月別アーカイブ / 2019年10月

こんにちは♪めしょんです
o2000133314245305111.jpg
自信が湧いてくる方法

  

人はなんで自信を失うかと言うと

思ったことが、で・き・な・い・からなんだよね。

  

大きな失敗をしたり、人と比べたりして

自信を失うこともありますが

それって、またやればできるんだから

自信がないことに本当は直結はしないんです。

  

単純に、思ったことができないから自信を失うわけです。

『思考(考えていること)』と『行動(やっていること)』が

一緒じゃないから自信を失うわけです。

  

つまり、心と体が連動していない状態になると

人は自信を無くすわけです。

  

心と体は、自転車とチェーンのような関係ですから。

猛烈に頑張って自転車をこいだとしても、

チェーンが絡まっていなかったら、まったく前に進まないから

「こんなにやってもダメなんだ、私ってダメだ」と自信を無くすわけです。

  

いやいや違うよ。

単純にチェーンが絡まっていないだけだよ。

  

思ったことをできないから、自信を無くすだけ。

ということは、そのチェーンをもう一度

少しずつ絡ませればいいだけなんだよ。

  

例えば、両親や旦那に「ありがとう」って思っていても

恥ずかしくて言えないなら、言うの。

思っていることと、やっていることを一致させるの。

そしてできたら喜ぶの。

  

するとね、ちょっと自信メーターがあがるの。

  

(本当はやりたいんだけどな……)って

思っていることがあればやるの。

思っていることと、やっていることを一致させるの。

そして、できたら喜ぶの。

  

するとね、ちょっと自信メーターがあがるの。

  

「掃除したい」と思ったら掃除するの。

「この店員さん素敵だな」って思ったら伝えるの。

「やってみたい」と思ったらやるの。

「めしょんさんのブログ紹介したいな」と思ったらシェアするの。(極太字)

  

思ったことと、やっていることを一致させるの。

人は思ったことができると、自身が湧くようになってるの。

 

思ったことができた。

「すごーい!」

 

思ったことができた。

「やったー!」

 

思ったことができた。

「うえーい!」

  

こうして、思考と行動を一致させて

そのたび喜べば、必ず自信ってわいてくるの。

  

だってそうだよね?

自信無くしたのは、思ったことをやれないから

自分を信じれなくなったんだよね?

  

だから、小さいことからでいいから

一日に何度も何度も、思ったことと、やってることを一致させて

それができたら喜ぶの。

  

それが行動でできたら、心も喜ぶの。

ほら、心と体はちゃんと一致するようになった。

  

「今日もブログ更新して愛を渡せた、うえーい!」

  

って思いながら、君の自信メーターを見てニタニタしてるよ♡

 

  

※いるだけで喜ばれる存在になって、人生を切り開いていこう!

<喜ばれる存在になるDVDご購入はこちらから>

bre.jpg


 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 

 

人生が変わる言葉945『自分を信じる力は、周りを信じる力だ』

こんにちは♪めしょんです
o0675045014244721067.jpg

『答えは自分から始められることの中にしかない』


これは私が主催しているKOTOBAスクールの中で

何度か言う言葉ですが、私はこの言葉に

ギュギュギュー! と生きるすべての秘訣が入ってると思っています。

  

えっとね、めっちゃ大事なことなので

ちょっと深めに話そう。

落とし込みやすいように深呼吸してから読んでほしいよ。

 

 

まずは“自分から始められること”をわかってもらうために

“自分から始められること”の反対は何か? って言うと

 

反応

なんだけど、こう書くと

「え? 自分から始められることの反対が『反応』!?

ますますわかんなくなってきたぞ!」

と思うこと間違いなしなので、大丈夫だからそのまま読み進めよう。

 

 

ただ「反応をする」ってことは、

人生の主導権を奪われてるってことなんだよ。

  

例えば、『反応』っていうのを説明すると

夏が来たら「暑い!あぁ…暑い」とか言いながら機嫌悪くなるんですよ。

冬が来たら「寒い!あぁ…寒い」とか言いながら機嫌悪くなるんですよ。

ほんで雨が降ったら怒りよるんですよ。

誰かに嫌なことを言われたら傷ついたり怒りよるんですよ。

 

まぁ、言ってしまうと

これはヤバイ時の私だ。笑

 

でもさ、これはただ“反応”しただけなんだよね。

置かれている環境に反応したり、

誰かの言葉に反応したり、

起こった出来事に反応したりしてるんだよね。

 

こうして、反応するだけなら

人生の主導権を環境や周りに奪われてるってことだ。

 

 

では、冒頭の言葉を思い出そう。

『答えは自分から始められることの中にしかない』

  

私は、どんな人生にしたいかを自分で決めています。

そして、どんな自分で在りたいかを自分で決めています。

そして、どんな未来を生きたいかを自分で決めています。

だから、今日、どんな私で過ごしていたいかを自分で決めています。

  

“決める”というのは

自分から始められることだよね?

  

私は毎日笑うって決めてます。

だから雨が降ったらそれなりにできることをして笑います。

暑かったら、太陽ありがとうー! って思いながら笑います。

変なことが起きたら「レア体験だ!」って笑います。

 

 

起こった出来事に反応するのではなく、

笑うって決めてるから、出来事が笑える現象になります。

ほら、人生の主導権は私にある。

 

 

一個一個に反応して、落ち込んだり傷ついたりしていたら

永遠に出来事や環境に主導権を奪われっぱなしだぜ?

  

思いだすんだ。

君の人生の主導権は君にある。

騙されたと思って、どんな自分でいたいかを決めて紙に書けばいい。

その通りの自分になるから。

 

 

ディズニーランドで、あんなにも来場者が楽しんで帰るのは

「今日を楽しむぞー!」って着く前から決めてるからだ。

楽しむと決めてるから、何が起こっても楽しいんだよ。

ディズニーはその世界観づくりがうまいわけだよ。

  

ほら、自分から始められることの中にしか答えはない。

  

今、どんな顔をするの?

今、どんな言葉をはなつの?

今、どんな心でいるの?

今、どんな行動をするの?

今、どんな自分でいるの?

  

全部、自分から始められることだ。

楽しい人生を歩みたければ、楽しい自分でいると決めることだ。

楽しい自分でいると決めれば、うんち踏んでも楽しい。

  

君の人生の主導権は君の中にある。

  

※いるだけで喜ばれる存在になって、人生を切り開いていこう!
【喜ばれる存在になるための思考回路
】↓
bre.jpg

 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

  

人生が変わる言葉944『君の人生の主導権は君の中にある』

こんにちは♪めしょんです
o1500100014244117715.jpg.jpg

迷ったらサンタになれ。

 

というお話です。

クリスマスまで、まだ2ヶ月もあるよ!
って感じだけど、まぁ読んでください。

  

私はよく、“プレゼント思考”というお話をします。

なぜなら、それは、心の矢印が絶対に外向き矢印になるからです。

  

例えば、何かに迷っている人は、なんで迷っているかと言うと

心の矢印が内向きになっているんですね。

「私が」「私が」「私が」という心の状態です。

  

だから、迷っている人は脳内でこう言い続けてるんです。

「(受け身の形)どうしたらいいの? 」です。

受け身の形と書いた部分はこんな言葉が入ります。

  

「“嫌なことが起こった!”どうしたらいいの?」

「“親と一緒にいる環境がイヤ!”どうしたらいいの?」

「“友達に裏切られた”どうしたらいいの?」

  

こんな感じで、

“起こった出来事”を受け身にとらえたり、

“生きている環境”を受け身にとらえたり、

“人との関わり”を受け身にとらえて、

「どうしたらいいの?」と脳内でしています。

相談文ってだいたいそうなっていると思います。

  

その時の思考回路って

『起こった出来事』に変わってほしかったり、

『生きている環境』に変わってほしかったり、

『関わってる人』に変わってほしかったりするんだよね。

  

私達ができることは周りを変えようとすることではなく

絶対に『自分がどんな行動をとれるか?』なのに

受け身でいる限り、周りに変わってもらおうとしちゃうんだよね。

でもそれって原理原則に反しているから、

絶対に迷いの森に迷っちゃうようになっているのね。

  

だから、迷っている時は、

黙ってプレゼント思考になりなさい。ってことなんだよ。

  

『私はこの場所で何ができるだろう?』

『私は目の前の人に何ができるだろう?』

『私はこの出来事に直面して何ができるだろう?』

です。

  

私達はさ、生きてると嫌でも何かを放ち続けるのですよ。

溜息を放ち続けたり、毒を吐き続けたり、

ちょっとでも可愛くいようと、可愛さを放ち続けたり、

オシャレな見た目を放ち続けたり、汚い言葉を放ったり、

いい香りや、臭いにおいを放ったり。

みんな何かしら放つわけだよ。

  

それが“プレゼント”と

思えるようなものにするんだよ。

 

プレゼントって何? っていうと、もらって嬉しいもののことだよね。

  

例えば、「おはよー!」って笑顔でいう友達がいるとするよね。

その子の顔見ただけで、嬉しくなったり幸せになったりするよね。

それって挨拶の仕方や表情がプレゼントになってるってことだよね。

  

誰かにいい言葉を、声をかけることもプレゼントだし

その時の顔や口調もプレゼントだ。

  

こうして“プレゼント思考”で考えた時、

人はどういう思考になるかと言うと

自然と相手が喜ぶことをしようとするんだよ。

だってプレゼントだから。

  

例えば、

スキンシップが嫌な人にとって、スキンシップはプレゼントにはならないし

下ネタが嫌な人にとって、下ネタはプレゼントにならない。

上記は相手のことを考えていないから、セクハラととられるんだ。

  

飲食店で強い香りを放つことはプレゼントにならないし

大きな声で話しまくることもプレゼントにならない。

上記も相手や周りのことを考えていない状態だ。

  

これはすべてのことで言えて

プレゼント思考になると、目の前の人はどうすれば喜ぶかな?

って考えるようになるから、心の矢印が徐々に徐々に外側に向いていく。

そうすれば、人は気付けば迷いの森から出ていくんだよ。

  

私達は、今この瞬間にも何かを放っているし

それがいいものになれば、プレゼントになり

それが自分本位のものになれば、

喜ばれないものを放つことになり、迷いの森に直行することになる。

  

迷ってるのは、周りの環境や人間関係や出来事が悪いわけじゃなく

心の矢印が内に向いてるから、そうなるんだよ。

いつも、プレゼント思考になろう。

そうすれば心の矢印が外側に向く。

  

「私は目の前の人に何ができるだろう?」

  

そう思って、行動していくだけで

人はとても魅力的な人になる。

  

魅力の森へようこその瞬間である♡

 

  

※心の矢印を外側に向ける、簡単なコツや
人間関係の悩みを解消する思考回路の話を収録
「ブレイクスルーセミナーDVD」
※詳細は↓の画像をクリックしてね♪
bre.jpg

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

  

人生が変わる言葉943『私達はいつもプレゼントを放っている』

こんにちは♪めしょんです
o2000133414238553680.jpg.jpg

【開く】

 

私はとにかく運が良くて

もはや運だけでやってきたのでは?

と言われてもしょうがないくらい

運に恵まれてきたと自覚している。

  

そして、運とは、天命でも運命なんでもなく

誰もが、良くしていけると確信している。

  

んで、この『運』という奴に愛されてきた私が

誰でも笑えるくらい運が良くなる方法を本にしたらどうかしら?

とさえ思ったりしてるんだけど

(本にしてー!!の声カモン! (多かったらマジで本にします))

  

その中の一つが『開く』ということなんですね。

  

むーすーんーでー、ひーらーいーて♡

の『開く』です。

  

“開運”と書くと、まぁまぁ怪しいけれど

この言葉にも『開く』が隠されているよね。

つまり、運がいい人は、みんな開いているんだ。

  

そんな「めっちゃ運がええ」と豪語している私も

十代の頃は、まぁそれはそれは

ひどい人生×ひどい考え方だったわけだけど

  

なんでかって言うと、

自分を閉ざし、口を閉ざし、心を閉ざし、

色んなものを閉ざした結果、未来まで閉ざしちゃっていたんだよね。

だから光のさしこむ所もないくらい閉ざして

『おぉ、暗いな!』と思ったりしていました。

  

そりゃそうだよね。

すべてを閉ざしたら、光は入ってこない。

大切なことは、自分から開くことだったんです。

 

 

よくセミナーで会いに来てくれる方でも、

「この人は顔が開いてるなー」って思う人は

必ず輝いていきます。

  

花が開くことを『咲く』っと言うよね。

咲くって『えみ』って読むよね。

武井咲ちゃんのえみ。

『咲』 『えみ』 『笑み』

『咲』と『笑』の語源は同じだからだよね。

  

つまり、表情が開いている人って

笑顔がとても素敵なんですよ。

表情が閉じてる人って

ふて腐れてるような顔なんです。

  

「あぁ、顔の通りの現実になるんだ」って思いました。

   

だから、私はどんどん開いていったのです。

表情を開き、ファッションを開き、言葉を開き、

口を開き、心を開き、自分を開いていったのです。

 

 

「どうせ私なんて……」という閉じてる言葉を

「私だからこそ……」という開いてる言葉に

「つまらない」という閉じてる感情を

「私はここで何ができるだろう?」という開いてる感情にしていったのです。

  

そうすると、会う人会う人素晴らしい人ばかりになって

一生大切にしたい人だらけになっていきました。

自分を開いていくと、開いている人と出会うようになっているようです。

  

鏡を見て、顔を開いて。

両サイドの髪の毛で顔を隠してるのなら、その髪の毛も開いて。

閉じっぱなしの本も開いて。

いつの日か閉じた夢も開いて。

  

表情も、心も、言葉も、全部開いて。

  

そうやって自分を開いていけば

必ず新しい風が君の中を駆け巡る。

開いていけば、運は恐ろしいくらい良くなる。

  

可能性が開く。

君だけの才能が開く。

 

そして、未来が開く。

  

怖がらずに開いていこう。

  

なりたい自分への扉も、開いていくはずだから。

 

 

※自分の中に眠っている才能を引き出す話を収録
「ブレイクスルーセミナーDVD」発売中♪
※↓の画像をクリックしてね♪
bre.jpg
 

 書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 
人生が変わる名言942『開く、光る、響かせる』

こんにちは♪めしょんです
o0751077414237357186.jpg

【本の吸収率をダントツに上げる方法】

  

本を読んで、しばらくしてからもう一度同じ本を読むと

「え? こんなこと書いてあったっけ?」と思ったり

「まったく頭に入っていない!」と思うことはないかな?

  

だいたいの場合、本の内容というのは、

11%程度しか残らないと言われています。

(まぁ、何をもって11%やねんって思うけどね)

  

でも、ただ読んだだけのパターンと、

本の内容を実践したパターンでは

本の理解度はまったく変わってきます。

  

「知っている」から「わかっている」

そして「やっている」に変わりますからね♪

人は脳で覚えるのではなく、心に刻み込むものなので

“やったこと”は多くの場合、心に残るものなんですね。

  

そんなわけで、“実践”を前提に本を読むといいわけですが

今日言いたいのは、そういうことではなく、

本を読むときにやると、吸収率が何倍にもなる!

という本を読むコツです。

  

どうすればいいかと言うと

著者の顔と声を知ると、

本の内容は脳ではなく

心に刻まれる。

  

そうなるとやることは簡単だ。

著者の動画を観ればいい。

  

例えば、YouTubeなんかで

その人が話してる動画を観たり聞いたりするんだよ。

そうすると、「文字」だけでは伝わらなかった

その人の人間味や価値基準が伝わってくるようになっている。

  

本を読むだけでは、読み取れなかったものが

顔や声、動いてる映像を見た後、本を読むと

何倍も入ってくるようになっているんだ。

  

知らないおじさんの演説は耳に入ってこないけど

知っている人の話なら心に入ってくるのと同じだ。

  

これは実は小説でも同じことが言えて

著者の顔を知ってから物語を読むと

世界観が何倍も膨らむと言われています。

(逆パターンもたまにあijinsるけれど)

  

本の内容を覚えていないのは

著者のことを知らないから。

知らない人の手紙は、あまり読まないもんね。

  

本を読むうえで大切なことは

頭で覚えようとするのではなく

相手を知って、心に刻み込むことなんだよ。

 

  

家族や同僚やお客さんの信頼をあげる方法を収録
「ブレイクスルーDVD」発売中♪
※↓の画像をクリックしてね♪
bre.jpg
 

書籍化が熱望されまくってるかわいいLINEキャラクター満載の

めしょん公式LINE@友だち追加しよう♪6000名突破だよ♪
友だち追加数

 
人生が変わる名言941『頭で覚えるのではなく、心に刻み込むこと』

こんにちは♪めしょんです
o2000133314235662383.jpg

“感動”

 

それは、人を動かす原動力になる。

3日もてば上出来の「やる気」や「モチベーション」には

成しえないような力がそこには存在する。

  

何年、何十年も、私達の感情を動かしてくれるのだ。

それが“感動”という奴だ。

  

人生のヒントは大抵、「感動したこと」にある。

そこはエネルギーの源泉と言ってもいい場所だ。

  

よく、時代的なもので「やりたいことをやれ」と聞くと思うけれど

やりたいことを全力でやっても、

もちろん、成功する人と失敗する人がいる。

 

 

やりたいことをやっているから、

実際は失敗と言う概念は存在しないけれど

成果が出ない人がいる。

  

それって何が違うかと言うと、感動したかどうか?

ということが大きいんだ。

  

例えば、最近見なくなったけれど

一昔前は起業女子とか言われるような人が

沢山いましたが、

  

成果が出ない人は、なんででないか?っていうと

自分が勉強したことを誰かに教える。ということをするんだ。

悪い言い方をすれば、劣化コピーしただけ。という状態だ。

 

 

じゃあ、成果が出る人は、なんで出るか?っていうと

自分が勉強したことを実践して感動するのよ。

「うわー! 本当だー! 凄い! めっちゃ嬉しい!

これ、誰かに教えたい!」ってね。

  

ココには大きな違いが存在するんだ。

  

本を読んで、成果を出す人と、出さない人も同じだ。

感動したものに、エネルギーは宿る。

本を読んで、実践して、「まじでや! これ、広めたい!」って感動して

その感動が、大きなエネルギーになるわけだ。

 

 

「ラーメン屋をやりたい!」と言う人がいるとしても

“やりたいことをやるだけの人” と

“感動したものを広げたい人” に分かれる。

  

どこかでラーメンを食べて感動して

「自分もこれを越えるラーメンを作りたい!」と

感動を原動力にした人は、成果を出しやすいんだ。

「やる気」や「モチベーション」ではなく

「感動」を原動力にするから、その排気量は圧倒的に違いがあるんだ。

 

 

インターネットの可能性に感動して

ネット会社を超有名企業にした人。

 

指先に乗るようなマイクロプロセッサの可能性に感動して

日本を代表する世界的企業にした人。

 

フランスで食べたプリンに感動して

行列ができるスイーツ屋さんにした人。

  

大活躍している人は、必ず、“感動”というエンジンで動いている。

  

私は、言葉の力に感動した。

言葉を変えれば、劇的に人生が変わったからだ。

だから、大きなエンジンで動いている。

 

「やる気」を出そうとしなくても、

「モチベーション」を上げようとしなくても

感動と言うエンジンは動き続ける。

 

 

君は何に感動したかな?

そしてこれから何に感動をするかな?

  

きっとそこに、バカでかいエンジンがある。

感動は何年も止まることなく、

自分が自分の人生に何度も何度も感動するまで

止まらず動き続ける力がある。

  

感動で動くから

感動する人生を歩めるのだと思うよ。

  

自分の人生に感動しよう。

 

  

※この質問があれば、自分の人生に感動しまくれるはずだ!

自分の本当の願望がわかる、たった1つの質問

※↓をクリックしてね♪
「ブレイクスルーセミナーDVD」 
bre.jpg

 


人生が変わる名言940『感動とは、バカでかいエンジンである』

こんにちは♪めしょんです
o0995066214233276231.jpg

先週、3カ月間クローズドでやってきた

KOTOBAスクールの卒業式でした。

  

私はスクールに入ってくれた一人一人の未来を

超楽しみにしているのである。

  

色んな人と関わって思うのは

【素直】という武器は最強なんじゃないか? と思う。

  

幸い私のスクールに入ってくれる方たちは

いつも素直な方ばかりで私はとても助けてもらってるんだけど

「素直」って、他人のことは明確にわかるのに

自分のことはなかなかわからないものです。

  

なかなかわからないものですが

これは“有意識”で何とかなるものです。

  

目の前のことを素直にやってみよう。

教えられたことを素直にやってみよう。

感じたことを素直にやってみよう。

  

“有意識”で素直に行動していくと

素直な思考回路が習慣化して

素直に結果が出ます。

 

 

だけど変なプライドが邪魔したり

「○○さんだからできた」と謎に捻じ曲げたり

「とはいえ、やっぱり……」と謎に捻じ曲げたりすると

捻じ曲がった結果が出ます。

  

だから、変に賢さも才能もいらないけれど

素直と言うだけで、人はものすごく魅力的になれる。

  

そのことに気付けるのが、

自分の命を輝かせる本当の賢さだと思う。

 

 

自分の信じたことを素直にやろう。

面白いと思ったことを素直にやろう。

素敵だと思った行動を素直にやろう。

教えられたことも素直にやろう。

  

それが、募金でも、人助けでも、ボランティアでも、

ビジネスでも、勉強でも、新しい行動でも

なんだって同じだ。

  

私達が元々持っていた「素直」という武器を使おう。

そうすればきっと、私達は素直に助け合いながら生きることができる。

 

 

無意識にできなくても

“有意識”でいいから素直にやってみよう。

それだけで、視界がクリアになる。

  

私はそう思うよ♡

 


たった1つの質問で、自分の本当の願望がわかる。
※詳細は↓をクリックしてね♪
「ブレイクスルーセミナーDVD」発売中

bre.jpg

 


 

 

人生が変わる名言939『素直という最強の武器を使おう』

こんにちは♪めしょんです
o2000133414232679180.jpg

先日ね、お買い物してたら
サラリーマン風の方が

「ほんと部下が言うこと聞かなくってさぁ」って

話してるのが耳に入ったんですよ。

  

そんで、カフェでコーヒーを飲んでいたら

30代半ばくらいの主婦の方お2人が

「夫が言うことを聞かない」という話と

「子供が言うことを聞かない」話を

お隣でされていたんですよ。

  

ふふふ♡

「言うこと聞かない」って何様なんだよ。

って思うわけだけど

 

 

声を大にしていいたいのが

部下が言うこと聞かない場合は

100%で、上司が部下の話を

聞いてない法則発動だからな!

  

子供が言うこと聞かない場合は

100%で子供の話を

聞いていない法則発動だ。

  

100%と言いきったら

「いやいや、私は聞いてるんですよ!」

って聞く耳をもたず、胸倉を掴まれそうだけど

それは“聞く”の解釈が違ってるんだ。

  

「言うことを聞かない!」と言う前に聞こう。

  

例えば、「生徒は私の言うことを聞いておいたらいいんだ!」

という先生がいたらどうだろう?

絶対に生徒は言うこと聞かないよね。

  

でも逆に、「生徒ひとりひとりに耳と心を傾けたいと思ってる」

という先生がいたらどうだろう?

生徒もその先生に話すだろうし、信頼するよね。

  

上司でも、優秀な上司は必ず

お客さんの声を聞き、部下の声も聞くよね。

 

「黙って俺の言うことを聞け!」という人の元で

いい仕事ができるイメージが湧くかな?

そうさ、聞くはずがない。

  

例えば、優秀な建築家さんは

お施主さんの話を聞くのが上手な人だ。

 

お客さんの願望や想いを的確に聞き

お客さんがイメージしている以上の

「そう! これ! これが欲しかったの!」を現実化させる。

それが優秀な建築家です。

 

 

そうだ。

「聞く」というのは、魅力的な人の大きな特徴でもある。

  

それが、

大切な人の声を聞いているのか?

お客さんの声を聞いているのか?

時代の声を聞いているのか?

それはわかんないけれど、

魅力的な人は必ず聞く力を持っているんだ。

  

恋人と上手くいかないのは、話を聞かないときがあるからだし

夫婦が上手くいかないのは、話を聞かない時があるからだし

子供もそうだし、部下もそうだし、お客さんもそうだ。

  

逆に魅力的な人は、全身で話を聞いてくれる。

スマホを触りながら耳だけで聞いたりはしない。

自分の知りたいことだけ質問して聞いたりもしない。

全身で聞いてくれる人だ。

  

そして、

話が上手い人は絶対に聞くのが上手いし

仕事ができる人は絶対に聞くのが上手いし

人を引っ張る人は絶対に聞くのが上手いし

応援される人は絶対に聞くのが上手い。

  
“聞く”に意識を向けるだけで

人はとても魅力的になれるんだよ。

  

魅力的な人になっていこ♡

 


家族や同僚やお客さんの信頼をあげたい方へ
※↓をクリックしてね♪
「ブレイクスルーセミナーDVD」発売中
 bre.jpg


 

人生が変わる名言938『聴くというのは耳に徳を積むということだ』

↑このページのトップへ