うのですが

  

コイツだけはやめておけ。

という見極め方があります。

  

一番わかりやすのは、

ホテルや飲食店やアパレルの店員さんに横柄な人。

偉そうにしたり、暴言を吐いたり「俺は客やぞ」みたいな人ね。

  

これは、もうね。

学歴がどれだけあろうと、年収がいくらであろうと、

やめておいたほうがいい。

 

どれだけ今いい人に見えていようと

スタッフへの態度は、いずれ嫁への態度になる。

  

一番わかりやすい指針かと。

  

あとは、旅行のたびに、キレる人。

(それを笑い合える人ならOKだけども)

  

旅行というのは、心理学的にも言えるのですが

“普段”から解き放たれるので

人の本質がムクムクと大きくなります。

  

その人の中に眠っているような

思い切ったことをやっちゃうとか、

普段大人しいのにはっちゃけちゃうとか

そんな風にいい意味でも、悪い意味でも

『解放状態』になっているのが旅行です。

  

その旅行で、一度や二度ならいいのですが

毎回、キレる人は、本質的に合わない可能性があります。

少なくとも、どん底もこの人となら歩ける!と思えない相手ならば

毎回キレキレならば、考えたほうがいいでしょうね。

  

私が小さい頃、“成田離婚”なんて言葉が流行りましたが

それは旅行先で、その人の本質がむき出しになったり

(旅行先で起きる)ピンチの時の相手の対応が、

あまりにもしょぼかったりするから、成田離婚があったりしたわけですが

ええ、旅行はその人の本質をむき出しにしてくれるのです。

  

あとはね。

自分を高めることだけ考えればいいと思うよ。

人としての魅力。っていうのを。

  

だって人間関係全般に言えることだけど

“夫婦”って「ギブ」で深めていくしかないんだよ。

  

「私だってこんなにやってるのよ!」とテイクしたり

「頑張ってる所くらい見てよ!」とテイクしたり

「誰が○○してると思ってるのよ!」とテイクしたり

そんな感じで、いくらテイクしても何も深まらないんだよ。

亀裂ができるだけで。

   

「いつもありがとうね」って言い合ったり、

あいてが苦戦してたら「私は何ができるかな?」って考えたり、

相手の話をよく聞くことだったり

そうやってギブ×ギブで、人というのは深まるものだからさ。

  

だってほら、最低限のことはいいにしても

“結婚相手の条件!”とか言って

条件を求めてる時は、必ず心の矢印が内側に向いて

テイクしまくってる状態だからさ。

そんな人誰だって嫌でしょ?

  

そうやって求めてばかりいるんじゃなく

「私は目の前の人に何ができるだろう?」

ってギブの姿勢を自分から作ることが

自分にとっても相手にとってもいいと思うよ。

  

いい人に巡り合えますように。

 

※夫婦関係や、人間関係の悩みを解消したい人へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1013『スタッフへの態度は、数年後、嫁への態度になる』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314324274995.jpg

一時、ネットでよく見た

薩摩藩の教え ~男の順序~

というものがあります。

  

いくら書物を調べても、ソースが見当たらないので

創作の可能性も高いですが

本質はそこではなく

この順序はいいワークが仕上がるだろうなぁと思うので

それをシェアしたいと思います。

 

 

薩摩藩の教え ~男の順序~

1.何かに挑戦し、成功した者
2.何かに挑戦し、失敗した者
3.自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
4.何もしなかった者
5.何もせず 批判だけしている者

 

 

これが薩摩藩の教えと言われております。

もしこれが土佐藩の教えだったら

優勝:脱藩した者(ぜよ)

ってなってるだろうなーなんて思ったりしてるんですけど

  

インターネットを見ていると

5番の目立ちっぷりの凄さったらないな。

なんて思うし、それを子供が見てると思うと

ゾッとしたりします。

  

これは「男の順序」というタイトルがついてますが

人の価値に順番をつけるというクソみたいなやつではなく、

あくまで、おおむね、人はこの順序で魅力的になる。

という意味だと思っているとわかりやすいと思います。

  

さて、とても簡単なワークなのでお付き合いを。

  

1.何かに挑戦し、成功した者
2.何かに挑戦し、失敗した者
3.自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
4.何もしなかった者
5.何もせず 批判だけしている者

  

「1」「2」「3」番までならば

とても魅力的な人になるだろうし、

「3」番に限っては、ある意味

現代は参加の仕方次第で、とても面白い環境だと思います。

(クラファンとかshowroomとかイチナナとか)

  

その中で、この薩摩藩の教えを使って

君にも役立てるワークを提供するならば

この5つの人達は、どんな言葉を使ってるかイメージしてみよう。

というワークです。

  

例えば、1番の、『何かに挑戦し、成功した者』は

「私ならできる」「気にしない」「前に進むだけだ」

というような、前に進む、未来に向けての言葉を

使っていることが想像できると思います。

  

2番の『何かに挑戦し、失敗した者』ならば

「くそ! 次こそは!」「次のチャレンジだ!」等

そんな何度でもチャレンジする言葉が想像できるでしょう。

  

3番の『自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者』ならば

「一緒に頑張ろう!」「任せろ!」「味方は一杯いるから頼ってね」

そんな言葉が思い浮かぶのではないでしょうか?

 

 

4番は、やらない理由を生み出す言葉や

自分には関係ないと思わせる言葉や

できない理由を並べる言葉を使うでしょう。

  

5番はもう、書きたくないくらい

足を引っ張る言葉を使うでしょう。

誰かの批判記事のコメント欄でも見てみると

5番のお手本は一杯いる。

  

そんな1~5番の人達がどんな言葉を使っているか?

思いつく限り書いてみよう。

 

 

1番の人はこんな言葉を使う。

2番の人はこんな言葉を使う。

5番の人はこんな言葉を使う。

っという感じで、それぞれが使う言葉をイメージしてみよう。

  

壁にぶち当たった時、どんな言葉を使うか?

誰かに邪魔された時、どんな言葉を使うか?

やる気が起きない時、どんな言葉を使うか?

  

人は、自分がいつもどんな言葉を使っているか

あまり考える機会がありません。

だから、書き出してみることが時に大切になってきます。

 

 

このワークを通してわかるのは

言葉によって、今自分の存在は

どんな風に社会に影響を与えようとしているのか?

ということがわかります。

(しかもその在り方が自分自身になります)

  

4番5番は置いておいたとして

1~3番の言葉は

これから、必ず君の指針になってくれる言葉たちなはずです。

  

君の人生は、

何を手にしたかではなく

どんな存在になろうとしたか?

で決まる。

  

自分が何になろうとしているのか?

時々、見直してみると

とてもいいことが起こると思うよ♪

  

※自分の人生の流れを、変えていきたい人へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1012『薩摩の教え』

こんにちは♪めしょんです
o2000151514321963737.jpg

「面倒臭いの語源は、“ありがたい”である」

  

以前にも何回か書いておりますが

「面倒臭い」の語源は、“ありがたいこと”から来ています。

※参照

「面倒くさい」が口癖のあなたへ

面倒臭いことが多くて、嫌になってる方へ

  

だって、面倒臭いものがすべてなくなったら

私達は生きる気力をなくすもんね。

お迎えとか、お弁当とか、家事とか、見積もりとか。

(詳しくは参照記事を見て頂けると嬉しいです)

  

それだけ、面倒臭いということは

私達にとってありがたい存在なのですが

  

それでも面倒臭いものは面倒臭い!

なかなか手を付けられない!!

という人もいると思います。

  

だからめちゃくちゃいいことを教えよう。

  

なんで面倒臭いかというと

それをこなした後の気持ちを知らないからだ。

“嬉しい”とか“やりきった”とか“やってよかった”とか

そういう気持ちを無視して『作業』だけ見ると

それはもう、めちゃくちゃ面倒臭いのだ。

  

作業にフォーカスすると面倒臭い。

結果にフォーカスするとありがたい。

それが、今目の前にあることだ。

  

だから、この事実を覚えておこう。

  

歯を磨いて後悔した人はいない。

夜、メイクを落として後悔した人はいない。

お風呂に入って後悔した人はいない。

  

世界中、どこを探してもだ。

  

勉強をしたことを後悔する人も

掃除をしたことを後悔する人も

スキンケアをしたことを後悔する人も

同じくいない!

 

 

それどころか、

「やってよかったぁ~」と思う人が世界中に溢れている。

  

そのすべてが、人によっては

“面倒臭いこと”なのだ。

  

もう一度言おう。

  

世界中の人が「やってよかったぁ~」と思うこと。

それが“面倒臭いこと”なのだ。

やって後悔した人が世界中どこを探してもほとんどいない。

むしろ、探す方が面倒臭い!

それが“面倒臭いこと”なのだ。

  

それを知っていたら

今目の前にある面倒臭いこと。

少しやりたくなったんじゃないかな?

  

絶対に「やってよかったー!」ってなることなんだから。

 


※いるだけで喜ばれる存在になりたい人へ
チェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

    

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 
人生が変わる言葉1011『面倒臭いことは世界中で喜ばれる』

こんにちは♪めしょんです
o4032302414321441403.jpg

「理想だと思っていた人が、実は理想通りじゃなくて

本性を知って幻滅!」

みたいな話をたまに聞くけれど、

それは相手のことが好きなのではなく、

自分の理想を創り出す感性が好きなだけで

実は、自分のことしか考えていないんだよ。

(いいか悪いかは別としてね)

  

同じことは

「好きなアーティスト」でも

「自分の子供」でも

「会社や上司」でも

色んなことに当てはまります。

  

「子供が思い通りにならない!」みたいなね。

人を私物化するなよ。と思うわけだけど

  

以前におこなった「矢印セミナー」から2年ほどたちますが

いまだに「役に立ちすぎて本当に行ってよかった」と

メッセージをもらいます。

  

その中のメッセージで多いのが

 

口論や、喧嘩になるときは、

自分のことしか考えていない確率が100%なので

そのことに気付いたら、口論や喧嘩は終息へ向かう。

という話をよく聞かせてもらいます。

  

意見をぶつけ合うとか、反対の意見があるとかではなく

口論や喧嘩の時ね。

そんな時は、自分のことしか考えていない確率が100%なんだって。

まさに、心の矢印が →内側← に向いてる時なんだね。

  

これは、ブッダか何かの本に書いてあった気がするんだけど

喧嘩や口論の原因は「自分のことしか考えていない」ことにある。

って書いてあるんだけどまさに同じ。 

  

そんで、「あ、自分のことしか考えていないわ」って気付くことができたら

必ずちゃんと、着地すべきところに、

話が着地するようになるんだって。

  

これってどんなことにも当てはめられるのですが

  

「自分のことしか考えていない」状態の時は

大抵、ろくなことがないとさっさと気付かないと

アホなのではないか?

とすら思ってしまうわけです。

  

だって、

車で携帯触ってる人も、

飲酒運転してる人も、

あおり運転してる人も、

みんな自分のことしか考えていなくて、

そして、ろくでもない結果を生むわけです。

  

歩きスマホしてる人も、

ぶち当たりながら歩く人も、

通路のど真ん中で立つ人も、

自分のことしか考えていなくい時が多くて、

そして、ろくでもない結果を生むわけです。

  

それは、仕事をしている時も、

誰かと話している時も、

何をしている時でも同じで

“自分のことしか考えていない時は、自分にもとってよろしくない”

と覚えておこう。大原則だ。

  

もちろん、

『自分のことを考える』ということと

『自分のことしか考えない』は違うからね。

  

「自分のことを考える」というのは

自分にとっても周りにとってもいいことだ。

逆に

「自分のことしか考えない」というのは

自分にとっても周りにとってもよろしくないこと。

  

だから「うまくいかぬぞー!」という時は

一歩離れて思い出してほしい。

自分のことしか考えてない思考になってないか?

  

それは君にとってもよくないことだからさ

君にとっても、周りの人にとっても

良いことがひろがっていけばいいなと心から思う。

  

心の矢印を

少しだけ

外側に向けて。

  

※心の矢印を外側に向ける、簡単なコツを収録↓
ブレイクスルーDVD

   

 書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1010『喧嘩や口論の時、思い出そう』 

こんにちは♪めしょんです
o0751049314320406902.jpg

「何かに迷った時は

常に、“勇気”のいる方を選べばいい」

 

 

“エネルギー”というのは、多くの場合

使ったら増えるようになっています。

  

『元気』とか、『やる気』とか、『体力』とかもそう。

  

体力をつけたければ、体力を効果的に使えばいい。

お金に関しても同じかな。効果的に使うと増える。

(単純に使うとその分綺麗に減りますけどね)

 

  

掃除とかも、やり出したら意外とやれるのと同じで

エネルギーというのは使うと増えていくようになっている。

たまに「減るよ!」と屁理屈を言う人もいますが

それは効果的に使ってないだけで、

エネルギーとは効果的に使えば必ず増えるようになっています。

 

 

その中で、とても大切なのが

「勇気を使うこと」です。

  

意識的に使わない癖がついてしまうと

いつも同じ人と顔を合わせて

いつも同じことをして・・・。

という「変化を嫌うループ」の中でしか生きられなくなります。

  

私達の人生を振り返るとわかるのが

価値観が大きく広がったり、視点が変わったり

色んな変化を感じた時って、“イレギュラーな瞬間”なんですよ。

  

いつもならしないことをした時、起こったこと。とか

いつもなら買わないものを買って、起こったこと。とか

なんか変なことをした時、

人生のターニングポイントを迎えてるんです。

 

 

誰かに告白することだったり、

起業することだったり、

結婚することだったり、

クビになった時だったり、

入院することだったり、

死にかけたり、

  

そんな瞬間が大きな分岐点になったりするものです。

 

  

でも、もちろんのごとし、人間って無意識に

“いつも通り”をチョイスするじゃないですか。

だっていつも通りは素晴らしいんだもの。幸せなんだもの。

  

それはそれで“いつも”というのは素晴らしいんだけど

それと同じくらい“イレギュラー”も素晴らしいのです。

  

だから、定期的に思い出さなければならないのです。

  

「迷った時は、勇気のいる方を選択しよう」と。

  

「これ、やってみようかな? でも怖いな」

勇気がいるのならやろう。

勇気がいるということは、絶対にチャンスがそこにあるということだ。

  

「思いを伝えてみようかな。でも怖いな」

勇気がいるのならやろう。

コレも同じく、絶対にチャンスがそこにある。

  

迷った時は、勇気のいる方の選択をしよう。

  

自分の「できる」ことをやることはとても素晴らしいこと。

でも、自分ができるものだけ選んでいたら、その中でしか生きられない。

だから、時に思い出すんだ。

  

勇気のいる方を選択するんだと。

  

だって、勇気がいることって

心が本当にやりたいと思っていることなんだから。

できるできないじゃなく、やりたいって思っていることなんだから。

  

だから、勇気のいる方を選択するの。

  

それを定期的に思い出してもらえると

心の中の自分が喜ぶと思うよ♪

  

※自分の人生の流れを、変えていきたい人へ↓

ブレイクスルーDVD

   

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1509『何かに迷ったら勇気のいる方を選択しよう』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314319325164.jpg
「わかっている」と思い込む時は、

「遮断している」という状態に

極めて近いものである。

by メッショリーナ・メグリーナ 

  
 

『自分の体のことは誰よりもわかってるんだ!』

と、おじいさんが怒りながら言ったときは

相当な確率で、わかっていない。

  

実は、自己分析について、ある研究結果があって

(ソース元が思い出せないのですが)

  

「自分のことをわかっている」と思っている人ほど

客観的なその人の印象とはかけ離れていく。

という研究結果があるんです。

  

『めちゃくちゃ友達多い!』と聞いてないのに言う人ほど

実は友達からの信頼はなかったり(さみしいぞ!)

『顔見たらわかる』と言う人ほど

説明してもわかってくれなかったり。

  

っていうね、何とも言えない矛盾があるんですよ。

  

これは何が言いたいかというと

自己分析はあてにならないとか

自分を客観視するのは難しいとか

そういうことではなく

  

「わかっている」というのは

「遮断している」に極めて近い

ということです。

  

建築デザイン事務所を10年以上やった主人も

「どれだけ勉強して経験を積んでも、

新たにわからないことが知りたいことが増えていく」

って言ってたし、

  

お友達の天才プログラマーさんも

「やればやるほど知らないことや知りたいことが増えていく」

って言ってたし、

  

プロ野球選手でも、ノーベル賞受賞者も

同じことを言うんです。

  

逆に表面だけなぞって「わかってる」って言っちゃう人は

自分がわかっていないことを、わかっていないんですよ。

  

つまり、「わかっている」というのは

遮断してしまっているだけの時があるわけだ。

 

 

なにより、

この世界は、まだまだわからないことだらけで

(ほら、心が体のどこにあるかもまだわかんないし)

そして、「わかった」と思ったことは常に変化していくわけですから。

  

自分の子供のことを「わかってる」って言っても
子供は時代と共に変化するし
勉強している分野のことも、仕事のことも
そして、自分自身も、時代と共に変化し続けるわけだから
  
『私はわかっている』と強く思った時は思い出してほしい。
  
「あ、全然わかっていないことを、わかっていないな」と。
わかった気でいるのは、ただ遮断してるだけだなと。
 
  
そう考えると、私達はずっと学ぶ力を持てるからね♪
理解は完了しないのだから。

 

※自分の成長スピードを、上げていきたい人へ↓

ブレイクスルーDVD

     

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪7000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉1008『理解は完了しない』 

↑このページのトップへ