人は、
体を置いて何処へ行ってしまうのでしょう。
訃報のニュースを聞いたのは、
スタジオでした。

驚きや、悲しみをその場にいたメンバーと
共有することで、落ち着きを持てました。

どうか、天へ行かれる瞬間が少しでも
安らかであった事を祈るばかりです。

ブログで語る事でもなく、
1人1人の心の中で思う事と
認識しつつも、考えた末
執筆いたしました。

喪にふくし、7日間、この場所を
お休み致します。

素敵な大先輩のご冥福を
心よりお祈り致します。

※ネット転載は、ご遠慮願います