日頃の生活に、ちょっとした緊張。
役を演じるのとは、また違った心の使い方。
もう、25年もやっているのに、毎回、毎回、ピンと緊張した気持ちが、入り込む。
ジャケットデザインの打ち合わせ。

スタイリストさんの、アートワークをパッドで見ながら、イメージのすり合わせをしつつ、ちょっと自分に愕然としてしまいました。

うわあ!私、勉強してないわああ!
って、勉強って言葉は、正直違うんだけど、
結論から言うと、街を練り歩いてないってことです。スクールに入るとか、辞書を買うとか、そんなんじゃなくて、ただただ、街を眺めること。
看板や、広告や、電飾や。手軽なのは、本屋さんね。
趣味じゃない本棚を歩いて、平積みのところから
なにかしらをピックアップ。

建築の美しさや、一生やらないだろうなあ…な
ガーデニングの靴の可愛らしさや、
マジシャンの特集や、それはそれはキリがない。

私にとって、本屋さんやCDショップは、2次元をわたり歩くのに必要な、ヒントが満載なんです。

で!
なぜ、愕然としたかというと。ここのところ、
必要な原作は、パッドにダウンロード
(スタジオに持参するのに楽チン)してたし、
趣味系のものも、ワンクリックで購入。
いろんな雑誌をアプリで眺め読み。全て、自宅で事足りていた。
  
どひひひひひひひひひひひ!
便利さにどっぷりつかっておったよ!

いかんいかん!
と、その足で本屋さんへ行きました。
一生買わないかもしれない、豪華本や、
好みではない漫画や、men'sのファッション誌や、
自分の枠の外の物に触れて、ちょっと自分を取り戻しました。

アイデアなんて、積んでないと出てこないし、
降ってこないからねえ。地味にStockしまーす。