中野サンプラザには

セットの構築から
物販から

それはそれは沢山の黒Tシャツを来た「スタッフ」が
行きかっています。

そういえば
埼玉スーパーアリーナにて、
白TシャツとGパンで歌いましたが
最初、黒Tシャツの候補も上げていました。
なんとなく黒の方が引き締まるし、ちょっと肌の色も
白く見えるかな…とかさ

でも着てみたら
あっからさまに
「裏方すぎる人」になってしまい

なんなら、コード運んだり、機材をトラックから搬入したりと、
「ソコ」にいてもおかしくない溶け込み加減になってしまいまして.。゚+.(・∀・)゚+.゚

(まあ、それもいいんだけど)

白Tシャツとなりました。
結果、照明が当たった時に白の方が映えるし、
良かったんだけどね。

黒T試着したとたん
満場一致で「ないな!」となりました。

で、
会場スタッフに

私、この度
年配ぶって、レッドブル100本を差し入れました。
(イエーイ大人!)

そして、
リハの時に、
「会場スタッフって何人くらいいるの?」と
確かめたところ

「……150人くらいですかね」


サラリ

全然足りないじゃん。
(つд⊂)ゴシゴシ

ああ、そんなにいるのね
私が一人ステージに立つにあたり
そんなに「人」が関わるのね。
しかも、一度も目を合わせる事すらない人もいるんだな。

急遽、団子を追加しましたとさ。
(なぜ団子かは、腹持ちよさそうだから)

そして、そのスタッフは、公録の準備も兼ねて

なんと当日の夜中の1:00には会場入りしています。

前日のライブの撤収が0時までかかっているらしく
(山下達郎さんだったらしい。キャーしびれる)
その後すぐ入って準備。

まじか?
そういう仕事なのか?

私は当日7:00入り
すでに、8時過ぎにはリハで歌ってた。

めちゃくちゃ酔っぱらって朝まで飲んでいる
カラオケに
そーゆー人いるかも

だけど、
朝8時から熱唱!って
どうよ…。


新しい経験に心の筋肉が育ちました。


そして終演後に
関係各位とミニ乾杯があります。

そこへ
来賓の方へ…ではなく、
その支えてくれた「スタッフ」の中でも
特に身近な、リハから一緒のスタッフに

あからさまな、バブリーな
ドンペリを差し入れておりました。

ミニシャンパングラスに一人一人
注いでまわりたい…と。

さあ、
ドンペリをシュポン
(若い子に説明:高いシャンパンだよ)

しかし!

彼らは機材の撤収作業に追われ…
乾杯に姿を現しませんでした。
ヽ(TдT)ノ

なんとかヘッドの二人に注ぎ
とはいえ、この後、作業があるから
そうも飲めず…。

私の知識のなさゆえの行為は
押しつけがましいおばちゃんの

「食べていきなせ!!ホラホラ」的な
行為になってしまいました。
(もちろん気持ちは伝わっていましたが)

ああ、知らないことばかりだ
ああ、仕事って動くの横に「ニンベン」があるんだ

「働く」
動くに人でハタラク

表面には見えないけれど、人の力で全てが成り立つ。
私もその中の「一人」として恥じないようなステージに
できた。

と思っている

のであった。(≡ω≡.)

感謝ってなんだ?
伝えられてないけど、それでいいものなんだろうな。

1300回公開録音については
放送後書くね。