お正月明け…

またまた、常夏に行ってまいりました。

ホテルで、ずっ~と50(フィフティ)の歌詞考えてた。

基盤はできていたんだけどね。

詞を書くとき、
当たり前だけど、
「本当に思ってないこと」はかけない。

かっこいいフレーズだろうが、
音数にしっくりくる言葉だろうが…。

で、「本当に思っていればいい」ってもんでもない。

誰かしらの、「わかる、わかる」や
「あるある!」など、ちいさな共感のようなものが必要になる。

だからこその日常。
時に朝食、弁当、夕飯。
時に掃除。
時に洗濯。
時にゆられる電車。

のがれられない日常を、非日常の太陽のもと、
見つめ返してきました。

日常の中にいると、追われてばかりで、ちょいちょい
愚痴くさくなっちゃうんだわ~(笑)

掃除やだー。
ああ、スーパー閉まる。
学校の申し込のプリント提出してない~
〇〇を買いに出たのに、他の買い物してたら〇〇を買い忘れた~
並んでる間に財布用意しとけ!前の人に!INスーパーなどなど。

ステージで歌う私を好きと言ってくれる人もありがたいなと思うけれど

日常に追われながらも、下手くそな掃除。おいしい食卓。
そして少々落ち込んでも、へこたれない。
そんな私へ共感してくれたらうれしいなと思います。

常夏写真、順次アップしますね