月別アーカイブ / 2018年06月

こんにちは♪めしょんです
o0600040013957036299.jpg
わたしのセミナーには、札幌公演に沖縄から来てくださる方がいたり
福岡公演に札幌から来てくださる方がいたり
海外から来てくださる方もいらっしゃいます。
 

すごいなって思うのは

移動距離を楽しんでくださること。

  

「アイデアは移動距離に比例する」

by  高城剛さん

  

アイデアだけじゃなく、

色んなことが移動距離に比例してアップしていく。

 

 

全国ツアーなんかをやると

必ず「△△県の〇〇市まで来てください!」というお声を頂きますが

そのお言葉はとてもとても嬉しいのですが

チャンスボールを自分のいるところまで来るまで待ってたら

簡単に寿命が終わってしまう。という思いです。

 

 

移動距離の多さは、ストライクゾーンの大きさです。

移動距離を楽しめる人は、

自分のところにチャンスボールが来るのを待っている人よりも

何百倍も、何千倍も、チャンスやキッカケを得ることができます。

 

 

今、私がコッソリとやっておりますKOTOBAスクールの歴代の卒業生の中にも、
パリ・インドネシア・ロンドン・ニューヨークと

様々な場所からご参加くださっていて

 

そう言った方々は、やっぱり、チャンスやキッカケを掴みに行くし

可能性の拡がり方が尋常じゃないな。って感じたりしております。

 

 

掴みたいものがあるのなら

今、しがみついてる手を離さなければならない。

 

 

それが、環境や場所や過去や余計なプライド。

何だっていいけど、しがみついた手を離さなければ

掴めるものはない。

私はそう思う。

 

 

本当の旅の発見は、

新しい風景を見ることではなく、

新しい目を持つことにある。

by マルセル・プルースト

 

 

それでは♪

 

 


人生が変わる名言757『移動距離は、私の足跡になる。』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013955692120.jpg
これから夏に向けて、体づくりをされる方が多いと思うので

水着、綺麗にきれたらいいなと思って、今日はそんなお話し。

  

ダイエットに失敗する人の特徴は

食べ物を敵に回す人です。

  

そして、綺麗なスタイルをずーっと維持する人は

食べ物を味方にしている人です。

これが、自分の身体を綺麗に保つ秘訣です。

 

 

そんなわけで、食べ物を味方にしていけばいいのですが

日本人には、目の前のことを味方にする

魔法のような言葉が存在します。

 

 

例えば、恥ずかしいことが起こった時

何日も落ち込む人もいるし、泣きたいくらい精神崩壊する人もいます。

でも「おいしい」と思う人もいます。

  

おいしいと言った瞬間、

恥ずかしい出来事を味方にできるのです。

 

 

他にも、失敗をしてしまったとします。

これも何日も落ち込む人がいます。

でも「おいしい」と思う人もいます。

 

 

「おいしい」という言葉を使った瞬間

目の前のことを味方にできるのです。

 

 

失敗が怖くなくなるのです。

          味方ですから。

恥ずかしいことも怖くなくなるのです。

          味方ですから。

 

ということは、挑戦することが怖くなくなり・・・

結果的に、無敵になるのです。

 

 

これは食べ物に対しても同じ。

「おいしいぃ!!」と言った瞬間

目の前の命を味方にできるのです。

その食べ物は、体に栄養となって吸収されるのです。

 

 

でも「食べたら太る……」

なんて罪悪感を持ちながら食べると

食べ物という命が敵に回ります。

その食べ物は、体に余分な脂肪となって吸収されるのです。

 

 

言葉だけで全然食事が変わってくるのです。

 

 

これ、こじつけじゃなく、本当なんですよ。

 

 

だから「おいしい!!!」という言葉をあらゆる所で使っていくと

めちゃくちゃ味方が増えて間違いなく輝いていきますから♪

 

 
 

 

人生が変わる名言757『人生丸ごとおいしい』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013954949267.jpg
ひすいこたろうさんの講演会に行った時の

ひすい先生がおっしゃっていた話です。

  

ひすいさんのセミナーに前列で聞いているにもかかわらず

ほぼ、ずっと半寝で聞いておられた方がいたそうです。

また、そのすぐ近くに、腕を組んで怖い顔でセミナーを受けている人もいたそうです。

  

ひすい先生は、その態度に気をとられて

頭がパニックになり、その日は全然話せなかったそうです。

その日、自分が何を話したかもわからないくらいだったそうです。

  

「うわぁ、なにか怒らせてしまったかなぁ?」

「何か変なこと言ってしまったんじゃないかなぁ?」

「僕の話、面白くなかったかなぁ?」

  

そんな風な思考が頭をクルクルまわる

そんな状態で人前で話すのは、本当に難しいことです。

 

 

それで、講演会後のサイン会で

その眠っていた人が言った一言が

 

「今日来れないかと思ったんですが、どうしても来たくて

昨日、徹夜で仕事終わらせてきたのです!

今日来れて本当によかったです!」

といった声でした。

  

また、腕を組んで怖い顔で聞いていた人は

「ひすい先生のファン過ぎて、めちゃくちゃ聞き入りました!

最高のお話しでした!」という言葉を残してくださったそうです。

  

何が言いたいかというと

人は経験則で、勝手に人の心を決めつけてしまう。

ということです。

  

しかも、その経験則は

実はたいした精度ではないということです。

  

私のセミナーでも、東京はとくにですが

皆様、めちゃくちゃ真剣に話を聞いてくださります。

完全に笑ってくれたらいい所を、皆様めちゃくちゃ真剣に聞いてくださります。

 

 

そんな時、私は思うのです。

スベり倒しとるやんけ

  

5分に1回スベってるの。

お母さんの話の途中で入ってくる

「へぇ!?」っていう強迫に似た聞き返しが出るペースでスベってるの。

 

 

その真剣な視線が

あまりにも恐怖でへこんでしまったりするのです。

 

 

そんな時に「めしょんさんお肌スベスベですね」なんて言われようもんなら

お肌までスベってる!?

と思ってしまうほど、恐怖だったりします。

  

・・・いや、これもまぁまぁスベってるんですけど

結局、終わってから、サイン会や感想やなんかに

超感動的な感想を聞かせてくださるのが東京会場の特徴です。

 

 

あれ?全然よかったんじゃん!ちゃんと伝わってるじゃん!

すっげー嬉しい感想ばかりじゃんか!!

って終わってから気付くのです。

  

だからその後は、どんな態度で聞かれようと

勝手に人の心を決めてはいけない。

って学びました。

   

勝手に人の心を決めるから、色々とややこしくなるのですな。

きっと身近にもそういうことが沢山あるはずです。

そういう場合は「勝手に人の心を決めてはいけない」と思い出してみてください。

 

 

それが、相手への敬意にもつながりますから♪

 

 

PS:

だからこそ、「いいな」って思ったことは、伝えていこう♪

態度だけじゃ伝わらないことが沢山ある。

「会えてうれしい」そんな小さなことでも伝えていくと、

受け取った方も嬉しいものです。

 

 

今日も読んでくれてありがとう♪

めしょんより

 

 

 

人生が変わる名言756『人の心を勝手に決めてはいけない』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013953264925.jpg
<得意なことはなくたっていい>

 

これはブログを読んでくださる方が送ってくださるメッセージに

よく入っている一文ですが

 

「私には得意なことがありません」とか

「私には優れていることがありません」とか

そういった一文が入っていることが多いので書きたいのですが

 

 

私から言わせれば

だからどうしたの?

って感じでしてね

  

得意なことがあるかどうか? なんてハッキリ言って

人生には1ミリほどの影響もないわけですよ。

  

得意なことがないからといって、落ち込むことはないし

得意なことがないからといって、何かができないということもない。

 

 

得意なことがないということは、たいした問題ではない。

興味がないということが問題なんだよ。

  

得意なことがなくたって、楽勝で幸せに生きていける。

だけど、興味があることがないと、なかなか幸せに生きることは難しい。

  

興味こそが、その人の魅力を引き出すからだ。

 

 

得意なことがある人はね、それはそれでとても素晴らしいこと。

でも、興味がある人は無敵。

誰とも戦わず、興味があることを楽しめばいいのだから。

それに、無駄な自己主張の戦いじゃなく、人の話にも興味を持てる。

なんなら得意な人が助けてくれる。

  

興味と言うのは無敵なんだ。

興味とは、最高のあなたのパートナーと言っていい。

私達は、特技で生きているのではなく興味で生きているのだから。

 

 

得意なことがなくたって全然かまわない。

興味を持つ心があれば、それでいい。

  

それでキミはとても幸せに生きることができる。

楽しむことができる。笑うことができる。

 


 

めしょんより

 

 

人生が変わる名言755『好奇心は、歳をとらない』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013951087022.jpg
本当のコミュニケーションとは‥

 

・今の時代はコミュニケーションだ!

・AIの時代がくると、必然的にコミュニケーション能力がある人が活躍する。

 

そんな風にコミュニケーションという言葉が

毎日、様々な所で取り上げられています。

私もそう思います。

 

 

ところが

「私ってコミュニケーションが苦手なんですよ」と自己紹介したり

「コミュ力がないんですよ」と自分で言ったり

自分でコミュ障と言って、障がい扱いしたりするわけですが

  

それって、恐らく、

コミュニケーションの本質を分かっていないんだと思うんです。

いや、分かっていないと確信する。

 

では、コミュニケーションの本質ってなんなのだろう?というと

 

 少し、話は飛びますが

京都の伏見に、私の大好きなお店があります。

気軽に行けるフレンチでアンペイジというお店です。

 

 

このアンペイジと言う名前、「ア」から「ン」までのページ

初めから、終わりまでのページがこの店のコースに詰まっている。

だからこの名前にしたのかな?と勝手に思っていたら

単純にオーナーが安平次さんだったんですけど(名字なんかい!)

  

でも、コースの初めから、終わりまで

まさに至れり尽くせりというお店で

細部の細部まで、オーナーの愛を感じるお店です。

  

このアンペイジさんこそ、この記事のコミュニケーションの先生です。

 

 

完全予約制のお店ですが

予約が、一日に2組を超えると断るんです。(2017年5月現在)

理由は、お客さんと密にコミュニケーションがとれないからだそうです。

「最高で9名のお客様をおもてなしさせて頂きました!」とおっしゃっていました。

 

 

・・・9名?MAXで?

・・・経営は大丈夫か?

なんて心配したのですが

それ以上にお客さんと、コミュニケーションがとれないことが嫌なのだそう。

 

 

では、アンペイジさんはどんな会話を楽しむのかというと・・・

  

ほぼ、喋らないんですよ。

  

密にコミュニケーションをとる!って言ったのにほぼ喋らないんですよ。

むしろ、こちらから話しかけたら、ようやく喋ってくれるんですけど

シャイ過ぎて喋るの超下手なんですよ。

 

 

ただ、話しかけたら感じるんです。

このお店が大好きだし、料理が大好きだし、

それを楽しそうに食べているお客さんが大好きなんだと。

  

では、アンペイジさんは、
どうやって密にコミュニケーションをとっているかというと

 

 

お店に入ってきた時から、お客さんが見えなくなるまで。

密にコミュニケーションをとってくれます。

 

 

お店に車で到着すると

お店の扉があき、出迎えてくれます。

 

「お待ちしておりました上野様」とテーブルまで案内され

そこから、店内の内装や雰囲気、自分のために練られたコース料理

すべてのグラスや食器などにも、オーナーのストーリーが詰まっています。

 

そして、こちらを凝視することは一切ないのに

「そう、今それが欲しかったの!」というものが

目の前に提供されます。

 

神通力でもあるのか・・・?

そう思うほど、心の中にあるものが

目の前に現れます。

 

そして、食材へのこだわりはもちろん

食事を楽しむ人が触れるものへのこだわり

料理が運ばれてくるスピード

 

すべてが、オーナーからのコミュニケーションです。

コース料理を通して、ものすごいコミュニケーションをとってくるのです。

  

そして、お手洗いは一流ホテルよりも綺麗にセットされ

アメニティも、細部にまで気を配ったものがセットされています。

そして、お手洗いの扉には、エンドロールのようにカルプ文字でこう書かれています。

 

 

― SPECIAL THANKS ―

〇〇デザイン事務所

○○タイル

○○ペイント

○○工業

 

・・・・つづく。

 

そこには、店を作るのに関わってくれた、建築屋さんや、関連業者さん

色んな業者さんへの感謝がつづられています。

 

 

そして、食後出てくるスイーツは

このお店をやる前に、「無給でいいので研修で働かせてください!」と

一流スイーツ店に飛び込んでいき、そこで学んだ一流のスイーツが提供されます。

ちなみに、そこのスイーツ店では、安平次さんの影響で

全スタッフの技術が格段に上がったそうです。

 

そんなスイーツと一緒にコーヒーや日本茶や紅茶。

なんでも選べるのは当たり前なのですが

コーヒーだけで8種もあるんですね。

それで、どれにしようかな・・・?前何のんだっけ?

なんて思っていると

 

 

前回はコチラの渋めの豆をチョイスされております。

今回はどういたしましょう?

 

そう、語り掛けてくるのです。

一人一人、前回何を飲んだか?ということまで

記録し、把握してあるんです。

 

 

そして、最後のコーヒーを飲み終わった後

「あぁ、なんて大切にされているのだろう」

と思うのです。

 

 

店から出るときは、全員でお見送りをしてくれて

どれだけ土砂降りであっても

車までお見送りをして下さいます。

そして、こちらが見えなくなるまで頭を下げ続ける。

 

 

そこで、心の中は思うのです。

なんて濃密なコミュニケーションをしたんだろう。

 

 

オーナーの安平次さんとは、そこまで話していないのに

最初から最後まで、濃密に大切に会話をしたかのような感覚を覚えます。

車がお店に到着したときから、最後、車が見えなくなるまで

そのストーリー全体をコース料理と呼んでいるのではないか?

やっぱり、「ア」から「ン」まで、すべてのページが詰まっているお店。

アンペイジでいいんじゃないかな?と思うほどです。

 

このコース料理全体が、彼のコミュニケーションなのです。

  

コミュニケーションと言うと

話すのがうまいとか、初対面でも気軽に話せるとか

そんなことを思っている方が沢山いますが

  

コミュニケーション力が高いと言うのは

喋ることがうまいことではない。

初対面で気軽に話しかける勇気があることでもない。

人を大切にする勇気だ。

 

 

話すのなんてうまくなくて全然いいんですよ。

初対面で軽快に話せなくていいんですよ。

 

 

ただ、目の前の人を大切にすればいい。

そんな人に、人は集まってくる。

人を集める力でもない。人を大切にする人に、人は集まってくる。

それがコミュニケーション能力なんだと、私は思っている。

 

 

京都伏見のフランス料理 anpeiji

 

 

 

めしょんより

 

 

人生が変わる名言754『あぁ、なんて大切にされているんだろう。』

こんにちは♪めしょんです
o0600079913949559877.jpg
 「これからの時代、輝いていく人の特徴」

 

先日、才能がなくても、知識がなくても、コネがなくてもできること
という話を書きました。

  

才能がなくたって、知識がなくたって、輝くことはできる。

そんなお話しでした。

自分の生まれ持ったものを嘆く方が多いから書いた記事♪

ちなみに私自身が、自分の才能を恨むような学生時代過ごしてるから

よく気持ちわかる。

  

なんで凄くならなくていいかというと

「え?それ行動に関係ある?」ってことなんですけど

どういう事かというと

  

例えばマハトマ・ガンジーくんっているじゃないですか。

 

そうそう、こんな人です。

(松本人志さんでも、ロベルトカルロスでもありません。似てるけど)

o0400040013949451114.jpg

ガンジーで言うと、世界的な偉人ですが

彼が凄いのか?というとそうじゃなく

明らかに足とか遅そうじゃないですか?いや、遅いと思う。

動きも絶対に私達の方が早いです。

学力も、現代の学力でいうと、全然知識がありません。

 

 

しかも・・・・

 

メガネをかけている。

視力も悪い。

しかもズレ気味だ。

  

つまり、彼の能力が凄いわけではないのです。

 

 

マザー・テレサにしても同じです。

マザーの行動や活動や言葉はとても真似できるようなことではありませんし

「素晴らしい」という言葉でも片付けられないくらいです。

でも、マザーの能力がすごかったか?というと、そうではありません。

  

むしろ、めっちゃ足の速いマザーとか見たくありませんし

砲丸投げとかすごいマザーも見たくありませんし

できることなら、キレキレのダンスとかもできないでいて欲しい。

 

 

じゃあ彼らはなぜ、偉人なのか?

  

それはビジョンとモチベーションだ。

 

 

彼らが圧倒的にすごかったわけじゃない。

彼らのビジョンやモチベーションという光に、人が集まってきて

彼らに不足している所を埋めていったのだ。

 

これが、これからの時代の大切なこと。

 

よく、格差から生まれる

知識難民やら学歴難民やら色々と言われますが

不足してるのは学力でも財力でもない。

  

ビジョンとモチベーションだ。

ビジョン難民と、モチベーション難民が

何をしていいかわからないのだ。

 

 

この、満たされすぎた時代の副作用かも知れない。

何もかも便利になり、頑張らなくても

飢えることもない、これと言って困ることもない。

 

 

満たされすぎた時代で

満たされない自分が生まれ

どんどん自分が渇いていく。

そんな感覚だ。

  

だからこそ、この満たされた時代に必要なのは

才能でも能力でも家柄でも学歴でも資格でもなく

ビジョンとモチベーションなのだ。

 

 

じゃあ、そのビジョンとモチベーションってのどうすれば手に入るのか?

それは、何か新しいことを始めなきゃならないとか、

探さなきゃいけないとかそう言うことではない。

 

 

思い出せばいいのだ。

  

キミの小さかった頃を思い出そう。

学校の帰り、無駄に道草したりしていた頃だ。

校庭で走り回る子たち、縄跳びをする子たち、リコーダーをふきながら帰る子たち

あの頃だ。

 

 

私達は小さい頃、ビジョンとモチベーションに溢れていたんだ。

  

「おい!秘密基地作ろうぜ!」

「これってこうした方が面白くない?」

  

そんなくだらないことを考えていたんだ。

 

 

つまり、この記事が伝えたいモチベーションとは

行動するためのモチベーションではなく

くだらないことを考えているモチベーションのことだ。

  

そうさ、くだらないことを考えていた時間こそ

ビジョンとモチベーションに溢れていたんだ。

  

くだらないことを考えている時間は

私達にとって、かけがえのない時間だったんだ。

 

 

次第に私達はその時間を忘れていったけど

くだらないことを真剣にやれば、必ず面白いものになる。

自分にできないことは、できる人が助けてくれる。

凄い奴になる必要はない。才能を嘆く必要はない。

 

 

私達は、小さい頃、ずっと大切なものを持っていたんだ。

それを思い出すだけでいい。

  

必ずそれが、この時代で輝きながら生きる人の力になる。

 

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

高杉晋作

 

 


人生が変わる名言753『僕たちはあの頃、くだらないことに命を懸けていた』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013947276859.jpg
自分の生き方を輝かせていくのは

結局のところ、やっぱりマインドがすべて

  

色んな人と話し合ったり、時にはバチバチ議論したり

色んな業界の人と話していたら必ず辿り着くのが

結局のところ、マインドがすべてだということです。

 

 

それがダイエットでもビジネスでも美容でもなんでもです。

マインドがすべてだと言っていい。 

  

やり方とか、考え方とか、めちゃくちゃ色々あって

どれが正解とかないんじゃない?というくらい

様々な方法で、輝いている人は生き方を作り上げています。

  

だってやり方なんて、誰でもわかっちゃう時代だもの。

 

  

例えば、小学生に将来の夢を聞くと
「ユーチューバーになりたい!」というわけですが
 
職業の名前を5~10個くらいしかしらない世代に
この質問をぶつける大人はそうとう頭が悪いと思うのですが
私なんて小学生の時、鼻水たらしながら
「お・・・お・・・おはなやたん!!」と言ってましたからね。
 
ユーチューバーになりたければ今日中になれるわけですよ。
しかも見本をすぐに見れるわけですよ。
そんな彼ら(トップユーチューバー達)は
一日3個くらい動画を上げるわけですよ。


企画を考え

構成を考え

撮影し

編集し

アップロード

再考
 
と言った感じで、それを毎日1~3個上げるわけですよ。


結果は違ったとしても、本当になりたければ
それと同じことをすればいいわけですよね。
 
それと同じことをしばらく続けられたら
ハッキリ言って何の仕事でもできると思うよ。
自分でも色んなことができるし、サラリーマンとしてもすごく力になると思う。
(↑これ、色んなことにも当てはまるからね♡)


何が言いたいかというと
「やり方」は今の時代見え見えだ。
 
焦点をあてるのは自分のマインド面。
 
なかなか輝けない現実が目の前にある人は
なんで輝けないかと言うと
 
どれだけいいアイデアが目の前にあっても「やらない」
どれだけ素晴らしい方にアドバイスをもらっても「やらない」
「えー!すごいですー!やってみたーい!」とか言いながら「やらない」
 
やらない言い訳を作らせたらすごいわけだ。
 
なぜやらないかというと
「正解を探す癖」があるからだね。
 
私達は学校教育でそうやって育ててこられましたから。
正解を導き出しなさいと。
だから、外側に答えを探し出すのです。

「どこかに運命の人がいるのでは・・・」
「どこかに天職があるのでは・・・」
「どこかに夢中になれるものがあるのでは・・・」
「どこかに私を輝かせてくれるなにかがあるのでは・・・」
 
そうやって外側に正解を求めるわけだ。


大事なことを覚えておいて欲しい。
外側に何かを求めたら、この世界は何も応えてくれない。

という法則がある。

 

 

輝けないマインドはここだ。
「誰かが輝かせてくれる」
「誰かが変わってくれる」
「制度が変わってくれる」
「政治が変えてくれる」

 

そうやって、とにかく受け身であり

さらに、自分以外に変わってもらおうとする。

だから、輝けないのである。

  

自分が変われば一瞬で世界は変わる。

恐ろしいほどに簡単に変わる。

こんなに簡単だったのか!というほど変わる。

  

なんか生き辛いな・・・

うまくいかないな・・・

前に進まないな・・・

  

という時は

「マインドが変われば、すぐ変わるんだから簡単だな」と思えばいいよ♪

すべては自分から始めていける。

それさえ覚えておけば、どんなことも乗り越えられると思うからね。

 

 

そうやって、自分を生きるのを楽しんでこ♪

 

 

 

めしょんより

 
 

人生が変わる名言752『マインドが9割』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013946527803.jpg
綺麗になる時間

可愛くなる時間

美人になる時間

実は、女性には綺麗になる時間が存在します。

 
 

その時間を超簡単なひとことで表すと

うっとりしている時間

ドキドキしている時間

その時間が女性を綺麗にします。(ふたことじゃねーか)

 

 

本当はホルモン的な話とか付け足した方がいいかも知れませんが

難しい話を覚えても綺麗になりませんので

「うっとりしている時間・ドキドキしている時間」が女性を綺麗にする。

と思っていてください。

  

例えば、女性は恋をすると綺麗になる。

と言われていますが、それはそれは当然で

間違いなく綺麗になります。

  

うっとりしている時間やドキドキしている時間が沢山あるからです。

  

他にも、綺麗にならざるを得ない状況に自分を持っていく。という方法があります。

綺麗にならざるを得ないという状況とは、代表的なのは人前に出ること。

人前に出る機会が多いと女性はどんどん綺麗になっていきます。

 

モデルさんや芸能人やアイドルが、

世間に露出が増えるほど綺麗になるのはその原理ですね。

  

これも、ドキドキしている時間が長いからですね。

  

あとは、うっとりするくらい綺麗な女性と一緒にいると

確実に綺麗になっていきます。

「この人、本当に綺麗だなぁ、素敵だなぁ」と思うような人ですね♪

 

 

これも、うっとり現象の一つです。

  

では、自分にうっとりするのはどうなのか?

それができれば、ずっと綺麗になるんじゃないか?

と考えるはずですが、まったくもってその通り。

  

よって、ナルシストの方が綺麗になります。

世間ではナルシストって嫌われるらしいけども

自分にドキドキしないなんて、どんな自分史描いてるねん。って話よね。

  

ナルシシズムって人間の成長にとってとっても大切なのよ。

足並みを合わせる古いタイプの日本人は嫌がるけれどもね。

ナルシストに生きればいいよ。綺麗になりたければ。

  

だから、女性は可愛い服を着ている時間は、

容姿全体で可愛くなっていく時間だし

可愛いヘアースタイルをしても

容姿全体で可愛くなっていく時間だ。

  

その中でも、鏡を見なくてもいつも見えるのが指先

つまり「ネイル」だね♪

ネイルを綺麗にしている女性は、手を見るたびに綺麗になる。

  

職業柄ネイルアートができなくても、

綺麗に保つだけでもとても大切なことです。

 

 

はい。

 

この女性にとって綺麗になる時間。

この時間を、完璧に作り出せる人がいます。

  

女性なのに、恋をしてしまうくらい綺麗で

一緒にいる時間、ドキドキしたり、うっとりしたりして

関わる人全員が綺麗になっていく人です。

 

 

米国ロサンゼルス  WINBAワールドチャンピオンシップ 

ネイルアート部門 優勝

貴子さんと言う方です。

  

貴子さんのところでネイルをする人が

ことごとく綺麗になっていくので

「いや・・・下手に悩んだりするくらいなら、貴子さんとこ直行したらよくない?」

と真剣に思うので書かせてもらっているのですが

 

少なくとも関東にお住まいだったりするなら、何の迷いなく

貴子ネイルを断然オススメします。

  

貴子さんを、人はこう表現します。

「完璧より、美しい」

  

でも、すぐに道に迷うおっちょこちょいな部分もあります。笑

駅の改札まで一緒に歩いたのですが

「なんとなくこっちにいけば帰れそうな気がする」とか言いながら自由に歩くので

ちょっと気絶してもらってから、歩こうかと思ったくらいです。

 

 

そんな可愛らしい部分もある貴子さんですが

お世辞抜きに、関わる人が綺麗になっていきます。

そして、いつもかわいいネイルを見るから、会ったあとも綺麗になる時間です。

そして、次に会うのが嬉しくなってドキドキするので

なんていうかパーフェクトに、女性が綺麗になる時間を演出しているのです。

 

 

関東にお住まいだったり、関東に行く機会があれば是非♡

  

というわけで

今日書いたこと、どれかでも意識的に実行すれば

間違いなく綺麗になっていくと思います。

   

何より、自分が綺麗になっていくことを楽しむことができたら

本当に永遠に綺麗になっていくからさ♪

指先から、はじめればいいと思ったりしています。

 

 

それでは♪

 

貴子さんのブログはこちら

ネイルプレジャーヒーリングホームページはこちら

 

 

 

めしょんより

 

 

人生が変わる名言751『可愛いは指先からはじまる』

↑このページのトップへ