月別アーカイブ / 2020年01月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314283076013.jpg

第一線で輝くアスリートたちが

なぜ、プロとして活躍できるかと言うと

いつもいい状態でいるプロフェッショナルだからです。

 

 

「今日は何かやる気でないな」という日は

もちろん、時としてあるかも知れませんが

少なくとも、試合がある日は、絶対にそんな状態ではありません。

でなければ、プロ契約が結べないからです。

だから、いい状態でいる習慣を必ず持っています。

 

 

これは、アスリートだけじゃなく

アーティストでも、クリエイターでも同じことが言えます。

もっと言えば、

プロとして報酬を得ていたり、価値を提供している人も

いい状態でいる習慣を必ず持っています。

 

 

私達が、常に頭に入れておかないといけないのが

「私は私を生きるプロフェッショナルである」ということです。

私達が、他の誰かを生きることができないのと同じように、

誰も、私達を生きることはできないのですから。

 

 

少なくとも、生きた年数自分をやってるわけだから

そりゃもう、プロとして生きないと何やってんだ?

って話ですよ。

 

 

その中でも、いい状態を保つ

絶対法則があります。

  

キーポイントは

『朝』

  

あ、「早起きイイよ!」とかそう言うのではありません。

大事なのは

「目覚め方」

  

一日の状態を決めるのは、

ほぼ朝にあると思ってもいいくらいです。

 

 

ヤバイ状態を引き起こす目覚め方は

「あぁ……ダルイ……」と言う目覚め方です。

朝一から底辺スタートにしてしまうと

その一日はまるで登山のようになってしまいます。

 

 

だから、一日が終わったら必ずヘトヘトになるわけです。

そりゃそうです。ずっとずっと上り坂をのぼるわけだから。

 

 

だから、もうね、

朝一は“意識的に”高い所からスタートするのです。

今日が始まったと思ったらまるでフェスが始まったかのように

 

 


からスタートすることです。

 

 

いや、ほんとに。

  

フェーイ! じゃなくても

「キターー!」とかでもいいので

アニマル浜口みたいな感じで

今日が来たことに喜びを感じるのです。

 

 

・・・いや、ほんとに。

  

そうすると、高い位置から一日をスタートできるのです。

朝が来たら少なくとも、ヨン様みたいな顔で

「いい朝だ」なんて思いながら

太陽を嬉しそうに見つめるのです。

 

 

・・・いや、ほんとに。

 

 

こういうと、「朝とか低血圧なんで無理です」と必ず言われるのですが

そう、まさにそう選択し続けてきたんだよ。

でも私達は選べるんです。常に。

 

 

「いい朝♡」って起きることも

「あぁ、朝が来てしまったか」って起きることも

選べるんです。

 

 

自分を生きるプロでいることも

永遠にアマチュアでいることも

選べるんです。

  

いい状態でいることも

悪い状態でいることも

選べるんです。

 

 

いい状態の自分でいる努力もしないで

「周りの人を笑顔にしたい」とか「周りの人を喜ばせたい」とか

マジで無理だしね。嘘だよ、うそ。

 

 

悪い状態でいたら、自分の中の「気」が悪いから

周りの人に「気」を使わせてしまうんだよ。

それじゃあ周りの人は喜ばないんだよ。

 

 

でも、プロフェッショナルというのは

勇気とか元気とかやる気とか陽気とか

そんな「気」を配る人なんだよ。

 

 

だってプロとして生きてる人は

必ずやってるもの。

朝の目覚め方。

  

それがその日一日の自分を決めるってわかってるからね♪

 

 

というわけで、朝の“目覚め方”

“意識的に”でいいから気を付けてみてね♪

いい状態でいることが、素敵な自分になっていく前提だからね♪

  

※自分の運気をあげていきたい人は
チェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

 
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉977『いい自分は、いい出会いを生む』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314282501821.jpg
『感情とは、行動である』

by メッショリーナ・メグリーナ

  

私達は、いつも無数の感情を持っています。

綺麗になりたい! という願望や欲望のような感情や

愛や勇気や優しさや怒り。

色んな感情が私達の中にいつも存在します。

それを表面化するのが行動になるわけです。

 

 

どれだけ「想ってる!」と言っても行動がなかったら

その感情は、この世界にやってこないのです。

 

 

例えば、「頑張ります!」「やる気あります!」

と言う人ほど、なにもやらなかったりしますが

感情とは行動です。

 

 

つまり、

『やる気』とは、行動です。

『頑張る』とは、行動です。

『愛』とは、行動です。

『叶えたい』とは、行動です。

  

感情とは、行動なのです。

 

 

なぜか、「行動」という言葉にアレルギーがある方がいますが、

たぶん、解釈を間違っているか、

何をしていいかわからない状況のときに「行動」と言われ過ぎて

嫌になってるかだと思うのですが

 

 

その理由は、

「人に言われてやること」は行動ではないからです。

自分で決めてやることを、行動といいます。

 

 

「やるぞー!」とは、行動です。

「大好きー!」とは、行動です。

「痩せる!!」とは、行動です。

  

つまりさ、感情でどれだけ思っていても

それを自分の中から出すときは、

必ず行動と言うフィルターを通して出すしかないの。

 

 

どれだけ「好きだ」と思っていても、

どれだけ「力になりたい」と思っていても、

どれだけ「会いたい」と思っていても、

ただ思っているだけでは

伝わる可能性は、極めて低い。ということです。

 

 

だって感情とは行動なんだもの。

だって愛とは行動なんだもの。

だって勇気とは行動なんだもの。

  

そして、行動とは、自分で決めて動くことだもの。

 

 

よく「感情を大切にする」とか言うけれど

それは、行動として、自分の外に出すことなんだよ。

その瞬間、自分の中にいた感情がこの世界にやってくるんだよ。

 

 

感情とは、行動なんだよ。

  

※今年こそ
綺麗になったり、ダイエット成功したい人はチェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

  

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉976『感情とは行動である』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314280666555.jpg

この言葉を胸に問いながら

文章を読んでみてください。

問うて欲しい言葉は

「何 の 中 で 生 き る の か ?」

  

私達は、本当に真剣に考えないといけないほど

「何の中で生きるのか?」ということが大切になってきます。

「何のために」とかじゃなく「何の中で生きるのか」です。

 

 

例えば、

「お給料の為なら、仕事なんだから我慢しろ!」

と言われて育つと

お金は、我慢の向こう側にしかない。

という世界で生きることになります。

 

だから、お金持ちになりたければ

さらに我慢をしなければならない。と考えてしまいます。

  

でも、めちゃくちゃ遊んでお金を稼ぐ人は

お金は、遊びの向こう側にある。

という世界で生きることになります。

 

だから、お金持ちになりたければ

さらに面白く遊ぼう! と考えます。

  

家族の幸せは、自己犠牲の向こう側にある。

という世界で生きると

幸せになろうとして、さらに自己犠牲を深めます。

  

でも、家族の幸せは、自分や家族が笑う今にある。

という世界で生きると

笑い合いながら、さらに幸せを深めます。

 

 

なんの中で生きるのか?

というのは、働き方や、付き合い方

すべてに関係してくるのです。

  

自己犠牲の中で生きるのか?

人と比べ続ける比較の中で生きるのか?

悪口大会の中で生きるのか?

喜びや感動の中で生きるのか?

遊ぶことや楽しさの中で生きるのか?

  

自分で決められるんです。

「何の中で自分は生きているのか?」と問うことができれば。

 

 

本当に大切なのでもう少し例を出しましょう。

  

例えば、信じられない差別があるとするじゃないですか。

肌の色だの、住んでる所がなんだのって、

現代でも反吐が出る差別があるでしょう。

 

歩いてるだけで罵られたり、白人さんに触れるだけで抑えつけられたり

そんな強烈な差別の被害を受けてるのに

不思議なことに、差別を受けてる者同士でも差別が存在するんです。

 

先輩にやられて嫌だったことを
後輩ができた時、後輩に同じことをしてしまうのと同じです。

  

何の中で生きるのか? です。

  

愛と承認に満ち溢れて生きている人は

会う人会う人に愛と承認を振りまきながら生きます。

だから、愛と承認を受け、その中で生きるのです。

  

批判や否定やひねくれで生きる人は

見るもの見るもの否定や批判をしながら生きます。

だから、批判や否定のキャッチボールをしながらその中で生きます。

  

何の中で生きるのか? です。

  

そして、今の時代は、その「何の中で自分は生きるのか?」

ということを自分で選べるんです。

今すぐ選ぶことができるんです。

  

今までどの中で生きてきたか? は関係ないんです。

これから何の中で生きるのか? を決められるんです。

  

決めよう。

  

君は何の中で生きる?

  

※お金の流れを変えたい人はチェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉975『君は何の中で生きる?』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314280008985.jpg

一歩踏み出すことが

まったく怖くなくなる話をしたいと思います。

  

私達は小さい頃から

「間違っちゃいけない」と言われながら育ちます。

  

それは、大怪我しないことだったり、

誰かを大怪我させないことだったり、

人の道を踏み外さないことだったり、

色んなことを配慮されてのことなので

それ自体は、間違っているわけではありません。

  

だけど、私達の人生を動かすときというのは

実は「間違ったとき」なのです。

  

家族の反対を押し切って、わけのわからない会社に就職して

「出ていけ!」と言われたりして、常識的に言って間違ったときに

大きな転機になったり、

  

会社で安定の地位と収入を築いているにもかかわらず

何を考えたのか、どう考えても間違った判断をして

起業して、大成功したり

  

そんな色んな間違い(世間的に理解できない行動)が、

振り返ってみると、大きな転機だったな。

と思うことが沢山あります。

  

つまり、人としての道を踏み外すとかそう言ったことでない限り

間違いというのはないし、

その人の人生を輝かせる最高のスパイスになるということです。

  

とくに、周囲が反対することは

最高のキッカケとなる間違いだと思います。

  

エジソンは、学校で一番頭が悪い! と言われてました。

それを聞いた母ナンシーは、周囲の反対を押し切って

学校を退学させました。

そして、誰もが知るエジソンを誕生させました。

  

孫正義は、学生時代

学校や家族や親戚、そんな周囲の反対を押し切って

アメリカに渡りました。

そこで脳みそを殴られるような衝撃を受け、

10年後、20年後の未来を観ました。

毎日のように発明を繰り返しソフトバンクへと繋がります。

  

どんな人のエピソードでも

誰がどう見ても「それは間違いだ!」ということが

一番大きなキッカケになっています。

  

若い人なら、実家を出ることだったり

海外に移住することだったり

理解されにくいことに熱中してみたり

「やりなさい!」と言われていたことをやめてみたり

「やめなさい!」と言われていたこをやってみたり。

  

もし、君の中にそんな思いがあるのなら絶対やってみるといい。

むしろ、「間違いウェルカム!」くらいでもいいかもしれない。

だって振り返った時、絶対にそれは転機になるから。

  
 

一歩を踏み出そう。

間違いなんて存在しない。

  

だって、私達の人生というのは

正解を選択することが人生ではなく

選んだ道を正解にしていくのが人生なのだから。

   

※自分の目標を達成したい人はチェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD



書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉074『間違いはない。間違いない』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314279350946.jpg

ギブアンドテイクじゃなく

ギブギブギブだよ。とか

「ただ、純粋に与えることが大切だよ!」とか

本当その通りなんだけど、イマイチしっくりこない時は

  

“与えるとは、ただ外に出す”ということ。

っていう風に考えるとシンプルになります。

 

 

ほら、「与える」っていうと、

なんだか超上から目線っぽい言葉じゃない?

そんなもん置いて、ただ、外に出すんだなぁ~って考えると

与えるということがとても分かりやすくなります。

  

私がよく、

「言葉はプレゼントです」

「見た目はプレゼントです」

と書いておりますが、これもまったく同じ。

ただ、外に出す。それが“与える”ということです。

  

例えば、言葉や見た目は印象を与えています。

「この人は優しい言葉を使うなぁ」とか

「この人はすぐに自分の話に持っていくなぁ」とか

そんな印象を与えます。

  

子供は、アホみたいな顔ですっぽんぽんで走ったりしますが

元気を与えてくれます。

ふざけていいんだぞと言うことを与えてくれます。

  

自分の中にあるものを

ただ、外に出す。

それが“与える”ということです。

  

だから私達は常に、何かを与え続けている。

ということをわかんないとダメなんですね。

  

見た目で印象を与えたり

言葉で勇気を与えたり

行動でインパクトを与えたり

私達は常に何かしら外に出しているわけですから。

  

だから「与えることが重要だよ!」というよりも

どんな色の言葉や見た目や表情や行動を与えるか?

どんな色の姿や考え方やエネルギーを与えるか?

が大事なんだよ。

 

 

そんでさ、一旦脱線するんだけど

宗教のことはあんましわかんないけど

聖書も仏教も超シンプルにすると

・自分がしてほしくないことは人にするな。

・自分がしてほしいことを人にしなさい。

この2点が超でかいわけだよ。

  

難しいことじゃなく、超シンプルに

小学校の時に習ったことが深く書かれているんだよ。

なんでかって言うと、

大人でもそんな当たり前のことができていないからです。

  

“与える”ということは、ここに直結しているのです。

・自分がやられて嫌なことは人にするな。

・自分がしてほしいことを、喜んで人に沢山しなさい。

  

人は与えたものしか受け取れなくなってますから。

人を罵倒する人は必ず罵倒されますから。

人のあげ足をとる人は必ずあげ足をとられますから。

人を喜ばせる人は必ず喜ぶ生き方になりますから。

 

 

「私は何を外に出そう」

君が見たい顔を、自分ができたらいいよね。

君が言われたい言葉を、人に言える自分でいれたらいいよね。

君がされたいことを、自分ができたらいいよね。

 

ほら、君の“与える”は姿を現してきた。

あとは、それを外に出そう。

君の大好きな人に。

  

※「いるだけで喜ばれる存在」になりたい人へ。
チェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

 


書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉973『君はいつも、何かを与え続けている』

こんにちは♪めしょんです
o2000127114278760456.jpg

ピンチが最も喜ぶのは

深刻になることである。

by メッショリーナ・メグリーナ 

  

ピンチが襲ってきた時、

辛いことや、不幸なことが襲ってきた時

どんな風なリアクションをとる?

  

実は、ピンチや不幸や幸せというのは

心の居心地で決まります。

  

そんな中、ピンチや不幸が一番喜ぶのが

「深刻になること」なんですね。

だって、もっともピンチっぽい心境だもの。

だって、「まさに不幸」って感じだもの。

  
 

でもさ、でもさ、

心の居心地で決まるんだよね。

  

大ピンチのときにさ、

絶対やりそうにないことをしてみるといいんだよ。

  

めちゃくちゃ笑ってみたり

鼻歌を歌ってみたり

ふざけた音でオナラを出してみたり

いっそキャンプファイヤーを囲んで踊ってみたり

大チャンス!ドラマチックチャンス! と盛り上がってみたり

「映画的展開!」「漫画的展開!」と騒いでみたり

 

 

そうするとさ、ピンチや不幸がいづらいわけだよ。

君の心にいづらいわけだよ。

「うわっ! なにここ! 俺ら来たのにテンション上がるなよ!

この、ハッピー野郎め!!」

って思って姿を変えるわけだよ。

  

何年もめちゃくちゃ頑張って育てた私のブログが

ブログ本体ごと完全に削除された日も、

私は「来たか、ドラマチック展開よ!」と言いながら

その日のうちにブログを復活させたし

  

大切に大切にしていた本が絶版になる! と言う時も

「完全に映画的展開や!」と言いながら

クラウドファンディングで

沢山の力や勇気をみんなからもらって立ち上がったんだよ。

  

すべてのピンチは、心の居心地次第で

綺麗ごとじゃなくマジでチャンスや転機になるんだよ。

  

ピンチや不幸が一番喜ぶのは

卑屈や深刻になって、可哀想な自分になってしまう環境で

その環境を提供すると喜んでピンチはピンチらしく

そして不幸は不幸らしく羽を広げるわけよ。

  

そんな時にさ、「ふふーふん♪ふふふふっふん♪」

(リズム提供 もりのくまさん)

と、鼻歌でも歌うと、ピンチや不幸は

「え、マジかよ、もう下校の時刻かよ」ってなって

なんと、好転する転機に変わったりするんだよ。

  

だから、「うわぁやばいなぁ」と思ったときほど

心の居心地を整えること♪

  

出来事に振り回されたりするんじゃなく

ハッピーが育ちやすい心でいることを

大切にしていこう♪

 

 

※仕事の人間関係、夫婦関係を改善したい人はチェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD


  

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数


人生が変わる言葉972『幸せの居心地』 

こんにちは♪めしょんです
o1260083414276502517.jpg

幸福度がもの凄いもの凄さで上がる話。

本当に幸せを感じまくれるので

是非最後までお読みくだされ。

  

“幸せ”っていうとさ、

「幸せとは気付くものだよ」とか

「幸せとは当たり前に感謝することだよ」とか

言うじゃないですか。

  

ええ

2万%でその通りですよ。

寸分の狂いなくその通りですよ。

  

でも、いま幸せを感じられない人は

そう言われても「はっ?」って感じなんだよね。

  

「確かにそうかもしれないんだけれども!!」って

言う心が渦巻いちゃったりするんだよね。


だからこそ幸せを感じられなかったりするんだけどね。

  

だから、今から書く具体的な行動をすると

幸福度が確実に上がる。

という話です。

 

 

結論から言います。

自分が良いと思ったことを

行動に移すと

人は幸福を感じるようです。

  

例えば

寄付をする習慣を持っている人と持っていない人では

幸福度に大きな差が出ることがわかっています。

寄付をする習慣を持っている人は

極めて大きく、幸福を感じやすく、

実際に幸せに生きているそうです。

 

 

他にも、

ゴミ拾いを笑顔ですることを続けると

幸福度が果てしなく上がることがわかっています。

  

他にも、

トイレ掃除を喜びながらすることを続けると

幸福度が仮装大賞の得点のように

上がっていくことがわかっています。

  

また、

お年寄りや妊婦さんに座席を譲る習慣を持っている人も

同じように、幸福度が高いことがわかっています。

  

また、

時間が経つのを退屈そうに待つサービスマンより

最高のサービスを届けよう! と

真剣に誰かが喜ぶことを考えているサービスマンの方が

圧倒的に幸福度が高いことがわかっています。

 

 

まとめましょう。

  

自分が良いと思ったことを

行動に移すと

人は幸福を感じるようです。

  

「なんで私ばっかりこんな目に合うの……」とか

「なんで私には幸せがやってこないの……」とか

  

もうね、

だまれ。

  

自分が良いと思ったことを

そのまま行動に移そう。

  

幸せを感じやすい人になれるだけじゃなく

誰かを幸せにする人になれる。

そして、魅力的な人になれる。

  

いいことずくめじゃないか。

じゃあやればいい。

  

※「いるだけで喜ばれる存在」になりたい人へ。
チェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD

 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉971『世にいいことは、君にいいこと』 

こんにちは♪めしょんです
o2000133314275211944.jpg

問題です。

頭に、叶えたい目標や願望が浮かんだとき

一番最初にやることはなんでしょうか?

  

ふっふっふ。

「いきなり、答えのない問題を出してくんじゃねーよ!」

と思いながらこのページを閉じると

同時に、未来への可能性も閉じてしまうので

是非、最後まで読んで欲しいと思っています。

 

 

ダイエットにしても、勉強にしても

ビジネスにしても、なりたい自分や成し遂げたいことがあるのなら

なんにだって当てはまることだと思います。

  

私にとって、一番最初にやることは絶対的に決まっていて

しかもそれが、必勝パターンだからこの問題を出しました。

  
 

まずは、頭の体操として

一番最初にやることってなんだろう?

って考えてみてください。

  

色々あると思います。

・一番手軽に始められることからやってみる。

・やることリストを作り、優先順位を決める。

・目標を達成するコアが何なのか見極める。

・その目標を実際に達成した人に話を聞きにいく。

  

このどれもが正解だと思うし、

これらをすぐに行動できる人はとても素晴らしいと思います。

 

 

だけど、2歩目、3歩目ならいいのですが

1歩目でこれをやっちゃうと

「アレもやらないと、コレもやらないと」って

気付けば(○○したい)というウォンツではなく

(○○しなければならない)という

have toで考えてしまうことがあるのね。

  

そうしていくうちに、

モチベーションが保てなくなるわけです。

 

 

だから、目標や願望が思い浮かんだら

その一歩手前にやることがあるのです。

たった1~5分でできることです。

  

1番最初にやることは

  

「達成した時に

言う言葉を妄想する」

  

これが私の必勝パターンです。

ラストシーンがすでに決まっているのです。

  

ラストシーンを先に決めてしまえば

その時の心がどうなるか? を体感できます。

「どうしてもそれを味わいたい!」と思うから

すべての行動を(○○したい)という

ウォンツで行うことができるわけだね。

  

映画や漫画でも、すべてではありませんが

ラストシーンから描かれているものが大作になっています。

  

漫才でも、アドリブは所々にあっていいけれど

必ず、決めたオチに持っていくものです。

  

ラストシーンさえ決まっていれば、

あとは、道中に何が起ころうとも、

うまくいかないことがあろうとも、

ピンチが訪れようとも

「見せ場が登場した!」と盛り上がれるものです。

  

だから、目標や願望が生まれたら

それを達成したときに言う言葉を

できる限りリアルに妄想する。

  

妄想や願望と言うやつらの正体は

「現実」という名前に変わる。

  

これで、勝ちパターンだ。

やってみてくれり♡


 

※自分の目標を今年こそ、達成したい人はチェックしてみてね↓

ブレイクスルーDVD


 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉970『夢は先に味わうものである』

↑このページのトップへ