月別アーカイブ / 2017年09月


きっと大きく変わることだけが、変化と思ってたりする。早く詰め込むことだけが、カサを増したようで、表に出さないでいれば上質でいて、いくつかのプカプカと浮いたものは、海の油のように、七色にでも光って漂っていられるのかも。

本質などどうでもいいようなものと、認めてしまったようで、少しせつない。


師匠から口伝えで、少しづつしか進まないもの。今は録音することで振り返ることはできるけれど、本当はそこで教わったそれだけが頼りで、その事で終わり。だからこそ凄みがあるような。

私はいつでも
本当のことが知りたいだけでした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1920.JPG
久しぶりにお稽古に行ったので、全部忘れた母娘。

昔から永福町は、両親から聞いていた、私たちよりももっと格上のものがある場所と思っていました。未だに、そんな風に感じる事があります。代々受け継がれてきた高い教養が、いっぱいあるんだろうなと。古いということ、つなげるというのは、いつまでも憧れのものです。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1921.JPG
たまたま見つけたミニストップのアイス。栗で、コーンは黒糖いり。まいう
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1919.JPG
姉弟子らと。みんな私よりずっと上手→でも優しい→甘える→上達遅い。

永福から下北経由で多摩川を渡るので、途中は山村音楽会へ。いつも不破大輔さんのFacebookに出てくる山村俊雄さんの個展「原基ー原器」
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1916.JPG
ピアノの渋谷毅さんがソロで出演された日。この日初めて。稽古のとき聞いたのだけど、うちの師匠の藝大の先輩ということで、たくさん想像膨らみました。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1917.JPG
途中、娘にキノコのシャツを購入したので、遅れて到着して、お財布を出そうとしたらその袋のカサカサがカサカサいって、娘にとても悲しい顔をされる。

緑の深い森の中で、ぐるぐるする。

その空気を味わうと、不思議と「安室ちゃん引退」が頭をよぎる。同時にギリヤーク尼ヶ崎さんらしき人の舞が見えて来て

あぁ昔、どこかでお会いしたと聞くのだが、どこだったのか?

その2人のヒトの、修行の道を、映画か何かで辿っているようで。頭の中はそれ一色。

娘は2部の二曲目が好きと言った。私は、最後の曲がジンとした。せつない曲でした。そして最後にその山村さんの森は、孔雀が広げた羽根のように。緑と青と赤と。


あとで神戸の方が、「ロータスブロッサム」を送ってくれた。これじゃないかなと。

なるほど。

蓮の花は、泥の中で美しく咲く。黒い泥の中にぐにゃぐにゃ栄養がたくさんあるのね。それをすいあげる力があって、あの花の形状と変わる。そのぐにゃぐにゃを吸い上げればのこと。拒否したら、それはそれにはならないのかと。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1924.JPG
山村さんの展覧会、鹿沼市文化活動館でも、10/9から10/19始まるそうです。「原郷」音楽とともにの日もあるようです。


藝術がなにかわからない私がなんですが、それらしくなったものではなくて、本物のアートの日だったと思います。
素敵でしたぁ。

ありがとうございました😊



今日も明日も明後日も
みんな幸せでありますように。


めぐ留♡ウイズラブ

意気消沈しているのは、新しい幕開けと。みんな言うけども、さすがにしょぼーん。

いっぱいありすぎて、口にも出てこない。
悲しすぎて、泣けない的なのに似てる。


久しぶりに好きなギターの人の聴いてみる。みんながカバーしたうたもうまい人や、早く亡くなっちゃった人や、まだ会ったことのない人や、チェンマイのボブマーレーのサイン入りポスターの店の人や。

あの明かりの色が好きだった。
好きな曲を聴けた。

時々、電気が消えて、みんながそれぞれワンダフルな夜を過ごした。
樽の上に座り、深く説得されたことも、未だに全く意味がわかりません。



もう戻らない時間。



思春期の頃、思い出したりしてる。
どんな気持ちだったか。
どうして寂しかったか。

娘を見て、思い出すのね。

ずっと一緒にいてくれる友達が欲しかった。みんな個人だし、学校、恋人、引っ越し、会社、結婚、出産、会えなくなるね。それはわかってるけど、ずっと一緒にいられる友達が欲しかったと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1786.JPG


自分の中2の頃のことおもいだして、毎週日曜、ホコ天にスケボー見に行って、お気に入りの男の子Hくんがいて。
一度だけ、声をかけられた
「絆創膏ある?」
「ないーーーーー」みたいな。

一年以上通って、彼のスケボーだけを見に通って、絆創膏には気がつかなかった...という。2度とお話しするチャンスはなかったなんとも残念な。

周りは、尾崎豊の署名をしていて、東急本店も、西武も、シーンとしてた「昭和から平成に変わった寒い寒い雨の日」

私の青春歩行者天国は、二度と再開されなかった。

高校生になって家出して、おばあちゃんの家でみた夜のヒットスタジオ。「昨夜眠れずに」と歌った尾崎の復活の姿が、目に焼きついて忘れられない。


それを今日、Jちゃんに話したら、

なんと

Jちゃん

毎週ホコ天行ってたって!
パンクバンドの追っかけだって。


Jちゃんにこないだ渋川行くから、山田かまち行こうかなって言ったら「山田かまち?私も高崎行ったよ〜」って言っててびっくりしたばかり。


確かに同い年。
ホコ天、山田かまち、チェンマイ。

ここまでそろったら、本当にすごいなと思いだしてきました。


いつも同じ場所にいたり、通り過ぎてたけど、全然会わない人っているのね。


もう過ぎた時間は戻らないけど。

出逢えて良かった。
素敵なギフトをありがとう😊


 Do you feel all right?
And I say, "Yes, I feel wonderful tonight"



眠れるかな?



今日も明日も明後日も
みんな幸せでありますように。


めぐ留♡ウイズラブ

若い頃、いつも泊まるゲストハウスは、そうねぇ、一泊350バーツ→1050円くらいかな。高くても1200円くらいまでで、マンスリーで借りると、1日はもっと安くなる的なのだったけど。

その一ヶ月分より、一泊が高いところ。

リージェント、今はフォーシーズンズ。

ずいぶん昔、チェンマイのリージェントホテル泊まったこと、今思い出した。もう2度と泊まれないレベルのところで、受付からカートで、お部屋まで。お部屋と言っても一棟。

外をのぞくと、専用のはなれのテラスに続く道?橋?があって、テラスに着くとそのホテルの中の作られた風景の中に、牛とおばさんが田んぼで仕事していて、それが、まぁなんともおしゃれで。

お金持ちの風景はこんな感じかなと思って眺めていた。


名前は変わっても、あのままの美しいホテルだったら、また二泊、三泊してみたいな。友達のJちゃんは行ってくれるかな?うちのお嬢さんも行ってくれるかな?


貯金して、そういう贅沢もたまにはしてみたい。


ということで、なかにし隆&key point
「FourSeasons」絶賛発売中。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1876.JPG
なかにしさんは広島のお友達。

いつも広島のライブでは、なかにしさんはじめ、皆さんに大変お世話になっています。

昨日、最近できた娘の広島のお友達の話をしていて「はぁまた広島行きたいなぁ〜今度は一緒に行こうね」って言ったの。そうしたら、跳びはねるように喜んだので、実行できるようにまたコツコツ頑張ります。


今日はレッスンに、一人で電車に乗って出かけて行きました。ヘルプマークもまだないし、心配はつきないけど。行きたかったんだね。きっと。


中2。自分の足で歩きはじめてます。
私も、たまったこと片付けます。



今日も明日も明後日も
みんな元気でありますように。


めぐ留♡ウイズラブ


↑このページのトップへ