月別アーカイブ / 2017年08月

こんにちは♪めしょんです
 

o0600040013695219112.jpg

今回は、簡単な簡単な簡単なうまくいく話。

この法則を知っているだけで

ほんとうにうまくいっちゃうよなーっていう話です。

 

この記事を読んでから見て頂けると

さらに理解が深まると思います。

>>お金のルールの秘密を明かすわ

 

人と言うのは不思議なもので

【今、言った言葉を、少し先の未来もう一度言いたくなる】

という法則があります。

 

「ありがとう」と言えば

少し未来にまた「ありがとう」と言いたくなるできごとが起こる。

 

「ムカつく!」と言えば

少し未来にまた「ムカつく」と言いたくなるできごとが起こる。

 

そんな簡単な簡単な法則があります。

 

その証拠に

うまくいっている人は、うまくいく言葉を使っていて

うまくいっていない人は、うまくいっていない言葉使ってますから。

 

 

・うまくいっている人

できる・なんとかなる・うまくいく・楽しい・嬉しい・しあわせ

ありがとう・いいよ・かわいい・素敵・やったー!・ラッキー

余裕・美味しい 等

 

・うまくいかない人

できない・無理・しんどい・つらい・我慢・ムカつく・ウザイ

面倒臭い・楽しくない・面白くない・マズイ・なんで私だけ

どうせ私は・可哀想・ダメ 等

 

しかも、言葉には力が宿っておりますから。

 

料理を食べて「まずい」ってよく言う人は

マズイできごとが起こっちゃうんです。

 

料理を食べて「美味しい」ってよく言う人は

おいしいできごとが起こっちゃうんです。

 

だからできる限り、自分の口癖を意識してみるといいな。

それくらい言葉には力が宿っていて

言った言葉そのまま、少し先の未来に言いたくなるんですから。

 

だからどうすればいいかと言うと・・・超簡単。

 

こんな言葉を言っている自分は幸せだろうなー!

っていうことをイメージし(妄想ね)

 

その言葉を今言えばいいのです。

できるかぎり、その言葉を使っていけばいいのです。

 

嬉しいことが起きてほしければ

「嬉しい!!やったー!!」って言えばいいのです。

余計なことは考えずに。

 

たったそれだけで未来は大きく変わります。

本当に実践する人はね♪

 

はじめに言葉ありきですから

 

 

っというわけで♪

読んでくれてありがとう、大好きです、嬉しいです。

 

 

めしょんでした

 


 

人生が変わる名言594『はじめに言葉ありき』

こんにちは♪めしょんです
 

o0600040013694361628.jpg

今回は「成功するにはどうしたらいいですかー?」

という、抽象的極まりない質問がだいぶ届いてるので

成功するにはどうすればいいか?

バッサリと書いていきたいと思うのですが

 

前提として、「何を持って成功とするか?」というのがありますが

皆それぞれ成功の形が違いますからね。

それを含めて書いていきたいと思います。

 

 

・・・

 

えー、3行で終わります。

かなりの確率で成功する方法。
 

 

それは何かと言うと

 

今、中途半端にしてる

やりかけのことを

全部終わらせてみよう。

 

これだけです。

 

やりかけのことだらけで

たくさんのことが、中途半端になっていないかな?

 

その中で新しい成功法則を追ったり

変われそうなセミナーに出てみたり

ブログや、メルマガを読み漁ったりしていないかな?

 

勘違いされると嫌だからあえて書くけれども

成功法則を勉強してみたり、セミナーに参加してみたり

ブログやメルマガや本を読んだりすることはとても大切なこと。

そうやって、現状を打開していこうという姿は大好きです。

 

でも、それを目の前のやりかけのことから逃げる

現実逃避の材料にしていたら

はっきり言って成功なんて夢物語だぜ?

 

足元にある大切なことに目を向けずに

新しい成功法則やセミナーに出まくったりするのは

「やってる感」が欲しいだけの現実逃避なんだ。

 

大切なことは、今中途半端にしているやりかけのこと

足元や身近にある、本当にやるべきこと。

それを常にやり切ることだ。

 

読みかけの本があるのなら

思いっきり真剣に読む。

もしくは読まないと決断する。

 

書きかけのものがあるのなら

全力で書ききる。

 

作りかけのものがあるのなら

思いっきり試行錯誤して工夫して作り切る。

 

伝えていないことがあるのなら

直接会っても電話でもかまわないから伝える。

 

目の前に散らばったやりかけを全部終わらせてみよう。

そしてこれからも、やりかけで終わるのを

ちょっとずつでいいから減らしていこう。

 

それだけで、ぐっとあなたが思い描く成功に近づくから。

 

本を読んでも、セミナーに行っても
今までの何倍も実になる学びになるから。

 

 

そう思うわ♡

 

読んでくれてどうもありがとう♪

明日も見てくれると、なんかすっごい嬉しいと思う。

ありがとう

 

 

めしょん

 

 

 

人生が変わる名言593『壊れかけのRadioはいっそぶっ壊せ』

こんにちは♪めしょんです
 

o0600040913693497100.jpg

私は“バーレスク”という映画をもう10回以上見るくらい好きで

何度見ても、鳥貴族も驚くほど鳥肌がいっぱい立つんですが

 

バーレスクと言う映画は、エンターテイメント映画なので

ネタバレ的要素はないと思うので書かせて頂きますが

 

歌手になりたい田舎のカフェでバイトをしている主人公が

「わたし、夢を叶えに行くわ」と田舎からロサンゼルスに出てきて

とりあえず仕事を探しまくるも、面接に落ちまくり

心折れそうなときに、偶然見つけたバーレスク・クラブでSHOWを見て

その舞台に自分も出たい!と感じ、駆け上がっていくストーリーです。

 

まだ観たことがない方は

本当に観て頂けたらいいなと思うのですが

(出だしから鳥肌ものですので。)

 

何が好きかと言うと

主人公は

自分は何が何でも、沢山の人に向けて歌を届ける。

と信じて疑わないことです。

 

それが自分にふさわしい。

そう思っているのです。

 

もちろん、そこへの道のりは簡単なものではありません。

むしろ、不可能とさえ感じるくらいの壁が立ちはだかります。

 

でも主人公は、バーレスクの魅力に惹き付けられ

舞台に上がりたいと懇願しますが、当然無視されます

 

すると、誰の許可も得ず、勝手にウェイトレスとして働きはじめ

フリツケや歌をすべて覚え、

舞台への階段を、自分でつくり出していきます。

 

舞台への道は、壁しかなかったのに

階段を自分でつくり出していくのです。

 

物語については、映画のことなので

これ以上内容に触れることはしませんが

 

 

大切なことは『前提』を持って行動を起こすということです。


これは映画の中だけじゃなく

現実世界でも同じです。

 

主人公は人に歌を届ける前提で

すべてのアクションが存在するのです。

やみくもに進んだ結果、人前で歌うんじゃなくってね。

 

この前提と言うのがとても大きくて

私は、私がやっているKOTOBAスクールでも

「学ぶのを前提に来ちゃダメよ」って言うんですけれども

 

叶えたい未来があって、そこに辿り着く前提で何かを学べば

どんなことをしても、人というのは

普通に学ぶよりも何十倍も身につくわけです。

 

披露する前提で覚えたダンスは覚えやすいのと同じ。

人前で歌う前提で覚えた歌はすぐに覚えるのと同じ。

前提があるかないかで、吸収力は全然違うのです。

(夜用も驚くレベルで)

 

 

極論、 辿り着きたい未来が前提にあれば

飲み会に行っても何かを掴めるし

遊びに行っても、何かを掴めるし活かせるのです。

 

下手すりゃ、一見誰が見ても浪費に感じることですら

投資に変換していける。

それが、前提を持つと言うことです。

 

「わたしは○○になる」

「わたしは○○だ」

 

そうやって、自分の未来を決めて生きる。

それだけで、何倍も色んなことを吸収していける。

 

それが人に笑われるようなことでも構わない。

自分の未来を自分で決めて何が悪い?

わたしは○○になる。それは自分で決めるしかないのだ。

 

 

そんな前提を持ちながら生きていくだけで

同じ時間を過ごすのでも、とても大きな違いを生みます。

 

とんでもなく成長していく人は

才能に恵まれているとか、運がいいとかではなく

自分の未来を前提として持っている。

それだけなのです。

 
 

ブログを読んでくれているときも

何か前提を持って読んで頂けると嬉しいです♡

 

今日も読んでくれてありがとう

明日も読んでくれるとすごく嬉しいです♪

 

 

めしょんより

 

 

 

 

人生が変わる名言592『未来が前提で、今がある』

こんにちは♪めしょんです
 

o0600051113690879955.jpg

「めしょんさんも落ち込むことはありますか?」

 

みたいな質問が来たりするので

【落ち込んだ時の心の持ちよう】というお話をしたいのですが

 

そりゃあるよ。

 

存分にあります。

そりゃ生きてりゃ誰だってあるし

そんな気持ちは一切否定しないです。

 

ただ、圧倒的に、落ち込んでる時間は短いです。


 

まず、大切なことは、エネルギーの高い人と一緒にいるということ。

これはとても大切です。

意識してエネルギーの高い人と一緒にいること。

 

“落ち込む”というのは

エネルギーや波動が落ち込むということですからね。

そこを落すと、よくないことがたくさん起りだしますから。

 

また、エネルギーを奪いに来る人とは

できる限り、付き合わないことが大切です。

 

永遠と“悪口ガトリング”を打ち続ける人や、

「どうしたらいいですか?助けてください」と

自分で何とかする気がないのに、すがる人

 

また、常に怒っている人もそうですね。愛のない怒り方の人ね。

自慢話や武勇伝でストレス発散する人も同じく。

(怒っている人はエネルギー自体は高い場合もあるけれど

怒って周りのエネルギーを吸収する、ゾンビ的傾向があるからね)

 
 

また、自分自身がそうなっている場合は

自分を見つめ直すことも大切です。

 

それ以上に

今の心を、認め、許し、愛してるわ♪と口に出して

一度、否定の感情を捨て去ることでエネルギーは高まると思います。

 

この辺りに関しましては

自分の眠った力を覚ます、7つの秘訣

エネルギーを高めれば、すべてうまくいく

 

どちらの記事でも構いませんので

お読みいただければと思います。

 

そんな中、落ち込んだ時

一発で、エネルギーや波動が高まる呪文があります。

♡エロイームエッサイム♡よりも強力な呪文です。

 

それは落ち込んだ時に

この言葉を唱えるのです。


『・・・っと、大抵の人は落ち込むわけだが、私は違った』

 

なんだか落ち込んじゃうできごとが起ったり

なんか気が落ちちゃう状態になったら

こう、口に出して言うのです。

 

 

または、

 

『今までの私なら、ここで落ち込んでいたかもしれない。

しかし、これからの私は違うのだ。』

 

こんな感じで、先に口に出していってみる。

そうすると、脳は勝手に次のアクションを考え出す。

今できる最善の答えを導き出し、行動にうつせるのだ。

 

そうすると本当に不思議なもので

落ち込まなくなっていくのです。


波動が落ち込むと、どうしても追い打ちをかけるように

嫌なことが重なるけれど

こうして、口に出して言うことによって

一気に自分の波動が上がります。

 

ドラマや、映画でも

格好いい人物がピンチのシーンで必ず言いますよね。

 

『起死回生の一手はある』

『打つ手なんていくらでもある』

『安心しろ、僕には秘策がある』

 

もちろんこれはドラマや映画のことですが

現実世界でも同じことが言えます。

 

人間って、口に出したら、それが現実になる生き物ですから。

先に口に出すのです。

 

秘策がなくても、秘策が生まれる。

打つ手がなくても、打つ手が生まれる。

落ち込みそうでも、逆にそれを活かすことができる。

 

まずは言葉から、なりたい自分にしていくといいね♪

 

言葉にはエネルギーがつまっているのだから。

 

 


めしょんでした

 

 

 

人生が変わる名言591『これからの私は一味違う』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013689556739.jpg


世の中にはたくさんの才能あふれる人がいます。

 

絵がうまい人や、歌がうまい人や、芸術に長けている人

ビジネスに長けている人や、運動がとてもできる人

面白い人や、話が上手い人、めちゃくちゃ綺麗な人

 

どんな才能も、活かし方によっては

とても素晴らしいことだと思います。

 

だけど、そんな才能を見て

落ち込んで終わる人がたくさんいます。

とても残念だなぁと感じます。

 

なぜなら、そんな誰もが羨むような才能が小さく見えるほどの

大切なことがあるからです。

 

それが

好奇心

 

誰にでも眠っている心ですね♪

 

どれだけ才能を持っていることよりも大切なのは

好奇心だなと、すごく感じるのです。

 

人が綺麗になるのも、何かを上手になろうと努力するのも

ビジネスで成功することも、何もかも

そのすべての種は【好奇心】という種からはじまるのです。

 

 

好奇心があれば

綺麗な景色はたくさん見つかるし

楽しいこともたくさん見つかるし

誰かが喜ぶこともたくさん見つかります。

 

無関心であれば

どれだけ綺麗なものがあっても、くすんで見えるし

どれだけ素晴らしい言葉があっても、心には届かないし

どれだけ楽しいことがあっても、楽しめない。

 

無関心で生きているのに「幸せになりたい」だなんて

土壌を肥やさず、種も飢えずに「花を咲かせたい」

って言っているのと同じですから。

 

私達は全員、生まれながらに【好奇心】という

素晴らしい種を授かっているのです。

 

どんなことでも

その好奇心が、自分の才能の種なんだと思って下さい。

 

才能がないのではないのです。

自分の好奇心を呼び起こせてないだけ。

うまくいっている人は、呼び起こせているだけ。

 

だってほら、歌に好奇心満点だった学生時代は

歌を2~3回聴いただけで一曲覚えられたりしたでしょ?

それが歳を重ねるにつれて、何回聴いても覚えられなくなったりします。

 

これ、色んな理由はありますが

一番大きいのは好奇心ですから。

 

つまり、好奇心の力は、あなたの力を何百倍にもしてくれるんですね♪

 

だから、才能がないと嘆かないでください。

むしろ、輝けないのを才能のせいにしているのは

ちょっと卑怯ではありませんか。

 

好奇心と言う種を植えましょう。

その種は、たくさんの可能性と言う花を咲かせてくれますから。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

とてもとても嬉しいです

 

 

めしょんでした。

 

 

 

 

人生が変わる名言590『好奇心と言う種を植えよう』

こんにちは♪めしょんです
 

o0600040013687706936.jpg
今回は、人として美しく生きるための記事です。

 

【初心忘るべからず】

  

とても有名な言葉です。

起源は世阿弥の書の、結びの言葉として使われていたものですね♪

 

この、初心忘るべからずという言葉は

「何事も最初の頃の気持ち忘れたらいかんよー大切にねー」

という風に解釈されておりますが

 

本来の意味は少しだけ違うんですけど

 

いや、まぁ、これは今回の話と違うので、長くなっちゃうから

興味があれば、ご自身で調べてみて下さい笑

 

 

今回の内容は、

初心を常に胸に秘めておいたら、色んなことに気付けるぜ?

と言うことです。

 

例えば、子供のころを思い出してみましょう。

「できるかな?できないかな?」

「こうしたらどう思わるかな?どう見られるかな?」

「間違ってないかな?」

 

そんな思いよりも

「やりたい!!」とか「やってみよう!!」とか「面白そう!!」

そんな気持ちで動いていたし、周囲の目線なんかで

自分を判断することはありませんでした。

 

だけど、大人になっていくにつれ

できるかな?どう思われるかな?失敗したら恥ずかしいな。

 

そんなことばかり気にするようになりました。

 

だからこその

初心忘るべからずなのです。

 
 

どういうことかと言うと

初心には

「答えはすべて自分の中にある」ということが秘められているのです。

 

例えばホラ

【自分探し】なんていうのも同じです。

自分より外側に答えを求めちゃってる。

 

自分なんて探すもんじゃなく

色んな経験をしながら作っていくものなのに。

 

私達が少女だった頃

仕事をはじめてやってみた頃

新社会人になった頃

 

そんな初心の頃は、「自分で答えを生み出していこう。」

そう思っていたはずだし、自分の中から溢れ出てくる想いとか

すごく素直に表せていたのです。

 

だけど、色んなものにぶち当たりすり減って

自分より外側にある答えを、探してしまうようになる。

 
 

そんなとき、思い浮かべてください。

「 初心忘るべからず 」です。

 

常に忘れてはいけないのは

答えは外側にあるのではなく

自分の内側にしかないと言うこと。

 

確かな答えがあって、それを選択するのが人生ではなく

自分が選んだ答えを、正解にしていくのが人生だと言うこと。

 

それが初心なのです。

 

誰かの正解を選ぼうとしなくていいのです。

世間のモノサシに従わなくてもいいのです。

 

自分の想いに従う

自分でそれを正解にする

 

それでいいのです。

 

探して見つかるくらいの自分なんて、面白くないじゃないですか。

どれだけ探しても見つからない自分を、作っていこうぜ♪

 

 

今日こうしてあなたが読んで下さることで

私は初心を忘れずにいられます。

 

どうもありがとう。

 

 

めしょん

 

 


 

人生が変わる名言589『初心忘るべからず』


こんにちは♪めしょんです
 

o0600040013686981020.jpg

さぁ、もう8月も終わるねー。

この夏、おもいっきり楽しんだかな? 

 

わたしは、この【夏】というシーズンは

男性も女性も、一番進化する季節なんじゃないかな?

と考えております。

 

小さい頃もそうだったし

学生の時もそうだった。

 

ひと夏は、ひとまわりも、ふたまわりも

私達を大人にしてくれたから。

 

なぜ、そんな風に夏に進化するかというと

単純に冒険するからですな♪

 

新しいことにチャレンジしたり

花火や楽しいイベントに出かけたり

恋なんてしちゃったり

 

セミの鳴き声を聴きながら執筆したり

(「お父さんお花屋さんねー!」とか平気でくるレベル)

 

そんな風に冒険シーズンなわけですが

 
 

私が思うのは

頭も、体も、そして心も

動かなかったらサビついちゃうぜ?

ということです。

 

この心が一番動く季節が、夏なんじゃないかな。

感動したり、ドキドキしたり、ワクワクしたり、嬉しくなったり

夏の終わりに切なくなったり。

 

そんな風に、心を動かすから

人は進化していくんだと思います。

 

 

そして、心を動かすできごとは

自分から動かないと、やってこないんですな♪

 

・まだあるこの夏、楽しい予定をいれる

・ちょっと冒険してみる

・小さな目標を設定して、それを達成して自分で感動する

 

そうやって、心を動かす予定を入れていこう。

なんなら予定を考えてる時から、心が動いてしまうような

予定を入れていこう。

 

動かさないと、サビちゃうからね♪

 

心をサビさすなんて、お肌にも、人生にも、あなたにも

いいわけないじゃない♪

 

 

心動かしていこう。

夏はあと、数えるほどしか体験できないのだから。

 

 

今日も読んでくれてどうもありがとう。

あなたにとって忘れられない夏でありますように。

 

 

 

めしょん

 

 


 

人生が変わる名言588『この夏は、きっと未来のあの夏になる』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013685330282.jpg
さぁ、未来の話をしよう。

 

あなたの周りには色んな話が存在すると思います。

 

毎日話してる家族との会話

友達との何気ない会話

職場や、お客さんとの会話

良い話、悪い話、どうでもいい話、それでも大切な話。

 

色んな話をしながら、私達は笑ったり

楽しくなったり、いちいち落ち込んだりします。


面白い生き物です。

 

色んな人を見てきて思うのは

 

「何を話しているか?」の占める割合に

人生を全開で楽しむための必勝法が

隠されているということです。

 

何の話をしてる割合が長いと
人生を楽しめるかというと
 

未来の話をしている時間

なのです。

 

これが必勝法です。

うそーーん!って思うけど事実です。

 

多くの人は“起こったこと”の話をします。

もしくは“うわさ話”です。


あ、あくまで過去の話を否定してるんじゃないですよ♪

想い出話や、共通の話をする時間はとても大切。

 

だけど、そんな話をしながらも

輝いていく人の話は、結局、未来の話になります。

しかも、目を輝かせながら未来の話をします。

 

んまぁアレですな♪

コンサル受けたりコーチング受けたりするのも

同じように、そこでは未来の話をするからです。

例え、部分的に過去の話をしたとしても。

 

私達が生きるのは

“いままで”ではなく

“これから”なのです。

 

今まで、○○だからできない。

とかないのです。それ、過去の話ですから。

 

これから、どうしていきたくて、どうなりたいのか?です。

これから、何を成したくて、どんな自分でいたいのか?です。

その為に、今なにをするか?なのです。

 


未来の話をしている目の輝きが

そのまま未来の輝きだと思います。

 

私は、そんな目で、あなたと未来の話をしたい。

 

いい目で読んでくれてありがとう。

 

 

めしょんでした。

 


 

人生が変わる名言587『さぁ未来の話をしよう』

↑このページのトップへ