どうもお久しぶりです、
さっき国試の達人を全て解き終えて
達成感に浸っていますやまねです。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9392.HEIC

毎日コツコツ解き続けてやっとこさ終わり。
あとは見直し作業をはじめます。




最近といえば毎日
起きる
学校で勉強する
帰る
マックで勉強する
寝る
こんな感じの生活になってますが、
そんな生活の中でも感じることは沢山あります。



最近考えたことは
自分の武器についてです。


今何のために勉強してるのか。
→国家試験に合格してPTになるため。
これではなんかしっくりこない。



PTになってからはどうなのか。





国家資格さえあれば働くことができる。
働いてからは沢山の経験を積んで、
勉強して、
現場で働いていく自分ならではの
武器を手にしていくことができる。


そんな中で
毎日出勤して、それなりに成果だして
飯食えてればいいのか。



僕は自分の職を確保して
毎日の生活を守るために
武器がほしいわけではないです。





守りの武器じゃなくて
攻める武器を手にしたい。





目の前で困ってる人がいたら
パッと見て、パッと治す人になりたい。

バンドマン、スポーツマン、表舞台で輝く人が
輝き続けられるように、輝きを増すように
ボディーケア、メイクをできる人になりたい。


自分ならではの武器を磨いて
挑戦したいことが沢山あるし、
働いてからのことが楽しみでしかない。





現場に出たことがないので、
そのギャップに打ちのめされることは
あるかもしれませんが、
夢を語るのは無料。

口に出さないと始まらないような
気もしたので。


そんなことを考えてたら、
国家試験の勉強するのが
楽しくなってきます。笑



大口たたいといて
受からないと話にならないので
毎日頑張り続けます。




さて、今日は
骨粗鬆症についてです。



<骨粗鬆症>

今日骨粗鬆症について勉強したので
簡単にポイントをまとめておきます。



骨粗鬆症とは
↪︎骨形成率より骨吸収率が高くなり、
   骨の絶対量が減少してしまった状態です。
 



〜ポイント〜
石灰化骨(硬い)、類骨(柔らかい)の
比率が正常のまま
骨量が減少していることです。


皮質骨も薄くなりますが、
骨粗鬆症では骨梁も減少するので、
骨が弱くなるのは海綿骨です。




骨粗鬆症では、
骨形成率より骨吸収率の方が高いので
骨塩と骨気質が減少してしまい、
骨量が減ってしまいます。


骨量が減ってるので
骨の強度は弱くなり、骨折しやすくなります。




〜骨粗鬆症で起きやすい骨折〜
椎体圧迫骨折 
大腿骨頸部骨折
橈骨遠位端骨折    など。






〜ポイント〜 覚えておくべし
☆骨代謝に関与する
   血中のカルシウムリン
   アルカリフォスファターゼ正常値‼︎

一説によると、
血中のカルシウム濃度を保つために
骨吸収、形成を調節するので、
正常値に保たれるとのことです。





〜リスクファクター〜
加齢、栄養不足、喫煙、飲酒、運動不足が
あります。

有名なのは
閉経後、ステロイドの副作用です。

閉経すると骨代謝に関与するエストロゲンの
分泌が低下して
骨粗鬆症になりやすくなるとのことです。




〜薬と予防〜
薬物療法
↪︎ビスフォスフォネート

予防
↪︎カルシウム、ビタミンD、ビタミンKを摂取




〜骨粗鬆症と骨軟化症の違い〜

骨粗鬆症は石灰化骨と類骨の割合は
変わらないまま骨量が減ってる
                     ↕︎
骨軟化症は骨量は減ってないが、
石灰化骨より類骨の方が多くなってる。
(柔らかくなっちゃう。)







今日はこんな感じですかね。

まだまだ知らないことばかりなので
国家試験当日までに
1つでも多くの知識を吸収して
いきたいところです。


今日も一日お疲れ様でした。