月別アーカイブ / 2018年07月

どもども羊の皮を被った狼なモグと、腹黒いめぐっちです!
まぁ結局そう言う事です(* ̄∇ ̄)ノ

この暑い中どう涼しく過ごすか!
機能性、通気性、着心地の良さ、
それに加えて楽に着脱出来る服。

そう!!
浴衣!
IMG_20180718_212051_942.jpg
_20180718_161915.JPG
IMG_20180715_164601_756.jpg
BeautyPlus_20180715164052562_save.jpg

いや嘘、暑いっす💦
めっちゃ汗だく(笑)
ただ人目には涼しく見えるそうだ

なので人と目が合うと微笑んでみる。
汗でドロドロなメイクでも(笑)

浴衣を着はじめて一年
(* ̄∇ ̄)ノ

だんだん着るスピードも早くなり一人で
不自由なく着れるように。

前に飲み会にて
『一人で着付けれるの?』と聞かれたので
『はい!』と元気よく答えたら

『じゃ脱がせても自分で着れるんだね』と何やら怪しい視線
『脱ぎませんよ(* ̄∇ ̄)ノ』
と丁重にお断りしました
×18回←ここ!


なにやら夏のアレを楽しみたい女子ども
聞けーー!
浴衣モテるぞ!!


とまぁ、冗談はおいといて

浴衣や着物って年齢若い人が着ると目立つ。それだけで話しかけられる。
『お祭りでしたかね?』とか
『涼やかですね』『おぉ!小粋やなー』と知らない人が振り向いてくれたり、見てくれる。
あとは喋らずにこやかにしているだけで、それはもう和服美人を装える👍

私も時々イライラしたり不安になったり
なんか今日は楽しく過ごせないな…と思う日もある。
そういう時は浴衣を着てみる。
『よし、浴衣を来たから笑顔になろう』

こうやって自分のスイッチを切り替えるようにしている。
そうスイッチを切り替える…
うわーーーーーー

真っ当な事を言って冷静になろうと思ったけど無理や~。

買ってもうた~!
買ってしまった
買っちゃったんだよ!!!

着物。
よく行く着物屋さんでイベントがあり
ふらっといってみると、似合うのあるよって着せてもらってあれよあれよと着付けられる
三枚着せてもらってトータルで580万

『どうする?』
買えるわけねーだろ!

○自分によく似合う紫で蝶の柄の着物
○フォーマルでも着れる紫と白のバイカラーの着物
○白い着物にうっすらと白の糸で花の刺繍がしてある着物

1532076273896.jpg
白にしたに決まってるやろーーー!
↑これで200万
去年黒だったからな!(知らんがな)

そしてチャラい男の店員さん
(ここに写ってないけど)にイライラしながら着付けてもらって不機嫌中の写真(笑)

いやね、店員さんに好みを理解してもらえるようになったのは嬉しいんだよ。

…なんだけどそれ提案してこっちの満足度って何%なの?って話なんですよ。

すでに好きと確立した物を回りに増やしてもあまり変化がない。

欲しかったのは非日常。
なのでこの白い着物買っちゃいました👍


時給850円ですけどなにか?
(*^▽^)/★*☆♪
まぁーあれやこれや駆け引きをして相手を振り回して90%オフくらいにはなった(笑)

ここの話はまたゆっくりしたい!
とりあえずこう言う時にこの中で一番欲しいのは何?と聞かれたら値段が一番安いものをあげる
そこが秘訣♥


秋には仕立てあがるので着てからお出かけしたいなー(ノ´∀`*)
デートのお誘いはお早めに★

そして最近旦那ちゃんと
『パトロンが欲しい』と話した所です。
こっそりDM下さい♡先着50名くらい

お金じゃなくて楽しい時間を提供してくれる方が嬉しい(^o^)v

まぁつまり、ちやほやしろや
まぁつまり、崇め奉れや
まぁつまり、愚民ども膝枕♡
とツンデレな訳です



さて夏もまだまだ始まったばかり
夏が苦手なめぐっちですが

イベント詰めすぎて心配(笑)
無題4.png

無題13.png
↑すぐ熱がでます。
冷えピタの差し入れ喜びます✨



ファンタジーな脳みそのモグと、夢と希望を胸に秘めためぐっちです👍
つまりお花畑ちゃんなのです🎵

今日はいつかこんな絵本を作りたいと思った出来事がありとりあえずストーリー考えてる途中です✨
↓こちらから♪

とことこ
大きな荷物をもって1人のおじさんがあるいています。


『えーんえーん』
どこからか女の子のなき声がするぞ
『おじょうちゃんどうしたの?』
おじさんはしゃがんで、ないている女の子に話しかけました。

『となりまちにいきたいのにあしがいたいの…』

『どれどれ、見てあげよう。おじさんはね、旅する靴屋さんなんだよ』
大きなカバンを取りだし中を開いて見せる
そこには靴を作るための道具がたくさん

『…いやいや…足は見せたくないの』
女の子は嫌がり靴を脱ごうとしません。
よく見てみると片方だけ少し大きめの靴をはいています。


『どれどれちょっと靴とお話してみようかな』
おじさんはそういうと小さな小さなトンカチをとりだしてトントントンと靴を優しく叩きました

『靴さん、靴さん、聞こえますか?おじょうちゃんが泣いていますよ』
声色を変えて
『こんにちは、靴屋さん、私はこの子の靴です。どうしてか私と一緒に歩くと泣いてしまうのです。困っています。助けてもらえませんか?』

女の子の方をみておじさんは言いました
『おじょうちゃん、靴さんから助けて欲しいと頼まれたんだけど、おじさんに靴を見せてもらえないかい?』

泣いていた女の子は
『…靴だけよ』と靴を脱いでくれました。
するとすぐに足をもう片方の足の後ろに隠して必死に泣きそうなのを我慢していました。
(もしかしたら靴じゃなくて足に秘密があるのかもしれない)
おじさんはそうひらめきました

『せっかくだから足の指のダンスをしてみないかな?』
おじさんも、履いてた靴を脱ぎ靴下も脱ぎ地面に足を着けました。
その場に座り込み足の指を開いたり閉じたり、その辺の石ころをあしでつまんだり
一緒にやろうとさそいます

『いやよいや…だってママが足をみせちゃだめだって』
女の子はまだ泣きながら首をふります

おじさんは近くの噴水に足をつけて
ぴちゃぴちゃぴちゃ
一緒に遊ぼうとさそいます
『だめよだめ…だってママは私の足を見るたびに泣くの』
おじさんは言いました

『でもいまは君の足が泣いているよ、誰にも言わないから教えてごらん』
女の子の大粒の涙で靴下までびっちゃんこ

女の子はおそるおそる、ゆっくりと靴下を脱ぎました
『おや!たまげたなーなんて素敵な足なんだ』
おじさんはその足をみて大喜び!

『うそよ、うそ。だってみんな私の足は変だって言うし、この町の友達は私を笑い者にするの…だからとなりまちにいってお友達になってくれる人を探そうって思ったの…』

『ちょっとまってて!』
そうおじさんは大きな荷物の中から何やら探し物
いろんな物が出てくる出てくる。

その中から良いにおいのする小瓶と、棒つきキャンディーを出してくれた。
『靴を作る間これをゆっくりなめてまってておいて 』
おじさんは女の子の小さく縮こまった足に小瓶に入った液体を塗る。
女の子は良いにおいでゆっくりした気持ちになる

『ずっと隠すようにして歩いていたんだね。きみの足の指は六本もある!人よりも1個多くもらえたんだからラッキーだな~。でも恥ずかしくてそれを隠そうと無理に指を曲げてたから靴にあたって痛かったんだな』
そう言いながらおじさんは女の子の足を優しくほぐしていく。
ぎゅっと閉じていた指もマッサージが終わる頃にはピアノが引けるくらい指が生き生きしている。

『あはは、生きのいい指だな、これでしっかり地面を踏み込めるぞ、なんせ六本もあるから』

女の子ははじめて自分の足を褒められて
うれしくなりました。


おじさんはカバンをその場に開いて言いました

『さてさて今日はどんな靴にしようかね、君たち、寝てないで起きておくれ』
小さな小さなトンカチをトントントンと叩くとあらふしぎ

道具達がふわふわと宙に浮いて踊り出す

『まずは測定からだ、メジャーさんよろしくね』
女の子の足の回りをくるくるリボンの用に舞い踊る
『さぁ、みんな順番に働いておくれ』
おじさんがそういうと道具達は楽しそうに働きだす

鉛筆、はさみ、のり、針に糸、
可愛い赤い皮に、きれいな色のピンクのリボン、列になって待っている

(このあたりは詳しく調べて作り方みて変える)
女の子は目をキラキラさせてどんどん出来ていく靴を見ては驚く

『まぁーすごい!なんではさみが勝手に動くの?』
『だめだめ、君はキャンディーを舐めておいて。そのキャンディーは魔法のキャンディーなんだ。笑顔で舐めていると道具達は魔法がつかえる』

女の子は必死にペロペロペロッとキャンディーをなめる

靴屋の道具は踊るようにリズムに乗って次々に仕上げていく
針でチクチク
形を整えるよ
トントントン

出来上がるのを必死で見ているとキャンディーはいつの間にかあと一口
『もうキャンディーがなくなるわ!』
『大丈夫、全部なめてごらん』

小さなかけらが口の中で溶けていくと最後に残ったピンクのリボンがちょうちょのように飛び回り、赤い可愛い靴にぴたっと止まった。

『ちょうど出来上がっただろ。さぁ君のための靴だよ、はいてごらん!』
そっと六本指の足を差し出す。ぴったりと足を包み込む
もう一方の少し小さな靴もはいてみる


『足が痛くないわ!それどころかなんだかたくさん歩けそうだし、走れそう🎵でもこんなに可愛い靴だから王子様と踊りたいわ』その場をダンスするようにくるくると回る女の子。

泣いてばかりだった女の子はしっかりとおじさんにお礼を言おうと、くるりと振り替える

『ありがとう!おじさん、私これで歩けるわ…あれ?おじさん?』

もうそこにはおじさんの姿はなく残ったのは女の子の手に持っていたキャンディーの棒と、素敵な赤い靴だけ

女の子はそっと靴に語りかけます
『ありがとう、魔法の靴屋さん』

こんな魔法使いのような靴屋さんがもしかしたらいるかもしれません。
困った人に会いに来る靴屋さん。
本当に魔法が使えるのかって?
それは秘密、秘密のお話
不思議な不思議なお話でした。
おしまい

この話を書こうと思ったのは靴職人になりたい人に出会ったから。
『1人だと早く走れる。それがわかったから今後は相手のペースにあわせて助走してあげたい』

彼は私に夢とこんな言葉を酔いながら語ってくれた。
それがとても素敵だったからこの先も夢を応援しよう!って思った。

遠い未来のあなたにこの話を贈ります✨
焦らずに、自分らしく
夢を叶えてね😃

私にはこんな風に素敵に、人のために靴を作る姿が見える。魔法のように出来上がる靴、そのための呪文を今、覚えておいてね🎵




どもども、うる星やつらならランちゃん的な性格なモグと、実生活において諸星あたるを管理するめぐだっちゃ♡



いや~うちの諸星あたる、ほんとにリアルに諸星あたるなんだわ(笑)

誰かの顔が思い浮かんだ人は相当なめぐマニアです👍

_20180712_233411.JPG

しかし諸星あたるがいるから私もセットでそこに存在することになる。
いろんなイベントを一緒にしているからこそ息のあった連携が取れるんですが

今回は、そのあたるとはバラバラで8/1に千葉で行われる『サーカス』に親子で参加してきます★

が、家族から猛反対。

何故かって?


20180716_053422.jpg
私が面堂終太郎だから
『暗いの怖い、狭いの怖い』

私の場合は
『遠出が怖い、乗り物怖い』
BeautyPlus_20180626093246294_save.jpg
↑かなりの勇気をだし広島市から福山まで(高速バスで乗り換えなし、1時30分で到着。バスは20分~30分間隔で出発している)旅をした!!

私的には大冒険。
不安すぎて安心する物を持っていないと滝汗レベル
なので絵本と旅行してきました♡

会いに行く相手からこんなバスに乗ってここでおりるんだよー!というアシストがあり途中で挫折せずに目的地までいけました。

大袈裟だな!って思われるんですが乗り物恐怖症というのか本当怖いんですよね💦

○人見知りはないのに駅員さんやバスの運転士さんに『~ってどうやっていけばよいですか?』と聞けない。
○車内の路線図をみて止まる駅の数をずっと数えて到着を待つ
○なるべく入り口付近にいたい
○息がうまく出来ない

(入り口付近本当は危ないそうだ。何度か痴漢にあってしまって警察からのアドバイスもあり最近は少し人を掻き分けて中に行くように、でも息苦しい💦)

でも行くのを決めたきっかけは
全て『勢い』だった。
(アルコール飲んでる時の勢いはダメだよ!ダメ絶対!)

サーカスに行くことを決めるより先に
8月後半に福岡で行われる
『こどもばんぱく』に参加をきめていろんな人のアドバイスで

これなら福岡に私行けそうだ!(笑)
乗り物乗れば行けるの当たり前なんだけど往復ならいくらくらいだよ!

ここからだとこのくらいの時間だったよ!と寄り添ってくれた人がいたから踏み出すきっかけになった。

8月22日開催こどもばんぱく
20180414211027.jpg

こどもばんぱくの具体的な説明 - ケント ト ホント
僕はこどもばんぱくというイベントを主催します。 こどもによるこどものためのイベントです。 九州初‼︎ こどもたちが開催するこども向けのワークショップイベントです。 こどもばんぱく説明動画 こどもばんぱくの出展募集の動画です。 こどもばんぱく出展募集 僕がイベントをやろうと思ったきっかけ 僕がイベントをやりたい理由 こどもばんぱくのテーマは「未来×想像×不変」です 日時 8月22日(水) 場所 高宮アミカスホール (福岡市南区高宮3丁目3−1) amikas.city.fukuoka.lg.jp 入場日無料 無料(ワークショップ代は別にかかります) <メインイベント> EHON TONEさんの読…
patakokun.hatenablog.com
どうしてこのばんぱくが出来たのかそれを見たときに『勢い』で出展者として参加をきめました。胸熱になったのだよーーー!

こどもが作るこどものためのイベント
(ノ´∀`*)最高🎵
 13歳でクラウドファンディングをみごと達成し、イベントをどう作っていくのか悩みや葛藤と共に私も成長してます。彼との出会いは本当に刺激的🎵


ここで勢いついちゃったので
5月終わりにサーカスに行くことを勢いできめ、
6月終わりに、福山に会いたかった人に会いにいった。

そして7月16日の朝、やっと千葉へいくために新幹線の予約をしました。


朝の四時には目が覚め、呼吸が少し乱れながらなんとか予約。
宿、往復の新幹線と仮予約完了

(安堵しているがまだこの時点で決定じゃないんだけどね)

そして加入中のオンラインサロンのオフ会が丁度8月1日と8月2日にある。
行けそうな距離なので行こう!と決めた

8月2日
たこ焼き長尾さんで美味しいたこ焼き🐙を食べよう!に参加✨
(勢いでなんとでもなるといま思い込んでいて、どうやって行くのかまだ調べれてない)

たどり着くエンタメとしてみんなに助けてもらうことにします(笑)

FB_IMG_1531688950198.jpg
〒125-0062 
東京都 葛飾区青戸3丁目31−4
たこ焼き長尾🐙
いまからワクワクしてます✨




余談ですが面堂家の家門はひょっとこ
そこから🐙をペットにする終太郎
本人を前にしてたこ焼き食べると日本刀振り回して怒ります(笑)
20180716_061428.jpg
(口の感じがひょっとこなのでタコに愛着がある面堂終太郎)

でも食わず嫌いのまま美味しい事に気づけずおわるより恐る恐るでも体内に入れてみる事で世界がきっと変わるよな~と改めて思う。

相変わらずいろんな人がいていろんな個性があっていろんな苦手や辛いこと、
逆に得意な事や楽しいこと
いろんなものに満ち溢れている。
でもただ時間の浪費をしたいわけじゃなく

会いたい人は選択している
(偉そうな言い方♡)

人と会う事で
これ無理だって!と思っていた事をほどくのがうまい人もいて自分の常識をころっと手放せたり、、
やっぱり嫌い!とされて嫌な事が再度確認も出来る。


でもなんにせよその場所に行きたいと自分で選んだって事が私にまた彩りを与えてくれる

この夏をおもいっきり楽しむ🎵
received_1482090858558899.jpeg
私のうる星やつら達♡
これが全員じゃないけどまたみんなで集まりたい🎵
この半年で会いたい人が多くなった。
会いに来てくれた人や、会いたいね!と声をかけてくれた人
時間はかかるけど会いに行こう


↑このページのトップへ