この雪の坂道を降りたら

あなたが私を待っている。


…って、PAのKさんだからビックリ!



今日は、海外の友人二人?に
ずーっと、もう忘れちゃうくらい

頼まれた品を録音しに

近くにあるスタジオまで。


とても簡単なものだけどあくび


うたって
心からくるもの。

うたって
おなかからくるもの。



私が苦しければ
かなしくなって

私が喜んでいたら
楽しくなって

私が怨んでいたら
ぎゅーっとするでしょう。


だから私は
いつも普通でいたいの。

私の普通は、
何か特別なものはないけれど
穏やかな海みたいなもの。

そう、いろんなことがあるけれど

努力して、安らいでいたい。

悲しみが
また 悲しみを呼び

苦しみが
また 苦しみを作る。

だから、

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも、夏の暑さにも負けない

丈夫な体を持ち…なのよん。


うたは私のことを
教えてくれるの。


めぐ留テントウムシ(赤)