月別アーカイブ / 2018年02月

良きトライアングルを組みました。
前回、東京湾ホエールズでやった時のリポート書いて頂いてます。↓

まだ3回目のホヤホヤです。
初めてやったアピア40
伊藤多喜雄×めぐ留親子deショー↓

一緒に音楽を作ってくれるメンバーは。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5173.JPG

若い頃、村上ポン太秀一さんの弟子入り、山下洋輔トリオでその魂を培って、父の伊藤多喜雄のバンドでも長年演奏してくれている堀越彰さんは、ソリストとしてドラムのそれを表現してくれますが、彼の父上の日舞を全く学ばずしてきたとは言っても、遠くから眺めた姿はその型を、そして憧れた古典の響きをしっかり受け継いできたものと感じます。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5174.JPG

また野毛の流し芸などで、ご一緒させて頂いてきた田ノ岡三郎さんは、エレクトーンなどから出発した旅の先としてある彼のアコーディオンは、ベースラインとメロディ、コードの奥行きを一人で引き受け、普段の三郎さんからは全く想像もできないほどの、特有の、2枚目の艶色を古き良き音で演出してくれています。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5172.JPG

私の名前はめぐ留
本名は、もともと苗字は伊藤でもないし、名はめぐ留でもありません。二児の母で夫もいますし、実は会社員です。
そして、うたも唄っています。
なので、時々自分が何者かわからなくなるし、全部本当なので、一言で言えません。

民謡歌手と言ってくださる方もいますが、ジャンルとかよくわかりませんで特定できないですし、しいていうなら民謡系の歌手であるくらいです。

でも、見たまま、感じたままで結構です。知ってくださった方が勝手に決めてください。「真冬の底無しジャズ」で、どん底に落ちるくらいのパワーで挑戦したいと思います。ズコー

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5110.JPG
対バンの皆様も素晴らしい。
2/8吉祥寺曼荼羅×地底レコード
『真冬の底無しジャズ』
●めぐ留/田ノ岡三郎/堀越彰
●中島さち子/山田あずさ/相川瞳
18:30Open 19:30Start ¥2800 +1ドリンク チケットについて 0422421579

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5175.JPG
さぁ、これからブロック組み上げます。
福は内で、どうぞよろしくお願い致します。


めぐ留❤️with LOVE


君みたいな子は、僕のような賢い男といたらいいというが、そういう賢い人が一緒にいてくれたお試しがあるかいな。



夢は叶うと言うけど、
それは叶うまであきらめないからと
いつからか思って

努力しているうちは
本当にそう思って頑張れるけども
そこまで続くか、または命が続くかと
モヤモヤさせて
みんな、大人になったはず。


そのうちどんな夢だったか
どんな人になりたかったかなんて
すっかり忘れてたりする。

夢なんか持つなって人もいるしね。
楽しいことだから続くとか。


楽しいばかりのことなんてあるのかなと、今探してるところ。やりたいことだから、頑張ろうという、頭の中での変換はできるようになったけど、楽しいってそういうことじゃないのかな。


15歳の時、ある映画のお稽古に入っていて、原宿のクレヨンハウスの方のカフェドパリ?に、成田社長が芸名を書いた紙を持ってきた。そこには「安曇野めぐる」とあった。あの安曇野はその頃、上映してた黒澤監督の「夢」からって言ってたな。また観てみようかな。



小学校の頃の夢は、デザイナーとか、もしかするとお嫁さんになる事だったかもと思ってきたり。

そう考えると、ほうずきのライブでは自分たちの着物は、布を選びに行って、好きなもの作ってもらったし

↓みゆきさんの作ってくれた、レースとストライプの着物。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5151.JPG
↓大果ちゃんの衣装は、もうだいぶ小さくなっちゃったけど。水玉とストライプの着物。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5152.JPG
お嫁さんにも、お母さんにもなれた。

欲望はまだまだと言い出して、どんどん大きくなるのか、いやこれがそうと納得するかは人ぞれぞれだけど、よく考えると、結構叶ってるんじゃないかと思う。

まさしく、私なんて、昨年は本当にそういう年だったじゃないかい?


だから、現在進行中の夢については、夢ノートに足していこうと思う。


おそらく夢は現在もう手元にあって、とっくに達成していて、その中で生きている。


どういう人になりたいかも一緒で、人間だから、自分がずっと思っていた絶対イヤなものも、ある時知らないうちに自分もやっていて、でもそんなの気がついてゾッとしたらやめたらいいし、ウソがイヤなら、ウソにしなければいいんじゃないか。


目の前に新しい世界が広がってる。
いつでもこれからはじまる。


ときどき、骨も折れるけど、せっかく出逢ったのに、あきらめるのは早い。自分には敷居が高いのは、ゼロからはじめないからで恥ずかしい事もない。


毎日私のこの皮膚でさえ、消滅しては生まれてるんだから。シミなんかそのうち消えてる。



今日も明日も明後日も
みんな元気でありますように。


めぐ留💗 with LOVE

↑このページのトップへ