2  とらわれの病理—注意と感覚の悪循環 2/2

 

 ある引きこもりの青年は人前で緊張し、ぎこちなくなってしまいます。そのことが人にいやな思いをあたえるのにちがいないと考えています。その考えが自分の緊張を強め、そしてその緊張がさらに人前で相手にいやな感じをあたえているという考えを強めてしまいます。

 彼はそして相手のちょっとした言動も、自分の緊張、ぎこちない態度のためと考えてしまいます。それにまた彼は深く傷つくのです。それがまた彼の緊張を強めます。そしてこの緊張が続くと、できるだけそのような場面を避けようとしますが、逆に緊張した場面への恐怖がつのります。これが、身体、感情、思考、行動を巻きこんだ悪循環過程です。


 私は、自分で自分の症状を強めないこと、あるいは自分で自分の症状を作りださないこと、と悩む人にこの悪循環を指摘します。このような悪循環の指摘は、心身症や神経症の人には、そして引きこもっている青年たちにも理解されやすいし、あーそうだったのかと納得を得やすいものです。

 

 またこのような現象は、けっして精神内界でばかり起こるものではありません。すでにのべたように家族や職場の対人関係でも起こることを指摘しておきます。これは次章でのべますが、親と子どもが相互にたがいの注意と緊張を強めあい、結果として事態がますます悪くなるプロセス(過程)を指します。

 治療者がこの悪循環を把握すれば、悩んでいる人や家族に伝え、打破するための方策を共に考えることができるようになります。つまり臨床的に応用が広い可能な現象であります。

 私は悩んでいる人のないかいや家族の中で起こっているこの悪循環を治療の最初の目標として取り上げます。そしてその悪循環の打破だけで、治療を終結できる症例も少なからずあります。悩んでいる本人も、家族もメンタルヘルスの専門家も知ってほしい現象です。

 

【親子療法引きこもりを救う 著 北西憲二 講談社】



 2  とらわれの病理—注意と感覚の悪循環 1/2


 さて私たちが心身の不快な現象(恐怖、不安、悩みなど)に対して、それを取りのぞこうとすればするほど、自己の注意が集中してしまいます。そのためこの心身の反応がますます鋭く、強く感じられ、さらに注意が引きつけられてしまうのです(精神交互作用)。このような感覚と注意の悪循環から不安や心身の不快感が固着し、神経症の症状となるのです。

 この感覚と注意の悪循環は、広くわれわれの精神内界に存在する現象です。自分の不安や悩みあるいは不快な身体感覚を覚えたときのことを思いだせばよくわかると思います。この悪循環は、ある人が苦痛と感じるような自我違和的な体験をしたときに発動します。それは、不快な感情(不安、恐怖など)、気分、観念、悩み、身体的なあらゆる不快な感覚、痛みなどを含みます。

  また私は、このような注意と感覚の悪循環だけではなく、認知療法が指摘する感情と認知(あるいはそうなるにちがいないという思考)の悪循環が存在すると考えています。

 しかし認知療法のようにある認知のゆがみがある感情を生みだすとは理解しません。例えばも認知療法では、あるまちがった認識が私たちの不安や落ちこみを作りだすと考えます。この考え方はある意味では単純明快ですが、そのような認識のゆがみの結果不安が引き起こされるという原因結果論は、悩んでいる人の心の一部しか説明していないと私は考えています。

 

【親子療法引きこもりを救う 著 北西憲二 講談社】




1 とらわれ—原因結果論からの脱却

 森田療法ではその悩み、苦悩、不安、心身の反応などの原因をまちがった学習に、あるいは誤った考えに、あるいは過去の親子関係に求めるわけではありません。苦しみを自ら強めていく過程、その現象を問題とするのです。

 つまりこのような考え方は、たがいがたがいを賦活(強化)しあって、あるいはたがいに刺激しあって、雪だるま式に悩みが、不安が、恐怖が強くなっている過程、あるいはそのような現象を作りやすい心の態度が問題であるのだと考えます。これはある原因からある苦悩、不安、恐怖が作られるという因果論(原因結果論)ではなく、そこで起こっている悪循環を見ていこうとする円環論的理解です。

 これが「とらわれ」の基本的な理解です。
(森田正馬「神経質ノ本態及療法」『森田正馬全集』第二巻、白揚社、1974年)


 私は悩む人たちの自身の中で起こる悪循環だけでなく、家族や社会での対人関係レベルでの悪循環、さらにいえば実存的レベル(自分自身と自然の関係、つまり自分の自然なもの、心身の反応を自然な事実として受けいれられないこと)での悪循環を見てとろうとします。

 ある人の心のなかで起こっている悪循環の多くは、ほかの人たち、例えば容易に家族を巻きこんだ形での悪循環過程を作りだします。そのようにある人の心と身体は家族との関係とつながり、またそれは社会的な関係へと連続していきます。そしてまたそのような社会的な関係は自分と自然との関係へとつながり、自分自身の問題としてかえってきます。

 これが森田療法の基本的な悩みの認識、理解のしかたです。そして引きこもりや神経症からの脱出には、このように自分自身のなかで、そして家族や社会の対人関係のなかでたがいにたがいをしばり、強めあう関係から抜けだし、ゆるやかな結びつきを作りあげることが必要です。

 引きこもりという現象は、私は少なくとも二つの視点から理解します。それは引きこもった青年のおちいった悪循環ともう一つは家族を巻きこんだ悪循環です。



【親子療法引きこもりを救う 著 北西憲二 講談社】

↑このページのトップへ