月別アーカイブ / 2018年12月


どうも、ついに友達が猫だけになった
やまねです。


_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8866.HEIC
in沖島。
全然逃げへんし、むしろ寄ってくるんですよ。
かわええですよね。

この勢いで様々な運気も
寄ってきてほしいものです。




ということで、
昨日は沖島へ息抜きに行ってきました。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8821.HEIC
船にどんぶらこどんぶらこ揺られて行きました。



ただただ散歩して、猫と戯れるだけの時間。
スーパーやコンビニすらない沖島だからこそ
小さな発見が楽しかったりします。

昨日の小さな発見は、
沖島の方たちの三輪車のサドルには
90%の確率で鍋などを被せていることです。
※写真はありません



_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8952.JPG

生き急ぐ自分に

ちょっと立ち止まってみては?

と語りかけてくれるような素敵な島です。






みなさんも機会があったら訪れてみてください。
※ねこにエサを与えてはいけません。






さてそんなこんなで、
今日のテーマは
ヘリコバクターピロリ菌
です。


<ヘリコバクターピロリ菌>

正直あまり出題されてません。笑

ただ、模試で見かける機会があるので
復習がてらまとめときます。



・ヘリコバクターピロリ菌とは!?
↪︎胃粘膜から検出される菌。
   経口感染します。


・ヘリコバクターピロリ菌は悪いことするの?
↪︎アンモニアを遊離して局所をアルカリ化
   することで胃の粘膜を傷つけます


・どんな疾患に繋がるの?
①胃癌
萎縮性胃炎
③慢性胃炎
④MALTリンパ腫
⑤胃潰瘍
十二指腸潰瘍


・何か特徴はあるの?
↪︎子供の感染は少なく、
   高齢者の感染が多い






今日はこんな感じです。
ヘリコバクターピロリ菌で迷ったら、
胃の疾患か十二指腸の疾患を選ぶと
まぐれでも当たるかもしれないですね笑




次はよく出るとこをネタにできたらな〜と。

お疲れ様でした〜




どうも、夏が好きやけど春も好きで、
なんやかんやで秋が一番やと思ったら
冬も好きなやまねです。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5430.JPG
去年の冬の写真in長浜。
冬、
落ちついた雰囲気がでていいですよね。
普段は慌ただしい街も、冬の音楽とともに
落ち着いているように思えます。



最近、色んな人に
ブログ見たで〜、
更新待ってるんですけど、
地味に見てしまう、
などと声をかけられて喜んでおります。笑

わーい、わーい



ところで、1つ前の投稿に
友達からツイッターで質問がありました。
Pol3ICsoKl.jpg

彼はこの疑問のせいで
なかなか寝付けなかったそうです。

考えすぎて寝られない気持ち、
分かります。

欲しいもののこととか、気になるあの娘の
こととか考えてたら眠れないですよね。
本当にすみませんでした。



彼の言う通りなので
訂正をさせてもらいました💦


nHaNRmueSH.jpg
                           

AedwcByPIf.jpg

ご指摘いただいてありがとうございました!





さて、今回は
多発性筋炎、皮膚筋炎です!




<皮膚筋炎、多発性筋炎>

多発性筋炎とは!?
↪︎横紋筋の炎症性疾患で、
   近位筋群の筋痛を伴う
   対称性の筋力低下を特徴とする疾患


皮膚症状があれば皮膚筋炎
皮膚症状がなければ多発性筋炎
という風になります。

では、皮膚症状にはどんなものがあるのか。


〜皮膚筋炎の特徴的な皮膚症状〜
ゴッドロン徴候
↪︎両側の手背側に紅斑がみられる。

ヘリオトロープ疹
↪︎両側の上眼瞼に浮腫性の赤紫の皮疹が
   みられる。




皮膚筋炎と多発性筋炎には
共通の症状がいくつかあります。




〜症状〜
近位筋の筋痛

対称性筋力低下
↪︎下肢が初発! 筋萎縮を伴います。

嚥下、構音障害
↪︎呼吸困難もみられます。

間質性肺炎

などが症状です。



〜ポイント〜
悪性腫瘍を合併しやすい!!
↪︎悪性腫瘍がある場合温熱療法禁忌です!!

②CK値が上昇する。
↪︎横紋筋の炎症により血中のCK値は上昇
   炎症細胞の浸潤もみられます。

③治療はステロイドを使用
↪︎合併症に大腿骨頭壊死がある!





今日はこんなかんじですかね〜

明日は卒業試験。
いい点とれたらええな〜


お疲れ様でした〜





どーも、寒い中玄関でゴルフのスイングを
練習してるおじいちゃんをみて
元気をもらったやまねです。


さて、
今年はじめての暴年会に行ってきました。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8787.JPG

2人を除いて初対面の人しか
いなかったのでかなり新鮮でした。


社交的になっていきたいものです。




_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8781.HEIC

かなり落ち着ける空間で
みんな優しかったので参加して
よかったです😊







さてさて、
今日のテーマは運動単位です。

<運動単位>
運動単位とは、
1つの運動神経それが支配する筋線維
のことである。



運動単位にもいくつかポイントがあります。

①1つの運動単位は複数の筋線維を支配
    している。
  ※1つの筋線維に対しては原則1つの神経から
    しか支配されない。
     (クエスチョンバンクより引用)

   ※ 模試で
      1つの筋肉は1つの運動ニューロンからしか
      支配を受けない。
      が✖︎となっていましたが、
      これは1つの筋肉には白筋、赤筋線維が
      混在しているため、
      最低でも2種類以上の運動ニューロン
      から支配を受けていると思われます。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8795.JPG




②同じ運動単位の筋線維同一の筋線維   
   からなる。
   筋線維にはⅠ線維、Ⅱa線維、Ⅱb線維があります。
   Ⅰ線維を構成する運動単位はS型
   Ⅱa線維を構成する運動単位はFR型
   Ⅱb線維を構成する運動単位はFF型


このように、1つの運動単位には
赤筋と速筋は混ざっていないということです。
なので、
1つの骨格筋は複数の種類の運動単位で
構成されているといえます。
   




精密な動きをする筋では神経支配比
    小さい
    目や手の筋肉は1つの運動神経に支配
    される筋線維の数が少ない。
    逆に大腿四頭筋などでは支配神経が多い。





④サイズの原理
   活動は小さい運動単位から大きい運動単位
   順に活動していく。
   
   ちなみに
   1つの運動単位が活動すると
   その支配下の筋線維は全て収縮します。








今日もお疲れ様でした〜





   

    





↑このページのトップへ