月別アーカイブ / 2017年06月

こんにちは♪めしょんです

o0600040013474660416.jpg

今回のテーマは♪
【天才になる方法】


ここでは、あくまで先天性の才のお話。


何をするにも、生まれつきできてしまう人が存在します。
生まれつき綺麗な人も確かに存在します。(期限付きだけど)
まぁ、これは事実。


いままで、本格的な天才(世界を代表するクラスの)を何度か見たことありますが
まぁ、嫉妬すらわかないほどの【才】を持ってるわけです。


で、わたくし凡人代表なんですけど
そんな凡人が

創業100年以上の企業の、過去最高収益にしてみたり(えいっ!って)
いよいよやばかった、老舗土産屋さんを復活させたり(とぉ!って)
顔面が絶望的。と言われた女性を輝かせてみたり(ぬあ!って)
閑古鳥がないていた神社を行列にしてみたり(あ、ちょっと運よかった)


KOTOBAスクールという謎のスクールで
マジで今までにない超脳力ワーク(めっちゃ脳を効果的に使うワーク)
で潜在能力引き出したり
(これは数年後絶対ヤバくなる)

してきたわけなんですけど


わたくし、れっきとした凡人なんですよ。


小さい頃ボンちゃんって呼ばれてましたしね。
(顔がボンッとしてたから)


そんなわたしが
天才脳の作り方をめっちゃ一言で表すと


【自分で考える時間】
この長さが、天才を育てる。



そういう結論にいたりました。


例えば、学校の授業や、セミナーとかって
黒板に書いたこと丸写しや
プロジェクターを丸写し。


これは、ほぼほぼ意味をなさないんですよ。
(学び方は自由でしょ!っつー声は横に置いてね。)


だから、私のセミナーはプロジェクター映像全部あげるんですけど


何が大事かって言うと

社会で大事なことって、教科書には書いてなかったことばかりなのは
きっと、誰もが感じてる部分だと思います。


つまり
【自分で考えること】
【自分で感じること】


それが、教科書には書いてなかった部分です。


凡人っていうのは、なぜ凡人のまま終わっちゃうかと言うと
誰かの人生、生きてるんですよ。


誰かの考えを、無意識に選び
誰かの正解を、無意識に自分の正解だと思う。


その間、ほぼ、自分で考えてる時間がゼロに近い。
もしくは、してるつもりになってるだけ。


私が今やっている、KOTOBAスクールでは
参加者様自身が、めちゃくちゃ考える機会を作っています。


スクールのワークで、考えに考え、さらに考え。
そこから感じ、そして、それを発信してもらっています。


もちろん、KOTOBAスクールですから言葉を考えるわけですが

私が意図しているのは

【自分のこと、人のことを考える時間】

これです。


おかげで、みんな
「私には絶対無理!!」って思い込んでいたことを乗り越えて下さってますし
わたしはそこに、とても感動したし敬意を抱いています。


結果的に、絶対無理!って思い込んでたことを
できるようになったのです。


つまり、

自分で考える人というのは
自分の表現で踊る人

そして

自分で考えない人というのは
他人の意志に踊らされる人



美しいのはどっちかな?
っつー話やね。



考えれば考えるほどわかってくる。


答え探しをしていた自分が
自分の中に答えをもつ人間になっていく。


どこかに確証を探していた自分が
自分自身に確信する人間になっていく。



自分で考える時間をいかに持つか?


どんな疑問にも、自分の答えを持ってから
調べたり、見たり、聞いたり、質問したりすること。


それだけで、自分の生き様は大きく変わっていくのである。


誰かに質問するときとかも、必ずこれを忘れないようにね♪


質問の前に自分の答えを持っておく。
それだけで、生きる世界は全然違ってくるから。




めしょんでした。




人生が変わる名言489『天才とは、体の天、つまり脳を自分で動かすことからはじまる』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013473775249.jpg

今回のテーマは♪
【ナルシストのすすめ】


綺麗になりたかったら
ナルシストでいなさいよ。ってお話。


「ナルシストって嫌われますよね?」
っつー、皆に合わせまくるモブキャラ思考を横に置いて
フラットに聞いて頂きたいのですが


例えば
化粧品の営業マンが


「この美容液は、見た目が悪く
なおかつ、あまり美容に効きません。
しかもなんと、お値段が高い!!

そしてなんとここだけの話・・・・
臭いんです!!



と、言ったら間違いなく買わないよね?
まちがいないよね?


で、輝けない!って思ってるがいるとするならば言いたいのだけど

自分が全然売れないのは
自分を全然買ってないからなの。



さっきの営業マンみたくなっちゃってるわけ。


で、ナルシストな奴は、超自分買ってるわけ。

だから最初は勘違いでも

【こう在りたい!】っていうのが強いから、そうなってくわけね。


ハイレベルで勝負する自分が好きだからナルシストなのよ。
で、ナルシストだから、ハイレベルなパフォーマンスができる。


で。

ここが重要。


表面だけナルシストな奴は
これで態度がでかくなり、偉そうになる。


だけど、本物のナルシストはここからがすごい。


ハイパフォーマンスの後は
「みんなのおかげ」
ってのに切り替える。

もちろん、表面上じゃなく、本心でそう思う。


偉い人って偉そうにしてる人じゃなく
堂々としてるだけだからね。


この、堂々としてる。って部分がここだ。
ハイパフォーマンス後のおかげさま


だから、私はまずは自分を買いなさい。って思うわけ。


私ってダメなんです。自信ないんです。魅力もないんです。
モテないんです。お金もないんです。

だから買えません。



じゃなくって、
ここでの自分を買うっつーのは、認めるっつーことだ。


自信ない。
オケイ!それがどうした!ええやないか!
その上でやってこい!ないんやったら何でもできるやないか!
思い切って失敗しても失うもんないやないか!


オケイ!!
っつってね。


自分買ったったらええんですわ。



ちょっとずつ、自分を買ってやる。
そしたら、ちょっとずつ売れていく。

「あなたに会いたい」とか「あなたに頼りたいことがある」
っていう人が出てきて売れていく。


そしたら、バッコーンと自信も出てくる。


自分を売りたかったら(輝かせたかったら)
自分がまず自分を買うこと。


だからナルシストでいいの。



自分のことをまずは買うこと♪

そしたら売れてくから♪



めしょんでした。





人生が変わる名言488『まずは自分を買え。そしたら売れるから。』

こんにちは♪めしょんです

o0600039113472687419.jpg

今回のテーマは♪
【誰の人生?】


今回は
(その思考では間違っても輝けねーぜ!)
というお話。


輝いていく人や、成功していく人には
沢山の方法や思考や習慣があり
まぁ実際の所、パターン化することは難しいのですが


「これは、まぁ間違っても輝けねーわな」っていう人には
共通点が多くあります。


それが、ビジネスであっても、恋愛であっても
美容であったとしてもです。


その共通点が
当事者意識がない

ということです。


何に当事者意識がないかと言うと

自分の人生にです。


言い換えれば、人生の主役になりきれていないということ。



めちゃくちゃ簡単に表現すると


「どこかに私を幸せにしてくれる人いないかなー?」
「どこかに私を楽しませてくれる人いないかなー?」
「どこかに私を金持ちにしてくれる人いないかなー?」

ですな。


まるで自分の人生じゃない所で、すべてが回ってるような感覚。
完全に思考や行動パターンがモブ化してるわけね。



これ、すげーもったいなくて

映画とかで、主人公が偶然スゲー人物に出会って
その人に色々学んでいく。ってパターンがあると思うんですが


最初のうちは、そのスゲー人が何を教えてくれたとしても
主人公はこういうわけです。

『でも○○じゃないですか?』と。


今までその考えで生きてきてダメだったのに
スゲー人の教えに対して「でも・・・」っと言うわけです。


で、それでもしばらく我慢して学んでいくわけですが
スゲー人から学べるのは
『え?そんなことが大事なの?』ってことばっかり。


そこで主人公はこういうわけです。
『もっとすげー魔法みたいなの教えてくれよ!』


で、スゲー人は必ずこういう
『んなもんあるかアホンダラ』

そう言いながら、こう続けるわけです。


『あるとしたら、近くにいる人を喜ばせてみぃ。
思い切って親孝行でもしてみぃ。温泉でも連れてってな!』


で、それをブツブツ言いながら主人公は素直に実行してみる。
そこで、大切な事に気付くわけです。


そこから、主人公は本当の主人公になっていく。

人生の当事者になったからです。


これは、映画や漫画の話ですが、実際でも同じです。


例えば、【偉業】っていうものあるじゃないですか。


偉業って言うのは、一日で成し遂げられたものは皆無で
毎日の習慣が偉業を生み出すのです。
なのに、たった一日で、偉業がなされてると思ってる人もいるわけね。


なりたい姿になれるのは、なろうとした者だけで
夢を叶えられるのは、叶えようとした者だけ。


なのに、(なれればいいなー)なんて言って
なろうともしないわけです。


この状態で、色んなチャンスやキッカケが巡ってきたとしても
「ザル思考」なもんですから。


ザルに水を流したかのように、流れていくわけです。
※参照ヤバイからお読みください 


イイ男も、ビジネスチャンスも
綺麗になれるキッカケも
人生を変えるヒントも

スルスルスルっとザルを通る水かのようにすり抜けていく。


それが嫌なら
『これは私の物語だ』
と、当事者意識を持てばいい。


目の前で起こってることは他人事ではない。
わたしの物語の一部なのだ。


そう認識するだけで、観える世界は圧倒的に変わっていく。

生きる世界も変わっていくの。



私がやっているKOTOBAスクールという
三ヶ月のスクールがあるのだけどね。



参加してくれた人の中には、入学を
親から止められてた人や、友達から止められてた人がいました。


『もし、失敗したらどうすんの?』
『これで変われなかったらどうすんの?』


でも、彼女たちは来てくれました。

そして、顔つき・姿勢・生み出す言葉、
全てが明らかに変わってきています。



皆が止めたのに、なぜ来てくれたのか?
それは

『誰の人生?』

そう思ったからです。


これは誰の人生だ?って。
そこで、私の物語だ!ってなったから新しい自分になれたんです。


わたしは今回のスクールで多くのことを、仲間から学んでいます。


そして、確信しました。

何歳からでも、人は変われる。


まじだぜ♪


そう思うのでした♡




めしょんでした。





人生が変わる名言487『ねぇ、これ、誰の人生?』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013470281851.jpg

今回のテーマは♪
【カワイイはつくれる!の真意】


「カワイイはつくれる!」
これは、有名な花王のエッセンシャルのキャッチコピーですけどもね。


この真意っていうのを(勝手に)解き明かしたいと思います。



カワイイはつくれるというのは
作り物のかわいさという意味ではなく
自分のカワイイを
細胞中に散りばめろということです。



どういうことかと言うと・・・


例えば
「妬み」というのは、決して可愛いとは言えないよね?
ならば、自分の辞書から、誰かと自分を比べて妬んだりしてる
ダサイ自分をなくせと言うこと。


他にも
めちゃくちゃ汚いトイレとか、お風呂とか
明らかに、可愛いとは言えないよね?
それも、自分の空間からなくせと言うこと。


また、美しくありたいのなら


食べ過ぎたり、行儀が悪いのも、美しいとは言えないよね?
ならば、そこを美しくしていけばいいと言うこと。


人を笑顔にしていく活動をしていたとするならば
その活動は美しいよね?
ならば、どんどん自分が美しいと思うことをやっていけばいいわけ。


カワイイ空間を自分で作り
カワイイ活動を自分で作り
カワイイ考え方を自分で作る。


そこにブサイクは存在しないでしょ?
っていうこと。


それが、【カワイイはつくれる】の真意だと思っています。


だから、誰かを悪く言って引きずりおろそうとしたり
揚げ足をとろうとしたりする行動は、美しいとは言えない。


まぁね正直、たまにはあるけどね。
ムカつくことも、うっとおしいこともあるけどね。
それも美しく浄化できれば、ええ思うわけです。


カワイイと感じる服を着て
カワイイと感じる部屋にいて
カワイイと感じる生き方をする。


よいか?


それで、自分の周りを見渡してみるんだ。

そして、鏡を見てみるんだ。


「あ。カワイイはつくれるわ」

思うはずだからね。


それは、作られたかわいさではない。
自分自身の手で、自分の選択で作ったのだ。


作られたわたしじゃなく
わたしがわたしを作るの。



っというわけでね♪


「かわいくなりたい!」って思うなら
そういうのを自分で考えて作り出していく。
っていうのが近道ですな♪


「どうしたらいいですか?どうしたらいいですか?」っつって
聞いてまわることじゃないよ♪
自分でつくっていく。それが、最良の道なんやで♪



めしょんでした。




人生が変わる名言486『作られた可愛さなんていらないわ』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013463886698.jpg


最近たてつづけに女子大生から
メッセージを頂くことが多く

なんだろう?って思ったら・・・・


世界でいちばんうれしい言葉 

いろんな大学の先生方に凄く人気で(特に心理系)
結構多くの先生が生徒さんに紹介して下さってるらしいわ!


今までもブログが
高校の授業とかで、紹介されたことは何度もあったのですが・・・


すげ嬉しい♡


先生方、本当にありがとうございます。
わたくしすごく喜んでおります。

生徒様からたくさんメッセージ貰っております。
先生もなんやったらメッセージくれはったらええのに。思ってます。


あと、わたしにメッセージを送ってくれた女子大生に
『どんな先生?』って聞いたら。もれなく・・・

「先生のことが大好き!(ピンク系ボイス)」と申してましたので
わたしも、この本を紹介して下さる先生が「大好き!(デスボイス)」です。



では、今日のテーマは♪
『告白に失敗した時どうすればいいですか?』


この質問に答えていきたいのですが
告白だけじゃなく、全てのことに当てはまるので見て下さい。


これは、顧客にモテまくる私の友人のお話。


彼女は、顧客にモテる以外にも
告白すると、相当な成功率を誇る女性でした。
(まぁ、そんなに何回も告白してるわけじゃないですが笑)


その秘密を聞いたことがあったんです。



告白する時も、営業の時も、同じ気持ちでいるそうですが

元々、両方とも得意ではなかったそうです。


だけど、ある日突然、得意になってしまった。

その理由とは?


彼女は、元々女優を目指していて
いつもレッスンに励んでいました。

映画やドラマで活動するのを夢見て。



その時の魔法の呪文が


『テイク1』


彼女は、こう言います。

「メイクしたら女の子はみんな女優なの」



だから何かに挑戦するとき、勇気のいるアクションをするときは
必ず、この呪文を唱えるそう。


『テイクワン入ります』 と。


そこで、今自分ができる最高のパフォーマンスをするのが女優だというわけです。



そして、何より必見なのが
彼女は失敗の後、誰よりも立ち直りが早いところです。



その理由を聞いたらこうでした。


『テイクワンでダメだったら
テイクツーをするだけよ』



例えば、ドラマの撮影なんかで

「うわーテイクワン失敗しちゃったからもうやめよう」
なんて出てこないよね?


テイクワンの後にはテイクツーがある。
ダメなら次がある。


そうしたら、失敗したテイクワンはテイクツーに活かされる。
テイクツーはテイクスリーに活かされる。


それを成功するまでやればいい。


何かに挑戦すれば必ずそこに自分史が残る。

わたしはそれをワクワクしながら読みたいし

その自分史に心の底から感動したい。


白紙の自分史なんてうんざりでしょ?



だから、はじめるんだよ。

この魔法の言葉で


『テイクワン スタート!』





人生が変わる名言485『テイクワン スタート』

こんにちは♪めしょんです

o0600040013461014824.jpg

今回のテーマは♪
【~嫌な経験や、嫌なできごとご起こったとき~】


「めしょんさんは嫌なことが起こったとき
どんなメンタルケアをされていますか?」

というご質問を頂きました。


これは色んなものに当てはめられるのですが
結構単純なことを書くのでよく読んで欲しいです。



嫌なことが起こったときは



・・・



一旦、笑います。



「あ、とうとう頭おかしくなったのかな?」

ってくらい笑います。



例えば、20代前半の頃

主人のビジネスで、新築一軒買えるじゃん。
ってくらいのミスがおきました。



それはそれは、まだ私達も若かったものですから

(やべ。どうすんねんこれ。)

という気持ちで一杯でしたが


しかし、ウチの主人のとった行動は
思いっきり爆笑することでした。笑



それは担当した社員さんの責任を軽減する意味も込められていましたが

本当の意味で、彼の笑いが何を意味するかと言うと・・・



最悪な話を、最悪な顔で話したり受け取ったりしたら

それこそ最悪。

ましてや、未来は最悪にしかならないでしょ?という意味。



そして、


「未来の自分は、この小さなできごとを必ず“笑い話”として話している」

だから、未来の自分の力を借りるために笑うのだ。ということ。



それに、

嫌なことを嫌な顔で話したり、受け取ったりするというのは
「自分の枠」に入り込んで現実と対峙してる状況なわけです。


つまり、視野が超狭くなった状態。


これでは、嫌なことや辛いことにしか目が行かず
毎日が本当に嫌になる。



嫌なことが起こった時は
一旦、自分を外から見てみることが大切なのです。


嫌なことが起こってる自分を、客観的に見てみると

本人は笑いごとではないけれど
面白い部分が盛りだくさんなことがわかります。



「だから本人は笑いごとじゃないんだって!!」

って思うかもしれませんが
この言葉を覚えておいて下さい。



こういう時は
嫌なことを楽しそうに話せ。



嫌なことを、嫌な顔して話してどうするんですか。
だから、嫌な気持ちが離れないのです。



嫌なことを嫌な顔をして話すと
嫌なことが粘着する。

しかし、

嫌だったことを「手」を変えて「話す」と
「手放す」となる。


嫌なことだけが放れて行き、ネタだけが残る。



笑ってみると、そのできごとを笑い飛ばせる、未来の自分のパワーをかりれる。

そして、数年後、本当に笑い話になる。

過去の自分に【笑え】と教えるかのように。



こうして、私達は
その悲壮な一件を、たった数ヶ月で、本当に笑い話に変えてしまった。
そしてそのできごとは、私達をより大きくしました。




「人生は間近で見ると悲劇だが、俯瞰で見ると喜劇である」
by チャップリン



自分は映画や小説の主人公だと思えば
悲劇はNEXT STAGEへのキッカケになる。


悲劇は辛いことではない。
悲劇を悲劇のように受け取るから辛いのだ。



それを楽しそうに話せ。

楽しそうに放せ。

悲劇が放れて、喜劇に変わるから。




めしょんでした。




人生が変わる名言484『いいか?笑え。』

こんにちは♪めしょんです


これはわたしの好きな主人のビジネス定義のお話です。



以前、起業3年生の男の子が

マイビジネス論を、主人とわたしに話してたときのこと。


主人とわたしは、聞き役に徹していたのですが


『結局どんなことでもビジネスになるんですよねー。

だってほら、戦争とかも結局ビジネスじゃないっすか?』


と起業3年生の彼が言った所で

我がご主人様のマユゲがとれたての海老みたく、ピクンピクン!なりましてね。


『ちょっと待ちなさい』


と、水谷豊さんみたいな口調で話を止めました。







いいかい?

ビジネスには、どの時代も絶対に守られてるルールがある。


それは2つ。


一つ目。

・売った人と買った人、両方ともが喜ぶこと。


どちらかが損をすることは、ビジネスとは言わない。


買った人は、そこでしか味わえないものや空間

値段以上の物質やサービス。

それを体験して「ありがとう」というものを残す。


売った人は、それを対価としてもらい「ありがとう」を残す。


両方ともに「ありがとう」が残るのがビジネス。

そうじゃなかったらそのビジネスは崩壊する。

だからそれはビジネスとは言わない。



つまり、戦争と言うものは、武器を売った商人国や、一部の上層部しか喜ばない。

これをビジネスとは言わないし

ハッキリ言って、これを儲かるだのなんだのの視点で語るのは

”うんこさん”以下の知能しかないわけ。



二つ目。

こいつが一番大事なルール。

・ビジネスにおいてはどんな経験も、のちに笑いやネタになる


ハッキリ言って、【笑い】にならなければ

それはビジネスとは言わない。


めちゃくちゃ辛い経験も、めちゃくちゃひどい失敗も

後にネタにできる。

これをビジネスっていうのね。


笑えないビジネスなんて存在しないわけ。

だってつまんないでしょ?でもビジネスって面白いものでしょ?

最高に面白い大人の遊びだろうし、生きがいでしょ?


だから、笑いにできないことはビジネスとはいわない。


ほら、戦争っつーのは、ネタにもならないし、しちゃいけないでしょ?

笑えないし、面白くもない。


長年時間が経っても、笑いになんかなりっこない。

つまり、ビジネスとはかけ離れた存在なんだよ。


オケイかな?

覚えておくんだ。


笑いのないビジネスはない。

そして、ビジネスとは笑いそのものなのだ。






これは、わたしの好きなビジネス論です。

いかがだったでしょうか?


なかなか、ナイーブな話でしょうし

切り込みにくい所ではありますが、わたしはこの話が好きです。


とくに、「笑いがなけりゃビジネスじゃない」


こういう視点でやるから、沢山の人を巻き込んで

しんどいことがあっても、ずっと笑って仕事する人なんだなぁ

と感じております♪



あでぃおす♪


こんにちは♪めしょんです

o0600040013458972131.jpg

今回のテーマは♪
【綺麗になりたいが、どうしていいかわからない時期】


どうしていいかわからない。


これは、起業をしようが、育児をしようが、美容をしようが
何をしようとも、必ず起こることです。



むしろ、何かをしようとしてるから

(やべ・・・どうしていいかわからない・・・。)

という時期が来ます。



この、どうしたらいいのかわからないという時期。

色々体験していくとわかるのですが
この時期が一番幸せだったりします。



なにせ、伸びしろMAXの象徴とも言える状態なわけですから。

その時は、モヤモヤしたり、試行錯誤したりして
『もう、いやーーー!!』ってなるのですが


“どうしたらいいかわからない”という状況を打開していく
その瞬間瞬間というのは、永遠に残る財産なのです。


ビジネスにおいても、美容においても、全てですね♪



でも、人はこの【どうしていいかわからない】状況を嫌がるのです。

(迷走に見えるし、泥臭いしね)

どうしていいかわからないゾーンに入らない為に、何もしないことを選択します。



本当の迷走はここから始まる。


あえて何もしないこと(人に頼ってみるとかね)はありですが
逃げて何もしないっていうのはまったく違って


ここから伸びるかどうか?っていうのは、この【どうしていいかわからない】
という心理状況との付き合い方なのです。



『このモヤモヤ本当いや』ととらえるのか?

『今、伸びしろMAXの時間なんだよなー』ととらえるのか?


前者なら、次の挑戦をするのが嫌になるだろうし
後者なら、早く次の挑戦をしたくなる。



この、『どうしたらいいかわからない』という状況を何度も潜り抜けると

『どうにでもなる』っていうところに辿り着く。

ほんと何やってもどうにでもなるから。



綺麗になりたい?
で、どうしていいかわからない?

「超伸びしろMAXだなー!わたし!」って叫んでそこを楽しんで下さい。



そして、いくらでもやれることやればいい。

『これ、いいんじゃないの?』と思うなら、それをやればいい。
『よさそう』って思うなら、やればいい。



【やったらいいこと・やれること】はインターネットや雑誌に無限にあるけど

体感や体験はどこにものっていないし
ましてや、何かを成し遂げた時の気持ちなんてどこにも載っていない。


自分の取扱説明書は
自分で埋めていくしかないのだ。



こればっかりは、自分にしかできないからさ
自分で埋めていかないと。


居心地のいい所にずっといても
自分の取扱説明書は埋められないじゃない?


だって自分のことわかんないもの。


どうしていいかわからない。そのモヤモヤゾーンにいるのなら
「今、伸びしろMAXだなぁ!わたし!」
って教えてあげてね♪



それだけで、綺麗になるアクションはずっとずっと続いていくから。


めしょんでした。





人生が変わる名言483『幸せな時間から逃げてるのはだれだ?』

↑このページのトップへ