エゴを手放せとはよく言ったものだけど

よくよく調べると
自我や自尊心
生きていくために大切なもの。
片方で、時間の流れから
ネガティヴな意味が含まれていくのかな。

これじゃいったい、
どんな意味で使っていいのかわからない。


自分の中のまだ解決していない
闇や病みが、思考を作って
言わなくていいことを言って
悲しみや怒りに
変えてしまったりする。



先日、娘に大事なことを言った。


あなたはとても頭のいい子だし、
自分が努力家で、真面目で、一生懸命。
だから聴きたいのだけど。
でも時々それが、自分と違っていると許せないと思う時がない?自分が正しいと信じて歩いていると、そこと違うものを、間違っていると言いたくならない?余裕がなくなると、強い言葉で言い放ってしまう時ない?ママはそういうところが、ずっとあったから、言葉で人を刺さないように気をつけないといけないんだ。


あなたはわりと苦労したかもしれないけど、土台作りで傷つくことはあった?私に甘えることできているよね?ただ無条件にあなたを愛してると言っても、あなたの言葉に傷つくこともあって。ママだから言えるけど、ママでさえそうだから、いつでも気をつけていてね。それを言う前に、自分の偏見や自分の問題を当てつけようとしていないか、また言い方さえ変えたら、刃物でなくなることもあるしって。


おまわりさんに怒られることは、
世の中にあることのほんの一部。
裁判で罪になるのも、
世の中にあることのほんの一部。


みんな許されているとはそういうこと。
私は私が正しいなんて言えません。



今日はよい言葉が
自分から出てくるように
のどチャクラいたわって、
自愛に満ちた、他愛に満ちた日にしましょう。


今日も明日も明後日も
みんなが元気でありますように。

めぐ留MEGURU with love