月別アーカイブ / 2017年12月

こんにちは♪めしょんです
o0600040013858299968.jpg
わたくし、昔お仕事をクビになったことがあります。
ええ。10年以上前の話ですけど。

当時私は(21くらいかな)アパレルのショップ店員でしてね。
ショップ店員がやたらと注目を集めていた時代ですね。
その時、お店で絶好調な数字を残していたんですよ。
自分でも思わず天職だと思うくらい。

そこで、偶然その姿を見たあるブランドの人から
引き抜きがありまして
ちょうど色んな所で自分の力を試してみたくもあり
そのオファーを受けたんですね。

期待されていた分、すぐに結果を出したかったので
山のようにある商品の詳細や価格やこまかーいことを
寝ずに覚えました。

商品を把握していないと、売れるものも売れませんので
とにかく必死で覚えました。
また、お店に来るお客様の層や考えていることや悩み
そういったものにも意識を向け、知ろうとしました。

結果的に店舗の売り上げも跳ね上がり
わたくしは、結構抜けてトップだったんですね。

んで、「店舗の売り上げ今月凄かったねー」
となった翌日、私はクビになったんです。

もちろん、やましいことは一切していないんですよ。
でも、いきなりクビになったんです。

だけど私は、そこから自分自身の大逆転を誓って
自分の力で立ち上がってやろうと決めたのです。

思えば私の転機は、デブだったことや、ブサイクだったことや
クビになったことや、ブログが全削除されたことなど
そんなことが起こるたびに何倍も大きくなってきた。
強がりではなく、すべて、私にとっては最高の経験だったと思っています。

だから出来事にプラスもマイナスもなく、常にニュートラルなんだぜ?
すべては、自分の意味付け次第で
最悪の経験にするか、最高の経験にするか?だけのことなんだよ。

あらかじめ正解があってそれを選択するのが人生なのではなく
自分が選んだ道を正解にしていくのが人生なんだ。

だから、自分の歩みたい未知を経験し
自分が正解だと叫べるような道にしていこうぜ♪

ちなみに、
なんで売上トップだったのにクビになったのかといいますと、

どうやら、突然上役の采配でぽっと出てきた新人が
いきなりトップになるということを面白く思わない人もいたようで
どうやら売り上げで抜いてはいけない人がいたようでした。

簡単に言うと、「でしゃばるなよ」と言うことでしょうね。
まぁ、お店にはそういうムードが流れていましたけれども。

そこで、部屋に呼ばれ行くと
「あの、暗黙の了解って言葉の意味わかります?」
と、お店を仕切っている女性に聞かれたので

「あぁ、力のない人が仲良しごっこするための
反吐が出るルールのことですよね?」

と答えたら

「もう来ないでください」と言われました笑

そのあと、上役から電話があり
役割もすべて変えるから戻ってきてくれと一方ありましたが
丁重にお断りした。

というのが、「めしょんクビ事件」の真相です。

ただ、私はこの機会を
今振り返っても、最高の機会だったと思っています。
このブランド会社にも感謝をしております。

こう書くと、「めしょんさんは強い人だから」
なんて思われると思うのですが
めちゃくちゃへこみました。悔しくて泣きました。

ただ、その涙に失礼のないように生きよう。
それを心に誓いました。
絶対にこれを「最高の機会だった」と言えるように生きよう。
そう誓いました。

だから、その通りの人生になっているのだと思います。

これを読んでいるあなたにも、同じように落ち込むこと、へこむこと
辛いこと、別れなど、沢山のことが起こっていると思います。

だけどさ。

大ジャンプの前にはしゃがまないといけないんだよ。
そうでしょ?
しゃがむから大ジャンプできるんだよ。

そういうのを、これからもずっと、伝えていける人間でいよう。
そう思う、めしょんさんでした。
 

 

 

人生が変わる名言687『落ち込んだのは、大ジャンプするためで』

こんにちは♪めしょんです

私の美学として
「昨日と同じ今日は意地でも過ごさない」
という決まりがありましてね。
絶対に同じ一日にしないようにしているんですよ。


昨日と違うことをする
昨日と違う選択をする
昨日と違う解釈をする

今までだったらここでイラっとしたかもしれない所を
今日は絶対違ったとらえ方をする。
みたいに、絶対に同じ一日がないのです。


なぜなら
昨日の正解は
今日の私にとって正解とは限らないわ
byメッショリーナ・メグリーナ


ですから、思考が古い考えに固執しないようにしています。
まぁ、そんな毎日を送っているのです。


では、ある日の過ごし方を
(突然の日記ブログですので、興味ある方だけお読みください)


彼にあってきました。
o0600040013857382548.jpg

私が大好きで大好きで仕方がない
安藤百福(ももふく)さんです。
通称「もふもふ」です。

「誰やねん!!」とか言われたら
鈍器のようなものを振り下ろす可能性がありますが

チキンラーメンやカップヌードルなど
インスタントラーメンの生みの親です。
大阪、池田市のインスタントラーメン発明記念館ですな。
彼の開発エピソードが大好きなのです。

ここでは、インスタントラーメンの歴史と
もふもふの自己主張が見れるわけです。
o0600040013857390753.jpg

何が好きかって、この完成されたもふもふ語録と…。

o0600046313857391555.jpg
(正直メガネで顕微鏡見づらい!)


っていうなんかすごい感じのドヤ顔です。


あ、ちなみに、私のブログの多くはこういう活動から生まれています。
偉人が育った場所、切磋琢磨した場所、その現地に行く。
偉人のやってきたことから学んで
自分が実践して感じたこと。そういうのを自分の中に落とし込んで
誰でもわかるように直訳したのがブログですな♪


坂本龍馬の見た景色、西郷どんの、吉田松陰の…
ってその人のリアルに生きた軌跡を現地まで行って
感じたり、見たりするのが、ブログの発信源になっていたりします。
ええ、お仕事です。これも。


o0600040013857411782.jpg

ここではカップヌードルのパッケージにオリジナルデザインにできたり
中身の調合など、全部自分で考えられたりします。
(注:仕事です)


o0600040013857413403.jpg
いよいよパッケージ化♡
自分だけのカップヌードルができあがるわけです。


最後に、もふもふの言葉を
    みずからの足で歩き、
    みずからの目で確認しなさい。
    そうでなければあなたの話には、
    重みも説得力もない。
by安藤百福



私も同じように思います。
たった一日で聞いた講座の内容を横流しする。
自分が体験していないのに、偉そうなことを言う。
他人の言葉を自分の言葉のように話し続ける。
それじゃ、誰の心にも響きません。
自分の心にも響きません。



自分が心から震える体験を何度もする。
その人の言葉には、力も重みも存在する。
それを人は魅力と呼ぶのである。



めしょん
 

こんにちは♪めしょんです
o0600040013856676019.jpg
一日を楽しく過ごせる人
一日に追われる人の違いとは何だろう?
どうしてあの人はあんなにイキイキしているんだろう?
そんなお話をしていこうと思うのですが

前回、Q&Aを書きまして
私のことについては興味ないかと思っていたのですが
意外と、LINEなどで素敵なお声を多数いただきまして

その中に、ちょこっと書いたのですが
朝に最も重要なことを終わらせる。ということです。
これは時間的縛りのないものに限りますが
お仕事にしてもそうだし、家事なども同じです。

これは脳の構造上、脳は午前中の方が活発に動いてくれるんですね。
もちろん、夜の方がいい人もいるんですけど
夜に頑張りすぎちゃうと頭がさえて寝れなくなっちゃうので。

だから、午前中に
・重要なこと
・頭を使うこと
・決定する必要があること
・若干面倒くさいと思っていること

などを終わらせてしまうこと。

夜ならば2時間かかるようなことが
午前中なら1時間でできたり30分でできたりするはずです。

とくに、午前中にやってしまったらもったいないのは
スマホゲームや、ひたすらSNSの受信(発信は別)
TVをだらだらと見ることなど、午前中にダラっとすると
一日全体が後手に回るようになっている。
意識としては受信よりも発信、受け身よりも能動であり自発だ。

朝に先手を打てる人は、一日先手を打てる。
朝に後手に回る人は、一日中後手になる。


朝に先手を打てたら、時間をコントロールできるけれど
朝に後手に回ったら、時間にコントロールされる
というわけです。

そうすると、一日をイキイキと過ごす人と
時間に追われてヒーヒーと過ごす人に分かれるわけです。

これが毎日ですから、顔にもその違いは出てくるし
活き活きしているエネルギーの高い人に、人は集まってくるし
新しいアイデアも集まり、次の一手も余裕をもって決めれることになる。

もし今まで、午前中ダラ族だったわ!っていうならば
一度午前にシャキッと集中して、重要なことを終わらせてみると
今までチャンスやヒントやキッカケ等
探しても探しても見当たらなかったもの。
そいつらさえも、向こうから集まってくることに驚くと思います。

そうすると、午後や夜を有意義に生きることができて
一日中先手をうつことができるんだね♪

自分の人生を時間に決められるのではなく
自分が決めていけるようになるのである。



めしょんより


 

人生が変わる名言686『時間に支配されるか、時間をコントロールするか』


こんにちは♪めしょんです


「一体誰が興味あるねん!」っと言った
私に対する質問がお答えできずにたまっているので
本当、あまり興味がないかも知れませんが色々とお答えしました。

久し振りのQ&Aです。


Q.ファッションにこだわりなんかありますか?
  おすすめのブランドとかありましたら教えて頂けると嬉しいです。

A.ファッション = 自分自身ですので
  素材と可愛さで選びます。
  ブランドにこだわりはありませんが
  ずっと着ていたい♡って思えるくらいのがいいな。
  あと、スタイルを綺麗にしたいなら
  体のラインが出る服をいくつか持っておくといいです。


Q.めしょんさんは日々、どんな生活を送っておられるのでしょうか?
  あまりブログに書かれているのを見たことがないので気になってます。

A.ムクっと起きて、家の窓を全部あけてから(寒いけど)
  40分くらいストレッチしてます。
  んでから一番重要な仕事を昼までに終わらせて
  その後は習い事に行ったり、DVD観たり、急に旅行に行ったり
  基本的に自由です。
  ずーっと遊んでいるようですが、ずーっと仕事でもあるし
  365日、仕事してる気もするけど、毎日遊んでいる気もして
  なんていうか好きなことしてます。


Q.私はナンパをされません。されたいわけじゃないのですが
  なんとなく女としてどうなのかと思いまして…
  めしょんさんはされますか?

A.面白いくらいされません。笑
  ええ・・・何年も(遠い目)


Q.めしょんさんは日々、どんな食生活をおくられていますか?
  毎日フレンチのイメージです(笑)

A.毎日フレンチて!
  すっきなもん食べてますよー。和食が好きです。
  甘いものも大好きです。っていうか食べるの大好きです。
  ファーストフードもインスタントも食べます。

  あと、最近はマイブームで
  老舗のお蕎麦屋さんを探索するのが趣味です。
  結構マニアの域まで来てると思います。


Q.めしょんさんの家の感じとか気になります!
  インテリアにこだわりとかありますか?

A.何も置かないというこだわりがあります笑
  あ、テーブルとか椅子はありますよ。
  超お気に入りのものしか置きたくない。という感じです。

  ただ、コタツだけは18歳の時、実家を出てから一度も置いてません。
  コタツは素晴らしいしとても居心地がいいし大好きなのですが
  私がダメになっちゃうのでこれからも絶対に置きません。
  まぁ、好きずきだと思う。


Q.めしょんさんってどうやって色々学ばれたのか知りたいです!

A.まだまだ学んでますし、活かしています♪
  本で学べること、人とのコミュニケーションで学べること
  初体験で学べること、教えることで学べること
  それぞれ違うと思うので一概には言えないのですが
  本を読んだり、尊敬している人に会いに行く。
  というのは常にやってましたねー。
  今はとにかく初体験と熱狂することに力を入れています。

  本で学ぶ⇒実体験に活かす⇒実体験から学ぶ⇒成長する
  実体験を人に教える⇒その人を勝たせる⇒成長する

  そんなループでぐるぐる永遠と回ってきた気がします。
  私が10代の頃や、20代前半の頃は今みたいな時代じゃなく
  本と起業家さんなんかの音声テープしかなかったので(テープて!笑)
  移動中はずっとテープ聞いてましたし(覚えるくらい)
  本は一日一冊くらいは読んでました。

  あと、オススメなのが「置き換える」訓練をすることです。
  ビジネス学びたかったら、当然ビジネス書を読んだりすると思うのですが
  そんなことはサルでもわかる判断だと思うので
  それ以外に漫画を読んで、ビジネスに活かすとか(巻き込む力とか)
  恋愛を学んで、ビジネスに活かすとか(お客さんがファンになる思考とか)
  アイドルを見て、ビジネスに活かすとか(見せ方とか)
  そういった離れたものから見るという、置き換え視点を持つことで
  1聞いて、10学べる。みたいな思考になっていくと思います。

  だって何見ても学べるように、活かせるようになってきますから。
  んまぁ、結局すべて、生きるって言うのを楽しむためだよ。


Q.セミナーの時、めしょんさんのスタイル見てうっとりしました!
  ずっとそういうスタイルなんでしょうか?

A.あ、とても嬉しいです。ありがとうございます。
  10代の頃はドンキーと弟から呼ばれるくらい背中が丸かったですし
  ジャンプすると、周りの人もジャンプするくらい…
  本当なんていうか直訳するとデブでした。

  そこから頑張りました。わたくし!
  好きなだけ食べても太らない体に一生懸命したのです。
  ほんと、ビックリするくらいおっきかったです。身長ちっちゃいのに。


Q.めしょんさんの文章が大好きです!本も!
  誰よりもすっと心に入ってきます!
  どうやって文章を学ばれたのですか?専門ですか?

A.専門ってなんだ笑
  学んでから書くんじゃなく、書きながら学ぶんです。
  正解のない分野ですから。
  オレンジを説明するのにも無限に表現があります。
  それを一生懸命書きながら、学んでいったのです。
  一番は読んでくださる方との対話をしながら学べたことです。
  ほら、感想とかでコミュニケーションとれるから♪
  読者さまに育てられたんだなぁっとつくづく思っています。


以上
質問に答えてみました♪
参考になることがあるかわかりませんが
ここまでお読みくださり、ありがとうございます♡


そんな感じで、
少しだけ質問に答えてみたYO♪


以前のQ&Aはコチラをご覧下さい♪




めしょん

こんにちは♪めしょんです
o0600040013855192135.jpg
嫌な人がいて、ずっと愚痴ってしまう。
そのループから抜け出すには?というお話。
愚痴っていうのを卒業するお話でもあるかもしれません。

愚痴っていうのは、吐いちゃダメとか貯めたらダメ。
みたいに、とにかくどうすればええねん!
という話をよく聞くのですが
まぁ、徐々にでいいから減らしていけばいいんじゃない?
くらいに思っておいたらいいと思うんだけど

愚痴と言うのは、吐きだしたらなくなるのではなく
また言いたくなるようになっているんですよ。中毒だから。
「超簡単なうまくいく方法」と同じ理論です。
その証拠に、愚痴をよく言っている人は
いつまでも言っているはずです。

愚痴の本質は愚かな心を知る。と書いて愚痴ですから。
言えば言うほど、自分は愚かだと人に知ってもらうため
アピールしているようなものになってしまうんですな。

じゃあどうすればいいかと言うと
「吐いたらダメ!」とか「貯めたらダメ!」という論点や視点から
抜け出せばいいのです。

愚痴ループから抜け出すには超簡単で
愚痴を言ってしまう時は、必ず“感謝”に欠けている心理なんです。

一概に“感謝”と書くと安っぽいですけど
この愚痴ループが終わらないということは
「何かに気付け」のサインなのです。
その「何か」が感謝することなんですね。

愚痴ループというのは
“感謝を忘れてるんじゃない?お前”という試練なんですよ。

だからそれに気付くまでループは終わらない。

例えば
学校で嫌な奴が一人いました。
その人の嫌なことを誰かに愚痴りました。

この人が今なにを気付かなければならないかと言うと

今、目の前の人は聞きたくもない愚痴を聞いてくれてるんだよね?
その人に感謝しましたか?ありがとうと伝えましたか?

また、その嫌な奴以外にもたくさん人はいるはずです。
その人たちはいい人なんだよね?
その人たちにありがとうを一杯伝えていますか?

そんな大切なことを気付かせてくれた嫌な人。
その人がいなかったら、その大切なことにも気づかなかったんだよね?
ってことは嫌いな人にもありがとうだよね?
ありがとうって言ってみませんか?と言うことなんだよ。

そういう“感謝”に気付けたとき、愚痴から卒業できるんです。
驚くほど、消えていきます。
これがステージアップです。

大気汚染にギャーギャー言うよりも
日々、美味しく吸えている空気に感謝すれば
空気を綺麗にする活動に参加しよう。
なんて思えたりするわけです。

愚痴っちゃう人は
「愚痴は言っても何にもならないよ」
なんて聞きあきるほど聞いているだろうし
本人も本当は言わないほうがいいことはわかってるんだと思うのだよね。
一時的なその場しのぎの快楽にはなるかも知れないけれどね。


そんな時は、「感謝を忘れてないかな?」って思い出してみてください。
そしたら嘘のように消えていきますから。


めしょん

 

 

人生が変わる名言685『愚痴からの卒業』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013854715183.jpg
私は好きな食べ物が一杯あります。
それを食べている時はとてもとても幸せです。
数少ないですが、嫌いな食べ物もあります。(パクチーとか)

諦めず、何度も挑戦するのですが食べるたびに
大好きな食べ物のありがたみを感じるから
嫌いな食べ物にも感謝できます。
 
私には好きな土地が一杯あります。
そこに行くと、とてもとても幸せです。
未開の地なんて大好物です。

でも嫌いな土地もあります。
(自分のことしか考えていない人が多すぎるところ)
 
でもそのおかげで、普段の家や大好きな土地や景色が
とてもありがたいことに気付けます。
だから嫌いな土地にもたびたび行くし
そこに面白い所を見つけるのが好きです。
 
私には好きな仲間がいます。
その人たちといると、とても幸せな気持ちになります。
もちろん、あまり会うことはありませんが嫌いな人もいます。

でも、その嫌いな人のおかげで、周りの人がいかに素晴らしい人か
感謝できたり、気付けたりします。
だから結果的に、嫌いな人にも感謝したりもします。

よって
私はずっと幸せな気持ちになります。

もちろん、辛いときも、悲しいときも、へこむこともあります。
クヨクヨするときも、弱いときもあります。
そんな時だからこそ、見えるものを探します。
 
明るくないと見えないものがある。
そのどれもが
私たちにとってかけがえのないもので、代え難いもの。
 
それと同じように
暗くならないと、見えないものがある。
星や、綺麗なお月さんや、一生懸命照らそうとしてくれる灯りやホタル。
花火や、太陽のありがたみ、暗くても歩けるように綺麗に舗装された道路。

そのどれもが
私たちにとってかけがえのないもので、代え難いもの。

それに気付いたら、幸せにいっぱい気付けて
「あぁ、幸せだなぁ」って漏らすくらい幸せになるんだと思うのです。
そう感じだしたら、さらなる幸せが見えるようになっているのです。


めしょこ


 

人生が変わる名言684『暗くならないと見えないことに気付くこと』

こんにちは♪めしょんです
o0600040013853800084.jpg
今日は少し、へんてこな話。

「〇〇ってあるんですか?」という質問が多い。
〇〇には何が入るかと言うと
存在するかどうか証明することが困難なこと。

簡単なのでいえば
「神様っているんですか?」
「人は何度も生まれ変わるって本当ですか?」
「幽霊っているんですか?」
「宇宙人っているんですか?」

それはそれはもう
ロマンチックなことから、子供心をくすぐられるようなこと
色んなことがあります。

他にも
「引き寄せの法則って本当にあるんですか?」
「〇〇すると金運アップするって本当ですか?」

まぁ、あげればきりがないほどあります。
根拠付けをできるものや、できないもの
色んな疑問を持ちながら人は生きていますが
こういう時、どう考えればいいのかと言うと

自分があると思った方が
成長できるならある。
自分がいると思った方が
成長できるならいる。

と言うことです。

「存在する」「存在しない」の議論が大好きならば話は別だけど
(私は宇宙とか好きだから意外と好き)
人が成長するに対してで考えると
存在するかどうかは、どうだっていい。
だって証明できないのだから。

例えば、私は人は何度も生まれ変わると思っていますが
そう思った方が、自分は成長できると思ってるのです。

「どうせ死ぬんだから楽していたい」
なんて思いたくないのです。

生きているうちに、色んな体験をして、心や魂を成長させて
どれだけ多くの人に関われて、優しくできて、愛を注げてできるか?
魂が何度も生まれ変わるのなら、この私として生きられた人生で
思いっ切り色んな景色を見て、思いっきり魂を成長させたい。

正直な所、スピリチュアル的なことなんてどうだってよくて
そう考えたほうが、私は成長できる。
という考え方をすればいい。
成長できるという点においては
「存在するかしないか?」はそもそも論点があほなのである。

神様にしても、「おるなー私の中に」と思った方が
背筋がピンとする思いになるし、素敵な行動をとれる自分になれる。
現に悪いことをする奴に長期スパンで幸せになる人はいない。
そう思えて、いい行動をとったり工夫できるようになるのなら
それはもう神様がいることになる。

「存在する」と思ったほうが
自分が成長できるのなら存在するのだろうし
「存在しない」と思った方が
自分が成長できるのなら存在しないのである。

もっと言えば
これは「すごい人生は、今日はじまる」の本の中にも書いたけれど
“自分の法則”を持っていればいいのだ。

一流の人達は必ず自分の法則を持っている。
右足からピッチに入るといいプレーができる。とか
おでこを出すと、人と仲良くなれる。とか
SAYALAの曲を聴くと、素敵な自分でいれる。とかね。

自分の法則を持つこと。
自分が成長するための哲学を持つこと。
こっちのほうがずっとずっと重要。

「〇〇って本当なの?」「〇〇ってウソなの?」
なんて思っているのなら三流で止まってしまうからさ。

どう思えば自分は成長していくのか?頑張ろうって思えるのか?
どう思えば自分は楽しくなるのか?
どう思えば好きな自分でいれるのか?

それを考えていこうぜ♪


その方がずっとずっと
あなたのためになると私は思う。


めしょんより

 

 

人生が変わる名言683『私の中に存在するかどうかなのです』

こんにちは♪めしょんです
o0600041113853061294.jpg
「賢者は、愚者に学び
愚者は、賢者に学ばず」

という言葉があります。
ビスマルクの言葉だったかな・・・。うん、たぶんそう。

言葉の都合上「賢者」と「愚者」で例えていますが
賢者っていうのは
何を見ても学びに変えていくし
愚者っていうのは
「(うまくいっていないのに)自分の考えを曲げない」ということです。

まぁ、考えを曲げず、賢者からすらも学ばないから愚者なのですが
うまくいかなかったら、変えろ。ってことですから。
思考を変えるか、やり方を変えるか、行動を変えるか、言葉を変えるか
何かしら工夫するか?

頭を使って、行動する。
人の行動を見て、自分を正す。参考にする。

そうやって小さな成功体験を感じて
色んなことに当てはめて考えられるようになる。

これが成長の王道です。

わたしがよく「敬意」のお話をしますが
※このへん参照
伸びていく人と、落ちぶれていく人の違い
確実に大きく成長できる方法を教えよう
秘められた潜在能力を開花させる方法

なぜ、敬意を持つ大切さを話しているかと言うと
敬意を持つから学ぶことができて
敬意を持つから、自分への敬意を持つことができるのです。

素晴らしい人は
老人や子供からも沢山のことを学ぶし
ハイブランドや100均からも沢山のことを学ぶし
高級料理店やファーストフードからも沢山のことを学べる。

賢者っていうのは色んなものに敬意があって
だから色んなことから学べるのだよ。
そして愚か者は世間だったり人だったりを
なめくさったような、馬鹿にしたような感じで見ちゃうんだよ。
だから学ぶことができない。


人のダメな所を10個あげれる人になるよりも
人に学ぶ所を10個あげれる人でありたい。


また、そうやって生きていれば
人はどうあがいても成長していくものなんだよ。


そう思う。



めしょんより
 
 

人生が変わる名言682『人に学ぶ所を10個あげれる人でありたい。』

↑このページのトップへ