自分を大切にするということを
長い間、考えてみました。
結構何年も考えて
なんとなくわかってきたような気がする。

自分が好きなもの
自分のほしいもの
自分の食べたいもの
自分の行きたいところ
自分のしたい仕事

いろいろあると思うのだけど
これがなかなかすぐにわからない。

ネイルサロンに行って、爪をきれいにしてもらうとか、ホテルのカフェでお茶をするとか、スイーツビュッフェで好きなだけとか、憧れのデザイナーの服、ブランドのバックを買うとか、なんかそういうのでないような?、もしくはそうなのか?!とか。



前にも言ったように、私はどこか引きこもりがちなので、というかお外に出るとぐったりする。人に気を使ってるわけではないのだけど、気を使ってるのでしょう😂
きらいとか言っちゃいけないとかはもちろん、挨拶はしっかりとか、敬語謙譲語を使ってとか、上下合わない服を着ていないか、箸の上げ下ろしや器の持ち方、スカートを履いていたら大股広げて座っちゃいけないなど、何から何まで、一挙手一投足で、やらなきゃいけにことが多いからです。そこへ加えて、遅れを取らないように早めに出たり、電車間違えないように、乗り過ごさないように、すごいいっぱいやるでしょ。もうクタクタです。
なので暇があれば寝ていたい。大事にすることは、家で誰とも会わないことは、かなりのサバイサバイであるわけで、まずはそこからはじめて、思い切り寝る。自分の仕事でないことや、やりたくないことはやらない。そしてその次は食べたいものを食べるとやってみる。



食べたいもの、お肉やお魚を買ってきて、料理するわけですが、ここにも誰は何がきらいだからやめておこうとか、わー美味しいもう一個食べていい?など追加される。なんか言いづらそうだけど、この人最後のこの「グッドラック」食べたそうだなとか。外食にしてもそう、こんな高いの食べていいのかなとか、もうみんな食べ終えたのにもう一個食べたいなとか。すごくいろんなことに気を使っているのだな。



素直になるのはとてもむずかしい。


反対になんかイヤだなと思うことについても考えてみた。たぶん、元々イヤだなと思うことがいっぱいあるから、そういうルール?マナー?みたいなのが苦痛で仕方ないのだな、また、怒られることが多いのだと思ったんだけど、なんか今日行きたくないなーとかも、お月様の関係もあったかもしれないし、方角も悪かったのかもしれないし。

1日休んでも単位は足りてるとか、いやもうやばいから卒業できない、いや卒業しなくてもいいんじゃないかとか、そんな罰金払わなきゃいけないならアレだけどマイナスにはならないから休みたいなとか、なになにしなきゃなになにできないからがんばろうとかそういう風に考えて鞭打っていたわけですよね。こんなにキツい仕事なのに安すぎないか?とかそういうのじゃないんじゃないか?また、何が辛いか考えても、やりたいことをやりたい人にするのに、感謝してもらいたいなど思わないじゃないですか。でもどこかで私は、心にあいた穴をずっと抱えて、虚しさを感じていたのだとしたら?誰かに何か与えて欲しいと思っていたのだろうか。好かれたい、感謝されたいとか、もっとお金が欲しいとか、なんだったんだろうかと思ってしまった。



なのでとにかく、自分の本当にしたいことを、楽しいこと、嫌がられず、ありがとうと言い合える関係を築いていきたいなとそう思いました。それはコロナ関係なく、いやさらにコロナによって増すのかもしれないけれど、誰かのせいにしたり、何かのせいにしたくないなと思ったわけです。

愛を乞うのはとても悲しいじゃないですか。
きっと何か、違うところ、違う人、違うものに知らないうちに求めていたのかもしれない。それでは、Facebookで、電話してください!話したい!あなたと結婚したい!のような、全然マッチングしない活動の繰り返しみたいだなと。

だからきっと私にもしたいことや、好きなこと、楽しいことがもっとあるんだろうと。そしてあぁやっと会えたと、心から嬉しいと思う友だちにも会えるかもしれないなと。そう思いました。



表現したいことを、創作を、惜しみなくやって、
私の中の宇宙の奥の細道、探検してみます。


今日も明日も明後日も
みんなが明るく元気でいてくれますように。
めぐ留MEGURU with love

※参考写真:なんかよくわかんないけど、値段とか考えないで買ったり、やってみたものの写真です。穴子の写真については、私は鰻も穴子も好きではないが、娘が大好きなので買って行ってあげたいと思って買ったというやつという意味。