月別アーカイブ / 2019年10月

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5572.JPG

’74神奈川生まれ。幼少より日本民謡の唄と踊りの舞台に立つ。
‘89『安曇野めぐ留』の芸名で活動開始
‘91劇団テアトルエコー養成所等で芝居等を学ぶ。父伊藤多喜雄のTAKiOBANDでコーラス担当し国内外のコンサート参加。
‘95タイのChiang mai college of dramatic Artsでタイ舞踊を学ぶなど旅に出る。
‘98渋谷アピアなどでソロライブ開始。
マキシシングル『めぐる』2002発売。タイチェンマイ『いのちの祭』歌唱演奏。
マキシアルバム『U-tini』2005発売。
2010 日舞若柳流 若柳麗氏に師事。
2011『めぐ留』と改名。二児の母。
2012 伊藤多喜雄CD「PING」を企画プロデュース。伊藤多喜雄と坂田明、佐山雅弘、宗次郎、友川カズキ、林英哲、村上PONTA秀一らと、伊藤多喜雄のデュオアルバム。
2014 女性和風ユニット「ほうずき」結成。小鼓を仙波清彦氏に師事。バンド「メテオール」ゲストコーラスで参加。
2016 「渋さ知らズ」参加。CM「武松商事・エコクル」テレビ神奈川テレビ放送。
2017年映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」劇中音楽ボイス参加[2]。武松商事CM"エコクルBOX""エコクルカーゴ"「奥様川柳篇」「そんな時は、エコクルボックス篇」テレビ神奈川 J:COM神奈川テレビ放送。
2017 映画「SHIDAMYOJIN-シダミョウジン-」(遠藤ミチロウ・小沢和史監督作品)
2017 国内音楽配信サービス開始
2019 中国大陸台湾音楽配信サービス開始。タイ国パイにてHIP magazine 主催「PAI JAZZ&BLUES FEST2019」堀越彰、立花秀輝らと歌唱演奏。かわさきFM『伊藤多喜雄とめぐ留の民謡クロスオーバー』番組にめぐ留が企画プロデュースし、父伊藤多喜雄とパーソナリティをつとめている。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5571.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5570.JPG

久しぶりにAPIA40に「ワンマンに向けての意気込みなど」原稿出してくださいって。

どれくらい?って聞いたら、800文字って。私はわりと普段から頼まれ原稿が多いけど、最近はなんだか頭が痛いし、高校生になった娘の登校時間6:30の早さに一日中ぼーっとしているし、仕事も異様に忙しくて、休む時間作るのに精一杯で、文章を書くというモードになかなか切り替わらない。言いたいこと、訴えたいこと、伝えたいことがないわけじゃないけれど、たぶん自分を大切にするようのなったんだろうと思う。

とはいうものの、新潟岩室バンドやメグルセカイワンマンと、真ん中の空洞は、少なくなっていく先頭上位に未だすがったまま、みんなの不安を膨らますので、もう少ししっかりやろう。しっかりしろよと思う。

800字は30分かからず、きっかり800字だった。なんだか面白味のない文章なので、もう一回ちゃんと書くわと言いつつ、結局、締め切り日に数行直して、直されて終わる。一番笑ったのはレディー・ガガの「・」はるかちゃんはまじで最高にユニークだな。「・」あるの知らなかった。というか気にしていなかった。



以下、ずいぶんぶりにあたふたに寄せたもの。

その先の未来のことは聞かないでほしいが、すぐ先の目標は見つけた。私は今を生きています。過去はバームクーヘンのように積み重なったものでしかありません。今はその目標に向かって、目の前のことをコツコツとやっています。そのことがそのうち、ぶっとい幹になるのでしょう。



_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5474.JPG


「ぐるぐるめぐる」


20歳過ぎた頃、富良野塾で出会った先輩と二人、北海道富良野農家へ玉ねぎ収穫のお手伝いに行った。住み込み。畑は全部で23町(1町=3000坪)と大きい。朝は苦手なのだけど、自分とその家の家族のご飯作って、収穫をした玉ねぎを入れる大きな1tコンテナをいくつも作って畑に出かける。雨の日はお休みとなり、野菜の状況や出荷の都合で、夜業の日も増え、とても厳しい作業が増えるのだけど、私はこの農業収穫の経験で、天気と共に生きるということを知ったし、作業中の励ましのために唄を唄うことの意味も知った。びちーっと詰まった畑で、端っこから玉ねぎを機械で収穫し、最後までやりきる。その時のあの爽快な気持ち、快感。その仕事に心から癒された。

3年前に50歳で唄をやめると決めた。畑と同じで、終わりがあれば、何があってもそこまで精一杯やると思ったからだ。落ち込まないし、ダラダラしない、決めたからには、何があっても一生懸命やろうと思った。今までこの30年ももちろん一所懸命だったけど、なんだか運命のジェットコースターに乗って、全く達成感を感じられていなかった。目指す方向もよくわからなかった。毒にも薬にもならないことに、ずっとモヤモヤしていた。でももう決めた。決めたからには真剣にやる。今までどちらかといえば、自分の人生の方を優先して考えて活動していたけれど、これからは家族にも迷惑がかかる。だから、みんなにもそう宣言して、迷惑をかけるだろうけど、どうぞ協力してくださいと言った。娘は「ママは、50歳で売れてやめるとか設定はあるの?」という。夫もCD何万枚とか目標があるのか?と。それは売れたら売れたに越したことはないし、万が一レディガガのようなアングラ系スーパースターになったら、簡単にやめられないんじゃないかとも思うけれど、とにかく私の目指す唄が私の中から出たらいいと思っている。誰かが作ったようなルールもジャンルも、民謡だとかオリジナルだとか、何かに一切こだわりたくない。素直に正直でいたい。唄うことが好きだった日に戻ったように、うまくいかなかったことも上手にできるように、愛が溢れるように、安心して唄えるようになりたい。

そう決めたら運命の輪はカラカラと回り出し、神様からの贈り物のような、素晴らしい人たちに出会えました。できれば私の唄い納めの日にも、このメンバーがいてくれたらなと今、心から思います。

11/26彼らと一緒にアピア40で唄います。


めぐ留MEGURU with love
今日も明日も明後日も
みんな元気でありますように。


新潟岩室バンド
10月30日(水)APIA40
『POETS ON THE ROAD』
🕊新潟岩室バンド
めぐ留(vo)
石塚俊明(dr/頭脳警察)
永畑雅人(p,acc,mand/パスカルズ)
松井亜由美(vln/パスカルズ)
🕊中川五郎(Vo.G)
🕊りお(Vo.G)
開場18:30/開演19:20
前売¥2500/当日¥2800+1d

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5463.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5462.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5461.JPG

11月2日岩室五十嵐モータース
場所:新潟県岩室 

🌈11月26日(火)APIA40
『グルグルメグル』ワンマンライブ😀
🕊メグルセカイ
めぐ留(vo)
堀越彰(dr)
立花秀輝(sax)
田ノ岡三郎(acc)
ゲストボーカル🌻キナコ
開場19:00/開演19:30
前売¥2500/当日¥2800+1d

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5471.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2230.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5470.JPG

めぐ留スケジュール2019/10から2019/11まで💌 : めぐ留 公式ブログ
新潟岩室バンド10月30日(水)APIA40『POETS ON THE ROAD』🕊新潟岩室バンドめぐ留(vo)石塚俊明(dr/頭脳警察)永畑雅人(p,acc,mand/パスカルズ)松井亜由美(vln/パスカルズ)🕊中川五郎🕊りお開場18:30/開演19:20前売¥2500/当日¥2800+1d11月2日岩室五十嵐モータース新潟市西蒲区
lineblog.me


夜は寒いね。薄着してるからよけいに寒い。
安心して、ぐっすり眠れるように祈ります。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4632.HEIC

Hello my friend.
まだ話していないけど、
来月から、来春の準備はじまります。
一人でやれるかなとか、心細く思う。
毎日いろんな顔を見て、意見を聞くと
迷いや不安が出てきたりする。

誰か一緒に考えてくれたらいいなとか
側で一緒に勉強してくれたらなとか
私の事なのに、甘えもちょっとでる。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3233.HEIC

偶然流れる音楽は、励まされるね。
さっきもそうだった。
全然知らない曲だったけど
誰かにそう言われたような気がして
ずっと昔に諦めたような
あたたかい気持ちがつまってた。

私が希望を持たなかったら
ただ目の前の高い山。
今は少しでももいろんなことに
惑わされないように、前向きの聴くことにする。
そしたらなんだか心もあたたかくなって
妄想なのか、勘違いなのかわからないけど
大きな愛に包まれた気がした。


Hello my friend.
ゆっくり眠れそう。どうもありがとう。
おやすみ😴

めぐ留MEGURU

↑このページのトップへ