花に嵐というようで、毎日いろんなことがおきます。今こんな大変な時に、これ起きる?というような話もいっぱいあります。
台風が通り過ぎて、無事
7/29「遠藤ミチロウ めぐ留2マンライブ」
終了しました。暑い中、ご来場ありがとうございました。

しばぴーさんやすのさん、じゅんちゃんに頂いた写真で振り返りましょう。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3033.JPG
帯は注文したサーカスみたいのが届かなかったので、Kさんから娘に頂いたナデシコを借りて、紗は赤の入った涼しいバージョンですが、絹のかたいアンティークだったので、ビリバリも。バーレスクならずに良かったですw 娘にもイマイチだったので次回工夫します。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3021.JPG
さぶちゃんは、スターリンのレコードに合わせてピアノを練習していたそうです。好奇心旺盛の少年が目に浮かびます。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3034.JPG
彰ちゃんも、いつになく低いセットで、やっぱりウーウー唸っていました。想像ですが、きっとミチロウさんのNAMIEにグッときてたはずです。

二人とのユニットは今回5回目で、二人は相変わらずすごかったけど、私は想像した通り、多弁と多動で全くもっても恥ずかしい次第。穴があったら入りたかった。次はちゃんとやります。

そしてミチロウさん↓
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3038.JPG
客席でミチロウさんの歌、聴かせてもらいました。
茶色さんが亡くなったのをtwitterで見ていましたが、茶色さんを着て、Mr.ボージャングルが聴こえてきて、「あぁ深い愛」と思いました。

ミチロウさんのギターや喉は、血が吹き出しそうで、痛くて悲しくて。

昔、渋谷のアピア、リニューアルした方の時、カウンターの上の楽屋で、昨年は300とうん十日だったかライブがいっぱいあって大変ですねと言ったら、世の中の人は、毎日働いてるでしょ、僕もライブがなければ肉体労働するのだから、全然大変じゃないよという風に言ってた気がする。私もその頃、毎日どうしようもないもの吐いて仕事してたかもだけど、そういうミチロウさんをすごいなと思ったし、私もそういう人になりたいなと思った。

そんなこと思い出して、少しはそれに近づいたかな、ちょっとは立派になったかなとか考えて聞いていた。私はスターリンやミチロウさんのファンのように、ミチロウさんの曲やなにもそんなに知らないけれど、私にとってのミチロウさんは、いつもどんなときも、そういう尊敬の人だったし、そういう人になりたいと、それはいつまでも変わらない。


誰も活字にしてくれないので、自分で活字にします。

ミチロウさん「昔からアピアで歌っていて、めぐ留さんもアピアで唄っていて、今日初めて2マンということで、すごく嬉しい緊張してる言ってましたけど、僕もすごく嬉しいです」
つい私、「もう一回言ってください!」
と言ったら、
ミチロウ さん「緊張してます!」ズコー



最後の方まで「just like a boy」がなくて、おいおそんなはずはないだろうと思ってたら、最後一緒にどうぞみたいになって、光栄なことだし、すごいことだけど、もうそんなこと思ってもなくて。ミチロウ祭りでもフジロックでも、最悪のオンチだったのに、三度目の正直で、さらにヒドイ歌で終わってしまった。みんなの撮った動画には、悲鳴しか出ない。ミチロウさん笑ってるし↓
聖書ではなく、歌詞本。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3206.JPG

2マンとありえない幸運の贈り物を頂き、間違いなく人生の中の大事な1日であったものの、やっぱり初めから最後まで、お客さんでミチロウ さんの唄聴きたいなと思いましたぁー!不届者、本当すみません。この日いなかったレイくん、リベンジって言ったから、約束だよ!!!!!次はもうすこし顔洗って来ます。


7月29日(日)遠藤ミチロウ×めぐ留
2マンライブ
遠藤ミチロウ(ex.THE STALIN)
めぐ留(vo)
・田ノ岡三郎(acc)
・堀越彰(dr)



追伸
↓西岡浩記さんの写真、フジロック
そしてうちの4歳、ミチロウさんを友達と思ってるのか、どうしても行きたいと今回観に来て、これがまた頭の痛い「Kちゃん、ミチロウのとこ行ってこよう」と、スタスタ行っちゃう。ミチロウさん、子どもキライだからって言ってもダメ。4歳はミチロウの目がなぜ黒いか疑問のようで、近くで見たかったようです。今回もすごい怖かったって言ってた。でも1番好きなSTOPJAP、NAMIEはゲーセン行ってて聞き逃して、やっぱり4歳だなと思って。もう本当、すみません。もうちょっと大きくなったら、ちゃんとすると思います。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3211.JPG

ミチロウさん、いつまでも元気で
長生きしてください。
夢のようなライブ、ありがとうございました。


今日も明日も明後日も
ミチロウさんも、みんなも
元気でありますように。

めぐ留♡ウイズラブ

メロンジュースを作ったので、ちょっと冷えた。冷房消して、縁側であたたまる。お盆という事を忘れて約束したリハーサルは、別日に移動してもらって、午前中息子が公園に行ってから、少し片付けようと思ったら、小学生のお友達と帰って来たりで大忙し。昼ごはん作らないと。

母がメロン食べろ、もう食べろ、早く食べてと毎日うるさいので、ちょっと食べた方を、ジュースにしてみた。私はアジアの高級のホテルのように、ジューサーのサラサラジュースより、口に残るミキサーのドロドロの方が好き。かなり贅沢な美味しいジュースできました。昨日、おばあちゃんちまで行って、誰にも会わないと思ってお化粧もせず、ボサボサ頭で、そういう時に限って、オールファイブの店長さんに会う。「お疲れ様です!」とか言ったけれど、私だってわかっただろうか。そんなんで、お盆だというのに、のんのさんにチンせず、食べ物もらって帰って来ちゃったので、今日は子供たちと行ってくるかな。「まったく、かっこはいっつもそうね」というすーさんの声が聞こえてきそう。#メロンジュース #melon #お盆

A post shared by めぐ留♡meguruchang (@meguruchang) on

お姉ちゃんは、宿題だ、勉強だで、あまり話す時間がないのだけど、お腹がすくと下りてきて、さっき美味しそうなもの焼いて、少し食べさせてくれた。多分、自分が高校生の時と食べ過ぎたパンだ。焼いて、オリゴ糖かけていた。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3396.JPG

むずかしい話はないけれど、なんとなく子供の頃から不思議と思っていたことが、少しづつわかってきたように思う。ずいぶんと遠くまで来たものだ。←なんかの歌詞かな。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3068.JPG

こないだ泥酔した三軒茶屋ヘブンスドア
まわりの人らは、どうやら限定して、どういう人かわかったようで、慰めてくれるけれど。ひどい人たちっているのよね。それで、力もらおうとライブへ行ったの、ライブに。酔っ払い(私のこと)ってのは、ひどい。スマホは落とすし、柴田さんの頭の毛持ち上げていいにおいとか言ってるし。ヘブンスドア行って、地獄の扉開けっちゃったように、ひどい飲みっぷりでした。アベさんを加藤さんて呼ぶし。最低

火取ゆきの復活のライブだった。

時々、メールでやり取りしているけど、久しぶりに会えた。細い体から、声を絞り出してた。福島のハイローでみた彼女よりも、ずっとずっと仰け反って、天を仰いで、友川さんの叫びに応えるかのように「私は生きてる!」と言っていた。

「母さん、僕の鳥が〜」の『母なるものを遠く離れて』曲は、確か元住吉のピンクのブタで、ゆきさんのCD発売の日だかに初めて聴いた。久しぶりに生で聴いて心に沁みた。自分も親になって、その友達やその親を見て、鳥かごから出して自由にさせても、完全に飛ばせてはダメなのではないかなど。「あぁ僕、あぁ僕」苦しい歌だった。なぜなら、私は母であるけれど、子でもあって、世の中の人誰もが、母から生まれているのは違いない。どんな親から生まれ育っても、これだけは皆一緒だったんだよな。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3070.HEIC

小池真司さんの歌をみんなで大合唱してた。
あまりにもその大合唱が微笑ましくて、救われた。これ、本気で届いてしまったら、泥酔どころの騒ぎではなかったと思う。だから、歌声喫茶のような、どんちゃん騒ぎの居酒屋のような「祈り」は、その日の救いだったと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3084.HEIC

小池さんや、アベさん、プレジーさんにも会えて、函館くん(さん)にも会えて、むかーしのアピアを思い出す。プレジー3吉さんは、裸足で歌う、体重、そのことを火取ゆきの言葉として語っていたけれど、それはアピアのママやマスターの言葉でもあって、マイクを人の耳と思うようにと一緒で、私たちの心はそれぞれ受け継がれてきていて、受け継がれてていくと思った。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3127.HEIC

私は象みたいに、猫みたいにかくれて死ぬかもしれないけれど、誰かの中に生きつづけるのかもしれないし、そう思ったら怖いということはない。子が生まれて、子を一人にするのが耐えられないと怖くなった日があったけれど、子を信じるのと同時に、自分を信じていることでもあれば、ちっとも怖くない。それは、若い日に思った強い激しい負けないの怖くないとはまた別の、あたたかい光のように思う。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3133.JPG
火取ゆきは、お母さんみたいとみんなに言われてる。方々に孫みたいのもいっぱいいる。彼女が振り絞る声に、未だかなうものもないけれど、いつか彼女みたいにうたえるようになりたい。なれる!そう思えばできる〜♪

かわいい石鹸、500円で売ってるよ!
どうぞよろしくね♡
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3130.JPG



今日も明日も明後日も
みんな元気でありますように。

めぐ留♡ウイズラブ


8/1三軒茶屋ヘヴンズドアー
『地下室ノ表現者たちvol.22』 
●愚弁(谷口カズヒト+狩俣道夫+柴田奈穂+石塚俊明)●小池真司 +アベヒロシ+石塚俊明●西山正規&ジャッカル●プレジー3吉●火取ゆき+アベヒロシ+荻原志乃+石塚俊明

めぐ留楽曲配信についてのお知らせ。2005年リリース2017年リマスターの『U-tini』が、こちらで視聴できるようです。どうぞよろしくお願いします。シングルの『ハナガサ』も同じく視聴でき、iTunes等のそれぞれのサイトに移動すれば購入できるようです。どうぞよろしくお願いします。
iTunes:Amazon:
Meguru「U-tini」こちら↓

iTunes Amazon:
配信限定リリースMeguru「ハナガサ ~山形県民謡 花笠音頭より〜 - Single」こちら↓

↑このページのトップへ